ダンス < 趣味🏮
  1. 1
    踊る名無しさん (1) 削除

    ちょっと早めに、次のスレッドを作っておきました。あしからず。
    前のスレッドは、次の通り。

    白鳥の湖を語るスレ Part 2
    http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dance/1166702086/

    • 2ちゃん見るなら便利な「びんたん」
    • のんびり 弁慶 で楽しむ
    • 続きを読む 2-

    AA切替 sage f1 >>2
  2. 400
    踊る名無しさん (1) 削除

    4幕の黒コールド、オーストラリアだけでなくカナダも
    やってるらしい。

    AA切替 sage
  3. 401
    踊る名無しさん (1) 削除

    個人的には4幕は真っ白なほうが好きだ。
    ツウのみなさんは黒コールドあったほうが良い?

    AA切替 sage
  4. 402
    踊る名無しさん (1) 削除

    黒コールドがロートバルトチームとか
    意味がある演出ならありだと思うし、
    たまにはみたいけど
    ただいるだけだと舞台に集中できないからいや。

    AA切替 sage f1 >>403
  5. 403
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>402
    ハゲド
    あの黒いのは白鳥の子供とかいう説もあるみたいだけど、
    なんでいきなりこども登場?としか思えない

    AA切替 sage f1 >>404
  6. 404
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>403
    本来No.27は《小さな白鳥の踊り》。
    ねえさん方が子供の白鳥達に踊りの指導をするという場面だ。
    まあ、趣旨としては『人間は滅んでいったとしても、
    自然(白鳥)は悠久である』といったところかな。
    子供たちの登場は『子孫繁栄』を象徴しているということだ。

    一方、《眠れる森の美女》や《くるみ割り人形》にも子役たちが
    登場する。これらも『子孫繁栄』を意図としているわけだが、
    バレエ団ダンサー自体の継続性(子供の時からできるだけ永く
    舞台に関与させる手段)をも意図していると言えよう。

    チャイコフスキーは子供を作らなかったが、それだからこそ
    『子孫繁栄』という根本理念を3大バレエすべての中に
    込めたのである。

    プティパは、なぜかNo.27をカットした(劇進行の緊密性を
    損なうからかもしれない)。しかし、この理念は何らかの形で
    引き継がなければならなかったのだ。
    その後のバレエマスター達は《白鳥の湖》には子役は相応しくない
    と判断したのだろう。で、衣装だけが形骸として残っているのである。

    AA切替 sage f1 >>405
  7. 405
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>404
    だからKの四羽の白鳥の踊りは子供設定の茶色ちゃんが踊るのね。
    勉強になりました。ありがとう。

    AA切替 sage
  8. 406
    踊る名無しさん (1) 削除

    そういうの、ちゃんとプログラムに書いてあるところって
    少ないよね
    私は見たことがない

    AA切替 sage
  9. 407
    404 (1) 削除

    うーん。Kの外国人2人をオデット=オディールに採用した
    DVDでは、白いおとなの4人が踊っていたけど・・・・
    まあ、Kはいろいろ変化するので、子供が踊るヴァージョン
    もあるんだろうねえ・・・

    もともとのNo.13《白鳥たちの踊り》に子役が出てくる
    設定になっていたのか不明だ。少なくとも題名に『小さな』
    という修飾語はどこにもない。音楽からは、現行の振付けより
    もっと白鳥たちとオデットの葛藤が描かれているように感じられる。

    プティパは、この原曲に大幅に曲順変更、内容の変更をしている。
    更にイワノフがそれを振付けたヴァージョンが圧倒的に優れているので、
    これを凌駕するようなものは出てこないんじゃないかな?
    このイワノフ振付には『小さな白鳥』(4羽)と
    『大きな白鳥』(3羽?)という通名があるので、
    Kはそれに影響されて子役を使ったのかもしれない。
    Kの意図は直接Kに訊かないと分からないね(笑)

    AA切替 sage f1 >>409
  10. 408
    踊る名無しさん (1) 削除

    おっしゃるとおりでしょう。

    AA切替 sage
  11. 409
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>407
    Kの公演実際に見てます?
    「四羽の(小さな)白鳥」を子役に踊らせてはいませんよ。
    もしかしてKのユース公演の白鳥と混同してるのでは?

    AA切替 sage
  12. 410
    踊る名無しさん (1) 削除

    日テレ低原価テレビ問題ニューヨーク塩素スープ ニュース沖縄牛ライス北京ダウ問題分

    日テレ低原価テレビ問題ニューヨーク塩素スープ ニュース沖縄牛ライス北京ダウ問題分

    日テレ低原価テレビ問題ニューヨーク塩素スープ ニュース沖縄牛パスタ北京ダウ問題

    AA切替
  13. 411
    踊る名無しさん (1) 削除

    オディール最高

    AA切替 sage
  14. 412
    踊る名無しさん (1) 削除

    過去レスも過去スレも読まないで書いてるので既出だったらごめん
    白鳥つい2,3年前まで第2幕がひたすら眠くなる印象しかなかったんだけど、今はくるみと並んで大好きなバレエになった
    よく言われるのが3幕の王子のソロの音楽で萎えるって意見だけど、私も前はそう思ってたけど
    今はあののんきで大らかな感じの曲が王子のボンボン育ちのキャラを全面に押し出していて
    その後のオディールの魔性と王子とオデットの破滅的な運命と好対照を成していて効果的だと思ってるよ。
    ハッピーエンドも好きだけどやっぱり音楽から感じるのは悲劇だなー

    AA切替 sage
  15. 413
    踊る名無しさん (1) 削除

    このスレの皆さんの知識の豊富さにビビった
    初歩的な質問で申し訳ないんだけど、王子の母親は王妃でなく女王なの?
    確かに王妃なら王が死んでるのに王子が即位してないのは変な感じだけど、
    でも第1幕は王子の成人の日の誕生日、という設定だから単純に摂政政治なんだと思ってた。
    母親が王妃なのか女王なのかで個人的には大分印象が変わるから聞いてみました。

    AA切替 sage f2 >>415 >>424
  16. 414
    踊る名無しさん (1) 削除

    バチルド姫を王子の母だと思っていた私にそんなこと聞かないでください。

    AA切替 sage
  17. 415
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>413
    >王子の母親は王妃でなく女王なの?

    1877年のの台本も1897年の台本も「領主の王妃」だよ。
    そういやなんで父王が出てこないんだろうね。

    王子が女のために戦って成長する物語を強調するために、
    あえて最初は母に守られているようにしたのか。

    AA切替 f1 >>416
  18. 416
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>415
    >1897年の台本

    ごめん1896年のまちがい。

    AA切替
  19. 417
    踊る名無しさん (1) 削除

    スウェーデンロイヤルバレエのDVDで出てるピーター・ライト版では王の葬列から幕が上がるけどね

    AA切替 sage
  20. 418
    踊る名無しさん (1) 削除

    ワシリーエフ版ではロッドバルト=父親=国王なんてバージョンも…。

    AA切替 sage f2 >>419 >>420
  21. 419
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>418
    親父が囲ってる女を寝取るのか…

    AA切替
  22. 420
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>418
    今時(といっても何年前だ?)強い父性なんてテーマ、
    ピンと来なかったな。
    王子と道化がフィーリンとヤーニンだったな。

    AA切替 sage
  23. 421
    踊る名無しさん (1) 削除

    ヌレエフ版パリオペのDVDの解説でも、あのロットバルトを父性による抑圧
    のような解説がなされていた

    AA切替 sage
  24. 422
    踊る名無しさん (1) 削除

    昔からうじうじして自己主張のないオデットより堂々として自信に満ちあふれたオディールの方がずっと魅力的じゃんと思ってたけど今も同じ
    舞踏会でファンファーレの後いかにも悪そうな音楽でロットバルトと共に登場する所大好き。
    ザハロワの白磁の様な肌に映える真っ黒いチュチュの黒鳥姿が好きだ

    AA切替 sage
  25. 423
    踊る名無しさん (1) 削除
    AA切替 sage
  26. 424
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>413
    >>415
    昔からええ加減な訳が多いから混乱するんやろけど、
    正確に言えば La Princesse regnante(rの次のeはアクサンテギュー)
    ラ・プランセス・レグナント『領主権を保持したプリンセス』
    すなわち、王が死んだあと、ジークフリートが王になるまでの
    つなぎの王権保持者ということやろね。
    そやから、正式に位に就いた女王とも違うし、
    王妃と言っては寡婦の状態やから現状には合わんのでしょう。

    とにかく、物語の設定としては『領主権を持ったプリンセス』
    でピッタリやけど、訳者は単純にしたがるから誤解を
    招いてしまうんやろね。

    「領主の王妃」とはなんのこと?そんな訳では全く意味不明。

    AA切替 sage f1 >>432
  27. 425
    踊る名無しさん (1) 削除

    へー、なるほど。勉強になるなあ。
    プリンセスというのは普通はキング・クイーンの娘ないしはプリンスの配偶者だよねえ。
    どういう経緯で先王・ジークフリートの父不在で「領主権を持ったプリンセス」が出現するんだろ。
    こういう設定があるからマツヤマの新白鳥ようなすげーのができてきちゃうんだよなあ。
    設定オタク的な。

    AA切替 sage f1 >>427
  28. 426
    踊る名無しさん (1) 削除

    あー自己解決。
    領主の称号がキングとはかぎらないよね。
    プリンスが称号の国ということなら全然不思議じゃない訳か。

    AA切替 sage
  29. 427
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>425
    マツヤマの新白鳥
    ってどんな設定なの?
    原作がないので、どんな設定でも音楽に合えば有りだと思うけど・・・・

    AA切替
  30. 428
    踊る名無しさん (1) 削除

    振付とか演出とかがすげーって意味ではなく、
    清水さんが考えた裏設定(ていうか俺が発見した最強の真実の白鳥の湖っつーか)が、
    上演されるごとに詳細になっていって、プログラムを埋め尽くしてんの。
    「……すげー(寒)」っていう感じ。

    AA切替 sage f1 >>429
  31. 429
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>428
    そのプログラムに書かれている寒い裏設定とは具体的にはどういうものなんでしょうか?

    AA切替 sage
  32. 430
    踊る名無しさん (1) 削除

    私の感じ方では、裏設定の内容そのものが寒いっていうんじゃなく、
    なんつーか、ちょっとヲタク的というかマニア的というか、
    オレサマはここまで考えてるんだすごいだろう的細かさ(凝縮感)なのが、
    マツヤマの某国マスゲーム的群舞とあいまって怖いのよ……苦笑。

    内容にもいろいろつっこみどころあるけど。
    まずジークフリートは神聖ローマ帝国の皇太子ときたもんだ。
    このキャスト表の役柄の肩書きだけでも、大仰さが垣間見えると思う。
    http://ballet.tosei-showa-music.ac.jp/home/event_detail/1391

    AA切替 sage f1 >>433
  33. 431
    踊る名無しさん (1) 削除

    https://nippon.zaidan.info/seikabutsu/1996/00997/mokuji.htm

    あったわ、プログラム。おもしろいと思う人もいると思うよ。

    AA切替 sage
  34. 432
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>424
    言語がLa Princesse régnanteなら、>>426の言うような、
    君主の称号がPrinceである国の女性領主本人ぽくない?
    他に説明がなければ未亡人かどうかはわからない。
    王妃ではなく、女王とか女大公と訳す方がよいのでは??

    AA切替 sage f1 >>435
  35. 433
    429 (1) 削除

    >>430
    >>431
    教えていただいて、たいへん有難うございました。
    なるほど、まさに仰る通りの内容でしたね。
    レスを読んでいて「最強の真実の白鳥の湖」とは>>428さんが描く
    ストーリーだと誤解していました。ごめんなさい。これは
    清水さんが描く「最強の真実の白鳥の湖」だったんですね。

    仰るように突っ込みどころは満載ですが、配役表を見て諸国の踊り
    と見られる国々が原典の音楽と悉く違っている(更にはプログラム
    には国名は何も記載されていない)のには、本当に笑ってしまいますね。
    原典:スペイン、ハンガリー、ナポリ、ポーランド
    マツヤマ:イングランド、フランス、スエーデン、デンマーク、ポルトガル
    彼女たちはどの音楽を使ったんでしょうか?
    それとも婚約ワルツ以外は踊らなかったのか?
    初演でポスターに明示されているオデット役のカルパコワが踊った
    ロシアの踊りは森下さんが踊ったんでしょうかねえ?(笑)

    AA切替 sage
  36. 434
    踊る名無しさん (1) 削除

    論客ぞろいの格調高いスレ

    AA切替
  37. 435
    424 (1) 削除

    >>432
    《白鳥の湖》の版なんてバレエ団の数だけあるんやから、観衆がどんな
    《白鳥の湖》像を作ろうと全く御自由や。
    ただ、>>413>>415 は初演やプティパ版がどうやったかを知りたかった
    ように見えたから、レスしただけや。
    そやから、あなたが疑問に思う必要はなく、あなたが感じる様に解釈・理解
    したらええと思う。

    ただ、初演やプティパ版について知りたい人のためにレスしておく:
    <君主の称号がPrinceである国の女性領主本人ぽくない?>
    公国や大公国をイメージしているのかも知れないが、こういった
    ぼんやりした昔話風の物語に、厳密な政治性を帯びた用語を持ちこむ
    必要はないように思う。

    <他に説明がなければ未亡人かどうかはわからない。>
    La Princesse regnanteは台本の冒頭の登場人物であって、台本内には
    Princesse mere(mの後はアクサングラーヴェ)という記述もあり
    彼女は息子に「お前が結婚して、私たちの高名な家系の名を汚さない
    ことを確認してから、私は死にたいのです」と言ってることから、
    彼女が寡婦であり家系の存続が最大で唯一の願いであることがわかる。

    <王妃ではなく、女王とか女大公と訳す方がよいのでは?? >
    逆に、王妃、女王、大公女から仏訳してLa Princesse regnante
    に辿りつくのだろうか?
    疑問はそこから生じるのだと思う。
    一方、オデットはreine des cygnes(白鳥たちの女王)となっている。

    AA切替 sage
  38. 436
    424 (1) 削除

    わりと近いイメージを持てるのが、息子に譲位した
    前オランダ女王ベアトリクス(la reine Beatrix des Pays-Bas)かな?
    彼女は現在La princesse Beatrix(ベアトリクス王女)と呼ぶそうや。

    女王と王妃については、ウイキを引用すると:
    ヨーロッパの諸言語では、王の正妃(第一夫人)の意味の王妃と、
    自身が君主である女王に同じ単語が用いられる。
    英語を例に挙げると、queen で両者を共に意味し、区別する場合には
    王妃を queen consort 、女王を queen regnant と呼び分ける。

    王妃と女王に同じ言葉が使われるというのは当たり前のことで、わが国も
    天皇皇后両陛下とあるように、陛下と言うと天皇御自身のみを意味する
    ように捉えてしまうのは、教育の不足やとおもう。

    ジークフリートの母の場合は、ドイツでは女王を認めない国も
    あったそうやし、彼女自身が権力を保持しながらもあえて女王位
    につかなかったのかも知れないけど、まあどっちでもええことや。

    それにしても、二字熟語でこういったこと全部をパッとイメージさせる
    言葉なんて思いつかへんねえ。王女ではなんかすごい若々しいイメージ・・・
    <女王になれる公女>なんてのも、も一つ意味不明。

    AA切替 sage f1 >>437
  39. 437
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>436
    >王妃と女王に同じ言葉が使われるというのは当たり前のことで、わが国も
    >天皇皇后両陛下とあるように、陛下と言うと天皇御自身のみを意味する
    >ように捉えてしまうのは、教育の不足やとおもう。
    それは単に欧州の思想がそうだというだけで、我が国では異なる伝統があり、当たり前ではない
    皇位に即いた女性は天皇と呼ばれ、天皇の配偶者は皇后と呼ばれる
    日本語では明確に区別されてる
    明治より前は、皇后は殿下だった
    陛下単独だと天皇陛下のみを意味するのは、我が国の伝統からして自然なことで、
    教育の不足とは思えない

    AA切替 sage f1 >>438
  40. 438
    436 (1) 削除

    >>437
    おっしゃるとおり、皇室の歴史や伝統に全く不勉強であったことを深くお詫びします。

    明治期に西欧の思想を採り入れたのかどうか、現在は皇后陛下と申し上げるのには異論はないと思うのですが・・・

    AA切替 sage
  41. 439
    踊る名無しさん (1) 削除

    じぶんは逆に、こうした「ぼんやりしたおとぎ話風の物語」であったとしても、
    ヨーロッパ人には、領主がprinceならこんな感じの時代のこういう国、
    という目鼻の付いたイメージが自然に持てる地理歴史感覚があるんじゃないかと思うねえ。
    「厳密な政治性を帯びた用語を持ち込む」なんてもんじゃなくてさ。

    いちおう中世のドイツを舞台にしてるという前提がある以上は、
    舞台は「神聖ローマ帝国」ではなく(笑)、
    そのなかの一領邦であろうと自然には理解されるので、
    この場合の領主=Fu"rst(英仏ではprince)だなと、
    ヨーロッパ人にはおよそわかるんでなかろうか。

    ウィキペディアですまんが。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%88

    AA切替 sage f1 >>440
  42. 440
    436 (1) 削除

    >>439
    この物語の設定は、仰るように、現実の歴史に照らし合わせた場合、
    明らかに領邦でありその領主はドイツにおいてはフュルストと呼ばれる
    概念に該当することは疑いのないところや。
    ただ、この台本が書かれた19世紀後半のロシア人やフランス人の
    バレエマスターの目から見た場合どうやったんか?ディズニーの
    シンデレラ城みたいな「おとぎの国」的なイメージではなかったか?

    台本には王Roiや女王Reineは出てこない。前にも書いたように
    唯一オデットは「白鳥の女王」と書かれてるけど、それは物語の中の
    幻想の世界でのことやから一応の厳密さは保たれている。
    ジークフリートは台本ではLe Prince と書かれていて、やがて
    Le Prince regnantになるはずやったのかも知れへんけど、
    死んでしまうのでその記述はない。と見てみると台本には領邦
    であることを否定する要素は全くないということや。

    問題は、日本語に訳した時にどう表現するかや。いっそ、藩や殿様や
    若様にすりゃあ結構合ってる感じがしないでもないけど、誰もそんな
    訳にはせえへん。イメージ丸つぶれやからね。けどフュルスト
    を匂わせるような訳語も見当たらないんやね。「おとぎの国」的
    イメージを持ち過ぎるのかも知れへんけど。

    結局、物語の根幹『早く成人して名誉ある血筋(王家とは言っていない)
    を繋いで欲しい』に合った訳を歴史的整合性より「おとぎの国」的な
    イメージの中で考えるほかはないんやろね。

    AA切替 sage
  43. 441
    踊る名無しさん (1) 削除

    プティパ版というか、マリインスキー劇場の、
    オディールのバリエーションと4幕のコールドの原曲を見つけた
    ピアノの曲なんだけど、やっぱりピアノの方がいい
    オーケストレーションが好きじゃない 誰よ? ドリゴ?
    だっさー

    AA切替
  44. 442
    踊る名無しさん (1) 削除

    いやいや、19世紀ロシアのバレエ見ていた階層ってのは、
    ロシア人というよりむしろドイツ人かフランス人かはたまたってな感じの人々だし、
    (つまりドイツに対して遠い国のイメージはない)
    当時のドイツ(帝政ドイツ)って、中世以来の領邦のルーツを地域ごとに色濃く引きずる連邦国家よ?
    現代日本人が江戸時代の藩をイメージする程度には、
    だれもがふつーに中世の領邦国家のイメージをもってたはず。
    白鳥の湖だけが単独で浮いて存在する「おとぎばなし」なわけないんだしさ。
    同時にローエングリンとか中世の伝説・物語群が自然にある環境だよ。
    ネズミの国のシンデレラ城のイメージであるはずないと思うよ。
    だから当時の人々はきっと不自然でないイメージでPrinceが解釈できたのだと思う。
    なにも注釈つけなくても。

    AA切替 sage f2 >>444 >>451
  45. 443
    踊る名無しさん (1) 削除

    でもプティパが活躍したのは、ロシアの帝室バレエ時代でしょ?

    AA切替 sage f1 >>446
  46. 444
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>442
    初演には、ライジンガーとかゲルツァーとかいう名前のバレエマスター
    が絡んでいたとか・・・なんかドイツっぽい名前やね。
    それで、本題のLa Princesse regnanteの和訳は何が良いと思ってるの?

    AA切替 sage
  47. 445
    踊る名無しさん (1) 削除

    しいていうなら、女領主でいいんじゃねw
    と思ってるけど。

    AA切替 sage
  48. 446
    踊る名無しさん (1) 削除

    >443
    なにが「でも」なのかわからんが。
    プティパがロシアで活躍したのは19世紀半ば~後半にかけて、
    アレクサンドル2世の時代にだいたい重なっていて、
    アレクサンドル2世の母親はプロイセン王女だ。

    そもそもロマノフ王朝自体がエカチェリーナのところで、
    男系がエカチェリーナの実家のホルシュタイン=ゴットルプ家に入れ替わってるから、
    はっきりいってロシア王家とはドイツ人だといって過言ではない。

    あと白鳥の湖の着想にワーグナーのローエングリンからの影響はよくいわれるところ。
    ローエングリンの初演1850、白鳥の湖の初演1877。
    ちなみにローエングリン狂のバイエルン王ルードウィヒ2世がつくった
    シンデレラ城の元祖・ノイシュヴァンシュタイン城(実は鉄骨製)が1886年。

    こんなかんじの時代背景。時代が中世ロマンティックを求めていた。

    AA切替 sage
  49. 447
    踊る名無しさん (1) 削除

    445に加筆。
    個人的に、いまの日本において、白鳥の湖の役柄の訳は、
    現状どおりの王国、女王、王子でべつにいいと思ってる。
    厳密にする必要はないわけだし。おとぎばなしで十分。
    それとはべつに、原台本になるべく添う、日本語としてあまり違和感のない訳語となると、
    公国、女公(公妃の可能性も)、公子がいちばんよさそうだ。
    (女領主はおとぎばなしには風情がなさすぎるから)

    AA切替 sage
  50. 448
    踊る名無しさん (1) 削除

    バレエ界の大御所が集う雑談スレって、ここですか?

    AA切替 f1 >>449
  51. 449
    踊る名無しさん (1) 削除

    >448さんはこの流れがお嫌ですか?
    スレの趣旨と逸れていませんし、私は興味深く読んでます。

    AA切替 sage f1 >>450
  52. 450
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>449
    格調高いお話に、とても感動しました。

    AA切替
  53. 451
    444(436) (1) 削除

    朝ドラで《王子とこじき》という本の翻訳の話が出てたけど、子供の頃、
    とゆうても昭和20年代後半(笑)、マンガでこの本や《小公子》なんて
    のをよう読んだもんや(《小公女》てなのもあったけど少女マンガっぽく
    て読まんかった)。小公子ってなんやねん?て思ってたけど、子供なりに
    貴族のようなもんなんやろとぼんやりと感じとった。

    >>442, >>446
    自分の立ち位置を述べるのは自由やけど、
    <なにが「でも」なのかわからんが。>なんて言い草は、
    青臭いと思われるのがオチやで。とにかく、折角のご発言には
    それなりの敬意をもって接するのが筋や。

    まあ、>>447の発言は一応妥当な線やとぼくも思う。《白鳥の湖》
    を、ノイマイヤー版のようにルートヴィッヒIIのようにやろうと
    マシュボーンやオーストラリアバレエのように英国王室風にやろうと
    はたまた、モンテカルロのようにコンテ風にやろうと全く御自由
    やけど、マリインスキーのような演出・衣装・装置のときは、
    やはり、原典台本への配慮は必要やということやね。

    <そもそもロマノフ王朝自体が・・・ドイツ人だといって過言ではない。>
    このことも、あっさり断絶させた原因の1つかも知れへんね。ありがとう。

    >>441

    http://www.youtube.com/watch?v=BcQ1mTvUT9U

    youtube BcQ1mTvUT9U

    軽快モード(Youtube)
    [!] OFF にするとyoutubeはスレの中で再生します



    18曲のうち、11番、12番、15番が使われてる。
    ドリゴもよう頑張ったけど、如何せん《白鳥の湖》の世界とは
    異質やねんね。チャイコフスキーは偉大や。
    仰るようにピアノで聴けばスッキリ!

    AA切替 sage
  54. 452
    踊る名無しさん (1) 削除

    納得しました(;゚◇゚)言われてみると、確かに。。。

    AA切替
  55. 453
    444 (1) 削除

    もうちょっと考えてみた。ドイツのその時代はフィルストが実質的支配
    をしていたんやろうけど、やっぱり女公なんて訳すのには抵抗があるん
    やね。もちろん台本はそれを意識してかLa Princesse regnante
    (ラプランセスレニャント)としたんやろけど、直訳はマズイと思う。
    なんでやゆうたら、フィルストは「領主」を限定的に意味しないと
    ゆう要素が多分にあるからやろね。日本やったら「殿様」や。
    加賀百万石の大名も「殿様」なら、1000石取りの領地を持たん
    直参旗本も出入りの商人や使用人は「殿様」ってゆうんと同じやと
    おもう。

    《白鳥の湖》で何が大事かとゆうと「領民」や。ジークフリート
    は領民に慕われている設定が必要なんや。そやから第1幕が
    あんなに長い。それをはぎ取ってしもうたから、つまらん
    ようになって、短くカットせんとあかんようになってきた。
    けど、短こうしても無意味にしてしもうたから、結局つまらん
    演出が多いんやけどね。

    又、白鳥たちは、姿は白鳥でも、彼らも「民衆」を暗示してるんや
    と思う。第4幕の27番で「白鳥が子供の白鳥に踊りを教える」
    シーンがあるけど(こんなのプティパ以来どこのバレエ団も
    やらんが、実はモスクワの初演ではやったようや。それは初演の
    ポスターにちゃんと書いたある。そこには第4幕に16人のバレエ
    学校の生徒が踊るとなってる。)、これなど無駄なものではなく、
    子孫繁栄を象徴しているんやと思う。そやから最後のシーン、
    王家や悪魔が滅んでも、白鳥(民衆)は何事もなかったように湖に
    浮んでいるという情景(これも今じゃあどこもやらんが)が生きて
    くるんやと思う。
    そやから寡婦の「女王」というのが、一番良えんやないやろか。

    AA切替 sage
  56. 454
    踊る名無しさん (1) 削除

    ブルメイステル版の白鳥で、オデット&オディールがウリヤーナ・ロパートキナのを観てみたい

    AA切替 sage f2 >>457 >>461
  57. 455
    踊る名無しさん (1) 削除

    マリインスキーとボリショイの白鳥を見比べると、マリインスキーが良いんだよな...
    セルゲイエフ版とグレゴローヴィッチ版の違いか。
    今年のボリショイのチケット買ってしまったが、ちょっと気が重い。

    AA切替 f1 >>456
  58. 456
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>455
    羨ましいよ~
    楽しんで来て下さいね

    AA切替 sage
  59. 457
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>454
    あー、何か分かる気がする。ウリヤーナのブルメイステル版かーw

    AA切替 sage
  60. 458
    踊る名無しさん (1) 削除

    マリンスキーの白鳥は4幕のオデットバズーカがうっかりすると笑える感じになるのが、
    個人的には唯一の苦手ポイント。

    AA切替 sage f1 >>468
  61. 459
    踊る名無しさん (1) 削除

    同じく
    マリインスキーの繊細な踊りのレベルの高さはわかるのだが
    4幕のアレで、マリインスキーのに対しかなり苦手感がある

    AA切替 sage
  62. 460
    踊る名無しさん (1) 削除

    同意してくれる人がいるとはw

    AA切替 sage
  63. 461
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>454
    悪魔の手下の諸国の踊りの中でうろうろするのを見てみたい?
    神々しいロパがどうなるか・・・恐いもの見たさではあるが(笑)

    >>455
    その気持ちよく分かるなあ。
    私もザハロワ目当てで買ったが、もし代役だとがっかり。
    ボリショイとマリインスキー、違いに好き嫌いはいろいろあるだろうけど、
    あのボリショイの結末の音楽変更だけは許せないね。
    パリオペのヌレエフ版に似た終わり方なんだから、音楽変えずに
    ああいう結末にすることだって、まったく可能だと思うんだけどね。
    グリゴロ死なないと直らないかな?
    まあ、そんなことは気にせず、ボリショイのダイナミックなダンス
    を楽しみましょう! 折角大枚はたいたんだから。

    AA切替 sage
  64. 462
    踊る名無しさん (1) 削除

    ボリショイ「白鳥の湖」でもミハリチェンコがオデットを踊っていた時のバージョンは好きだ

    AA切替 sage f1 >>466
  65. 463
    踊る名無しさん (1) 削除

    ブルメイステル版は話のまとまりも綺麗だし楽しいんだけど
    ロットバルトが踊る場面がほぼ無いのが残念

    AA切替 sage
  66. 464
    踊る名無しさん (1) 削除

    ロットバルトが輝くならヌレエフ版かな?

    AA切替 sage
  67. 465
    踊る名無しさん (1) 削除

    ヌレエフ版だね
    でも、マリインスキーのもボリショイのもそれぞれ好き>ロットバルト

    AA切替 sage
  68. 466
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>462
    それいい! 私にとってはデフォ

    AA切替
  69. 467
    踊る名無しさん (1) 削除

    笑っちゃ失礼だけど笑えるのはABTのロットバルト役のアイザック・ステイパス
    4幕の彼はディズニーを彷彿とさせるくらい輝いている

    AA切替 sage
  70. 468
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>458
    私はそれを…
    オデット+ロケットランチャーだからオデットランチャーって心の中で呼んでた
    ロケットランチャーの構えに似たリフトなんだもんw

    AA切替 sage
  71. 469
    踊る名無しさん (1) 削除

    王子様がオマルを上に乗っけて戦っているようにも見えるし…

    AA切替 sage
  72. 470
    踊る名無しさん (1) 削除

    オデットバズーカ
    オデットランチャー
    おまるかつぎあげ

    ほかのネーミングないか? 笑

    AA切替 sage
  73. 471
    踊る名無しさん (1) 削除

    4幕で立ち回りをやるのは、バレエ的演出だとは言え、全て筋違い。
    立ち回りをやるのなら3幕ラストが唯一のチャンス。

    AA切替 sage
  74. 472
    踊る名無しさん (1) 削除

    でも3幕のヘタレ王子は結婚詐欺に合ってパニクってるから立ち回りは無理ですよw

    AA切替 sage
  75. 473
    踊る名無しさん (1) 削除

    オディールが正体をバラして勝ち誇る場面は、
    ミハリチェンコ(グリゴロ旧版)の冷酷な感じ&ロットバルトとシンクロしているのと
    ルステス(ヌレエフ版)の体を上に逸らして笑って、ロットバルトとタタタと去って行くのが好きだ

    AA切替 sage
  76. 474
    踊る名無しさん (1) 削除

    正体バレした後、オディールが高笑いして戸惑う王子の前で白鳥の真似して小馬鹿にする様子も好きです~

    AA切替 sage
  77. 475
    王子 (1) 削除

    あわわわ…(((´Д` ;)))))

    AA切替 sage
  78. 476
    オディール (1) 削除

    お前のオデットはこう踊るんでしょ?!
    お馬鹿さんねぇ!アーハハハハハッ!(((ヽ(*´∀`*)ノ)))

    AA切替 sage
  79. 477
    踊る名無しさん (1) 削除

    みたいな?笑

    AA切替 sage
  80. 478
    踊る名無しさん (1) 削除

    おもろかったw

    AA切替 sage
  81. 479
    踊る名無しさん (1) 削除

    なんてチープなwwwでも乙ですwww

    AA切替 sage
  82. 480
    踊る名無しさん (1) 削除

    age

    AA切替
  83. 481
    踊る名無しさん (1) 削除

    バレエ「白鳥の湖」」 125年ぶりにチャイコフスキーのオリジナル版で上演
    http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_06/278231909/


    1879年の初演版。
    ボリショイの初演は不評でお蔵入りという話は正しくないという説もあるが、
    チャイコフスキー自身、バレエ音楽から一時離れてしまったので、
    本当なんだろうな。

    AA切替 f1 >>482
  84. 482
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>481
    このクラスノヤルスクのボブロフ版は、少なくともチャイコフスキーの
    オリジナル版ではあり得ない。彼が目指したのはモスクワ初演版の再現だ。
    そうである以上、これまでもぼろくそに言われているように、
    チャイコフスキーのスコアは初演で思う存分変えられたという話なので、
    2つのモノをごっちゃにすることは完全な誤解だ。

    スコアそのままの版(ト書きも含めての)の制作は作曲以来現在まで一度
    もなされたことはないと断言できる。(1953年制作の当初の
    ブルメイステル版は、その志は高く評価されるが、黒鳥のパドドゥ
    導入やハッピーエンドによって原典から外れてしまっている)
    《白鳥の湖》の原典スコアを、コンテ風にやるのならいざ知らず、
    スコア通り省略なくト書きに合った装置と物語で再現することなど
    バレエ上演の経験豊かな監督やバレエマスターが決断するなんてまず
    考えられないからである。そこではオディールを含めて4回ファンファーレ
    が鳴り、そのたびごとに両親とともに花嫁候補がしずしずと挨拶をする。
    そんなまだるっこいことを実際に再現しようとするだろうか?
    また、最後の場面では白鳥のハリボテが湖を泳ぐのだ。昔はよくあった
    演出だが現在ではほぼ見かけない・・・・(笑)

    そんなチャイコフスキーのスコアに拘ることではなく、残されている
    数々の資料から(振付は全く失われたとはいえ)初演ではどのように
    演じられたかを再現しようという試みはたいへん興味深く、
    その成果は高く評価されるべきだろう。どんなものか観てみたい。

    引用先のサイトが1879年と言っているのも何かの間違いかも知れない。
    普通の資料ではモスクワ初演は1877年2月20日となっているから。
    勿論、1879年にも上演は続けられていたわけだから、その時点での
    何か重要な資料に基づいているのかも知れないが・・・・????

    AA切替
  85. 483
    踊る名無しさん (1) 削除

    すみません、質問があるのですが
    男性ダンサーで
    ジークフリード王子の役につける人は、その前はどんな役をこなすのでしょうか?
    バレエ団それぞれでしょうが、総じてこの役経験したら次は王子だよね。というのがあれば教えてください。

    AA切替 sage f1 >>485
  86. 484
    踊る名無しさん (1) 削除

    王子は見た目スタイルで決まる
    他はキャラクター

    AA切替 f1 >>489
  87. 485
    踊る名無しさん (1) 削除

    >483
    白鳥の湖でいえば、王子の友人で1幕のパドトロワ踊らせて貰えるようになれば、ジークフリートも近い。
    あとは発表会とかで白鳥2幕の王子を経験したり、黒鳥のパドドゥやったりしながら技術を磨いてく。

    AA切替 sage
  88. 486
    踊る名無しさん (1) 削除

    与えられた役を、理解し、自分なりに表現することでしょう

    それを毎回することによって、王子役が回ってきたときに発揮できると思います

    AA切替
  89. 487
    踊る名無しさん (1) 削除

    それを考えるのは、親じゃなくて本人ね

    AA切替 sage
  90. 488
    踊る名無しさん (1) 削除

    実際に必要なのは技術。自分なりの表現が求められるなんてのは幻想。
    先生の言うとおり演じるだけ。
    自分はこうしたいなんていったら次からは役を降ろされる。

    AA切替 sage
  91. 489
    踊る名無しさん (1) 削除

    483です。
    >>484
    >>485
    >>486
    サンクス。
    485さん、王子の友人ですね。わかる気がしました。

    キャラクターダンスを踊る人は、そこが限界なんでしょうかねえ。
    オデットは4羽の白鳥からなっている人がいるので理解できましたが、
    王子は今一つピンと来なかったです。いくらなんでもいきなり抜擢はないだろうなあ、と思って質問いたしました。

    皆様ありがとうございます

    AA切替 sage
  92. 490
    踊る名無しさん (1) 削除

    いちおうプロのバレエ団での話か、
    プロとは名ばかりも含めた発表会のレベルかで話も違ってくると思うけどね。

    海外の名の通ったバレエ団で、
    次代のダンスールノーブル(ここは広く王子がやれるプリンシパル候補っていう意味で)が通る役というと、
    白鳥なら王子の友人のパドトロワとか、ジゼルならペザントのパドドゥとか、
    眠りの青い鳥(これはキャラクター系でジャンプが強い人がいく場合も)とか?
    シルフィードのガーンもか。

    AA切替 sage
  93. 491
    踊る名無しさん (1) 削除

    それでも白鳥の王子は絶対に回ってこなかった熊川氏

    AA切替 sage f1 >>493
  94. 492
    踊る名無しさん (1) 削除

    自分のカンパニーでしか王子ができない熊川

    AA切替
  95. 493
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>491
    すごいトリビア。知らなかった。そうなんですかあ。ロイヤルでの主な役どころ調べてみようかな。

    >>490
    眠りの青い鳥、わかる気がする。

    AA切替 sage
  96. 494
    踊る名無しさん (1) 削除

    2ちゃんで評判が良かったベルリン国立歌劇場の白鳥を買ってみたんだけど、
    衣装や美術が綺麗で観てて楽しかったけど思ってたほど大胆な解釈じゃなかった
    でも母の勝利みたいなラストは好きだな
    思えばもっとあっても良さそうなのに王子がマザコン的な解釈の白鳥ってマシュー・ボーンとかしか無いよね
    マシュー・ボーンの白鳥があまりに有名になりすぎて似た解釈で作りにくいのかな

    AA切替 sage f1 >>495
  97. 495
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>494

    すべての「白鳥」は王子がマザコン前提ではないでしょうか?
    自分の花嫁決められないのですから。

    AA切替 sage
  98. 496
    踊る名無しさん (1) 削除

    それは違うでしょ。
    つーか王子が勝手に自分で花嫁きめられるなんて国のほうが本来設定おかしくない?
    ふつうに政略結婚でしょうが。
    というのはさておき、王子にフォーカスを当てる演出自体がかなり現代のものだよね。
    本来白鳥の湖(に限らずバレエ・ブラン全般)は、女性のためのものなんだから。
    思うに王子のソロを思い入れたっぷりに踊るヌレエフ演出版がその最初のような気がするね。
    以来白鳥の演出はどんどん王子の物語化していった(というか新演出しようと思うとそれしかない)。
    でも王子の物語化するとオデットの物語がどんどん後退していくんだよね……
    グリゴロ版もそうだし、ベルリンのもそう。
    オーストラリアバレエが珍しく?オデットの物語に比重のある白鳥新演出だけど、ほんとそれくらい。

    AA切替 sage f2 >>498 >>499
  99. 497
    踊る名無しさん (1) 削除

    それ思った、ベルリンの白鳥はオデットが脇役

    AA切替 sage
  100. 498
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>496
    そう思う。
    オデットとオディールの立ち位置の解釈です。
    一人の中の2面せいなのか、ライバルなのか?
    悪魔の使いなのか?

    しかし
    王子は、上で出たように、ダンスノーブル、かつ、そこそこ踊れないと
    無理ですよね。
    もともとの振り付けからして、その辺のバランス、難しいですね。人選。
    殴り書きなので突っ込み歓迎

    AA切替 sage
  101. 499
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>496
    お姉さん
    ベルリンのを見ました。主役が王子か、と思えるくらいですね。
    悪魔が羽を広げて魔法をかけるんですかね。1幕の友人たちのPDDも
    かなり男性陣多かった。
    出演者によってはあれはあれで人気あると思います。
    確かに
    今このスレでの流れに違反しておりますけど。

    AA切替 sage
  102. 500
    踊る名無しさん (1) 削除

    王子もロートバルトも死ぬ演出を観た。
    白鳥たち、チュチュのままで人間に戻ったようなしぐさ。
    オデットは、死んだ王子にほほすりよせて嘆き悲しむ。幕。

    それまでに、王子の方がロートバルトより先に倒れるのが
    ちょっと変だけどね。(残ったオデットがやっつけるのか?)

    AA切替
  103. 501
    踊る名無しさん (1) 削除

    お前らの中にイケメンいない?
    稼げるのかレポ頼むw
    URL貼れないから
    イケメン ガーデン
    って検索して!
    ※正しいサイト名は英語です。

    AA切替
  104. 502
    踊る名無しさん (1) 削除

    死そのものに、魔力を打ち消す力があるという解釈なのかな?

    AA切替 sage
  105. 503
    踊る名無しさん (1) 削除

    ベルリンの白鳥ブックレット読み応え有りそうなのに読めない…
    ストーリー解説だけでも大体何て書いてあるか分かる方いませんか?

    AA切替 sage
  106. 504
    踊る名無しさん (1) 削除

    ダンマガにクラスノヤルスクの新版の紹介出ていたよ。
    女王と悪魔の髪型を似せて、最後の場面をシルエット気味
    にして母と悪魔が重なっているように演出しているのが印象的!
    (その写真はダンマガには出てなかったけど、団のHPにはある)

    AA切替
  107. 505
    踊る名無しさん (1) 削除

    なかなか面白そうな版だなと思った。
    モンテカルロのLACも面白そう。

    AA切替 sage
  108. 506
    踊る名無しさん (1) 削除

    LACは以前全幕をユーチューブで見れたね。
    音楽の扱いがCDだから斬新。
    子役が出る部分なんかも舞台でやるのかな?

    AA切替
  109. 507
    踊る名無しさん (1) 削除

    質問です。
    ダンマガの後ろのDVDの広告で、
    ウイーンの白鳥はルグリが最近、ヌレエフ版に
    したように出てるんですが、
    ずっとヌレエフ版でやっていたと記憶しているのですが。

    AA切替 sage f1 >>510
  110. 508
    踊る名無しさん (1) 削除

    気になって確かめちゃったけど、
    ルグリが甦らせた、っていうコピーのことを言ってるのかな。
    同じ映像の輸入DVDとかクラシカジャパンの放送の解説を見るに、
    ヌレエフ版が作られて50周年を期に、
    衣裳とか装置も一新して(一部演出も?)5年ぶりに復活?上演したってのが売りのようなので、
    甦らせたってのはその化粧直ししたってことを差してゐるんじゃないの?

    AA切替 sage f1 >>509
  111. 509
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>508
    507です。
    甦らせたというのはその程度の意味だったのですね。
    ありがとうございました。

    AA切替 sage
  112. 510
    踊る名無しさん (1) 削除

    ダンマガの記事(P45)
    <一九六四年にウィーン国立歌劇場バレエで独自の演出を発表。・・・・
    この版は久しく上演が途絶えていたが、初演から五十周年にあたる今年、
    ウイーンのレパートリーに復活した。>
    という解説と>>507が言っているDVDの広告を見ると<ルグリがウィーン
    に蘇らせた伝説のヌレエフ版!>なんてキャッチコピーを見ると、いかにも
    ↓のフォンティーンとヌレエフのヴィーン版を復活したのかと誤解するが、
    このDVDのエシナの写真を見ると、なんと背景に階段がある。要するに
    これはパリ版であることは疑いのないところだ。

    tps://www.youtube.com/watch?v=OQvISdUX9kE

    どだい、あの豪華な衣装と装置が五〇年間保存されているわけないし、
    再現する費用を考えたら、ヴィーン版復活なんてまずは不可能だろう。
    なぜ、こんなウソを書くのだろうねえ・・・・?

    もちろんルグリの仕事を非難しているわけでは全くない。
    たぶん、ヴィーンで演じられてきたパリ版を、ルグリが
    ずっと演じてきた正統の(?)のパリのパリ版に修正する
    努力をしただろうことは充分推測出来る。若干の振付変更と
    衣装・装置の更新程度では、やはり宣伝効果がないのだろうかねえ・・・・

    AA切替
  113. 511
    踊る名無しさん (1) 削除

    別に悪意を持って嘘を書いているって訳でもないような。
    たとえば
    http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_17/269654030/
    ほかでもこういう見出しあるしさ。
    そもそもむこうの広報が復活(←直訳すれば)って言ってるんじゃないの。
    5年上演がないっていうのを長いと思うか短いと思うかってけっこうビミョウ

    AA切替 sage f1 >>512
  114. 512
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>511
    そんなことをいってるのではない。
    もちろん、ルグリに対しても、バレエ団に対しても、広報に
    対しても文句を言ってるのではない。いろんな宣伝方法も
    あるし、いろんな見方があるので、それは御自由だ。
    宣伝効果云々は別問題である。

    そうではなくて、「ウソ」と書いたのは単に、ダンマガP45
    の無署名の記事が明瞭な誤りであることを指摘しただけである。
    前回・・・と中間部分を省略したが、それを含めて再掲してみよう:
    <一九六四年にウィーン国立歌劇場バレエで独自の演出を発表。
    それまでにもほかのバレエ団への客演時に盛り込んできた独自の
    ソロを正式に定着させたのに加え、第一幕のパ・ド・サンクや
    黒鳥のパ・ド・ドゥなど、チャイコフスキーの原曲を復活させた
    ナンバーも多い。 この版は久しく上演が途絶えていたが、
    初演から五十周年にあたる今年、 ウイーンのレパートリーに復活した。>

    このパ・ド・サンクはパリ版にはないし、黒鳥パ・ド・ドゥも
    全く違う。それはヨツベですぐに確認できることである。
    要するに、余計な藪蛇を書いてしまったということ。
    それが、悪意なのか無知なのかは知らないが(たぶん無知だろう)
    ダンマガの編集者は、その辺揚げ足を取られないように
    しっかりチェックしろよということだ。
    そうでないと、>>507のように迷う人が現れる。

    AA切替 sage
  115. 513
    踊る名無しさん (1) 削除

    親切ついでにダンマガの編集部に送ってあげたら?

    AA切替 sage
  116. 514
    踊る名無しさん (1) 削除

    それなら最初から、
    こんな明白な間違いを書くなんて、ダンマガ編集部は無知でしょーがない
    ……とでも書いてくれれば良かったのに~
    嘘っていうことばには、その嘘で何かずるい利益誘導してるってかんじのニュアンスが伴うでしょうが。
    誤読してもしかたなくない?

    AA切替 sage
  117. 515
    踊る名無しさん (1) 削除

    で、ロットバルトの目的って結局何よ
    版によってことなるかもしれないけども
    今のグレゴロ版とか王子騙して最後に姫殺して王子ぼっちにさせて何がしたかったのか

    AA切替 sage
  118. 516
    踊る名無しさん (1) 削除

    オデットに執着しなくてもオディール(娘)をそっくりに変身させられるんならそれで良いじゃんと思ってしまう

    AA切替 sage
  119. 517
    踊る名無しさん (1) 削除

    娘に人を騙せとか毒親もいいとこだわ

    AA切替 sage
  120. 518
    踊る名無しさん (1) 削除

    これ原作になる民話とかもないんだね

    AA切替 sage
  121. 519
    踊る名無しさん (1) 削除

    チラ裏だけど、子どものとき、アンデルセンの「白鳥の王子」と混同していた。

    AA切替 sage
  122. 520
    踊る名無しさん (1) 削除

    ウィキには「奪われたヴェール」(ムゼーウス作の童話)とある。

    AA切替
  123. 521
    踊る名無しさん (1) 削除

    スコアのト書き以外は怪しいもんだ。

    AA切替
  124. 522
    踊る名無しさん (1) 削除

    はじめは継母の嫉妬ってのもあったみたいだね
    悪の部分は今はロットバルトに吸収されてしまったけど

    AA切替 sage
  125. 523
    踊る名無しさん (1) 削除

    黒鳥PDDが二種類あるのはなぜ?
    黒鳥vaも蛇使いのとそうでないもの、コーダも二種類あるよね?
    どちらもチャイコフスキーが作曲なの?

    AA切替 sage f1 >>527
  126. 524
    踊る名無しさん (1) 削除

    そもそもチャイコフスキーは3幕にPDDを作っていない。
    初演の4回目の公演でソベシチャンスカヤがロシアの踊りの代わりに
    PDDを踊ったらしい。それが黒鳥の衣装だったのか???
    黒鳥PDDはプティパの発明かもしれないねえ?
    だから、2種類どころか、いろんなヴァリエーションがあるよ。

    AA切替 sage f1 >>531
  127. 525
    踊る名無しさん (1) 削除

    オディールのヴァリは妖しい方の曲が好き、コーダ(グラン・フェッテ)は通常使われる事の多い曲の方が好きな私は
    ペルミバレエのニーナの白鳥DVDが好み
    他にもこの曲の組み合わせで出てるDVDありませんか?

    AA切替 sage f1 >>526
  128. 526
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>525
    ボリショイのグロゴロヴィチ版かな
    私はこれがデフォだわ
    白鳥・黒鳥はミハリチェンコ(うろ覚え)

    AA切替
  129. 527
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>523
    黒鳥ヴァリでよく使われる長調の曲は、チャイコフスキー作曲の別の曲
    そりすべりだったかな?
    怪しげな短調のは1幕用
    コーダは2種類とも白鳥

    つうか、全幕CDくらい持ってないの? 今CDは安いから買えばいいのに

    AA切替 f2 >>529 >>530
  130. 528
    踊る名無しさん (1) 削除

    あ、ごめん
    そりすべりってのはうろ覚えだ
    元はピアノ曲です
    チャイコフスキー全集みたいなのに入ってたりするけど、
    そこまでマニアでなければ買わなくていい

    AA切替
  131. 529
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>527
    <長調のプティパ版のオディールヴァリアシオン>
    チャイコフスキーが死の年1893年に作曲した《18のピアノ小曲集》
    の第12曲(エスピエーグル=いたずらっ子)をドリゴがオケ編曲したもの。
    全集版では印刷されていないが、ユルゲンソン版には含まれている。

    <怪しげな短調のは1幕用>
    第3幕にある《19番(パドシス)》 の中の「ヴァリアシオン4」。

    AA切替
  132. 530
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>527
    最後の文さえなければ良かったのに
    どれだけ後から訂正しても性格悪いのは隠せないね

    AA切替 sage
  133. 531
    踊る名無しさん (1) 削除

    白鳥全曲CD聴いたことあるけどボリの黒鳥は一幕にあるね

    >>524
    自分はスカラ座のザハボッレの黒鳥とボリショイの黒鳥の二種類しか知らないけど他のはどこが採用してる?

    AA切替 sage f2 >>533 >>538
  134. 532
    踊る名無しさん (1) 削除

    性格悪くても有用な情報持ってればいい

    AA切替 f1 >>534
  135. 533
    524 (1) 削除

    >>531
    質問の意味がよく解らないけど、前にも書いたように、
    チャイコフスキーが黒鳥PDDを書かなかったこと
    (すなわちオリジナルが存在しない)を逆手にとって、
    さまざまな黒鳥PDDが作られてきたのだが、
    それが《白鳥の湖》の作品としての活力の源の1つとなっている。

    使われる音楽は次の4つで殆ど網羅される。
    ①第1幕《第5番パドドゥ》
    ②第3幕《第19番(パドシス)》
    ③ドリゴが編曲した《エスピエーグル》
    ④由来不詳の《全集版付録パドドゥ》(バランシンが振付けたチャイパドの音楽)

    以上の4曲から適当にピックアップして作られるのが、黒鳥PDD制作の一般的なやり方である。

    AA切替 sage
  136. 534
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>532
    本人乙

    AA切替 sage f2 >>535 >>539
  137. 535
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>534
    おまえも相当性格悪いwwwww

    AA切替 sage
  138. 536
    踊る名無しさん (1) 削除

    白鳥の湖スレで鳩の喧嘩が始まっていますw

    AA切替 sage
  139. 537
    踊る名無しさん (1) 削除

    ぽっぽっぽー

    AA切替 sage
  140. 538
    524 (1) 削除

    >>531
    ちなみに、ザハボレはブルメイステル版。その黒鳥は:
    ①アダージョ:全集版付録アダージョ(チャイパド)
    ②王子ヴァリ:全集版付録男性ヴァリ(チャイパド)
    ③オディールヴァリ:《19番・ヴァリ4》(蛇使いの音楽)
    ④コーダ:《19番・コーダ》

    つまり、後半がチャイコフスキーの《白鳥の湖》の音楽ってわけだ。

    AA切替 sage f1 >>540
  141. 539
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>534
    どうやら本当に本人さんだったのかな?w

    AA切替 sage
  142. 540
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>538
    ほー
    詳しく書いてくれてありがとう
    自分で調べるのにも参考になる 本当にありがたい
    >>531に書いてたのはブルメイステル版とグリゴロ版以外の曲を採用してるバレエ団があるなら何の曲でどこのバレエ団なのかなっていう

    AA切替 sage
  143. 541
    踊る名無しさん (1) 削除

    なんでチャイコフスキーは黒鳥PDDを書かなかったんだろうか

    AA切替 sage f1 >>542
  144. 542
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>541
    ほとんど視覚によって構成される(言葉のない音楽は自由に解釈され得る)
    バレエでの黒鳥という表現方法は、画期的な発明だと思う。
    チャイコフスキーの音楽には、ロートバルトやオディールは登場しても、
    彼女がどんな姿なのかは述べられていない。第3幕に王子とオディールの
    PDD(たとえ黒鳥の姿ではないにしても)を作曲するという発想自体、
    チャイコフスキーには、そもそも無かったということだ。

    >>540
    >>533の4曲(細分すると16曲になるが)から見ていく方が良いのでは?

    AA切替 sage
  145. 543
    踊る名無しさん (1) 削除

    みなさんのお気に入り道化教えて欲しい

    AA切替 sage f2 >>549 >>552
  146. 544
    踊る名無しさん (1) 削除

    みなさんのお気に入り王妃教えて欲しい
    私はマハリナ&ゼレンスキー主演のマリインスキーのアンジェラ?さん
    若い頃の美貌の残滓を感じさせる上品なたたずまいがたまらん
    王妃役って優しげな感じと厳しい感じと分かれるよね
    道化は誰かなー

    AA切替 sage
  147. 545
    踊る名無しさん (1) 削除

    私のお気に入りの道化は二山治雄くん

    AA切替 sage
  148. 546
    踊る名無しさん (1) 削除

    ザハボレのミラノの道化が一番可愛いように思う。
    道化ってベンノの役割をバレエ的に表現するために作られたキャラだと思うから。

    AA切替 sage
  149. 547
    踊る名無しさん (1) 削除

    私は年末の来日で見たボリショイのアレキサンドル スモリャニノフかな
    とにかくジャンプの技が凄かったよ
    飛びまくってた
    動画探したんだけどまだコールドだからか全然なくて紹介できなくて残念

    AA切替 sage f1 >>550
  150. 548
    踊る名無しさん (1) 削除

    ボリショイの道化は楽しいよね
    http://v.youku.com/v_show/id_XODgwODI3MzM2.html

    最初に見て印象が強かったのは、ボリショイ1989 のシャルコフ
    http://youtu.be/rEgkKTrmlK0

    youtube rEgkKTrmlK0

    軽快モード(Youtube)
    [!] OFF にするとyoutubeはスレの中で再生します

    AA切替 sage
  151. 549
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>543だけどみなさんありがとう!

    >>545
    ローザンヌ優勝の子だよね?
    道化の画像はあったけど動画が見つからず…

    >>546
    あの道化はメイクもサーカスのピエロみたいだし、一場でも立ったり座ったりいろんな人に話しかけたり愛らしい
    確かに従者という感じはある
    王子が黒鳥に惹かれてるときに止めにいったりw
    今でもスカラ座はあの道化なのかな?
    最近の動画ざっと探したけどザハボッレかあっても二場のしかなくて残念…

    AA切替 sage
  152. 550
    踊る名無しさん (1) 削除

    連投ごめんなさい

    >>547
    私も見たよー!もしかして大阪かな?
    二幕の回転が凄かったの覚えてるよ

    >>548
    ボリの道化は衣装の色からしてもちょっと小悪魔な感じがしてスカラ座とまた違う可愛さがある
    動画もありがとう
    結末や全体の振り付けも変更されてるけど道化の振り付けも色々変わってるねー!
    一番のでんぐり返しは初めはなかったんだね

    AA切替 sage
  153. 551
    踊る名無しさん (1) 削除

    ディアゴスティーニのバレエのやつあたりで道化特集してほしい

    AA切替 sage
  154. 552
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>543
    ボリショイばかりになるけど岩田さんの道化も勢いあって素敵だよ!

    AA切替 sage
  155. 553
    踊る名無しさん (1) 削除

    そういえば英国ロイヤルは道化いないよね

    AA切替 sage
  156. 554
    踊る名無しさん (1) 削除

    つべで

    swan lake, jester (英語)

    le lac des cygnes, bouffon (仏語)

    lago dei cigni, giullare (伊語)

    Лебединое озеро, шут (露語)

    で検索したら、発表会レベルも含めてとりあえず何か出てくる。

    AA切替 sage f1 >>556
  157. 555
    踊る名無しさん (1) 削除

    <王妃役って優しげな感じと厳しい感じと分かれるよね>
    本来彼女は両方を持っているけど、版によってどちらに重点を置くかの違いが出るのかな。
    「王妃」という言い方は一般によく使われているけど、少し変ではないかな?
    450あたりで母親についてかなり議論されている。

    AA切替
  158. 556
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>554
    わああああ ありがとう!!
    swan lake the fool、swan lake pierrot(英語、ロシア語…)で探してもあまり出てこなかったから助かりました

    AA切替 sage
  159. 557
    踊る名無しさん (1) 削除

    花嫁候補の二人目(ハンガリー?バイオリンがメインの曲)が他より長くていつも不公平だなーと思ってしまう

    AA切替 sage f1 >>562
  160. 558
    踊る名無しさん (1) 削除

    ルースカヤ?
    なら仕方ないよ、ロシアの踊り、なんだから
    バイオリニストのために書いた曲でもあるし

    AA切替 sage f1 >>561
  161. 559
    踊る名無しさん (1) 削除

    パリオペ白鳥にも道化はいない
    http://youtu.be/iHbPgOahr2I

    youtube iHbPgOahr2I

    軽快モード(Youtube)
    [!] OFF にするとyoutubeはスレの中で再生します

    AA切替 sage f1 >>560
  162. 560
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>559
    道化いないと何かさみしいよね
    かわりにもろに従者ってのがいたりするけどやはり登場人物としていると楽しい

    AA切替 sage
  163. 561
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>558
    なるほどねー
    白鳥の舞台ってドイツじゃなかった?
    それより制作場所の方が強いのかな

    AA切替 sage f1 >>25
  164. 562
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>557
    ロシアの踊りは確かにチャイコフスキーが作った曲だけど
    他の4つの国の踊りと違って、後から作られた番外曲なんだ。
    そして実際のところ初演では、オデットを踊ったカルパコワI
    がこれを踊った。詳しいいきさつはわからないけど、
    オディールのためのヴァリアシオンだったかもね。
    だから他の国の踊りと違って長くて当然なんだ。
    それを同列に扱うから「なんだか不公平だね」ってことになる(笑い)

    もしそうだとしたら、初演では、オディールは黒鳥ではなくて
    ロシアの民族衣装を着ていたのかな?
    不思議だ。

    AA切替 f1 >>564
  165. 563
    踊る名無しさん (1) 削除

    デュトワ指揮のCDでは
    ハンガリー:2分57秒
    ロシア:4分33秒
    スペイン:2分49秒
    イタリア:2分10秒
    ポーランド:4分17秒
    と、なってた。
    なかなかポーランドも長い。

    自分の中ではスペインとイタリアの方が印象に残りやすくてずるいと思う。

    AA切替 sage
  166. 564
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>562
    へえー!
    あとから作られたのか
    バレエだけじゃなくて例えば何かの民話でも登場人物として花嫁候補5人って多くない?と思っていたけど(舞台ものなら釈的にも)元々は四人だったんだね
    オデットが踊ったのは制作国だからかな?
    初演はボリだよね?

    AA切替 sage
  167. 565
    踊る名無しさん (1) 削除

    眠れる森の美女でもオーロラに求婚する王子は4人ですね。
    白鳥の湖でもファンファーレはオディールを含めて4回鳴らされるので
    もともとの花嫁候補はオディール込みで4人だったんだと思う。
    もちろんそれは諸国の踊りの数とは関係ない。
    6人という演出も結構あるけど、それはパドシスからの連想じゃあないかなと思う。
    でもパドシスの音楽で踊る6人は花嫁候補だけではない。音楽の内容が
    花嫁候補が媚を売るような種類のものとは全く違うからね。

    <オデットが踊ったのは制作国だからかな?>
    オデットが3幕に登場したかどうかはわからない。
    たぶんそんなことはないだろう。
    判っているのは、オデット役を演じたカルパコワIが3幕にも出てきて
    ロシアの民族衣装でロシアの踊りを踊ったという事実だけです。
    ロシアの踊りを欲しがったのは初演の振付者だといわれているけどね。

    AA切替 sage f1 >>569
  168. 566
    踊る名無しさん (1) 削除

    皆さん民族舞踏で好きなのは?私はナポリかな
    からっとしてて明るい感じが好き

    AA切替 sage
  169. 567
    踊る名無しさん (1) 削除

    音楽含めスペインしか印象に残らない

    AA切替 sage f1 >>570
  170. 568
    踊る名無しさん (1) 削除

    ルースカヤイチオシ。

    AA切替 sage
  171. 569
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>565
    そうなんです!多くても大体4人だからなんか異様だなあと思っていました
    ファンファーレは重要な人物が登場の時になっているのは分かっていましたが、数は数えてなかったです
    おおお…
    少し話がそれますが、上の方でも黒鳥PDDの話が出てますけれど、パドシスの曲が黒鳥の曲になることが多いんですね

    >>オデットが踊った~…
    ごめんなさい
    書いてくださってる様にオデット役の方がまた三幕にも出てきたという意味です

    AA切替 sage
  172. 570
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>567
    スペイン以外は全体的にゆっくりの曲だから(途中からリズム早くなるのもあるけど)、刺激的な感じから始まるスペインは私も好きだな
    ボリショイのチホミロワがお気に入り
    http://youtu.be/eVajr_7jjCw

    youtube eVajr_7jjCw

    軽快モード(Youtube)
    [!] OFF にするとyoutubeはスレの中で再生します

    AA切替 sage
  173. 571
    踊る名無しさん (1) 削除

    <数は数えてなかったです>
    舞台で行なわれているファンファーレの数を数えても無駄です。
    ちゃんとやってるカンパニーはまずないからねえ・・・・
    一度そういうのを映像で見たことあるけど、まあダルかった(笑い)

    <パドシスの曲が黒鳥の曲になることが多いんですね>
    プティパ版でカットされてしまったので、オリジナルなのに新鮮味がある
    からなんでしょうね。

    <三幕にも出てきたという意味です>
    現代でも、1幕で踊っていたダンサーが2幕や3幕にも他の役で
    踊る場合があるように、初演のときも1幕で村娘を踊ったダンサーが
    3幕で諸国の踊りを踊っていますので、主役のオデット役でも
    出番がないときは別役で踊ったってことがあったのかもしれないね。

    <ボリショイのチホミロワがお気に入り>
    ボリショイはポワントなのでバレエ的ですね。
    イタリアンフェッテみたいなのもやってる!

    AA切替 sage f2 >>574 >>575
  174. 572
    踊る名無しさん (1) 削除

    1分10秒あたりのアラベスクターンのことかな?

    AA切替 sage
  175. 573
    踊る名無しさん (1) 削除

    そう!
    スペインのイメージはないね。
    もちろん、ことさらスペインを強調する必要も全くないけどね。

    AA切替 sage
  176. 574
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>571
    ファンファーレの数、そうなんですねw
    少し残念ですw

    >>役の件
    あー!初めはオデット・オディールそれぞれ別の演者でしたものね
    それに主役のダンサーはその舞台では主役しか踊らないっていう今の感覚で書いてしまってました
    昔は主役級ダンサーも他のダンサーと同じように、出番がない時は別役してたんですね
    なるほど…

    AA切替 sage
  177. 575
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>571
    ああ、そっか…
    普段ボリばかり見てるのですがヒールのカンパニーもあるのですよね

    AA切替 sage
  178. 576
    踊る名無しさん (1) 削除

    <一度そういうのを映像で見たことあるけど、まあダルかった>
    「そういうの」というのは、ファンファーレが鳴る度に一人づつ
    花嫁候補が現れるという演出のことだが、北欧かオランダあたりの
    カンパニーの1つにそういう演出があったように記憶しているけど、
    重複感が半端なく「ダルかった」ということです。
    マイムは、ただでさえ詰らないのに、同じことを3回も繰り返されると
    うんざりしますからね。(よほど工夫を凝らさないと)

    <初めはオデット・オディールそれぞれ別の演者でしたものね>
    それは確定した話ではないような?
    初演では主役カルパコワでなくミハイロワがオディールを踊ったという説があるし、
    その後の上演で主役ソベシチャンスカヤがオディールとしてパドドゥを踊ったという説もあるのでねえ。
    ロシアで正確な研究が進められるといいですね。

    AA切替 sage
  179. 577
    踊る名無しさん (1) 削除

    ウリヤーナの白鳥が一番好き♪
    透明感があってオデットの雰囲気がすごく出てると思う

    AA切替 sage
  180. 578
    踊る名無しさん (1) 削除

    バレエのお話のスレは白鳥しかないのかな
    他の作品についても話したいし詳しい人の話を聞きたい
    知識豊富な方もいるし白鳥だけに縛るのはちょっともったいない

    AA切替 sage
  181. 579
    踊る名無しさん (1) 削除

    自分で話をふればいいんじゃない?

    AA切替 sage
  182. 580
    踊る名無しさん (1) 削除

    好きなのスレ立てすればいいのでは
    話の中まで議論して楽しいのは、やっぱり白鳥かジゼルくらいかな

    AA切替 sage f1 >>584
  183. 581
    踊る名無しさん (1) 削除

    ラ・バヤデールなら専用スレがあるか。
    でも白鳥スレも含めて過疎ってるので、
    【白鳥】バレエ作品・演目総合【ドンキ】とかのスレを作れば良いと思う。

    AA切替
  184. 582
    踊る名無しさん (1) 削除

    モダンバレエはそれに含まれませんよね?
    俺にはモダンバレエってイミフ過ぎて…

    AA切替 sage
  185. 583
    踊る名無しさん (1) 削除

    モダンバレエってだいたい何を指してるの。
    モダンダンス? コンテンポラリーダンス?
    クラシックバレエの技術をベースにした20世紀半ば以降の新しいバレエ?

    AA切替 sage
  186. 584
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>580
    別に立ててもいいんだけど >>581のいうようにこのスレも過疎り気味なので…
    それに若干重複にもなりそうだし一応ここの人たちと話したいなと

    >>581
    もしここの住人がいいなら次スレで総合スレにできたらいいんだけど
    白鳥も出尽くしてはいないけど話のルーツとか裏話的なのはほとんど出ている気がするし、個人的に良スレだから総合にしたらもう少し盛り上がるかなあと
    落ち防止にも
    次スレもかなり先になりそうだけど…

    AA切替 sage
  187. 585
    580 (1) 削除

    やっぱり続かないよね
    週に一度くらいしかダンススレに来ていなかったよ
    前は毎日来ていたのに

    「バレエ歴史・内容・裏話の総合スレ」作ってもレスが飛び飛びになって
    対話が成り立たないかも・・・ジゼルのレスの後にドンキのレスが
    続いたりしてね

    AA切替 sage f1 >>587
  188. 586
    踊る名無しさん (1) 削除

    バレエの歴史といえば、80年代に「バレエの魅力」という英国BBCが作ったドキュメンタリー番組がとても秀逸だった。
    NHKで放送されたのだけど、フォンティーンが語り手となって、バレエの歴史を詳しく説明していた。
    カマルゴがスカートの丈を短くして踊って、当時センセーションを起こしたこととかこの番組で知った。
    ただ昔は舞台で照明にガス灯だかを使っていて、衣装に火が燃えついて燃えて死んだバレリ―ナいるという
    話のときは子供の頃だったので、物凄い怖くて夜眠れなかった。
    まだビデオでシリーズで数回放送あったうちのいくつかは残っているのだけど、
    久々に見たら、フォンティーンとバリシニコフのバラの精とか貴重映像も多くて楽しめた。
    いつかまた放送してくれないかな…全シリーズ見たい。

    AA切替 sage
  189. 587
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>585
    レスは安価つければ(ここは安価付けてる人少ないけど)各々で会話はできるし、まあー盛り上がるっていっても今くらいかちょっと増えるくらいだろうからそこまで心配する必要はなさそうな…?>>レス飛び飛び

    AA切替 sage
  190. 588
    踊る名無しさん (1) 削除

    ここに来て皆様となごなごするの好きです(*´ω`*)
    たとえ過疎でも…笑

    AA切替 sage
  191. 589
    踊る名無しさん (1) 削除

    自分が欲しい情報だけ読みたいって、すごいわがままだだな
    勝手にまとめればいいのに

    AA切替 sage
  192. 590
    踊る名無しさん (1) 削除

    【見る人専用】バレエ雑談スレ4【乱立防止】
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/dance/1283069755/

    というスレもあるんだけどね。
    個別に立てて過疎化させるのがいいのか
    過疎化している既存のスレを活性化させるのがいいのか

    モダンバレエじゃないけれど

    ☆ モダンダンス ☆ 
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/dance/1071832501/

    の過疎化済スレもあるよ

    AA切替 sage
  193. 591
    踊る名無しさん (1) 削除

    雑談スレは流石にちがうのでは?
    「作品について語る」だから

    AA切替 sage
  194. 592
    踊る名無しさん (1) 削除

    でも、このスレでタイトル以外の作品を語るのは、さすがにスレチでは?
    マシュー・ボーンやマッツ・エック、グレアム・マーフィー、ジャン=クリストフ・マイヨ―の白鳥を語ることはできても。

    AA切替 sage f1 >>593
  195. 593
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>592
    次スレや今後の話じゃないの?
    次スレまで長すぎるならタイトルは白鳥だけど今からは >>581みたいにバレエ作品・演目総合にしますでもいいわけで
    ここにいる人もだいたい同じ人だろうから仮に途中から変わっても頻繁に説明要らないだろうし

    AA切替 sage
  196. 594
    踊る名無しさん (1) 削除

    元々過疎な上に白鳥はネタ切れ感あるからこれを機に入口を広げてもいいと思うわ。
    っていうかこの辺りでそうでもしなかったらバヤスレみたいに止まりそう。
    スレタイ変えたところで人の出入りはそんなに変わらないのは予想できるから、それなら私は話の幅広げたい。
    ということで私は賛成よん。

    AA切替 sage f1 >>596
  197. 595
    踊る名無しさん (1) 削除

    ABTの白鳥のDVDでルースカヤをノリノリで踊った後
    女王の隣の玉座にドヤ顔で飛び乗るゴメスロットバルトに引き気味の女王にいつも笑う

    AA切替 sage
  198. 596
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>594
    賛成もなにもルール違反だから止めなさい。

    AA切替 sage f1 >>597
  199. 597
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>596
    そのルールって何?
    テンプレもないじゃない
    元々人も少ない上に話題も出尽くしてる、でも良スレ
    ならちゃんとスレが有意義になる使い方をしてもいいでしょうに
    話す作品広げるだけで何でそんな頑なに止めるわけ?

    AA切替 sage f1 >>608
  200. 598
    踊る名無しさん (1) 削除

    やろうとしてることは
    新国立劇場のスレで、牧阿佐美バレエ団や東京バレエ団についても語ろうとしてるのと
    同じ。
    普通にスレ違いの話しようとして、ルール違反って言われて逆切れ?

    そもそもここを過疎ってるとか、限界があるとか勝手なこと言ってるけど
    Part3まで続いてるスレなんだから、白鳥の湖だけで充分需要があるってことなんだよ。
    なんかバレエの歴史とか学べて有益って考えてるみたいだけど、
    ここは歴史に限らず、白鳥の湖に関するなんでも語れるスレだから、
    こんな白鳥の湖があったら面白いとか、ロットバルトってどうしてオデット監禁するんだろう?とか
    最近こんな白鳥の湖見たとか、とにかく白鳥の湖に関することを語るスレなんだよ。

    取り立ててバレエの歴史を語りたいって思うなら、
    別にスレ立てるのが普通でしょ。

    AA切替 sage
  201. 599
    踊る名無しさん (1) 削除

    ルールwww
    リアルでもいるよねー。
    時代遅れ・非行率なのにいままでこうだったからって押し通す人。害でしかないわー。
    もう白鳥以外も話そ。
    私も作品見てネットにのってないような疑問でてくるし。
    白鳥以外も気軽に話したいわ。

    AA切替 sage