ダンス < 趣味🏮
  1. 1
    踊る名無しさん (1) 削除

    ちょっと早めに、次のスレッドを作っておきました。あしからず。
    前のスレッドは、次の通り。

    白鳥の湖を語るスレ Part 2
    http://toki.2ch.net/test/read.cgi/dance/1166702086/

    • 2ちゃん見るなら便利な「びんたん」
    • のんびり 弁慶 で楽しむ
    • 続きを読む 2-

    AA切替 sage f1 >>2
  2. 895
    踊る名無しさん (1) 削除

    今日、白鳥観るよお~。キエフの。

    AA切替 sage
  3. 896
    踊る名無しさん (1) 削除

    キエフの眠り観に行ったけどコールドが少なくてショボかったよ
    踊りは綺麗だったけど

    AA切替 sage f1 >>897
  4. 897
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>896
    何人でした?18?

    AA切替 sage f1 >>898
  5. 898
    踊る名無しさん (1) 削除

    >>897
    見てきたよ~。コール・ドは18人でした。
    スパニッシュにイケメン居たw

    AA切替 sage
  6. 899
    頭狂大学迷余教授西洋美術死 (1) 削除


    古来、多くの社会で踊り子や芸人は賤業、河原乞食の仕事であった。ソロルとニキヤは
    身分違い、つかのま性欲処理の邪魔になったらポイの関係なんだ。でもニキヤが
    上方婚を望んだから悲劇が拡大した。

    だからソロルが生涯伴侶得るときは、かれ自身疑うことなく同じ階級のガムザと
    結婚したわけ。カーストの厳しい社会でもあり、後ろめたさはほとんど感じない。
    ここが問題の核心と思われ、現代人の感覚で上演すると誤りになりがちだ。

    で、うるさく付きまとう賤民の娘を毒蛇殺した父親は、将来の禍根を未然に防ぐ気の利く親爺
    であり、考え方や家風も一致する同じ階級の人。(絡みつく蛇は女の執念のモティーフ)

    AA切替
  7. 900
    踊る名無しさん (1) 削除

    で何の話だっけ?ええと
    オデットがロットバルトになびかないのも同じ理屈なんだ。近代の学究制度が整う前、
    科学者が魔術師や錬金術師とよばれていた時代、こういう仕事は職人がやるものだった。
    実験器具や試薬は自作する、金属溶かすのに溶鉱炉必須、ホント鍛冶屋兼業だ。
    姫育ちのオデットは当然、「何この下賤な職人?分限を知りなさい!」と言う訳。
    魔術師=山師・異教徒・邪悪のイメージだからもっと悪いが。 このへん
    現代人の社会常識と違うから注意が必要。よく考えないで演出・解説すると大恥だぞ。

    ジークは同じ階級だから暮らしや家風も似ている安定した幸せな結婚生活を予見する。
    それに法治以前の社会では王権が正統統治のシンボルだ。

    AA切替
  8. 901
    踊る名無しさん (1) 削除

    あのコッペリウスも頭のおかしな錬金魔術師あつかいされている。魔女狩り裁判とか異端審問とか
    火あぶり磔とかされかねないヨォウロパの社会規範を下敷きに観ると理解しやすい。
    (参照;ファウスト博士)薄気味悪い老人の家に薄気味悪い人形、そこに入れば災難と。

    ところで カーストが違えば人間ではない これはインドのことわざだが、
    大僧正とニキヤの間もあれ以上のひどい身分差だな。たしか上から
    バラモン 武士階級 商人市民 不可触賤民、の四身分だった。
    ニキヤが断ったわけが解るじゃろ、恐れ多い大僧正が僧侶(古代では唯一の知識人)の位
    を捨ててまで迫ってくる性欲ゴリラに。まあそんだけ美人であったわけか。
    [総括]理性もチンポには勝てないという教訓がこの劇の肝要でありました。

    AA切替
  9. 902
    踊る名無しさん (1) 削除

    そういえば、
    東京小牧の白鳥の湖はオーケストラがひどかったな
    白鳥の湖は音楽がかなり素晴らしいことを再認識した

    AA切替 sage
  10. 903
    踊る名無しさん (1) 削除

    先生、総括だけで十分でございます(はぁと)

    AA切替 sage
  11. 904
    踊る名無しさん (1) 削除

    モスクワ初演のとき花嫁候補は踊らなかったのかな?

    AA切替
  12. 905
    踊る名無しさん (1) 削除

    運命論と血統主義世襲制の兼ね合い、いかにも中世やなあ  の 一、二幕と
    やり手で積極性、才たけたオディールが能力主義の嚆矢みたいな略奪愛の三幕。
    (人智と才能が未来の行く末を決める、ルネサンスは人文主義の復活だ)
    だれが考えたのか、おもしろい対比になってるな。

    ところで中世といえばゴシック建築。柱を立てて上にアーチ屋根、これを横につなげて大広間
    だから柱がポンポン立ってるのだ。舞踏会やるときゃ柱をよけながらゆるゆる踊る優雅さでやって栗
    バレエみたいにビュンビュンやると柱にごっちゃん子、顔がつぶれてお岩さん 王子が逃げると
    コメディじゃねえ。石組の屋根は重いんだ。でかい屋根だと数千トンを超えるぞ。石のアーチはつっぱり
    がはずれると全部つられて落ちる恐れ。だからあの柱を蹴飛ばすのは大変危険だ黒鳥→バヤデール

    AA切替
  13. 906
    踊る名無しさん (1) 削除

    「飛んだり跳ねたり、踊りする部屋は地上階に作ること。アーチの床が崩落して
    多人数死亡した事故を目撃した」、とダヴィンチの手稿にあるとおり。ゴシックの天井は
    2、30メートルもあるか?重力加速度で増速して落ちてくるからこれはひどい事に

    石材は重いから運賃のほうが高いくらい。可能なら運河を掘って水運を使う。西洋庭園に
    直線の水路が切ってあるのはこの名残り。もっといいのは石切り場の上に城を建てる。
    パリの街はこのやり方で、地下の石で地上の建物作って掘った穴ぐらはワイン倉庫または
    古くはカタコンベか、ナチやコミューン反乱のときはパルチザン基地。そういやフランスは
    SMの本場。女性を誘拐して責める拷問部屋も地下室、だから悲鳴が聞こえないのだ。

    AA切替