ダンス < 趣味🏮
  1. 1
    踊る名無しさん (1) 削除

    イントラなんか目じゃないぜ!パフォなんか興味ねえ!

    しかし一歩ダンスフロアにはいるやいなや、順番待ち行列が店の外まで伸びるという逸話を持っているダンサー

    フロアで踊っているとあまりのかっこよさに囲む人の輪ができるダンサー

    1曲踊ってもらっただけでリード・フォローのあまりの気持ちよさにうっとりメロメロ眼がハートマークになってしまったダンサー

    そういう人たちを語るスレです

    • 2ちゃん見るなら便利な「びんたん」
    • のんびり 弁慶 で楽しむ
    • 続きを読む 2-

    AA切替 sage f2 >>24 >>167
  2. 258
    踊る名無しさん (1) 削除

    今一番勢いあるソーシャルダンサー誰?

    AA切替 sage
  3. 259
    踊る名無しさん (1) 削除

    本題に戻りますが、結局プロマッサオな方って、どなたなんですか

    AA切替
  4. 260
    踊る名無しさん (1) 削除

    本題に戻りますが、結局プロマッサオな方って、どなたなんですか

    AA切替
  5. 261
    踊る名無しさん (1) 削除

    踊り方がキモすぎてインストラクターが青ざめるレベルならまっちゃんというのがいる。

    AA切替
  6. 262
    踊る名無しさん (1) 削除

    サルサは高齢者の健康にいい。
    サルサは高齢者向けの趣味

    いくつになっても生き生きと過ごしてもらうためには、
    “友人”や“趣味”は欠かせません。

    また、年齢を重ねるにつれて、人間関係が狭くなってくることがあります。

    家族以外の人づきあいが週1回未満の人は、
    認知症や要介護リスクが高くなるという研究もあります。


    最近家に引きこもりがちだなと思ったら、
    “認知症の予防効果がある”と期待されている
    サルサレッスンを勧めてみてはいかがでしょうか?

    今回は高齢者の方にサルサがお勧めな理由を紹介したいと思います。

    理由1:読書などの知的活動よりも認知症予防に効果的?

    2003年に発表された、アメリカのニューヨーク州の
    アルベルト・アインシュタイン医学校の研究では、
    クロスワードパズルや読書などの知的活動や
    水泳やテニスなどの身体的活動ごとの発症リスクを調べました。

    すると知的活動のほうが身体的活動よりも、
    認知症の発症リスクを下げるという結果になりました。

    ただし、身体的活動の中で唯一ダンスだけは、
    知的活動よりも認知症の発症リスクが低かったそうです。

    AA切替
  7. 263
    踊る名無しさん (1) 削除

    理由2:有酸素運動+αの効果

    2011年12月に発表された研究では、
    認知症発症リスクが高いとされている
    メタボリックシンドロームで60歳以上の方(38人)を対象にしています。

    週に2日間、6ヵ月に渡ってダンスエクササイズをしたグループは、
    BMI(肥満度)や血圧に大きな変化は現れなかったものの、
    こんな効果が見られたそうです。

    ・「しゃべりがスムーズになる」、「言葉がすぐに出るようになる」などの認知機能の改善
    ・感情が刺激される
    ・社会的交流の活発化

    認知機能の改善は、他の有酸素運動でもが見られる効果です。

    サルサではそれにプラスした刺激を得られることから、
    「ダンスは他の有酸素運動よりも認知機能の改善に効果的かもしれない」
    と結論付けています。

    ただ、認知症予防を期待するなら、
    早めに始めたほうがいいとのことでした。

    AA切替
  8. 264
    踊る名無しさん (1) 削除

    理由3:ダンスにより脳が活性化

    2013年にアメリカの雑誌『New England Journal of Medicine』
    に発表された研究でも、振り付けのないダンスをすることで、
    読書の2倍も認知症リスクが低下したという結果が出ています。

    あらかじめ振付が決まっていないフリースタイルのダンスでは、
    次々と動きを考えながら筋肉を動かすことで
    定期的に複雑な信号を脳へ送り、脳が活性化するのだそうです。


    国内でも臨床実験が進行中

    2014年6月から名古屋市にある国立長寿医療研究センターでは、
    サルサが認知症におよぼす影響について研究を進めています。

    こちらの研究は、名古屋市在住の70歳以上の男女のうち、
    認知症の前段階と言われている軽度認知障害(MCI)の方を対象に実施されます。

    現在は被験者を募っている段階です。

    10ヶ月のサルサ教室を受けたグループと
    打楽器演奏を学ぶ音楽教室を受けたグループ、
    そして10ヶ月中3回の健康教育講演を受けたグループを比較して、
    認知機能低下抑制への効果を検討するのだそうです。

    AA切替
  9. 265
    踊る名無しさん (1) 削除

    サルサは高齢者の健康にいい。
    サルサは高齢者向けの趣味

    脳・体・心に良いサルサ

    もともとダンスには、
    心肺機能を強化できるというメリットがあります。

    他にも、認知症だけでなくうつなどにも効果があるとされていますし、
    当然ながら体を動かすことでメタボリックシンドロームの予防も期待できます。

    最近では、サルサは高齢者が増えていますし、

    気になる方は近隣で探してみてもいいかもしれません。

    高齢者がサルサをするメリットについて、ご紹介いたします。

    AA切替
  10. 266
    踊る名無しさん (1) 削除

    ①認知症予防
    ダンスは、頭と身体を使う運動であり、認知症予防に効果的といわれています。例えば、ダンスをすることによって、ダンスの振り付けを覚えなければなりません。また、その振り付けにあったダンスを、曲に合わせて踊らなければなりません。
    その結果として、脳を活性化させ、身体を動かすことになります。さらに、認知症予防として有効的であり、身体能力の維持にもつながっていきます。
    ②生活習慣病改善
    日常生活において、身体を動かすと言うことは難しく、いつも同じような動きをしてしまいます。また、その日常生活を送る中で、運
    動不足に伴い生活習慣病になる高齢者も少なくありません。
    そのため、ダンスを行うことで、身体運動を実施することになり、生活習慣病の改善となります。初めのうちは、動くと言うこと自体
    も辛いかもしれませんが、みんなと踊ることにより、楽しみが生まれてきます。その結果、継続的にダンスを行うことになり、生活習
    慣病の改善へとつながっていきます。
    ③人とのふれあい
    高齢者となると、他者とのふれあいが減少し、自宅に引きこもりがちになる人も少なくありません。さらに、ご夫婦のどちらかが亡く
    なり、家族との時間と言うものも減少していきます。
    ダンスは、人と人とが触れあい、助け合い一つものを作り上げていきます。そのため、お互いに声をかけ合い、認め合って出来上がっ
    ていきます。この触れ合いが、高齢者にとって生きていく希望となり、介護予防にもつながっていきます。

    AA切替
  11. 267
    踊る名無しさん (1) 削除

    ソーシャルダンサーって何?社交ダンスのこと?サルサと何が違うの?

    AA切替 sage
  12. 268
    踊る名無しさん (1) 削除

    中目黒でスリ多発

    AA切替 sage
  13. 269
    踊る名無しさん (1) 削除

    ☆ 日本の核武装は早急に必須です。総務省の、『憲法改正国民投票法』、
    でググってみてください。現在、衆参の両議員のそれぞれで、改憲議員が
    3分の2を超えています。私たち日本人の、日本国憲法を改正しましょう。
    憲法改正国民投票法、でググってみてください。お願い致します。☆☆

    AA切替 sage