医療業界 < 会社・職業🏮
  1. 1
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    インフルエンザ関連 売れてまっか?

    • 2ちゃん見るなら便利な「びんたん」
    • のんびり 弁慶 で楽しむ
    • 続きを読む 2-

    AA切替 f1 >>86
  2. 200
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    200

    AA切替
  3. 201
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    【パンデミック】韓国で初めて検出、高病原性鳥インフルH5N8型、アヒル殺処分、拡大の恐れ
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1389970284/l50

    AA切替
  4. 202
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    インフルエンザとFUJIFILM
    http://www.youtube.com/watch?v=DDGHS-Errj4

    youtube DDGHS-Errj4

    軽快モード(Youtube)
    [!] OFF にするとyoutubeはスレの中で再生します

    AA切替
  5. 203
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    タミフル耐性ウイルスの疑い 患者3人から検出 岩見沢保健所管内(01/18 06:30)

    北海道立衛生研究所(道衛研)は17日、6~12日に岩見沢保健所管内の医療機関を受診したインフルエンザ患者
    3人から、抗インフルエンザ薬のタミフルとラピアクタが効きにくい耐性ウイルスの疑いがあるウイルスを検出したと
    明らかにした。今後、国立感染症研究所(東京)に検体を送り、さらに詳しく調べる。

    道衛研によると、道内で今季、耐性ウイルスまたは、疑いのあるウイルスの検出は札幌以外では初めて。ウイルスは
    いずれも2009年に新型インフルエンザとして流行したH1N1型。道衛研が実施した遺伝子解析検査で、薬剤耐性
    変異遺伝子を検出した。

    札幌市内の医療機関を昨年11~12月に受診した患者6人で確認された耐性ウイルスと、同様の変異遺伝子という。
    道衛研によると、3人の患者に重篤な症状の人はいない。<北海道新聞1月18日朝刊掲載>


    タミフル・ラピアクタ耐性A(H1N1)pdm09ウイルス、解析対象の19%に
    2014/1/9
    http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/special/flu/topics/201401/534545.html

    AA切替
  6. 204
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    H275Y変異
    ノイラミニダーゼ蛋白の275番目のヒスチジンがチロシンに変異したもの。
    国立感染症研究所の報告(2008年)によると国内の発生率は1,360株中22株
    に耐性(発生頻度1.6%)であった。

    AA切替
  7. 205
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    ノイラミニダーゼの点変異

    His274Tyr(=H274Y:NAの274番目のヒスチジン→チロシン)、Asn294Ser、Arg292Lysなど、いくつかの点変異がある
    この中で最も重要な変異とされるのがHis274Tyrで、Natureの論文によると、変異前のものと比較するとタミフルの
    Kiが265倍(大雑把かつ極端に言うと、タミフルを一度に265錠飲まないと同等の効き目が出ない)と、非常に大きく
    なっている。なおこの変異でのリレンザ(ザナミビル)のKiは変異前の1.9倍なので、こちらの方は耐性と呼ばれる
    レベルには達していない。

    タミフルもリレンザも、どちらも標的であるノイラミニダーゼと結合して阻害するもので、またその結合する部位も
    ほぼ共通

    薬剤の立体構造の微妙な違いのため、どちらかというとリレンザの方が耐性ウイルスの出現頻度が低い傾向にある
    というのが明らかになってきている。

    まぁその分、リレンザは吸入薬になる分、投与量のコントロールなどの面で扱いづらいのですが。
    イナビルも解熱効果が弱いってデータ出てるし
    ラピアクタは海外ではH274Yに禁忌であるってことになってるし。

    富山化学の新薬は非常に期待ですね

    AA切替
  8. 206
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    アマンタジン(シンメトレル)は耐性率100%

    AA切替
  9. 207
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    ラピアクタはH275Yに使ってはいけないってアメリカでは指定されてるらしいね

    AA切替
  10. 208
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    T-705はインフルエンザ発症48時間以降でも有効だってデータがある 96時間後でも効果があった  ノイラミニダーゼ阻害剤で解熱しない場合でも効果示すのかな?

    AA切替
  11. 209
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    解熱しない場合は耐性ウイルスと考えていいのかな?  
    耐性ウイルスの検出率が増えてるね

    タミフル、ラピアクタで解熱しない場合は、すぐにイナビル、リレンザに
    切り替えた方がいいのかな?

    耐性ウイルスかどうかはインフルエンザキットではわからないって

    耐性ウイルスに同じノイラミニダーゼ阻害剤のイナビル、リレンザは
    本当に効くの?

    T-705早くだしてほしいね

    AA切替
  12. 210
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    一般的にRNAウイルスに対するポリメラーゼ阻害薬は、耐性リスクが高い

    安易に考えるのは危険である

    AA切替
  13. 211
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    C型インフルエンザにも効果あるし、投与開始が遅れても効果を示すという点が非常に魅力的だ

    AA切替 f1 >>212
  14. 212
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>211
    C型インフルエンザウイルスの病原性に付いて解説してくれや

    ワロタ

    AA切替
  15. 213
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    不誠実な製薬会社の宣伝キャンペーン
    http://apital.asahi.com/article/takayama/2014011500004.html

    AA切替
  16. 214
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    感染症学会で報告あったけど、T-705 は重症インフルエンザにおいて、
    抗インフルエンザ活性だけでなく、TNF-α 抑制によって、治療効果を
    発揮するんですよね?

    AA切替
  17. 215
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    今日A型診断されたわ
    38.5度あるけど、そんなにきつくはないね
    リレンザ思ったよりきかんな

    AA切替 sage f1 >>217
  18. 216
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    ノイラミニダーゼ阻害剤もいずれアマンタジンのように使い物にならない様になるかもな

    AA切替
  19. 217
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>215
    今日診断…
    投与開始③時間かワロタ

    AA切替
  20. 218
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    インフルエンザ患者 全国的に急増
    1月21日 16時57分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140121/k10014653991000.html

    AA切替
  21. 219
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    鳥だけは見事に抑え込んでるのは感心する

    AA切替
  22. 220
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    未開発国とは違うのだよ

    AA切替
  23. 221
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    また中国だよ
    迷惑な国だ

    AA切替
  24. 222
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    半島でも出たらしいよ

    AA切替
  25. 223
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    どこからでも飛んでくる

    AA切替
  26. 224
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    マスク完備なら問題ない?

    AA切替
  27. 225
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    中国発の鳥インフルエンザに新型変異の可能性大とか

    AA切替
  28. 226
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    中国の感染者数すごいね

    AA切替
  29. 227
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    防疫体制は抜けだらけか

    AA切替
  30. 228
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    大雪で何故か一服

    AA切替
  31. 229
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    いやそうでもない

    AA切替
  32. 230
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    あまり治まってないよ 複数ウィルスが広がってるから

    AA切替
  33. 231
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    雪がふると下火になる

    AA切替
  34. 232
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    中国が酷いからまだまだおさまらない

    AA切替
  35. 233
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    今年の型はまんべんない?

    AA切替
  36. 234
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    よりどりみどり

    AA切替
  37. 235
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    中国は色々まき散らしてもなんとも思ってない
    どうしょうもない国だ

    AA切替
  38. 236
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    自分に甘えている

    AA切替
  39. 237
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    PM2.5も酷い状態だな

    AA切替
  40. 238
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    インフルエンザで検索してこちらに着ました。
    リレンザはどちらの鼻の穴から吸い込めばいいですか?
    左右の二回でワンセットとすると順番はどちらでもオーケーかしら。

    AA切替
  41. 239
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    タミフルが使用期限が10年に伸びたから助かるわ  今年の年末もOK

    AA切替
  42. 240
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    薬価上がったからね

    AA切替
  43. 241
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    こんな話もあるけど?

    【柏通り魔】在日竹井聖寿の過去がヤバすぎる!!!
    http://www.news-us.jp/article/390697207.html

    AA切替
  44. 242
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    でも、タミフルっていつも使用期限が切れる寸前の商品しかもってこないから10年なんて関係ないでしょ

    AA切替
  45. 243
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    中外は期限短い商品をよく持ってくるよ  使用期限の半分未満しかないようなものばっかり  それに包装変更が多いから返品もできない  ありゃ、わざとやってるよ

    AA切替
  46. 244
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    リレンザもタミフルも10年モノはいつ出るんだ?  当分出ないって言ってたが  出る出る詐欺だな

    AA切替
  47. 245
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    医師会も10年でいいって言ってるからOKだろ  在庫が山のようにあるから数年間はでないだろ

    AA切替
  48. 246
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    政府備蓄のために10年の安定性データだしておいて、肝心な一般の医療機関に対しては、
    在庫があるから、10年モノを出さないっておかしいでしょ?  せめて、一般の製品も品質に
    問題はないって案内するのが筋ってものだと思う

    AA切替
  49. 247
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    点滴がファーストとか言ってたメーカーどうした?

    AA切替
  50. 248
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    ビジュアルコーポレーションの社長、白○松○はキチガイ
    顧客を恫喝する
    ハローワークの職員に嫌われている
    逝ってよし

    AA切替 sage
  51. 249
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    使用期限延長は単なるジェネリック医薬品対策かも
    ジェネリック医薬品は最初はデータないので、使用期限2年とかだろ

    AA切替
  52. 250
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    10年モノでないね 確かに

    AA切替
  53. 251
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    インフルエンザの流行もようやく終息
    定点で10切ったからね

    AA切替
  54. 252
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    まだ地味に流行ってない?

    AA切替
  55. 253
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    http://www.alpha-net.ne.jp/users2/tenni811/kaze.htm

    インフルエンザに罹患するのは、悪くはないですね。

    AA切替
  56. 254
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    ばかを言え、こっちは胸が痛い、苦しい

    AA切替
  57. 255
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    また来年な

    AA切替
  58. 256
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    【科学】日本人科学者がH1N1型インフルエンザウイルスの変異株を複製 「テロ悪用」と懸念の声も
    http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1404546052/l50

    AA切替
  59. 257
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    あり得そうな話だ

    AA切替
  60. 258
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    【医療】富士フイルムのインフル治験薬、エボラ出血熱治療に有望か[8/7]
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1407393793/l50

    AA切替
  61. 259
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    治療薬じゃ稼ぎに

    AA切替
  62. 260
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    吉永小百合は俺の婆ちゃんと同じ年なのに・・・全然違う・

    AA切替
  63. 261
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    昔々、欧米が日本にインフルエンザの傾向データだけ出せばいいんだ!みたいな
    こといってるのに怒って、データを一切出さずに慌てさせた、みたいな武勇伝
    持ってる研究者いなかったっけ?

    AA切替
  64. 262
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    もうすぐシーズンが始まるね

    AA切替
  65. 263
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    また変なのが粘着し出す季節なのか

    AA切替 sage
  66. 264
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    デングが去ると
    そろそろ今年も季節到来近しですね

    AA切替
  67. 265
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    抗インフル薬メーカー

    第一三共
    医療関係者の皆様
    電話:0120-189-132(フリーダイヤル)
    03-5255-7188(上記フリーダイヤルがご使用いただけない場合)
    FAX:03-6225-1922
    (受付時間:平日午前8時45分~午後5時30分 土、日、祝祭、当社休日除く)

    グラクソスミスクライン
    医療用医薬品(病院・医院・クリニックで処方されたくすりなど)に関するお問い合せ
    ○お問い合せは電話、ファックス、お問い合せフォームからお願いいたします
    電話(フリーダイヤル) 0120-561-007
    9:00-18:00 土日祝日および当社休業日を除く
    ※社員教育やサービス向上のためお客さまとの会話を録音させていただいております。
    あらかじめご了承ください。
    ファックス(フリーダイヤル) 0120-561-047

    塩野義製薬
    シオノギ製薬の医薬品についてのお問い合わせ(医薬情報センター)
    受付時間:平日 9時~17時(土日・祝日・当社休日を除く)

    ※ご提供情報の追加・修正などへの対応のため、ご連絡先等をご確認させていただきます。
    また、ご対応内容確認等のため、通話を録音させていただきますので、ご理解とご協力をお願いします。
    ○ 医療関係者の方
    0120-956734

    ○ お客さま  
    0120-501074

    医療機関で処方された薬については・・・
    大阪:06-6209-6947 東京:03-3406-8450
    薬局で購入された薬については・・・
    大阪:06-6209-6948 東京:03-3406-8450

    中外製薬

    医療用医薬品に関するお問合せ
    担当部署:医薬情報センター
    0120-189706(フリーダイヤル)
    (9:00?17:30/土・日・休日ならびに当社休日を除く)
    0120-140564(フリーダイヤル)<がん領域専用>
    (9:00?17:30/土・日・休日ならびに当社休日を除く)
    0120-189705(フリーダイヤル)
    0120-550317(フリーダイヤル)<タミフル専用>
    (9:00?17:30/土・日・休日ならびに当社休日を除く)

    AA切替
  68. 266
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    中外製薬株で仕手筋が大暴れする季節

    AA切替
  69. 267
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    タミフル飲んで転落した事件。
    副作用被害救済制度の不支給を裁判所が
    支持しました。中外製薬も関係してるの?
    証拠提出とか。

    AA切替
  70. 268
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    突然死じゃない? 

    名古屋や大阪でも裁判やってますね。
    裁判所の令状は強制だから、仮に証拠すべてだせって言われたら
    中外製薬はすべて出すでしょうね。

    AA切替
  71. 269
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    東京地裁平成26年9月18日判決,タミフルと死亡との因果関係否定(報道)
    http://medicallaw.exblog.jp/23415390/

    AA切替
  72. 270
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    製薬会社と医療関係者の癒着の問題が大きな問題になってますね
    とうとうNature誌にまで出てしまいましたね

    海外では、タミフル、リレンザがまた医療関係者との利益相反で大きく
    問題視されてますね



    Restoring the pharmaceutical industry's reputation

    Mark Kessel
    Nature Biotechnology 32, 983?990 (2014) doi:10.1038/nbt.3036
    Published online 09 October 2014
    http://www.nature.com/nbt/journal/v32/n10/full/nbt.3036.html

    Researcher Financial Conflicts Influence Flu Drug Studies
    By Nicole Ostrow Oct 7, 2014 6:00 AM GMT+0900

    http://www.bloomberg.com/news/2014-10-06/researcher-financial-conflicts-influence-flu-drug-studies.html

    Seven of eight studies that analyzed previous research and whose researchers had financial ties to
    the drug industry were considered favorable to the flu treatments, including Roche Holding AG (ROG)’s Tamiflu
    and GlaxoSmithKline Plc (GSK)’s Relenza, according to research today in the Annals of Internal Medicine.

    That compares with five favorable findings of 29 reviews from researchers who didn’t report similar financial
    conflicts of interest.

    AA切替
  73. 271
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    突然死とタミフルの因果関係なんて実証できるわけないわ。どうせ極左でもバックについてるだろ。

    AA切替
  74. 272
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    タミフル脳症の心配するおかあさん達多いね。メーカーもデータ出さないから不安が増大するんだな。

    AA切替
  75. 273
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    コクランのレビューワーには浜六郎さんがいる。あれこそバイアス?

    AA切替
  76. 274
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    イナビルの一人勝ち

    AA切替
  77. 275
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    虫歯予防のフッ素はいけない。
    糖尿病薬はいけない、降圧剤はいけない。
    とんでもない主張してるひとですよ。

    でも、あんな主張に振り回されて、10歳代
    禁忌解除できない中外製薬はもっととんでもない。

    AA切替
  78. 276
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    イナビルは不戦勝で独り勝ち

    AA切替
  79. 277
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    個々の臨床試験だけではなく、その統合解析すらもCOIが問題になってるのかよ。エビデンスレベルで一番高い位置付けでしょ。

    AA切替
  80. 278
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    浜六郎先生ってコクランのレビューしてたんですね?

    AA切替
  81. 279
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    Research and Reporting Methods | 7 October 2014
    Financial Conflicts of Interest and Conclusions About Neuraminidase Inhibitors for Influenza: An Analysis of Systematic Reviews
    Adam G. Dunn, PhD; Diana Arachi, MPH, MA; Joel Hudgins, MD; Guy Tsafnat, PhD; Enrico Coiera, MBBS, PhD; and Florence T. Bourgeois, MD, MPH

    http://annals.org/article.aspx?articleid=1911121

    AA切替
  82. 280
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    浜六郎先生はコクランのスペシャルアドバイザリーパネルのメンバーです
    http://aemg.cochrane.org/contact-us

    AA切替
  83. 281
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    イナビル一人勝ち

    AA切替
  84. 282
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除
    AA切替
  85. 283
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    イナビル一人勝ち

    AA切替
  86. 284
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    2007年以降タミフルの10代禁忌は解除されていない。
    いい加減解除してほしいね。 メーカーもどうして解除しようと努力しようとしないのかね?


    緊急安全性情報
    タミフル服用後の異常行動について
    http://www.chugai-pharm.co.jp/html/info/070321.html

    AA切替
  87. 285
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    インフルエンザ:園児が集団感染 今シーズン、周南で県内初 /山口

    県は30日、周南市のあおば幼稚園でインフルエンザの集団感染が発生し、年長組を30日から1日まで閉鎖する
    と発表した。県内の学校関連施設でのインフルエンザ集団発生は今シーズン初めてで、発生時期は過去5年間
    で2番目に早い。

    年長組には30人が在籍。このうち18人からA型のウイルスが検出された。幼稚園が9月29日に届け出たという。

    AA切替
  88. 286
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    因果関係は不明。しかし、7年以上も10代は禁忌。メーカーも因果関係否定できないから仕方ないね。

    AA切替
  89. 287
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    ■異常行動とは?

    厚生労働省ホームページ「インフルエンザQ&A」によれば、“異常行動”として次のような例が挙げられています。


    <・突然立ち上がって部屋から出ようとする。

     ・興奮状態となり、手を広げて部屋を駆け回り、意味のわからないことを言う。

     ・興奮して窓を開けてベランダに出ようとする。

     ・自宅から出て外を歩いていて、話しかけても反応しない。

     ・人に襲われる感覚を覚え、外に飛び出す。

     ・変なことを言い出し、泣きながら部屋の中を動き回る。

     ・突然笑い出し、階段を駆け上がろうとする。>
    .


    特に、ベランダへ出たり、外に飛び出したり、という場合には、命にかかわる大事故につながることも。周囲の大人が抑えたり、守ったりしなければなりません。

    AA切替
  90. 288
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    突然死の件はなんら詳細なデータないね。
    タミフルやインフルエンザと突然死の因果関係を
    考察した研究報告ないのかね?

    AA切替
  91. 289
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    鳥インフルエンザも大変だな
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141015/k10015425381000.html

    AA切替
  92. 290
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    ロシュの決算でたけど、タミフルは好調な様子ですな。

    AA切替
  93. 291
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    厚生労働科学研究では、異常行動は睡眠からの覚醒時が多いらしい。

    AA切替
  94. 292
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    タミフル服用患者の突然死は、あの浜六郎さんが
    検証してるけど、ケースシリーズのレベル。
    http://www.npojip.org/sokuho/no59-1.html

    一番データもってるのは、機構とメーカーだか、
    どうして因果関係否定するような解析しないのか?
    10代禁忌いつになったら解除されるのか?

    AA切替
  95. 293
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    イナビル一人勝ち
    タミフルもリレンザもアウトだ

    Report: Financial conflicts sway studies of flu fighters Tamiflu and Relenza
    October 7, 2014 | By Arlene Weintraub
    http://www.fiercepharma.com/story/report-financial-conflicts-sway-studies-flu-fighters-tamiflu-and-relenza/2014-10-07

    AA切替
  96. 294
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    厚生労働科学研究では、異常行動は眠りから覚めて直に起こったケースが非常に多いって結果出てますよ

    AA切替
  97. 295
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    突然走り出す・飛び降りのみの分析では、年齢中央値が7歳から10歳の間

    決して10歳代だけ禁忌にしても意味ないし、タミフル以外のノイラミニダーゼ阻害剤
    やアセトアミノフェンなどでも起きている。

    全くタミフルだけ禁忌にするのはナンセンス。
    しかし、それを7年以上放置してるメーカーもメーカーで責任大だ。

    いったい何をやっとったって感じです。

    AA切替
  98. 296
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    イナビル一人勝ち

    AA切替
  99. 297
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    以上のことから、

    インフルエンザ罹患時における異常行動による重大な転帰の発生を抑止するために、次の点に対する
    措置が引き続き必要であると考えられる。

    抗インフルエンザウイルス薬の処方の有無に関わらず、インフルエンザ発症後の異常行動に関して、
    再度、注意喚起を行うこと。

    抗インフルエンザウイルス薬についても、従来同様の注意喚起を徹底するとともに、異常行動の収集
    ・評価を継続して行うこと。



    毎年毎年同じような結論の繰り返し・・・

    AA切替
  100. 298
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    メーカーも因果関係否定できないから仕方ないね。

    AA切替
  101. 299
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    今シーズンもインフルエンザの異常行動の調査は行います

    AA切替
  102. 300
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    異常行動の発現年齢の分布を考えると10歳台の規制だけでは不十分ともいえる

    AA切替
  103. 301
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    イナビルとラピアクタの勝利

    AA切替
  104. 302
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    中外製薬さんも因果関係否定できないから大変ですね?

    AA切替
  105. 303
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    2歳から異常行動出てる。圧倒的に子供と男子が多いがどうして?

    AA切替
  106. 304
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    厚生労働科学研究の異常行動の発現数のデータ見たけど、ノイラミニダーゼ阻害剤飲んでいなくても、
    たくさん出てるけど、あれでもタミフルの因果関係が否定できないって言えるのか?

    AA切替
  107. 305
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    この厚生労働科学研究におけるCOI(利益相反)は問題ないのですか?

    AA切替
  108. 306
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    インフルエンザには、ラクトバチルス・ガセリSBT2055という乳酸菌を飲んでワクチンでも打ってればOKだよ
    雪印だっけかな? 有名な学術誌に論文出てるし  ノイラミニダーゼ阻害剤も症状軽減にはいいけど、
    予防は耐性ウイルスの問題もあっていかがなものかとも思ってるし。

    SCIENTIFIC REPORTS | ARTICLE

    Oral administration of Lactobacillus gasseri SBT2055 is effective for preventing influenza in mice

    Yosuke Nakayama,Tomohiro Moriya,Fumihiko Sakai,Noriko Ikeda,Takuya Shiozaki,Tomohiro Hosoya,
    Hisako Nakagawa&Tadaaki Miyazaki
    AffiliationsContributionsCorresponding author
    Scientific Reports 4, Article number: 4638 doi:10.1038/srep04638
    Received 16 December 2013 Accepted 25 March 2014 Published 10 April 2014
    http://www.nature.com/srep/2014/140410/srep04638/full/srep04638.html

    AA切替 f1 >>331
  109. 307
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    カゴメでもやってるね
    Lactobacillus brevis KB290(通称:ラブレ菌)を含む飲料の継続摂取によるインフルエンザ罹患率の低減を確認
    プレスリリース発表元企業:カゴメ株式会社
    http://www.zaikei.co.jp/releases/203031/

    AA切替
  110. 308
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    タミフルのロシュ社スポンサーの新型インフルエンザH1N1の統合解析結果でも成人は死亡率の低下が確認された。
    しかし、小児では統計学的に有意差がなかったって結論になっています。
    つまり、小児へのタミフル投与は死亡率の低下にはつながらない可能性が高いと読み取れます。  

    ランセットという一流学術雑誌に投稿された今年の論文です。


    The Lancet Respiratory Medicine, Volume 2, Issue 5, Pages 395 - 404, May 2014

    Effectiveness of neuraminidase inhibitors in reducing mortality in patients admitted to hospital with influenza A
    H1N1pdm09 virus infection: a meta-analysis of individual participant data

    http://www.thelancet.com/journals/lanres/article/PIIS2213-2600(14)70041-4/abstract

  111. 309
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    メタアナリシスは、各種ガイドラインではエビデンスレベルで一番高いと言われてる。
    しかし製薬メーカーは学術情報を提供しない。

    AA切替
  112. 310
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    0歳から15歳の部分の解析結果が全滅。 
    タミフルドライシロップが売れなくなるから情報提供しなんじゃないの?

    AA切替
  113. 311
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    成人でもインフルエンザ発症から2日間以上経過してからノイラミニダーゼ阻害剤を服用開始しても、
    非服用者と比べて死亡率が変わらなかったって結果も出てます。

    AA切替
  114. 312
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    イナビル一人勝ち

    AA切替
  115. 313
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    製薬会社の提供するネットコンテンツなんてバイアスだらけ
    MRなんて論外。バワポで自分で都合よく作り変えてる場合もある

    AA切替
  116. 314
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    厚生労働科学研究の異常行動の発現数のデータってどこでみれますか?

    AA切替
  117. 315
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    使用期限10年モノが流通しないね

    AA切替
  118. 316
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    期限切迫の商品を販売することはやめてほしい。

    AA切替
  119. 317
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    喘息もちの小児の効果が乏しい様です。
    成人での症候性インフルエンザの症状軽減にはある程度効果があるが、小児や予防的投与でのウイルス伝播に
    対する効果は乏しい様です。


    Research
    Oseltamivir for influenza in adults and children: systematic review of clinical study reports and summary of
    regulatory comments
    http://dx.doi.org/10.1136/bmj.g2545 (Published 09 April 2014)
    Cite this as: BMJ 2014;348:g2545

    http://www.bmj.com/content/348/bmj.g2545

    AA切替 f2 >>325 >>329
  120. 318
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    小児は1つの試験では大きな症状軽減効果があったが、3つの喘息の小児対象の試験では有用性が乏しい。
    ドライシロップって本当にリスクベネフィットの視点で有用性はあると言えるのか疑問に思えます。

    AA切替
  121. 319
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    肺炎の症状軽減率のデータにおいて相関性がみられたのは、「患者に記載させたケースレポートの形式」だった
    って点が、非常に可笑しい結果になったと言えます。 要はデータの信ぴょう性について言いたいのでしょう。

    In metaregression of “pneumonia” based on 32 included studies of neuraminidase inhibitors, results showed
    treatment effects were not statistically different by age group (adults versus children, P=0.22),
    drug (oseltamivir versus zanamivir, P=0.89), or indication (treatment versus prophylaxis, P=0.14).

    However, there was evidence that treatment effects were statistically different by type of case report form
    (generic versus specific form for “pneumonia” diagnosis, P=0.025).

    In oseltamivir studies the risk ratio (treatment effect) was 0.50 (95% confidence interval 0.27 to 0.90, I2=0%)
    in studies using a non-specific form for capture of diagnosis of “pneumonia” (nine studies)
    and 0.93 (0.59 to 1.47, I2=0%) in studies using a specific form for capture of diagnosis of “pneumonia”
    (five studies).

    Web figure 15 shows a forest plot of this analysis.

    AA切替
  122. 320
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    製薬メーカーもしっかり情報してほしいですね。
    セレクションバイアスがあると信用したくてもできなくなります。
    もうMRさんにお会いする価値もなくなると思ってしまいます。
    以下のメタアナリシスだって、いったいどのように解釈すればいいのでしょうか?

    Fam Pract. 2013 Apr;30(2):125-33. doi: 10.1093/fampra/cms059. Epub 2012 Sep 20.
    Effectiveness of oseltamivir in adults: a meta-analysis of published and unpublished clinical trials.
    Ebell MH1, Call M, Shinholser J.

    http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22997224

    AA切替
  123. 321
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    中外のMRは宣伝しないからセレクションバイアスも何もない。イナビル一人勝ちなんだから。

    AA切替
  124. 322
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    備蓄タミフルの期限切れが一斉にくるだろ。
    使用期限また伸ばすのかな? 12年くらいまで。
    このようなエビデンスレベルがもっとも高い
    メタアナリシスは案内しないで、医者の座談会
    ばかり案内してますが、本末転倒だと思われますが
    いかが?

    AA切替
  125. 323
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    イナビルとラピアクタの勝ち

    AA切替
  126. 324
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    インフルエンザ関連は株価が上がりますね

    AA切替
  127. 325
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>317
    Treatment
    ・Tamiflu reduces symptoms in adults by about 2/3 of one day, from 7 days to 6.3 days (P<0.001)
    ・Tamiflu reduces symptoms in children by over one full day (P=0.001) but not in asthmatic children
    ・Tamiflu has no effects on rates of admission to hospital when used for treatment or prophylaxis (prevention)
    ・Tamiflu significantly reduced the risk of “investigator mediated” unverified pneumonia (risk ratio 0.55) (NNT=100)
    ・There was no reported difference for trials that reported pneumonia differently
    ・Tamiflu did not appear to influence the likelihood of pneumonia in pediatric patients

    Prevention
    ・Tamiflu reduces the risk of symptomatic influenza in individuals by 55% (NNT=33)
    ・Tamiflu reduces the risk of symptomatic influenza in households by 80% (NNT=8)
    ・Tamiflu has no effects on rates of admission to hospital when used for prophylaxis (prevention)
    ・There was no effect on asymptomatic influenza transmission

    Post-exposure prophylaxis
    ・There was only a single post-exposure trial included in the analysis.
     The manufacturer concluded the drug was effective; the authors disagree with the trial’s design.
     No statistics are provided.


    Overall, these new findings provide convincing evidence that Tamiflu has a beneficial effect for treating
    influenza, but the net benefit is small. Moreover, the drug does not seem to prevent complications like
    hospitalizations. However the drug provides a meaningful benefit in the prevention of influenza, especially
    in households.

    Harms
    Like the efficacy data, the harms data are consistent with what’s already known about Tamiflu.
    When used for treatment of infection, the drug is generally well tolerated with the exception of nausea and
    vomiting, which are not uncommon (NNH 28 and 22, respectively). However, it reduces the risk of diarrhea
    (NNT 43) and “cardiac body system events” (NNT 148). There is no evidence to suggest that Tamiflu
    increase psychiatric side effects while on treatment.

    When used for prevention of infection, Tamiflu can cause headache (NNH 32), nausea (NNH 25) and
    neuropsychiatric adverse effects (NNH 94).

    There were insufficient deaths in the dataset to draw conclusions about effects.

    AA切替
  128. 326
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>308 
    H1N1新型インフルエンザ
    成人の死亡率減少には寄与する。
    ただし症状発現から48時間以内に治療を開始すること。
    その場合に38か国、78試験、29000例の統合解析では25%死亡率を減少される。
    ICUにおける成人・妊産婦に対する効果も示唆。
    しかし、0歳から15歳の小児は効果は示唆されなかった。

    Journal Reference:
    Stella G Muthuri et al.
    Effectiveness of neuraminidase inhibitors in reducing mortality in patients admitted to hospital with
    influenza A H1N1pdm09 virus infection: a meta-analysis of individual participant data.

    The Lancet Respiratory Medicine, March 2014 DOI: 10.1016/S2213-2600(14)70041-4

    AA切替
  129. 327
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    タミフルドライシロップは、A型のH1N1には期待薄ってことですね? A型でも香港型やB型のメタアナリシスってないのでしょうか?

    AA切替
  130. 328
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    自社スポンサーのメタアナリシスでの最新解析結果だから中外製薬さんも何も言えないだろ。

    とか言っても、我が子がインフルになって半狂乱になった母親に、タミフルドライシロップださないわけにもいかないし。
    インフルエンザのおくすりだしておきましょうねって言えば大抵は安心するし。 

    それでも、異常行動起こしませんか?と言ってくるおかあさんいるけどね。 
    その際は、ラピアクタというお注射にしますか? 30分くらいの点滴ですけどっていうとね、
    大抵はそれだったらいいですっていうけど。

    おいしいな中外製薬。 
    タミフルドライシロップはきやすめ程度の効果しかなかったとしても使わざるをえないな。

    AA切替
  131. 329
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>317
    プラセボのカプセルに含まれてる成分に消化器症状を起こす成分があるって言われてるけど。

    》The placebo capsules contained dehydrocholic acid and dibasic calcium phosphate dehydrate,
    》which can cause gastrointestinal symptoms, and some appeared to have different coloured caps
    》from their active comparators.

    AA切替
  132. 330
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    イナビル一人勝ち

    AA切替
  133. 331
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>306>>307 インフル予防は乳酸菌のプロバイオティクスでOKだよ

    AA切替
  134. 332
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    ヤクルト400で十分です

    AA切替
  135. 333
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    15歳以下の小児には効かないって衝撃的
    4桁のサブセット解析だから信頼性は相当高い
    こんな大切な情報をなんら提供しないって、
    正直いってダメだろ

    AA切替
  136. 334
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    乳酸菌飲料のメタアナリシスありますか?

    AA切替
  137. 335
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    効きにくいと言われているB型インフルエンザのメタアナリシスはないのですか?

    AA切替
  138. 336
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    イナビル一人勝ち

    AA切替
  139. 337
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    アピガンはどこのメーカーさん?

    まもなくインフルエンザ流行の季節…”偽”エボラパニックで病院は患者であふれる!?
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1413764792/l50

    AA切替
  140. 338
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    ★~TV報道ステーション(PM:10.00~)

    スペインでエボラ出血熱患者の治療にあたっていて、二次感染をした看護師にアビガン錠の治療薬
    投与を受けていた女性看護師(44歳)が回復した(画像付き)で、報道があった。

    尚、このアビガン錠の増産体制にも入っており、現在の備蓄★在庫2万人分を《追加増産》で
    ★~50万人分を確保出来るように現在稼働中であると言う情報~★


    アフリカ諸国に無償供給するらしいが、日本の医療関係者や自衛隊、政府関係者分はあるんでしょうね?
    当然、一般市民分はないでしょうけど

    AA切替
  141. 339
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >条件付き承認で普及に足かせ 富山化学インフル薬の“無念” 2014年2月25日
    http://diamond.jp/articles/-/49229

    >「商業的には明らかな失敗作」。富士フイルムグループの富山化学工業が開発した抗インフルエンザウイルス薬
    >「アビガン」を、大手製薬幹部はこう断じる。厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は2月上旬に
    >アビガンの製造販売の承認を了承、3月にも正式に承認される見通しだ。

    > 承認間近にもかかわらず、富山化学関係者は「無念」とうめく。異例ともいえる厳しい承認条件がつき、
    >一時は「ポスト『タミフル』で年間売上高は数百億~1000億円級になる」と期待されたものが、
    >「めったなことでは使わないクスリ」に成り果てたからだ。

    > その適応対象は「新型または再興型インフルエンザ感染症」で、「他の抗インフルエンザウイルス薬が無効または
    >効果不十分なものに限る」というただし書きがつく。つまり、「パンデミック」と呼ばれる新型インフルエンザなどの
    >大流行に備えるためのクスリであり、通常の季節性インフルエンザの治療には使わないということだ。
    >当面、医療機関には流通せず、政府にパンデミック対策の備蓄用で販売するのみとなる

    >富山化学が承認申請したのは、2011年3月。通常、申請したクスリが審査される期間はおよそ1年だが、
    >アビガンは3年を要している。
    >当局が慎重になったのは、ヒトで行う臨床試験前に実施した動物による安全性試験で胎児に奇形が生じる可能性が
    >認められたためだ。

    >抗インフルエンザウイルス作用のある新しい化合物の発見として発表された10余年前は、中堅規模の富山化学にとって
    >勝負を懸けた“期待の新薬”だった。結局、夢は破れたが、それでもアビガンは生き残った。
    >通常であれば「けちのついたクスリは開発中止になる運命」(大手製薬開発担当者)にあるが、多くの条件付きとはいえ
    >承認されたのは、既存薬とは作用メカニズムが大きく異なっていたからである。

    > タミフルなど既存薬は、ウイルスを細胞内に閉じ込めて増殖を防ぐ。対してアビガンは、感染した細胞内で、
    >ウイルスの遺伝子複製を阻害して増殖を防ぐ。

    > 作用メカニズムが異なれば、既存薬に耐性を持ったウイルスに対しても十分な効果を発揮すると考えられている。
    >安全性に多少の不安があっても、「作用メカニズムの新規性に期待し、非常事態への備えとして生き残った」
    >(厚労省関係者)のである。

    >富山化学は米国で臨床試験を進めており通常の季節性インフルエンザ薬として承認を目指しているが、
    >米国当局の審査のハードルは日本以上に厳しい。医療的には「最後の頼みの綱」として残ったものの、
    >経営を支える綱としてはほぼ絶望的だ。

    エボラの話が出る前の記事
    残して正解だったなぁ

    AA切替
  142. 340
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    ニューヨークが大騒ぎ

    AA切替
  143. 341
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    国境なき医師団

    AA切替
  144. 342
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    タミフル誤飲について。
    昨日、インフルエンザと診断されタミフルを処方されました。

    朝夕1錠ずつでいい所を今朝2錠飲んでしまったことに、たった今気づきました。

    今のところ、体にお
    かしな症状はないように思います。

    本日、土曜日で午後は病院が休診のため連絡がつきません。

    特に体に害はありませんか?
    また、夜のタミフルは飲まない方がいいでしょうか?

    どなたか教えて下さい

    AA切替
  145. 343
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>308>>326
    臨床効果のオッズ比とP値を見ると、0歳から15歳の小児の効果はどの指標でも絶望的な結果だ



    Effectiveness of neuraminidase inhibitors in reducing mortality in patients admitted to hospital with influenza A
    H1N1pdm09 virus infection: a meta-analysis of individual participant data

    http://download.thelancet.com/flatcontentassets/pdfs/S2213260014700414.pdf

    AA切替 f1 >>353
  146. 344
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    crudeのデータでは全体でも有意差ないね。
    抗生剤とステロイドで補正してるがどういう意味?

    AA切替
  147. 345
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    補正してない結果がより実地に近い。

    AA切替
  148. 346
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    ドライシロップって効果期待できないのですね

    AA切替
  149. 347
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    PRIDE study の内容をどうして製薬メーカーは情報提供しないのだろうか?  
    自前で資金提供してる割にMRも知らない有様  
    少しおかしい気がする  
    企業として提供すべき情報にバイアスかけ過ぎだと思う

    AA切替
  150. 348
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    このPRIDE研究自体が、メーカーとのCOIで他の研究グループから指摘されている。

    企業主導の臨床試験のデータを原則排除した一風変わってメタアナリシスであるが、
    Crudeでの結果に抗生剤やステロイドで補正をかけたり、Time dependent treatment
    バイアスで補正かけていたりして、成人では有用性を示す、パンデミック対策で、
    タミフルの備蓄を継続する有力なエビデンスになっている。

    小児の有効性は否定されてしまったが、もともとパンデミック対策の備蓄には小児は
    想定されていないし、ドライシロップ剤は含まれていない。

    この研究そのものをCOI(利益相反)で批判しているグループがいて問題を複雑に
    している。

    AA切替
  151. 349
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    ケイテンの時代から中外製薬はあまり理論的に感染症治療薬の宣伝しなかったからね (笑)

    AA切替
  152. 350
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    タミフルドライシロップって効果期待できないのですね

    タミフルドライシロップでどうして有効性が示せなかったのかという
    因子の検出もできなかったみたいですね

    でもね、
    こんなこと言って処方しませんって、半狂乱のおかあさんに言えないので、
    今まで通り処方します。(笑)

    AA切替
  153. 351
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    Reduced mortality by NAIs

    ・No NAI treatment: 959/10341 =9.19%
    ・Any NAI treatment: 1825/18803 =9.70%

    まあ、無いよりはマシかな(笑)。

    AA切替
  154. 352
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    【医療】未承認薬使用を許容=富士フイルム「アビガン」-エボラ熱で専門家会議・厚労省 [2014/10//24]
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1414226284/l50

    AA切替
  155. 353
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>343 ワクチンも存在しなかったし、我が子が高熱で苦しんでいる様子を見て、不安なおかあさんの心のお守りだったんだよ  それでもいいでしょ  健保財政から考えたら微々たるものよ

    AA切替
  156. 354
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    イナビルやリレンザも効果がない耐性ウイルスがすでに検出されてますね




    日本国内で初めて検出されたH275Y/I223R二重耐性変異をもつノイラミニダーゼ阻害剤耐性
    インフルエンザA(H1N1)pdm09ウイルス(掲載日 2014/6/5)
    http://www.nih.go.jp/niid/ja/flu-m/flutoppage/593-idsc/iasr-news/4716-pr4131.html

    【抜粋】
    日本国内におけるノイラミニダーゼ(NA)阻害剤耐性A(H1N1)pdm09ウイルスの検出率は、2008/09シーズンの
    0.5%から2012/13シーズンの1.8%まで、5シーズンにわたってわずかながら増加傾向にあった1,2)。

    2013/14シーズンは、流行の主流がA(H1N1)pdm09であったこと、また、2013年11月~2014年初頭にかけて、
    札幌市を中心にNA阻害剤耐性A(H1N1)pdm09ウイルスの地域流行があったことから3-6)、
    全国地方衛生研究所と国立感染症研究所(感染研)では、耐性ウイルスの監視体制を全国的に強化した。

    その結果、2014年6月2日の時点で、NA阻害剤耐性A(H1N1)pdm09ウイルスの検出率は4.3%と例年より高い
    ことが明らかになった2)。

    日本国内で検出された耐性ウイルスはいずれもNA蛋白にH275Y耐性変異をもち、オセルタミビル(商品名タミフル)
    およびペラミビル(商品名ラピアクタ)に耐性を示す一方で、ザナミビル(商品名リレンザ)およびラニナミビル
    (商品名イナビル)に対しては感受性を保持していた。

    しかし2014年4月に、日本国内の抗インフルエンザ薬耐性株サーベイランスにおいて初めてH275Y耐性変異に
    加えてI223R耐性変異をもち、オセルタミビルおよびペラミビルに高い耐性を示し、さらにザナミビルおよびラニナミビル
    に対しても感受性が低下したA(H1N1)pdm09ウイルスが広島県で検出されたので報告する。

    AA切替
  157. 355
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    タミフル、リレンザの使用量に比例して死亡率が低下するって報告もあります

    Supply of Neuraminidase Inhibitors Related to Reduced Influenza A (H1N1) Mortality
    during the 2009?2010 H1N1 Pandemic: An Ecological Study
    http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0043491

    AA切替
  158. 356
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    インフル予防は乳酸菌のプロバイオティクスでOK

    AA切替
  159. 357
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    ドライシロップは効果が期待できないのですね?

    AA切替
  160. 358
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    このようなエビデンスレベルがもっとも高いメタアナリシスは案内しないで、医者の座談会ばかり案内してますが、
    製薬企業のMRの職務の義務として本末転倒だと思われます。 

    正確な情報を持ってもこないMRは本当に医療資源の無駄であるという社会的視点から出入禁止にします。

    このような考えの医療機関が増えれば、現在の薬価制度も大きく変わっていくことでしょう。

    また備蓄タミフルの期限切れが一斉にくると思いますが、またぞろ使用期限を伸ばすのでしょうか?
    使用期限が12年間って。

    パッケージが包装変更の最新情報に追いつかなくて危険極まりないです。

    AA切替 f1 >>369
  161. 359
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    インフルエンザワクチンは13歳未満と65歳を超える年齢層には予防効果はなかった。
    イナビルはタミフルよりも効果が高かった。 
    症状発現から48時間経過した後に治療開始しても効果があった。

    http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0092601

    AA切替
  162. 360
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    イナビル一人勝ち

    AA切替
  163. 361
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    イナビルは欧米での承認の見込はなくなってますよ。
    グローバル規模のメタアナリシスと同列に扱ってはいけない。
    http://www.watarase.ne.jp/aponet/blog/140801.html

    AA切替
  164. 362
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    イナビルのビオタ社は社員の69%削減を発表。
    政府からイナビルの開発助成も打ち切り。
    http://m.seekingalpha.com/article/2575005-biota-pharmaceuticals-an-undervalued-long-term-influenza-play

    AA切替
  165. 363
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除
    AA切替 f2 >>367 >>410
  166. 364
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    小児にいまさらアセトアミノフェンだけなんて無理。
    あそこの小児科はヤブ医者だ面倒見が最悪なんて
    悪評価が広まって大変になるよ。

    AA切替
  167. 365
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    今回のメタ解析にどこまでのバイアスの影響があるか分からないが、
    コクランレビュアーの名前に注目。

    あの浜六郎氏がいる。こんなにバイアスがかかった人物をコクラン
    レビュアーに入れていいのかは甚だ疑問。

    AA切替
  168. 366
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    リレンザやタミフルのBMJ誌で公表されたコクランレビューに対抗する意味で発表されたのがこれ。

    しかし、結果的に入院した症例だけの解析だが、特に小児への結果は極めて疑問という結果がでてしまった。
    臨床効果のオッズ比とP値を見ると、0歳から15歳の小児の効果はどの指標でも絶望的な結果



    Effectiveness of neuraminidase inhibitors in reducing mortality in patients admitted to hospital with influenza A
    H1N1pdm09 virus infection: a meta-analysis of individual participant data

    http://download.thelancet.com/flatcontentassets/pdfs/S2213260014700414.pdf

    AA切替
  169. 367
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>363
    まとめ

    治療目的での投与では症状軽減までの時間を短縮し、予防投与では症候性インフルエンザの発症リスクを低減
    しかしながら、それらの利益が臨床的に意義のあるレベルかどうかについては疑問

    成人を対象とする治療目的の試験では、プラセボに比べてザナミビルは、インフルエンザ様疾患の症状軽減までの
    時間を0.60日(95%信頼区間 0.39-0.81、P<0.001、I2=9%)短縮していた。

    小児ではこの利益は有意ではなかった(平均差は-1.08、-2.32から0.15)。

    症状軽減までの時間は、ザナミビルのみを用いたグループよりも、症状を抑える何らかの薬剤をサナミビルと併用した
    グループで短く、その差は最大で2.5日だった。

    また、プラセボと症状を抑える薬剤を併用したグループと、ザナミビルのみを用いたグループを比較すると、前者の方
    が全般的に症状軽減までの時間は短かった。

    ザナミビル投与では、成人患者の診断未確定の肺炎リスクは減少せず(リスク差0.17%、-0.73から0.70)、放射線学的
    に確認された肺炎のリスク低減効果も示されなかった(-0.06%、-6.56から2.11)。

    小児の肺炎にも有意な影響は見られなかった(0.56%、-1.64から1.04)。

    成人と小児の中耳炎、副鼻腔炎に有意な影響は見られず、成人の気管支炎リスクは少ないながらも有意に低下
    (1.80%、0.65-2.80)したが、小児の気管支炎リスクへの影響は有意ではなかった。

    成人、小児ともに、入院への影響を評価するために必要なデータは得られなかった。

    予防目的の試験では、ザナミビル投与により症候性インフルエンザが有意に減少(1.98%、0.98-2.54)、罹患率は
    3.26%から1.27%に低下した。

    1件の症候性インフルエンザを予防するための利益に対する治療必要数(NNTB)は51(40-103)だった。

    曝露後の世帯を予防対象とした研究でも症候性インフルエンザの発症は有意に減少(14.84%、12.18-16.55、
    NNTBは7、6-9)していたが、この結果は2件の小規模研究(計824人を登録)のデータに基づくものだった。

    一方で、抗体価は上昇しているものの症状のない無症候性インフルエンザの予防には有意な影響を示さなかった
    (リスク差0.14%、-1.10から1.10)、曝露世帯を対象とする研究でもリスク差は1.32%(-2.20から3.84)と有意差を
    認めなかった。

    予防投与により、成人における未確定肺炎リスクは低下した(0.32%、0.09-0.41、NNTBは311、244-1086)が、
    小児の肺炎と、成人・小児の気管支炎、副鼻腔炎に対する影響は有意ではなかった。

    ザナミビルの忍容性は高かった。成人では悪心や嘔吐などのリスク上昇は見られず、小児の有害事象報告もわずか
    で、リスク上昇は認められなかった。

    また、成人に対する予防投与、治療目的のいずれも、重篤な有害事象または治療中止を引き起こす有害事象に
    有意差はなかった。

    小児については、この分析を行うために必要なデータは得られなかった。

    ザナミビルは、成人患者の症状軽減までの時間を半日強短縮(オセルタミビルと同程度)するが、その利益は症状軽減
    に用いられる他の薬剤より小さいことが示唆された。

    有害事象はほとんど見られなかったのは、生体内利用率が低いことが理由ではないか。

    AA切替
  170. 368
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    乳酸菌のプロバイオティクスのメタアナリシス

    AA切替
  171. 369
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>358
    もうすぐ都合の悪い部分だけ否定するような座談会記事が出てくるよ。

    AA切替
  172. 370
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    小児は期待薄なんですね。タミフルもリレンザも。やはりラピアクタしかない?

    AA切替
  173. 371
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>308>>326
    臨床効果のオッズ比とP値を見ると、0歳から15歳の小児の効果はどの指標でも絶望的な結果だ



    Effectiveness of neuraminidase inhibitors in reducing mortality in patients admitted to hospital with influenza A
    H1N1pdm09 virus infection: a meta-analysis of individual participant data

    http://download.thelancet.com/flatcontentassets/pdfs/S2213260014700414.pdf

    AA切替
  174. 372
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    38か国、78試験、29000例の統合解析の結果

    AA切替
  175. 373
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除
    AA切替
  176. 374
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除
    AA切替
  177. 375
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    中学校でインフルエンザ、2学級閉鎖へ(愛知県)

    名古屋市名東区の市立高針台中学校で28日、1年生8学級のうち、2学級で24人の生徒がインフルエンザ
    で欠席したため、29、30日の2日間、学級閉鎖される。名古屋市保健医療課の話では、欠席した生徒全員
    がA型のインフルエンザという。学級閉鎖の措置は去年より1か月半ほど早く、注意を呼びかけている。
    [ 10/28 19:08 中京テレビ]

    AA切替
  178. 376
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    山形の中学校でインフル集団発生 県内今季初
    2014年10月29日 07:37

    県は28日、山形市内の中学校でインフルエンザが集団発生したと発表した。
    県内の集団発生は今季初で、2013年度と比較すると2カ月以上早い。

    県薬務・感染症対策室によると、この中学校で28日、2年生の165人中90人が高熱、せき、のどの痛みなど
    インフルエンザの症状を訴え、うち53人が欠席。

    同校は同日から30日までの3日間、学年閉鎖とした。
    県衛生研究所で検査した結果、A香港型と判定された。

    今シーズンの県内の定点医療機関(48機関)当たりのインフルエンザ患者報告数(13~19日)は0人。
    今後、感染拡大が懸念される季節を迎えることから、同室は手洗い、マスクの着用といった感染予防策
    を呼び掛けている。

    AA切替
  179. 377
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    米国CDC
    Situation Update: Summary of Weekly FluView
    抜粋

    According to this week’s FluView report, overall seasonal influenza activity remains low across
    the United States, but there are early signs that activity is increasing, including the first reported
    pediatric flu death of the 2014-2015 season.

    For the most recent three weeks, the regional percentage of respiratory specimens testing positive
    for influenza viruses ranged from 1.1% to 8.0%.

    Influenza A (H3N2), 2009 influenza A (H1N1), and influenza B viruses have all been identified in the U.S. this season.
    During the week ending October 18, 268 (66.5%) of the 403 influenza-positive tests reported to CDC
    were influenza A viruses and 135 (33.5%) were influenza B viruses. Of the 99 influenza A viruses
    that were subtyped, 97% were H3 viruses and 3% were 2009 H1N1 viruses.

    http://www.cdc.gov/flu/weekly/summary.htm

    Weekly US Map: Influenza Summary Update
    http://www.cdc.gov/flu/weekly/usmap.htm

    AA切替
  180. 378
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    すでに死亡例も出てる。ワクチン未接種者も多いだろうし、いますぐに接種しても抗体産生までに時間がかかる。

    AA切替
  181. 379
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    アメリカではもう小児で2人の尊い命が奪われました。 すぐに予防接種させないといけませんね。

    Influenza-Associated Pediatric Mortality:

    Two influenza-associated pediatric deaths were reported to CDC during week 42.
    One death was associated with an influenza A (H3) virus and occurred during week 40 (week ending October 4, 2014).
    This is the first influenza-associated pediatric death reported for the 2014-2015 season.

    One death was associated with an influenza B virus and occurred during the 2013-2014 season
    and brings the total number of reported pediatric deaths occurring during that season to 109.

    AA切替
  182. 380
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    タミフルとジスロマックの併用が有効

    Efficacy of Combination Therapy with Oseltamivir Phosphate and Azithromycin for Influenza:
    A Multicenter, Open-Label, Randomized Study
    http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0091293#pone-0091293-g003

    AA切替 f1 >>405
  183. 381
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    イナビルとリレンザの比較試験。 リレンザの有用性が示唆。

    Comparison of the clinical effectiveness of zanamivir and laninamivir octanoate
    for children with influenza A(H3N2) and B in the 2011‐2012 season
    http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/irv.12147/full


    Results
    No statistically significant difference in the duration of fever was found between the ZN
    and LO groups (log-rank test, P = 0.117).

    A logistic regression model showed that episodes of biphasic fever increased by 1.19 times
    for every decrease of 1 year of age (P = 0.016) and that the number of biphasic fever episodes
    in patients treated with LO was 5.80-times greater than that in patients treated with ZN (P < 0.001).

    Conclusions
    Although the duration of fever in the LO group was comparable to that in the ZN group,
    episodes of biphasic fever were more frequent in younger children and in the LO group
    than in the ZN group.

    AA切替 f2 >>398 >>399
  184. 382
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    今季初 インフルで学級閉鎖
    2014年10月30日

    県は29日、インフルエンザの流行で、島田市立金谷小の1クラスが学級閉鎖になったと発表した。
    県内でインフルエンザによる学校・学級閉鎖は今季(9月1日以降)初めて。
    今後県全体での流行が予想されることから、県では早めにワクチンを接種するなどの対策を呼びかけている。

    県疾病対策課によると、同小1年のクラスで28日、全30人のうち9人が発熱で欠席した。
    このうち、少なくとも3人からB型インフルエンザウイルスが検出されたため、29、30日に、学級閉鎖の措置を取った。

    県内139の医療機関からの患者報告数(13~19日)は、1機関あたり0・04で、4週間以内に大きな流行発生
    の可能性がある「注意報レベル」(1機関あたり10)や、大きな流行の発生が疑われる「警報レベル」(同30)には
    達していない。

    ただ、県内でも毎年12月頃から患者が増え始め、1~2月にピークを迎えている。同課は手洗いやうがい、せきや
    くしゃみが続く時のマスクの着用などの対策を呼びかけている。

    http://www.yomiuri.co.jp/local/shizuoka/news/20141029-OYTNT50352.html

    AA切替
  185. 383
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>308>>326
    臨床効果のオッズ比とP値を見ると、0歳から15歳の小児の効果はどの指標でも絶望的な結果だ



    Effectiveness of neuraminidase inhibitors in reducing mortality in patients admitted to hospital with influenza A
    H1N1pdm09 virus infection: a meta-analysis of individual participant data

    http://download.thelancet.com/flatcontentassets/pdfs/S2213260014700414.pdf

    AA切替 f2 >>385 >>386
  186. 384
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除
    AA切替
  187. 385
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>383
    Absolute risks of mortality for various exposure categories and subgroups

    ■Lab and clinically confirmed (all ages)
    No NAI antiviral:959/10431 (9.2)
    NAI Antiviral at any time:1825/18803 (9.7)
    Early Antiviral (initiated <2 days of symptom onset)
    :358/5995 (6.0)


    ■Children (below 16 years)
    No NAI antiviral:122/3540 (3.5)
    NAI Antiviral at any time:203/5678 (3.6)
    Early Antiviral (initiated <2 days of symptom onset)
    :50/2155 (2.3)

    ■Adults (16 years and above)
    No NAI antiviral:830/6813 (12.2)
    NAI Antiviral at any time:1620/13,003 (12.5)
    Early Antiviral (initiated <2 days of symptom onset)
    :307/3796 (8.1)


    ■Pregnant women
    No NAI antiviral:45/845 (5.3)
    NAI Antiviral at any time:132/1321 (10.0)
    Early Antiviral (initiated <2 days of symptom onset)
    :21/458 (4.6)

    AA切替
  188. 386
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>383
    Table summarising the laboratory confirmed or clinically diagnosed results for children <1 and <5 (all exposures)

    ■NAI treatment vs. No NAI treatment
    Children <=1 year old (Adjusted† OR (95% CI))
    OR:1.03 (0.56 to 1.89)
    P value:0.932

    children <=5 years (Adjusted† OR (95% CI))
    OR:1.05 (0.66 to 1.68)

    P value:0.832

    ■ET (<2 days) vs. LT (> 2 days)
    Children <=1 year old (Adjusted† OR (95% CI))
    OR:0.77 (0.28 to 2.11)
    P value:0.613

    children <=5 years (Adjusted† OR (95% CI))
    OR:1.01 (0.54 to 1.90)

    P value:0.969

    ■ET (<2 days) vs. No NAI treatment
    Children <=1 year old (Adjusted† OR (95% CI))
    OR:1.12 (0.35 to 3.55)
    P value:0.849

    children <=5 years (Adjusted† OR (95% CI))
    OR:1.20 (0.58 to 2.49)

    P value:0.623

    ■LT (> 2 days) vs. No NAI treatment
    Children <=1 year old (Adjusted† OR (95% CI))
    OR:1.73 (0.78 to 3.83)
    P value:0.179

    children <=5 years (Adjusted† OR (95% CI))
    OR:1.38 (0.62 to 3.11)

    P value:0.432

    †adjusted for treatment propensity (by quintile), corticosteroid use and antibiotic use

    AA切替
  189. 387
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    European Centre for Disease Prevention and Control(ECDC)
    New and updated evaluations of neuraminidase inhibitors for preventing and treating influenza published
    02 Jun 2014

    http://www.ecdc.europa.eu/en/activities/sciadvice/_layouts/forms/Review_DispForm.aspx?List=a3216f4c-f040-4f51-9f77-a96046dbfd72&ID=764

    AA切替
  190. 388
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    1歳以下5歳以下の小児では全く効いてない

    AA切替
  191. 389
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    Reduced mortality by NAIs

    ・No NAI treatment: 959/10341 =9.19%
    ・Any NAI treatment: 1825/18803 =9.70%

    文献のappendixに表あるね。
    まあ、無いよりはマシかな(笑)。

    いろんな因子で補正かけると成人、妊産婦ではある
    程度メリットあったけど、補正かけても小児にはなか
    ったってこと。

    とにかくワクチン打つわ。

    AA切替
  192. 390
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    ネット広告の批判
    http://drmagician.exblog.jp/21562162/

    AA切替
  193. 391
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    ジスロマック点滴で2時間。ラピアクタで15分。
    外来の待ち時間でプラス。
    インフルエンザは粘膜に付着してから、15分で
    粘膜内に浸潤。
    外来での点滴はリスクが高い。

    AA切替 f1 >>397
  194. 392
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    小児薬物検討会議アセトアミノフェン
    http://www.mhlw.go.jp/shingi/2006/12/dl/s1212-7g.pdf

    AA切替
  195. 393
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    こどもはワクチン、うがい、手洗いは徹底させないといけないな

    AA切替
  196. 394
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    県内今季初、インフルで学級閉鎖 一関の小中学2校
    http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20141031_5

    AA切替
  197. 395
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>308>>326
    臨床効果のオッズ比とP値を見ると、0歳から15歳の小児の効果はどの指標でも絶望的な結果だ



    Effectiveness of neuraminidase inhibitors in reducing mortality in patients admitted to hospital with influenza A
    H1N1pdm09 virus infection: a meta-analysis of individual participant data

    http://download.thelancet.com/flatcontentassets/pdfs/S2213260014700414.pdf

    AA切替
  198. 396
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    アセトアミノフェンも1日4回が主流になって解熱効果がてき面に出る様になってる気がする。

    AA切替
  199. 397
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>391

    内服薬に関しても、混み合う時は薬局で結局1時間待たされたりというケースも多々あるようです。

    その場合、独身の方や子供が小さい方は罹患者が直接来るので、調剤薬局で感染リスクが高まります。

    まだまだ意識が低いのが現状ですね。

    AA切替
  200. 398
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>381
    まとめ

    ・ Log-rank tests demonstrated a statistically significant difference in duration of fever
    after administration of the first dose of the NAI between influenza A(H3N2)-infected
    and influenza B-infected patients (P = 0・001 for ZN and P < 0・001 for LO).

    The median times were 26・1 and 34・4 hours for influenza A(H3N2)-infected
    and influenza B-infected patients treated with ZN, respectively.

    The median times were 24・5 and 37・0 hours for influenza A(H3N2)-infected
    and influenza B-infected patients treated with LO, respectively.



    ・Log-rank tests demonstrated a statistically significant difference in duration of fever
    after administration of the first dose of the NAI between age groups (P < 0・001 for influenza A(H3N2)
    and P = 0・022 for influenza B).

    The median times were 33・5, 26・1, 21・7, and 21・9 hours for influenza A(H3N2)-infected patients 7以下, 8-9,
    10-12, and 13以上 years of age, respectively.

    The median times were 43・7, 35・0, 34・2, and 34・5 hours for influenza B-infected patients 7以下, 8‐9, 10‐12,
    and 13以上 years of age, respectively.



    ・ The frequency of biphasic fever was significantly higher in influenza-infected patients treated with LO
    than in patients treated with ZN

    28 (8・9%) of the 314 patients treated with LO and 6 (1・8%) of the 338 patients treated with ZN
    (χ2 test, P < 0・001)

    biphasic fever occurred in 15 (7・0%) of the 213 influenza A(H3N2)-infected patients treated with LO
    and 4 (1・7%) of the 234 influenza A(H3N2)-infected patients treated with ZN (χ2 test, P = 0・005)

    and in 13 (12・9%) of the 101 influenza B-infected patients treated with LO
    and 2 (1・9%) of the 104 influenza B-infected patients treated with ZN (χ2 test, P = 0・003)

    AA切替
  201. 399
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>381
    Comparison of the clinical effectiveness of zanamivir and laninamivir octanoate for children
    with influenza A(H3N2) and B in the 2011?2012 season

    Naoko Koseki1, Miki Kaiho1, Hideaki Kikuta2, Koji Oba3, Takehiro Togashi4, Tadashi Ariga1
    andNobuhisa Ishiguro1,*
    Article first published online: 19 AUG 2013

    DOI: 10.1111/irv.12147

    http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/irv.12147/full


    A型よりもB型では効きが悪い。 タミフルと同じ傾向。

    7歳以下から13歳以上までの比較で明らかに年齢が低下するほど効きが悪い。 タミフルと同じ傾向。

    症状発現から吸入開始までの時間は、有熱時間と相関性があったが、biphasic feverには相関性なし。
    ワクチンの接種歴に至っては、双方ともに相関性なし。

    あらゆる年齢層において有熱期間に差はないが、biphasic feverはイナビル群が多い。
    あらゆるインフルエンザタイプにおいてbiphasic feverはイナビル群が多い。

    AA切替