医療業界 < 会社・職業🏮
  1. 1
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    建てました。
    仲良くね。

    • 2ちゃん見るなら便利な「びんたん」
    • のんびり 弁慶 で楽しむ
    • 続きを読む 2-

    AA切替
  2. 412
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    NECの内蔵助

    AA切替
  3. 413
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    人事がこんな評論家みたいな事を言って、実状は何もしていないからこんなエゲツないリストラが横行するんだ。よくわかった。

    AA切替 f1 >>417
  4. 414
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    酢、WO以上のことを提案できるようになってほしいね
    受け身でしかいられないなら、単なるCROでしかない

    AA切替
  5. 415
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    武、提案を受け入れる真摯さを身につけてほしいね
    いつまでも自分達が常に正しいとか思っちゃって
    ププッ

    AA切替
  6. 416
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    別に受け入れないとは言ってないですが
    もうボケてるのか

    AA切替
  7. 417
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>413
    気楽なお仕事
    子供には人事の仕事をすすめるわ

    AA切替
  8. 418
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    塩野義製薬「手代木流」で10年先も勝つ
    インフル革新薬 ペプチドに布石

    世界で巨額買収が相次ぐ激動の製薬業界において、連結売上高が3000億円規模の塩野義製薬が屈指の好業績を続けている。すでに売上高営業利益率は30%を突破した。
    少し前まで「鳴かず飛ばず」とされた名門を復活させたのが手代木功社長だ。世界大手との巧みな提携などで自社開発の大型新薬を連発している。
    業界で「手代木マジック」と称される経営手腕を発揮し、小さくても勝ち続けられるのか。

    「独自の創薬技術を確立した企業でなければ、生き残れない。塩野義はこれからも全体の売上高に占める自社開発品の比率を50%以上に維持していく」――。
    手代木社長は周囲にこう宣言する。48歳の若さで社長に就任してから9年半、驚異的な利益率を上げても満足せず、将来を見据えて貪欲に手を打つ。
    新薬開発の成功確率は3万分の1とされる。自社開発品の比率は通常、業界大手でも2~3割程度とされるが、塩野義では共同開発品を含めて6割強と圧倒的に高い。
    それゆえ、塩野義は武田薬品工業の5分の1以下の規模でも売上高営業利益率は3倍以上。研究開発費は年500億円程度ながら独自開発の新薬を連発できるのは手代木社長の経営手腕が大きい。

    (中略)その後、業界でささやかれたのが武田薬品と塩野義の合併説だ。13年ごろだが、当時の武田社長だった長谷川閑史氏が合併で塩野義の新薬候補に加え、後継者として手代木氏を狙っているという話が業界首脳たちの間で広がった。
    業界の重鎮によれば、結局は合併協議は条件が折り合わず白紙に戻ったという。ある製薬会社のトップも「両社の統合話が実現していたら、武田が本当に手ごわい会社になっていた」と語る。

    (中略)塩野義の足元の新薬候補は充実している。新型インフルエンザ治療薬が代表例だが、最終段階の第3相の臨床試験(治験)には国内外で8製品もある。その前段階の第2相も新薬として発売できる可能性が比較的に高く、それも10製品ある。

    競合他社が数少ない弱点と指摘するのは治験の初期段階の第1相がわずか4製品に過ぎないことだ。この第1相を数多く抱えていることが将来の成長を左右する。
    世界の製薬大手は圧倒的に豊富な資金があるからベンチャー企業の買収などを含めて無駄な鉄砲でも無数に撃てるわけだ。
    手代木社長がペプチドリームなどとの提携を進めているのも、現段階では手薄な10年以上先を見据えてのことだ。
    特にペプチドリームの技術を活用すれば、原薬と特許の両方で、「中分子」と呼ばれる将来有望な医薬品領域で塩野義が世界のトップに立てる可能性もある。それも難しい開発を成功させるしかない。

    48歳で社長に就任した手代木社長もすでに57歳であり、来年には就任10年を迎える。まだまだ続けられる気力も体力もあり、大胆な提携などを仕掛けられる時間も残されている。
    ただ、開発戦略から世界大手との交渉まで辣腕を振るうだけにワンマン経営に陥るリスクもある。社内では後継者の育成を不安視する声も出ている。
    90年代には「終わった会社」とも揶揄(やゆ)された塩野義の復活は劇的だった。その奇跡を起こした魔法はいつまでも解けないのか。
    規模が小さくても、魔法使いがいなくても、強い企業であり続けられる仕組みを残すことが経営者として評価される手代木氏にとって今後、最大の責務になりそうだ。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21417410S7A920C1X11000/

    AA切替 f1 >>420
  9. 419
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    役員報酬

    栗 10億4800万円
    泥  4億2500万円
    馳  4億 900万円

    手代木 1億6200万円

    http://answers.ten-navi.com/pharmanews/10521/

    AA切替
  10. 420
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >>418
    かっこいい

    AA切替
  11. 421
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    塩野義製薬 中途採用

    募集職種

    結晶構造解析(タンパク質)研究者
    ケモインフォマティクス研究者
    品質保証業務の担当者
    統計解析の担当者
    製剤研究者
    CMC薬事業務の担当者

    http://www.shionogi.co.jp/recruit/career/index.html

    AA切替
  12. 422
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    >「両社の統合話が実現していたら、武田が本当に手ごわい会社になっていた」

    今や図体がデカいだけの雑魚に成り果てましたな

    AA切替
  13. 423
    名無しさん@お腹いっぱい。 (1) 削除

    たったひとりのコントロールミスでここまで悪くなるとはな
    憐れなもんだ

    AA切替