🔫びんたん  秋の改装中  びんたん

【田舎娘】カヨちゃんのコピペ【無ければ作れ】

過激な恋愛 < BBSPINK🏮

【田舎娘】カヨちゃんのコピペ【無ければ作れ】 本文(1-200)

  1. 1
    なまえを挿れて。 WcQ6n88g0(1) 削除

    ※カヨちゃんとは…知っている人は知っているが、大多数の人は知らないだろう。
    なんだかんだでエロい展開に持って行って最後に全てをぶち壊すコピペである。

    カヨ:三つ編みおさげの中学二年生。幼馴染で彼女の設定。作者によって性格が大きく異なる。
    田舎の中学校に通っている。苗字不詳。彼氏と二人きりになるとすぐに股を開く。

    AA切替 f2 >>7 >>27
  2. 2
    なまえを挿れて。 WcQ6n88g0(2) 削除

    凡例1
    とある片田舎に、野球部所属の中学二年生が居た。そして、幼馴染で彼女のカヨ。
    夏休みのある日、カヨの家に泊まりに行くことになった。当然、親も承知であった。
    幼馴染だから別段怪しまれる事はなかった。ごく普通の外泊のつもりであった。
    しかしその晩寝床で、カヨは今日の為に避妊薬を飲んだと恥ずかしそうに耳打ちしてきた。
    …その後、二人は行為に及んだ。彼の初々しい腰の動きに連動して、カヨの三つ編みも大きく揺れた。
    深く舌を絡ませ合い、抱き合う。朧な月明かりがそんな二人の姿を照らしていた。
    そして、そのたった一度の営みで彼女は妊娠した。中二で彼の子を孕んだのである。避妊薬なんて嘘だったのだ。
    カヨの誘惑は生理周期まで綿密に計算した上での事であった。…女というものは、本当に怖い生き物である。

    AA切替
  3. 3
    なまえを挿れて。 uIXmE/cA0(1) 削除

    これはえっちねた板の内容のような気がするが
    コピペスレでネタスレじゃないしまあいいか

    AA切替
  4. 4
    なまえを挿れて。 KUvexCpA0(1) 削除

    中学二年生の夏休みのある日の夜中、どうにも眠れないのでちょっと散歩に出かけた。
    すると偶然、畦道でカヨに会った。彼女もまた同じように眠れないと云う。
    しばらく他愛もない会話をしていたが、いつの間にか彼女と舌を絡ませ合っていた。
    長い接吻をした後、田んぼの中で二人は激しく愛し合った。体中泥まみれになるのも厭わずに。
    カヨの股を開いて挿入し、動くたびに二人の接合部から漏れる水音が響き渡る。
    その行為の最中、暗闇の向こうから、巡視の自転車に乗った警官がやって来た。
    自転車のライトに照らされた姿で警官は二人に気づく。その警官は無言でこちらを見ている。
    カヨは「彼が無理矢理に…」と嘯いた。…女というものは、本当に怖い生き物である。【完】

    AA切替
  5. 5
    なまえを挿れて。 KUvexCpA0(2) 削除

    夏休み間近のある日、幼馴染で彼女のカヨと二人で、締め切り間近の学級新聞を書いていた。
    夕暮れの教室で男女が二人きり。お互いの目を見つめ合い顔を近づけて、軽く接吻をした。
    長く垂れた三つ編みが夕焼けに映えていた。頬を紅潮させているカヨはとても可愛らしかった。
    あの可憐で、純粋で、優しい心の持ち主だったカヨは、今はもう居ない。
    今傍らに居るのは、丸々と肥えた、まるで別人になったカヨである。
    もはや今のカヨは、昔のカヨとは別人である。結婚とは、本当に怖いものである。【完】

    AA切替
  6. 6
    なまえを挿れて。 KUvexCpA0(3) 削除

    幼馴染で彼女のカヨと一緒に一週間、給食時間の放送当番をやることになった。
    放送室は防音加工がしてあって、中からは絶対に音が漏れない仕組みになっていた。
    無論、カヨとはそれまでにも何度か経験はあったが、校内では未経験だった。
    放送用のCDさえセットすれば他に仕事はない。獣の発情期の様に、毎昼事に及んだ。
    5日目の昼、放送用マイクが入れっぱなしだった。全校に愛の実況中継をしてしまった。
    おまけにカヨは妊娠した。子供を宿すその瞬間を全校に音声中継してしまったのだった。
    カヨは子を孕んで、思いのほか嬉しそうであった。私達が付き合っているのは誰も知らなかった。
    もしやマイクのスイッチを入れておいたのは彼女ではなかろうか。周囲に私達の仲を知らせるために。

    AA切替
  7. 7
    なまえを挿れて。 IKyvwA2s0(1) 削除

    てかさ、>>1は凡例もっと出してくれ
    凡例1ってあるのに1で終わりってw
    せめてもうちょいくれ

    AA切替 sage
  8. 8
    なまえを挿れて。 OF5fkbSx0(1) 削除

    自分の部屋にカヨを連れ込み、押し倒してそのまま制服を脱がした。
    カヨの股を開いて、大きくそそり立った肉棒を挿入した。
    最初は正常位での営みだったが、途中で対面座位に変えた。
    挿入がしばらく続くと、床には透明な愛液がしたたり始めた。
    自分が腰を動かすたびに、カヨの吐息は激しさを増していく。
    カヨの子宮内に直接流し込むように、膣の奥深くで精子を放出した。
    そして現在、彼女はあの時の営みで妊娠してしまったようだ、と言う。
    が、周期がどうしても合わない。彼女の腹の中にいる子は、一体誰の子なのだろうか。

    AA切替
  9. 9
    なまえを挿れて。 OF5fkbSx0(2) 削除

    なされるがまま、柔らかくつぶされるカヨの乳房。
    ささやかな胸を最初は撫でるように、しだいに掴み揉みまわすように、乱暴に揉みしだいてゆく。
    ふとももは男の両手に抑えられ、いくら力を入れても足を動かすことができない。
    それは鎌首をもたげるようにカヨの股体を眺めると、ゆっくりとスカートの中へ入り込む。
    男の太い肉棒を見て、これから何をされるのか感づいたカヨは青ざめた。
    カヨの想像通りに、スカートをまくり上げ、パンティーの隙間へとその身を伸ばした。
    「ダメぇっ! いや、やめてぇ! あたしまだ・・・」
    渾身の力を込めて、頭を振り、足を閉じようとするが、抵抗はすべて男の力に飲み込まれてしまう・・・。
    ついに肉棒はカヨのパンティーの中に入り込んだ。
    くちゅくちゅと音を立てて、愛液にまみれたカヨのアソコを弄ぶ。
    ぐちゅっ、ぐちゅっといやらしい音を立てて犯されるカヨ。
    動きの加速は、男の絶頂がすぐそこに迫っていることを意味していた。
    「だめ! だめぇ! 中には・・・いやあっ!!」
    肉棒はさらに太くなりながら、カヨのアソコをかき混ぜ続ける。
    もう今にも射精しそうなほどの勢いに、カヨは体をよじって必死にもがく。
    「やめて!! 出さないでえっ!!」
    その悲痛な叫びを聞いて、男はさらにカヨの股体をきつく締めあげる。
    次の瞬間、熱いマグマのような大量の精液がカヨの中に注ぎこまれた。
    ドクッ! ドクッ!!
    膣内で男のものが脈打つたびに、クリーム色の粘液がアソコから溢れ出す。
    「い、いやああああーーーーーーっっっっ!!!!!!!」
    カヨの身体がびくびくっと震え、悲痛な断末魔の悲鳴をあげた・・・。

    AA切替
  10. 10
    なまえを挿れて。 OF5fkbSx0(3) 削除

    案外難しいもんなんだな

    AA切替
  11. 11
    なまえを挿れて。 F3e/UxuR0(1) 削除

    てか人少なくねw
    過疎板だから仕方ないけど

    AA切替 sage
  12. 12
    なまえを挿れて。 3lvFintk0(1) 削除

    人の気配など微塵も感じられない、暗い暗い田舎の夜道。
    泣きながら懇願するカヨの言葉などもはや耳に入らず、男は慌ただしくズボンとパンツをずり下げる。
    男は荒い息をしながらカヨの両脚を、膝を立てさせた状態で広げ、いきり立ったペニスの狙いを定める。
    「いや、いやぁ!」
    男はカヨの汚れを知らない、美しいサーモンピンクの肉壁をかき分け、
    処女の膣口を見つけだすとペニスをあてがった。亀頭の先端が膣口を押し広げていく……。
    「いや……いやっ……いやぁっ……」
    恐怖に目を見開き、絶望の涙を目に浮かべ、幼い子供のように首を振りながら泣きじゃくるカヨを、
    満面に残虐な笑みを浮かべながら見下ろし、男はゆっくりと腰を沈めていく……。
    「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~っっっっっ!!!!!!」

    AA切替 saga
  13. 13
    なまえを挿れて。 IPiCTVXx0(1) 削除

    どうやら趣旨を分かってない方がお一人いらっしゃるようで

    AA切替
  14. 14
    なまえを挿れて。 eqRznEi30(1) 削除

    やはりえっちねた板に移転した方がいいと思いますが

    AA切替
  15. 15
    なまえを挿れて。 2kAIuxx+0(1) 削除

    はい、まあそうですねエ。
    そうした方が良いと俺も思うね。

    AA切替
  16. 16
    なまえを挿れて。 L3aUuI0y0(1) 削除

    融資求む






    嘘。
    有志求む

    AA切替
  17. 17
    なまえを挿れて。 klP2o/ao0(1) 削除

    とある片田舎に、野球部所属の中学二年生が居た。そして、幼馴染で彼女のカヨ。
    夏休みのある日、カヨの家に泊まりに行くことになった。当然、親も承知であった。
    幼馴染だから別段怪しまれる事はなかった。ごく普通の外泊のつもりであった。
    しかしその晩寝床で、カヨは今日の為に避妊薬を飲んだと恥ずかしそうに耳打ちしてきた。
    …その後、二人は行為に及んだ。彼の初々しい腰の動きに連動して、カヨの三つ編みも大きく揺れた。
    深く舌を絡ませ合い、抱き合う。朧な月明かりがそんな二人の姿を照らしていた。
    そして、そのたった一度の営みで彼女は妊娠した。中二で彼の子を孕んだのである。避妊薬なんて嘘だったのだ。
    カヨの誘惑は生理周期まで綿密に計算した上での事であった。…女というものは、本当に怖い生き物である。

    AA切替
  18. 18
    なまえを挿れて。 1WJJmWBG0(1) 削除

    スレタイですでにしくじったなこのスレ
    もうちょい人が来そうなネーミングにしろよ

    AA切替 sage
  19. 19
    なまえを挿れて。 oBvH8ahu0(1) 削除

    中学校からの帰り道を歩いていると、少女は一台の車に出くわした。
    車のドアが開き男が出てきて、彼女の腕を掴んで強引に車内に連れ込んだ。
    男は制服の中に手を突っ込み、まだ発育途中の乳房を揉みまわした。
    スカートと下着を剥ぎ取ると、男は力ずくで少女に股を大きく開かせた。
    毛だらけの汚らしい陰茎が、少女の穢れを知らない部分に近づいていく。
    陰茎をあてがい、腰を突き上げる。少女の股から破瓜の血が伝った。
    少女はその鈍く鋭い痛みと男への恐怖で、そのまま気を失ってしまった。
    構わずにもっと奥深くへと侵入していく。男の腰の動きはどんどん加速していく。
    子宮の最深部に直接流し込むように、大量の精子が膣の奥深くで放出された。
    少女の制服には「カヨ」と小さく刺繍がしてあった。

    AA切替 sage
  20. 20
    なまえを挿れて。 Ef7xUEQ00(1) 削除

    幼馴染の同級生を体育倉庫に無理矢理連れ込んで、強引に押し倒した。
    少女の汗ばんだ夏服を剥ぎ取り、嫌がり恐がるのを無視して組み敷いた。
    残っていた下着を引き剥がし、少女の足首を掴んで力ずくに股を開かせた。
    太腿は少年の両手に抑えられ、いくら力を入れても足を動かすことができない。
    大きく勃起しきった陰茎が、少女の穢れをまだ知らない部分に添えられた。
    亀頭の先端が膣口を押し広げていく。ここにきて少女はもはや抵抗を諦めた。
    ―少年の腰の動きと共に、少女の体も小さく揺れ動いていた。
    ぐちゅっ、ぐちゅっといやらしい音を立てて犯される少女。
    深部の膣壁に亀頭が擦り付けられ、その衝撃は少女の感覚をビリビリと痺れさせる。
    挿入がしばらく続くと、倉庫の床には透明な愛液が滴り始めた。
    肉壁と陰茎の擦れる音も次第に大きくなり、ぐちゅっ、ぐちゅっと卑猥な音が響き渡る。
    少女は淫らな表情を隠さなくなった。少年の背中を両手で抱き締めている。
    今少女の身体を支配していたのは、股間への衝撃からくる恍惚の快楽だけであった。
    膣壁を擦り付けられるたびにあげていた悲鳴も、今はもう小さな嬌声となり果てていた。
    「あ、あっ、あっ、あっ、あうっっ!」小さく開いた少女の口から唾液がとろりと流れ落ちる。
    何かが限界まで上り詰めてくるのを感じ、少女は自ら腰を小刻みに振り始めた。
    惨めにも股を大きく開き、性器から放出した潮を滴らせながら虚ろな視線が宙にそよぐ。
    大量の精子が膣の奥深くで放出された。そして二人の結合部からは白濁液も溢れ出してきた。
    「ゃ・・・・・ぁ・・・・・・・ぁぁ・・・・・」
    引き剥がされた少女の夏服には「カヨ」と小さく名前を刺繍してあった。

    AA切替 sage
  21. 21
    なまえを挿れて。 7urcfTFq0(1) 削除

    幼馴染の同級生を体育倉庫に無理矢理連れ込んで、強引に押し倒した。
    少女の汗ばんだ夏服を剥ぎ取り、嫌がり恐がるのを無視して組み敷いた。
    残っていた下着を引き剥がし、少女の足首を掴んで力ずくに股を開かせた。
    太腿は少年の両手に抑えられ、いくら力を入れても足を動かすことができない。
    大きく勃起しきった陰茎が、少女の穢れをまだ知らない部分に添えられた。
    亀頭の先端が膣口を押し広げていく。ここにきて少女はもはや抵抗を諦めた。
    ―少年の腰の動きと共に、少女の体も小さく揺れ動いていた。
    ぐちゅっ、ぐちゅっといやらしい音を立てて犯される少女。
    深部の膣壁に亀頭が擦り付けられ、その衝撃は少女の感覚をビリビリと痺れさせる。
    挿入がしばらく続くと、倉庫の床には透明な愛液が滴り始めた。
    肉壁と陰茎の擦れる音も次第に大きくなり、ぐちゅっ、ぐちゅっと卑猥な音が響き渡る。
    少女は淫らな表情を隠さなくなった。少年の背中を両手で抱き締めている。
    今少女の身体を支配していたのは、股間への衝撃からくる恍惚の快楽だけであった。
    膣壁を擦り付けられるたびにあげていた悲鳴も、今はもう小さな嬌声となり果てていた。
    「あ、あっ、あっ、あっ、あうっっ!」小さく開いた少女の口から唾液がとろりと流れ落ちる。
    何かが限界まで上り詰めてくるのを感じ、少女は自ら腰を小刻みに振り始めた。
    惨めにも股を大きく開き、性器から放出した潮を滴らせながら虚ろな視線が宙にそよぐ。
    大量の精子が膣の奥深くで放出された。そして二人の結合部からは白濁液も溢れ出してきた。
    「ゃ・・・・・ぁ・・・・・・・ぁぁ・・・・・」
    引き剥がされた少女の夏服には「カヨ」と小さく名前を刺繍してあった。

    AA切替
  22. 22
    なまえを挿れて。 rVOUB3b10(1) 削除

    幼馴染の同級生を体育倉庫に無理矢理連れ込んで、強引に押し倒した。
    少女の汗ばんだ夏服を剥ぎ取り、嫌がり恐がるのを無視して組み敷いた。
    残っていた下着を引き剥がし、少女の足首を掴んで力ずくに股を開かせた。
    太腿は少年の両手に抑えられ、いくら力を入れても足を動かすことができない。
    大きく勃起しきった陰茎が、少女の穢れをまだ知らない部分に添えられた。
    亀頭の先端が膣口を押し広げていく。ここにきて少女はもはや抵抗を諦めた。
    ―少年の腰の動きと共に、少女の体も小さく揺れ動いていた。
    ぐちゅっ、ぐちゅっといやらしい音を立てて犯される少女。
    深部の膣壁に亀頭が擦り付けられ、その衝撃は少女の感覚をビリビリと痺れさせる。
    挿入がしばらく続くと、倉庫の床には透明な愛液が滴り始めた。
    肉壁と陰茎の擦れる音も次第に大きくなり、ぐちゅっ、ぐちゅっと卑猥な音が響き渡る。
    少女は淫らな表情を隠さなくなった。少年の背中を両手で抱き締めている。
    今少女の身体を支配していたのは、股間への衝撃からくる恍惚の快楽だけであった。
    膣壁を擦り付けられるたびにあげていた悲鳴も、今はもう小さな嬌声となり果てていた。
    「あ、あっ、あっ、あっ、あうっっ!」小さく開いた少女の口から唾液がとろりと流れ落ちる。
    何かが限界まで上り詰めてくるのを感じ、少女は自ら腰を小刻みに振り始めた。
    惨めにも股を大きく開き、性器から放出した潮を滴らせながら虚ろな視線が宙にそよぐ。
    大量の精子が膣の奥深くで放出された。そして二人の結合部からは白濁液も溢れ出してきた。
    「ゃ・・・・・ぁ・・・・・・・ぁぁ・・・・・」
    引き剥がされた少女の夏服には「カヨ」と小さく名前を刺繍してあった。

    AA切替 sage
  23. 23
    なまえを挿れて。 Y1F6huQK0(1) 削除

    そしてだれもいなくなった…

    AA切替 sage
  24. 25
    なまえを挿れて。 9q7KNStO0(2) 削除
    AA切替 sage
  25. 26
    なまえを挿れて。 9q7KNStO0(3) 削除
    AA切替 sage
  26. 27
    なまえを挿れて。 FN9y6Rb90(1) 削除

    これって一瞬だけVIPで流行ったやつだよな
    なぜ今更こんな廃れたネタでスレを立てたんだ>>1

    AA切替 sage
  27. 28
    なまえを挿れて。 ncptXeer0(1) 削除

    はい、おしまい
    君との関係はこれまでだ
    もう明日からは他人なんだね
    せめて最後にもういちどだけ
    いいわ、これで本当に最後よ
    ぎしぎしぎしぎしあんあんあん
    俺の子を孕ませてやるうううう
    ああん膣内には出さないでええ
    実は危険日なのよおおおおおお
    どぴゅぴゅぴゅぴゅぴゅぴゅぴゅ

    AA切替 sage
  28. 29
    なまえを挿れて。 czwOBNMe0(1) 削除
    AA切替 sage
  29. 30
    なまえを挿れて。 lCqEvPnZ0(1) 削除

    c

    AA切替 sage
上へ行く
pages
  1. 1P
前の10件次の10件最新10件1から読む全部見る
軽快モード(投稿)
書き込みモードにする場合は OFF にしてネ
【文字サイズ】
浪人設定へ行く
↑浪人の設定
いろいろ設定へ行く】、
↑使わないのは常時 閉じるとか、
↑サムネイル表示するとか、
↑スレタイNGワード(綺麗™)とか、
最近見た板™びんたん サポート

おすすめ

【浪人設定】

  • 浪人(●)は設定されていません
  • 今すぐ設定しよう。すぐスレ立つぞ
軽快モード(投稿)
浪人を設定する場合は OFF にしてネ
削除 5ちゃんねる本体から消えたら24h以内にびんたんでも消えます。
出展元5ちゃんねるに感謝!!
FOX ★ Hotter than July.








Momonga
close