🔫びんたん  秋の改装中  びんたん

ゲロ吐いて苛められてた同級生と結婚した話

過激な恋愛 < BBSPINK🏮

ゲロ吐いて苛められてた同級生と結婚した話 本文(1-200)

  1. 1
    GERO TE3Xv6su0(1) 削除

    初めてスレたててみます。よかったら聞いてみてください。

    AA切替 🎣(6) >>46 >>61 >>173 >>220 >>223 >>231
  2. 2
    GERO TE3Xv6su0(2) 削除

    中学校の頃、給食の時間に「先生・・・やっぱりたべられまくぁwせdrftgyふじこlp;@」
    と言って壮大に教室でゲロを吐き散らかした女がいた。教室中が下呂のにおいで満たされ騒然としたらしい。
    気は効くが地味な女の子で、クラスでも目立たない存在だった。
    もちろん思春期のそんな時期にそんなことをしてしまったもんだから一発でハブにされて苛めの標的になった。
    そして、めでたく「ゲロ美」というあだ名を命名された。
    キノコを食べられないのに先生に無理やり食わされたらしい・・・
    もともと、巨乳だけどちょっと太めだし、家は貧乏で着ているものもそれなりだったから苛めれる要素はたくさんあった。

    AA切替
  3. 3
    GERO TE3Xv6su0(3) 削除

    俺はその時、幸運にも3年後の国体を見据えた強化指定選手の合宿に行っていてクラスの一大事を平和な綺麗なホテルで過ごした。
    帰ってきてみると、ブスなゲロ美はさらに悲壮感ただようブスになっていた。
    誰とも話さず、ただ教科書やノートや本だけをみて一日を過ごしていた。
    何があったのかを友人に聞くと
    友人「ゲロ美さんww給食のとき、キノコくってさ、先生たべられまくぁwせdrftgyふじこlp;@:つって教室にゲロばぁあぁああってwww
    やばいと思ったんだろうね吐いてる途中に一回止めたんだよねゲロを。そん時、あげくに屁こいてたからねwww
    出ちゃったのかなぁwwそして次の授業は、急遽グランドで体育とあいなりましたww」
    と言ってクラスの笑いを取っていた。

    AA切替
  4. 4
    GERO TE3Xv6su0(4) 削除

    このゲロ美が俺の嫁である。ちなみにゲロ美の本名はひろみ。ちなみに俺は愛妻家だ。

    AA切替
  5. 5
    GERO TE3Xv6su0(5) 削除

    苛めは相当きついもので「高温で消毒しておきました」という紙だけが机に入れられていて下着を燃やされるとか、教科書やノートを燃やされるとかあったらしい。
    俺は、ゲロを直接見なかったせいもあってか別段普通に接していたし、隣の席だったのもあって教科書を見せたりしていた。
    クラスの要件をゲロ美に伝える伝達役が俺に任命された。

    俺はゲロ美と会話できる「クラス唯一のサンクチュアリ」とよばれていた。

    AA切替
  6. 6
    なまえを挿れて。 4moHEzWR0(1) 削除

    面白そうだから、続き書いてね。

    AA切替 sage
  7. 7
    なまえを挿れて。 KN/1ZEfi0(1) 削除

    続きマダー

    AA切替 sage
  8. 8
    なまえを挿れて。 FDt72EsU0(1) 削除

    今日の夜に投下します。読んでくれてる人ありがとうございます。

    AA切替
  9. 9
    あぼーん (1) 削除

    あぼーん

    AA切替 あぼーん
  10. 10
    なまえを挿れて。 TE3Xv6su0(6) 削除

    ゲロ美はよくこう言ってた。
    「私と話してると、みんなから変におもわれない?ごめんね。」
    ゲロ美と話していると少しづつゲロ美は笑うようになった。
    笑うと結構かわいい。目は大きいし、肌は透き通るように白い。そして、巨乳。
    ゲロ美は俺と話すときは満面の笑みだった。ゲロ美と話すのは正直楽しかった。
    そして、休憩中に何かされるとすぐに泣いた。泣くとブスすぎて声をかけられない。
    友人はみんなゲロ美と俺が付き合ってるとか言ってからかいだした。俺は、からかわれると
    「そうだよ。スカトロすきだから。ゲロマジで見たかったw」
    なんてふざけてみんなで笑ってた。俺も同罪だってことだ。
    でも、ゲロ美の巨乳はもんでみたいと思ってた。中学性の性欲は最悪だ。

    AA切替
  11. 11
    なまえを挿れて。 TE3Xv6su0(7) 削除

    しかし、いじめは相当エスカレートしていき、耐えかねてかゲロ美は学校に来なくなった。
    そんな時友人が言った。
    友人「ゲロ美は、上杉の事が好きだ。だから、お前が学校に来い・・・いや学校に恋と言ったら絶対に来る。」
    俺「そんなことはない。学校に恋ってなんだよw」
    中学性の俺たちは賭けた。ゲロ美が学校に来たら俺の負け。俺がゲロ美と一緒に下校する。学校に来なかったら俺はめでたくビッグマックセット無料キャンペーン。

    俺は、ゲロ美の家にプリントを届けるついでにゲロ美を誘った。
    「たまには、学校に恋よ。明日学校きてくれよ。そして一緒に帰ろう。部活おわるのまってて。そして俺、おっぱい揉みたい。」
    ゲロ美は笑った。
    「なにそれwww絶対いくww」

    俺は、賭けに自ら負けた。そして、ビッグマックをすてゲロ美のおっぱいを取った。

    AA切替
  12. 12
    なまえを挿れて。 TE3Xv6su0(8) 削除

    翌日、ゲロ美は学校にきた。見れば見るほどブスだった。
    俺は、後悔した。やっぱりビッグマックだったのかと。
    しかし、友人との賭けを支払うこともあるし、ゲロ美が俺の部活終わるまで待てれば一緒に帰ろうと思った。
    やっぱり、おっぱいもやっぱり揉みたいし、ものすごく揉みたいし。とにかくおっぱいもみたいし。当時の部活は相当つらかった。
    もちろん将来の国体を期待された俺は相当先生にしごかれた。でもおっぱいパワーで何とかやり過ごした。
    初めてのおっぱいにすべて気持ちを持って行かれた。

    部活が終わるとゲロ美は教室で待っていた。
    でも、泣いていた。相当なことをされたらしい。そして相当ブスだと思った。
    ゲロパイ目当てで国体を背負って頑張った俺は、県に対して申し訳ないと思った。
    そして、俺らの悪ふざけでこんなに泣かせて申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
    おっぱい揉む気も一気に失せた。

    俺「帰ろうぜ。ごめんな遅くなって。」
    ゲロ「うん・・・大丈夫だよ。部活大変そうだね。ちょっと見てた。でも見てたら男子に将来の国体選手にゲロだけはマジでかんべんなっていわれたよwみんなに期待されて大事にされてコウ君すごいね。」
    俺「まず、俺をコウ君と呼ぶな。そしてそれだけで泣いてたわけじゃないだろ?なにがあったんだ?」
    ゲロ「なんにもないよ。かえろ。公園は誰もいないからおっぱい揉めるね。」
    俺「おっぱいの話すんな。そこで、KとYがみてる。」
    ゲロ「ごめんねコウ君。」

    その日から俺のあだ名はゲロパイコウ君になった。

    AA切替
  13. 13
    なまえを挿れて。 TE3Xv6su0(9) 削除

    しかし、俺が苛められることはなかった。部活の先輩からかわいがられてたし・・
    「ゲロパイでもおっぱいはおっぱいだ」と言い切った俺は、「クラス唯一のサンクチュアリ」から「クラス随一の下郎」と呼ばれみんなから愛された。

    AA切替
  14. 14
    なまえを挿れて。 TE3Xv6su0(10) 削除

    俺は、その日ゲロ美と帰って色々話をした。
    ゲロ美の親父が事業に失敗して金がないこと。
    部活してる俺がかっこよかったこと。
    苛め相当つらい事。俺の事が好きなこと。
    俺の事が好きだからバスケットボールの勉強をしていること。
    笑っているゲロ美はやっぱり結構かわいかった。
    しかし、なんだか罪悪感でいっぱいで、俺はゲロ美の胸を揉む気を一気に失った。
    俺「学校に、来なくてもいいんじゃねーか?辛い事ばっかりだろ?好きなこと好きなようにやったら?」
    ゲロ美の顔が一瞬で暗くなった。一瞬でブスまっしぐらだ。
    ゲロ「うん・・・でもコウ君に会えなくなっちゃうから・・・」
    俺「プリントとか届けるしさ」
    ゲロ「駄目だよ。コウ君は部活で疲れてるんだから。」
    俺「俺をなめんなよ。俺は部活で疲れたりするぐらいの並の選手ではない。」
    ゲロ美は満面の笑みに戻った。やっぱりかわいいかもなと思った。
    その日の別れ際公園でゲロ美に手をつかまれておっぱいに手を当てられた。
    俺「ちょ・・やめr・・」
    ゲロ「コウ君との約束だしwチュウもする?」
    俺「うっせぇブス調子のんなよw次はマンコ触らせろよwじゃあな!」
    ゲロ美がものすごく可愛いんじゃないかという錯覚に陥った俺はドギドキしてチュウは出来なかった。
    ゲロ美に対する態度は好きな子に中学生の男子がとる態度そのものだったようなきがする。
    俺は、この出来事を「中学ゲロパイ事件」と名付けた。
    そして、何度もおかずにした。

    AA切替
  15. 15
    なまえを挿れて。 TE3Xv6su0(11) 削除

    その日を最後にゲロ美は学校には来なかった。
    そして、ゲロ美にプリントを持っていく係は、部活が忙しい俺から、家が近所の女の子に変更された。
    そこから中学時代はゲロ美と会えなかった。

    それから、月日はながれ俺は高校に推薦で入学した。
    しかし、国体には出なかった。
    スポーツ推薦で大学に進学した。そして、大学ではとにかく遊び、スポーツも適当な成績で幕を閉じた。
    高校1年で骨折してからは見るも無残なもんだった。

    俺は骨折して松葉杖をついている時、ゲロ美に偶然出くわした。俺は人生終わったと思っていた。
    死んだほうがマシかと思っていた。そんな時だった。

    AA切替
  16. 16
    なまえを挿れて。 TE3Xv6su0(12) 削除

    ゲロ「コウ君?コウ君だよね?大丈夫!?どうしたの!?足!!部活できるの?治るの?大丈夫だよね?コウ君だもんね」
    俺「大丈夫じゃない。治るけど前みたいには無理だと思うよ。俺、終わった。お前マシになったな。少し顔変わった?整形?」
    ゲロ「整形じゃなくて化粧だよ。そんなことよりコウ君部活はできるようになるの?」
    俺「終わったと・・・・思うよ。お前整形だよな。かわいくなったよな。かなり低レベルな世界での話だけど。」
    ゲロ「コウ君は高レベルな話で前みたいにはならないだけで、足は治るよね?」
    俺「治るよ。でももうバスケでは先はないかもな」
    ゲロ「コウ君はなにやっててもかっこいいから好きな部活を好きなようにやったら?」
    俺「意味わかんないけどそうする。お前やせた?おっぱい前より小っちゃいな。」
    ゲロ「ごめんねコウ君。小っちゃくなったけどまたもんだら元気になる?」

    AA切替
  17. 17
    なまえを挿れて。 TE3Xv6su0(13) 削除

    ゲロ美と話ながら帰った。ブスだなと思った。
    でもおっぱいはもみたいと思った。
    そしておっぱいをまたもんだ。めちゃくちゃいい匂いがした。フル勃起した。
    その時、ゲロ美はおっぱいだけじゃなくて色々触らせてくれた。
    でもブスだったからチューは出来ない感じだった。俺的に。絶対に。
    公園の月明かりに照らされたゲロブスの肌は凄く綺麗でドキドキした。
    そして、笑った顔はやっぱり可愛いと思った。
    そして、少し喘ぎ声も可愛いなと思った。
    ゲロ美とのこの一件を「高校ゲロパイ事件」と名付けた。そして何度もおかずにした。
    部活しかしらない高校性の実力はこんなもんだ。

    AA切替
  18. 18
    なまえを挿れて。 TE3Xv6su0(14) 削除

    だれかいるんだろうか?

    AA切替 f1 >>19
  19. 19
    なまえを挿れて。 Ht5+peYd0(1) 削除

    >>18
    いる。続きはよ

    AA切替 sage
  20. 20
    なまえを挿れて。 thPSkPlq0(1) 削除

    続けてくれ!俺がいる。

    AA切替 sage
  21. 21
    なまえを挿れて。 m18WLGKx0(1) 削除

    面白いから続きプリーズ

    AA切替 sage
  22. 22
    なまえを挿れて。 mldcVpDE0(1) 削除

    ゲロ美の家は父親が事業に失敗して貧乏だったが今はふつうのサラリーマン家庭として復活したらしい。
    そして今は、定時生高校に通う高校性らしいがそこでも中学時代のいじめの主犯格と同じクラスらしく苛められてるらしい。

    その後、怪我が治ってもやっぱり前みたいにはならなかった。
    でもバスケが好きだったから一生懸命やってみた。怪我する前よりも・・・部活の先生のコネで大学から推薦もらえたのは本当ラッキーだった。
    俺はゲロパイの力を経て部活を楽しみそれなりの選手として期待に答えられないながらもある程度、注目されながら高校生活を終えた。

    AA切替
  23. 23
    なまえを挿れて。 mldcVpDE0(2) 削除

    大学時代には彼女もできた。
    この彼女が最高で毎日やりまくっていた。
    しかし、就職活動に入るとセクロスする時間もなくなり喧嘩ばかりになって別れた。
    でも、就職氷河期のおり、俺は就職戦線を勝ち抜きまともなメーカーに就職できた。
    これは人生最大の奇跡であった。勉強もしてないしバカだし筋肉しかない俺をよく採用したなと思う。本当にありがたい。

    AA切替
  24. 24
    なまえを挿れて。 mldcVpDE0(3) 削除

    就職すると相当苦労した。
    大学受験・高校受験と戦い抜いた猛者どもは、俺みたいな推薦組とは違って争い方を知っていた。
    頭も当然よかった。
    でも負けたくないと思って初めて仕事に関して勉強した。
    お客さんのところに行って泣きながら帰った夜もあった。
    でも誰よりも長い間仕事したし誰よりも勉強した。営業に関する本は10冊以上読んだ。
    ちなみに営業職だったけど、営業職は嫌いだった。
    本当は、開発的な部署に行きたかった。
    でも、最初はみんな営業か工場からスタートだったからそこで実績をあげなければ希望部署はもちろん昇進もない。ゲロのことなど忘れていた。

    俺は、ある先輩にかわいがられて色々優しく教えてもらった。
    親身に相談に乗ってもらった。飯も一緒食った。名刺の渡し方からスーツの着方も教えてくれた。
    セックスもしてくれた。
    女の先輩だったから。
    綺麗だったし可愛かったし優しかったし仕事できたし俺のミスを何度もかばってくれた。
    俺は先輩に何度も押しまくった。
    そしてようやく、付き合ってもらった。AKBのこじまはるなに似ていた。

    失敗して落ち込んでいるとき優しくセックスしてくれた。しかも励ましながら。最高だった。

    AA切替
  25. 25
    なまえを挿れて。 mldcVpDE0(4) 削除

    19~21
    みんなやさしいんだな。

    AA切替
  26. 26
    なまえを挿れて。 mldcVpDE0(5) 削除

    だが、一つだけ不満があった。
    それは先輩があんまりセックスを好きじゃないし得意じゃないことだった。
    性欲の塊だった俺には辛かったがそれでも先輩がすきだった。
    付き合って2年ぐらいしたころだった。
    俺は、先輩と結婚しようと思って婚約指輪を買って。頃合いをうかがっていた。
    このまま開発的な部署(営業用のポスターとか営業ツールを作る部署)に移動できたらプロポーズしようと思っていた。恥ずかしいぐらい若すぎる発想だ。

    そして、営業の実力もついてきて、いつしか先輩をフォローする立場に変わり、ものすごい成績をのこした。最高にまぐれをぶちかました。希望の部署へと移動となった。
    俺の、部署移動の送迎会で男の先輩にソープをゴチになったのがばれてわかれた。
    人生のなかで3番目に辛いできごとだった。
    さらには、移動になったのはいいがバカは治らずミスばっかりで昔お世話になった営業の方々に迷惑ばかりかける日々が続いた。
    小島先輩にはフラれたし「やりたいこと」と「できること」は違うという現実が受け入れられなくて毎日苦しんだ。
    まさにドン底だった。会社で俺はこういわれていた。

    「風俗好きで自分がわかってないうぬぼれ屋のばか」または、「ハッピーソープ」

    AA切替
  27. 27
    ゲロ aP6zWRdb0(1) 削除

    今iPhoneから書き込みしてるんだけど、連投できないんだな。書きだめしてあるんだけどな。とても残念文章力だと思うが、読んでくれてありがとうございます。

    AA切替
  28. 28
    なまえを挿れて。 NltuJiH00(1) 削除

    面白いよー
    続き気になる

    AA切替 sage
  29. 29
    なまえを挿れて。 mldcVpDE0(6) 削除

    毎日精神的に追い込まれ、最後にデカいミスをやらかした時だった。
    上司に「1週間休め見てられない」と言われた。怒られることもしなくなった。
    自分が気づきあげたものが一斉にくずれた気がした。

    俺は、実家に帰った。目的があった。
    それは、ゲロパイだ。
    俺は、俺の人生を救ったゲロパイを求めてゲロを探したしかし、高校以来合ってない。
    もちろん、簡単には会えないことぐらい覚悟していた。
    近くのコンビニですぐ見つかったw
    働いてた。ブス極まれりだった。髪の毛は金髪でデブだった。しかし、俺にためらいなどない。

    俺「ひろみじゃんw飯食いに行こうぜ!しかも今日」
    ゲロ「いいよ。7時に終わるよ。コウ君かっこよくなったね。」

    めっちゃ簡単だったw

    AA切替
  30. 30
    なまえを挿れて。 dcz5lzUt0(1) 削除

    オレも超イジメられっ子だった子と結婚したからこのスレは親近感が沸く。
    続きをお願いします。

    AA切替 sage
  31. 31
    なまえを挿れて。 8Sl8JHbW0(1) 削除

    おもろいw
    4円

    AA切替 sage
  32. 32
    ゲロ gLtGfGkk0(1) 削除

    今日の夜に投下します。みんなありがとう。

    AA切替
  33. 33
    GERO mldcVpDE0(7) 削除

    ゲロをコンビニまで迎えに行って地元は絶対嫌なので少し離れたこじゃれた飲み屋に連れてった。
    ゲロはガチで喜んでた。
    車も免許も持っていないらしくドライブが楽しかったらしい。
    そしておしゃれな飲み屋に感動しきりだった。

    AA切替
  34. 34
    GERO mldcVpDE0(8) 削除

    俺「ホテルで休憩しようぜ。おっぱいもみたい。」
    ゲロ「コウ君が行きたいとこならどこでもいいよ。いつもおっぱいだねww」

    ゲロがコンビニよりたいっていうからコンビニによった時ゲロ美は雑誌をかった。
    俺は精力剤とコンドームを買った。
    一線を越える覚悟があった。
    これを、社会人ゲロパイ事件と呼ぼうと思っていた。

    しかし、立たなかった。
    小島先輩ならここで試合終了で  「もういい」   ってなってた。

    ゲロ「ごめんね、私だからだよね。コウ君、ごめん」
    俺「飲んでるからだって」

    理由は二つあった。1飲んでるから。2ゲロ美だから。デブすぎるから。ブスだから。

    しかし、ゲロはマジで優しかった。
    少し休憩しようと言ってファッション雑誌を広げどんな子がタイプか聞いたりしてた。
    俺は、小島先輩とは違うボーイッシュな感じのゆるふわ的な髪を選んだ。
    ゲロは悩みとか色々聞いてきた。
    俺は泣きながら全部ゲロにぶちまけた。ゲロは優しく俺の肩を抱きながらこういった。
    「コウ君はなにやっててもかっこいいから大丈夫だよ。好きな仕事を好きなようにやったら?」
    「好きじゃないことは出来ないよ。営業好きだったんじゃない。本当は・・」
    「男の人は性欲抑えられないよ。だから、コウ君のせいじゃないよ」
    「コウ君は悪くないよ。コウ君はずっとずっと昔からいまもかっこいいよ。」
    「コウ君がごはん誘ってくれた時{神様っているんだって}本当におもったんだよ。」
    「コウ君のことずっと好きだったんだよ。今も好きだよ。すごく好きだよ。コウ君がまた誘ってくれるように頑張る。可愛くなるね。」
    そんな言葉を聞いた俺の中で、赤い実はじけた。
    ※「赤い実はじけた。」→ググれ。

    AA切替
  35. 35
    GERO mldcVpDE0(9) 削除

    ゲロ美に初めてチュウした。やわらかいと思った。唇も胸も腹も手もやわらかいと思った。
    チュウしながら喘ぐゲロ美の声は相変わらずやわらかくて可愛い喘ぎ声だった。
    胸を揉むと切ない表情でもっと可愛い声を出してた。ブスだったけど完全にフル勃起した。
    まんこはやばいぐらいグッチャグチャだった。
    ゲロ美は何度も「気持ちいい?どうされるのがいい?」って聞いてきた。
    俺は、ここをこうこうこうってなんでも言った。
    ゲロ美の前ではなんでも言える。
    ゲロに「コウ君すごい気持ちイイよ」とか「コウ君大好き」とか「コウ君カワイイ」とか褒められた。
    俺は、調子に乗って頑張って優しく前ギしまくってしまった。

    男はとても単純な生き物である。

    ゲロ美は挿入すると「すごい・・・・幸せ」といった。
    「おっきい」とかじゃなくて「幸せ」。
    俺は何となく自分の実力を理解したが、ゲロ美の優しさなんだろうなと思った。
    喘ぎ声はとても優しくかわいい声だった。いつかの高校時代の夜を思い出した。
    そしてゲロ美の優しさに包まれて優しさにまみれながら勝手にすぐ逝った。
    このことを俺は「ゲロまみれ事件」と名付けた。
    挿入して3分の出来事だった。俺は早漏だった。

    AA切替
  36. 36
    GERO mldcVpDE0(10) 削除

    休み明け部署移動を願い出てあっさり通った。営業に戻って挨拶をした。
    「ご迷惑ばかりかけてすいませんでした。これからはその分頑張ります。もちろん数字でお返しします。もう一度チャンスをください。バカはバカなり一生懸命やります。」
    みんなはすぐ受け入れてくれた。かわいがってくれたし後輩もしたってくれた。世の中は頑張る人を応援する仕組みになっている。お客さんにはこう言われた。
    「かえって来てくれてありがとう。」
    もちろん全俺が泣いた。そして以前の倍頑張った。
    そしてまた、ゲロ美を誘った。車で迎えに行った。
    ニコニコしながら、金髪ロングのデブではなく、少しむっちりした感じでゆるふわショートな髪が全然似合っていない茶髪の女がコンビニの前から歩いてきた。
    完全におしゃれに失礼な奴が近づいてきた。
    誰?と思ったがゲロ美だった。なんか少し痩せてた。

    AA切替
  37. 37
    なまえを挿れて。 8Sl8JHbW0(2) 削除

    ドキドキ

    AA切替 sage
  38. 38
    GERO mldcVpDE0(11) 削除

    社の近くの接待で使う本当におしゃれな普段いかない店に連れてった。
    ゲロ美はものすごく感動していた。

    「コウ君すごいよ!魚泳いでるよ!ここ高くないの?大丈夫?エサ上げれるの?無理かww」
    俺「ゲロ美は髪黒いほうが可愛いんじゃない?」
    ゲロ美「わかった。ごめんねホテル行く前にコンビニで髪染めるの買うね。足元にも魚がいるね!」
    俺「ホテル行くの?」
    ゲロ美「行かないの?・・・私じゃもうやだ?・・・・コウ君の好きなようにするし、好きにしていいよ・・ホテル代なら私が出すけど・・・・」
    俺「痩せた?おっぱい前より小っちゃくなったな」
    ゲロ美「ごめんね・・・どうしても痩せると胸から落ちちゃうの・・ごめんね。でもさ、ほらこの娘、痩せてるよね。」
    と言って財布の中から、雑誌の切り抜きを出してきた。
    俺が、前回ホテルで可愛いって言った娘だった。

    俺「綺麗になったね。」

    ゲロ美の顔がいきなり真っ赤になる。そして手で顔を隠して泣き出した。
    ゲロ美「コウ君がタイプって言った子の写真を部屋に張って毎日メイクしたりエステ行ったりしたんだよ。
    絶対また誘ってくれると思ってたから・・・・・コウ君のためなら何でもできるんだよ。もっともっと可愛くなりたい。コウ君の事大好き。」
    俺は嬉しかった。

    泣いていた顔を上げたら目の周りが黒くてパンダみたいになっていてものすごくブスだった。でもブスなゲロ美も可愛いなと思えた。泣くとすごくブスだ。
    こいつは、泣かせたらだめだなと思った。でも一つ気になる事があった。

    俺「ひろみさ、俺の事ずっとすきだった。っていう割に処女じゃないよね。まぁ気にしないんだけどそういの俺は。」
    と切り出した言葉とは裏腹に処女じゃないことにむかつきだしている俺がいた。この質問に対するゲロ美の回答はこうだ。

    AA切替
  39. 39
    GERO mldcVpDE0(12) 削除

    「高校ゲロパイ事件」の時、俺に痩せて胸小っちゃくなったなと言われる。
    →安心して食べる。→太る。→高校でもさらに苛められて結局退学
    →人間不信になる。→引き籠る→漫画の読みすぎで厨二病になる。→
    毎日親に泣かれる。→バイトを始める。→バイト先のオーナーの息子(店長)に好きだと言われる。
    →初めて告白されて嬉しくてやってしまう。→でも、好きじゃないから気持ち良くないし正直無理。
    →店長からクビにするとなんとなく脅される。→親に心配かけたくないからまたセクロス。→でも無理。
    →優しいゲロ美は店長に強く「無理」って言えない。→でも、店長はいろんな女子とセクロスしようとしているのが発覚。
    →もっと無理。→マジで無理。→無理すぎて店長に無理っていう。→店長がセクロスしようとした女の子が次々やめたから人手不足に拍車がかかって首にはならない。
    →でも、店長にしつこくされて優しいゲロ美はまたセクロス→店長また、違う女子にセクロストライ!!→もうマジで無理。→人間不信発動。
    →神様に祈る毎日→俺が王子様のようにおもちゃみたいなジムニーに乗って現れる。→やっぱり俺マジでかっこいいし優しい。→おもちゃみたいな車までがかっこよく見える。
    →人生でつらい時、神様にお願いすると俺が「おっぱいもみたい」って言いに来るw→俺にだったら遊ばれても全然無理じゃない→むしろ遊ばれたい。
    →一回でいいからキスしたい。→俺とセクロスする。→人生最高の瞬間→本当に気持ちよくて幸せな気持ちになる。→俺を手に入れたくなる。→めちゃくちゃ努力する。
    →俺にまた誘われる。という奇跡が起こる。→人生最高の瞬間2→俺になんで処女じゃないのかという矛盾を聞かれる修羅場を迎える。←今ここ。

    AA切替
  40. 40
    GERO mldcVpDE0(13) 削除

    ゲロ美「ごめんね、コウ君・・でも、ずっと好きだったもん。」
    俺「ジムニーはおもちゃじゃない。俺は好きであれに乗っている。別に普通車が買えないから、軽に乗ってるわけじゃない。ジムニーは軽だけどふつうの軽より税金が高いんだ。」
    ゲロ美「かっこいいよ車。コウ君が好きな車なら私も好きだよ。でもコウ君はもっとかっこいいよ。」
    俺「嘘をつくな。お前はブスなくせに俺の車をだせーと思ってる。」
    ゲロ美「でもコウ君は結婚したら子供産んでおっきい車買うんだよね。」
    俺「俺は、子供産まない。そして運転もセクロスも下手だから大きな車は運転できない。」
    ゲロ「じゃあ私が運転するし、私が子供産む。コウ君はセクロス上手だよ。」
    俺「お前はブスなうえに免許も持ってないし、結婚どころか付き合ってすらいない。」
    ゲロ美がいきなり黙って、またすすり泣きそうになる。
    こいつを泣かせるとブスになる・・・・こいつを泣かせないようにするのが俺の指名かもしれない・・・と思う。すごく愛おしくなる。
    俺「なぜか、ブスなお前が処女じゃないことにむかついて、いじわるしたくなった。ごめん。今日からさ・・・・俺と付き合ってくれるかな?俺の彼女になってくれる?」

    おしゃれな店で女を口説いている俺は自分に酔っていた。

    AA切替
  41. 41
    なまえを挿れて。 mldcVpDE0(14) 削除

    ゲロ「ヤダ」
    俺「は?」
    ゲロ「ブスっていったこと誤ってくれたら付き合ってあげる」
    俺「じゃぁ付き合わなくていいよ。」
    ゲロ「ごめんね、コウ君!!誤らなくてもいいから付き合って!!冗談でいったんだよ!!嫌なわけないじゃんそんなのわかるよね!!!コウ君は頭いいからわかるよね!!」
    静かな店内に、ブスの過剰な悪ふざけに対する悲痛な叫び声が少し響いた。
    俺「俺も冗談で言ったんだよ。」
    ゲロ「何が冗談?どっちが冗談?」
    俺「付き合わなくていいよっていう方」
    ゲロ「ブスは?」
    俺「泣いてる時とか本当にそう思うときもある。でも笑った顔は可愛い。ブスでも可愛いと思う。そしてひろみと毎日セクロスしたい。今日はセクロスするためと告白するために誘ったんだ。」
    ゲロ「超嬉しい!毎日セクロスしたい。今すぐ抱かれたい。・・・そしてバイトやめたい・・・」
    俺「じゃあ会計してホテル行こう。やめろよそんなクソみたいなバイト。」

    俺とゲロ美は付き合った。
    その日ゲロ美はめちゃくちゃ感じていた。
    というか恥ずかしい話だが初めて女性を逝かせた。
    ゲロ美も初めて逝ったらしい。
    俺はゲロ美以外逝かせたことがないくらいセクロスが下手だ。
    「コウ君気持ちいい・・・ああっオカシクなっちゃう!」といってくれたので「おかしくなっていいよ。」って言ってみた。
    自分に酔ったのは言うまでもない。加藤鷹にでもなった気分だった。
    ずっとゲロ美と一緒にいたい。そんな気持ちなるなんて思わなかった。
    最高に幸せだった。ゲロにだけは世界で一番優しくできる。

    AA切替
  42. 42
    なまえを挿れて。 mldcVpDE0(15) 削除

    ゲロ美は次の日バイト先にやめるといったらしい。
    そしたら翌日、店長とサイゼリヤで話会うことになった。
    なぜサイゼリヤか?店長がまた俺のゲロ美にセクロストライ!!するためだ。
    と勝手な解釈をした。
    俺はゲロ美が話会うサイゼリヤの駐車上で待機していることにした。
    ゲロ美には話が揉めたら電話して来いと言っていた。
    俺が行って話をつけると言った。
    優しいゲロ美には言えないことも多いだろうと思ったしゲロ美に会いたくてしょうがなかったからだ。そして、その後飯食って初めて俺の部屋でセクロスすることになっていた。
    前日にバカみたいに俺の部屋を掃除した。
    ただ、俺が行くようなことにもならないと思っていた。
    しかし、俺は仕事の関係で会社を出るのが遅くなった。
    高速で一時間で着く距離だが、あと20分といったところの高速の途中でゲロ美からの着信があった。

    すごく不安になった。

    もし、あのブスがまた断れなくて店長にやられてたりしたら・・・店長殺してブス殺して俺も死ぬ!!
    なんて思った。
    頭がおかしくなりそうだった。
    禿げ親父に俺の大切なゲロブスがやられてる嫌な妄想ばかりが頭をよぎった。
    気づけば120キロ出てた。やばい冷静にならないと事故ると思った。
    高速を降りてすぐゲロ美に電話した。でも電話には出なかった。
    俺は、必至で冷静を保ってサイゼリヤに行った。

    AA切替
  43. 43
    なまえを挿れて。 mldcVpDE0(16) 削除

    店内に入ってもゲロ美が見つけられない。へんてこなゆるふわが見当たらない。マジで焦った。

    「コウ君!」

    世界で一番可愛い声がした。

    そしたら、「真っ黒に染めてみました!」みたいな黒髪でおしゃれに失礼な奴が店内で一番ブスな顔して隣に座っていた。
    俺は心底安心した。
    そしてぐちゃぐちゃに泣かされてブスにされたゲロ美がいた。
    そして、俺が黒髪のほうが良いと言ったばかりに、また間違ったおしゃれをしている世界で一番かわいいゲロ美がいた。その場で抱きしめたかった。
    俺の大切なゲロブスをこんなにしやがった奴はまぁ年の頃は三十代後半で髪はあったが油ギッシュなチョイデブで泣いているゲロ美とお似合いな感じもした。
    しかし、笑っているゲロ美とは釣り合わないので本気でやつけることにした。

    俺は、一旦冷静を装ってゲロ美の隣に座った。めちゃくちゃいい匂いがした。

    AA切替
  44. 44
    なまえを挿れて。 mldcVpDE0(17) 削除

    飽きずに読んでくれてる人ありがとう。まだまだ、続きます。
    まだまだ無駄に長いです。よろしいでしょうか?べっこべこ投下しても・・

    AA切替 f1 >>47
  45. 45
    なまえを挿れて。 8Sl8JHbW0(3) 削除

    面白い
    読んでるよー

    AA切替 sage
  46. 46
    なまえを挿れて。 9ohN6+Yv0(1) 削除

    読んでいますよ。>>1さんみたいな方、大好きですよ。
    べっこべこ投下してください。

    AA切替 sage
  47. 47
    なまえを挿れて。 OgVX+nMq0(1) 削除

    >>44
    期待してる。たぶん過激な恋愛板の中でも一番おもしろい。続きよろ。

    AA切替 sage
  48. 48
    なまえを挿れて。 rwysY47X0(1) 削除

    面白いです。
    しかし、ジムニーで120㎞って…
    踏んだねー

    AA切替 sage
  49. 49
    なまえを挿れて。 mldcVpDE0(18) 削除

    俺「ひろみ、どうした?大丈夫か?この変態チックな親父になんかいわれたか?もう大丈夫だぞ。はやくおっぱいもませろ。」
    ゲロ「うん、大丈夫。コウ君スーツかっこいいね。」
    店長「これがそのコウ君?ずいぶん常識ない人みたいだけど。」
    俺「噂の変態店長さんですか?常識ない人なんですよね?」
    店長「僕らは普通にお付き合いしててさ。きみは関係ないと思うしさ。遠慮してもらえないかな。」
    ゲロ「付き合ってます!!おとといぐらいから。」
    店長「若いからさ、一時そう思うんだよ。ところで何君だっけ君?」
    俺「海元です。海元幸助です。」偽名を使った。
    店長「珍しい苗字だね。出身はどこ?仕事は何してるの?」
    俺「人が名のっているのに自分が名乗らないなど、失礼極まりないですね。出身は沖縄です。小さい頃はよくサンゴとって叱られていました。仕事は警察です。」めっちゃ嘘ついた。
    ゲロ美がちょっと笑った。可愛くなった。
    店長「まぁ・・私のことは名乗る必要もないと思うんで。営業してるって聞いたけど?」

    AA切替
  50. 50
    なまえを挿れて。 mldcVpDE0(19) 削除

    俺「自分の事もちゃんと名乗れない人に私の名前や職業をおしえる道理がどこにありますか?
    本当に付き合っています。あなたの事も聞いています。とりあえずひろみはバイトはやめます。
    これ以上ひろみに話かけたらパワハラとセクハラで訴えます。俺に話しかけたらぶん殴ります。」
    店長「ふつうにお付き合いしてるって言ったよね?そんな裁判したら、あのときひろみが濡れてたとかそうじゃないとかきかれるよ?
    みんなの前で。まぁその辺、私は大丈夫だけど、ひろみは濡れてたしね。それが好きな人にすることなの?きみはひろみのことなんか好きじゃないんじゃない?
    お金欲しいだけでしょ?ひろみは海元くんみたいなこういうやつに騙されて金とかだまし取られるタイプだよ。
    冷静になってもう一回考えてごらん。」
    ぶん殴りたくなった。ぶん殴ろうと思った。俺に話しかけたし。
    その時だった。
    ゲロ美が立ち上がって店長に水をぶっかけた。俺の分まで。2杯かけた。

    AA切替
  51. 51
    なまえを挿れて。 mldcVpDE0(20) 削除

    ゲロ「あんたなんか大っ嫌い!!気持ち悪いし!!
    他のバイトにだって散々やらせろって言ったくせに!!
    全部知ってるから!!YちゃんもSちゃんもレジのお金なんてとってないし!!
    とったのあんたでしょ!!
    あの時ホテル行くお金ないから貸してっていってたのに何でお金もってたの?知ってるから!!
    警察にも電話する!
    コウ君は私が苛められてもずっと私にやさしくしてくれたたった一人の本当に大切な人なのに!!
    あんたなんて結局一緒になって苛めるタイプじゃん!!
    コウ君はかっこいいしやさしいし!あんたなんかより100倍気持ちいいし!!
    あんたとセクロスしてた時なんて気持ち悪くて吐きそうだったけどコウ君のは全部気持ち良かったもん!!あんたはやるだけ!!でもコウ君は食事とかバーとかいくもん!
    しかもおしゃれだもん。高いとこ連れてってくれるもん。
    話だってコウ君のは面白くて笑うけどあんたと話してた時は作り笑いだから全部!
    ものすごく疲れたよ!!コウ君といる時は1秒だって勿体ないって思ってトイレ行くのも我慢したんだよ!
    車だって結婚したら買うもん!!
    私からコウ君がお金だまし取るんだったらとっくにやってる!とられてもいい!!
    全部取られて騙されたっていいもん!
    コウ君がそれで幸せになるんだったら全部私からあげる!!
    みなさーん聞いてくださいこのひと○○店の店長なんですけどレジのお金盗んだりバイトにやらs・・」

    AA切替
  52. 52
    なまえを挿れて。 mldcVpDE0(21) 削除

    おっとりしてるゲロ美からは聞いたことないようなマシンガントークだったのであっけにとられてた。たぶんそれは店長も同じだった。車だって買うもん?まぁいいか・・・
    ・・・店員さんまでやってきた。大騒ぎになった。
    店中がザワザワしてた。まるでカイジだ。
    ※カイジ・・ググれ「カイジ ざわざわ」で

    俺「やめろ!!わかったから!!」俺は店員さんが来たのをみてひろみを捕まえた。
    ゲロ「・・・・ごめん・・ヒック・ウゥ・コウ君のまえで濡れてたとかいわれてもうくぁwせdrftgyふじこlp;@:「」」
    と言って頭を胸に押し付けてきた。
    最高にブスだった。
    けど最高に愛おしかった。
    俺は、店長の前に置かれた残されたキノコパスタとかステーキみたいな奴をみつけて言った。
    俺「ひろみの前でキノコ食うんじゃねぇカス。そして全部くえ気持わるい。」
    ゲロ「その話もいわないでくぁwせdrftgyふじこlp;@」
    そして俺は、ゲロ美を抱えるように店を出ようとした。
    会計しようとレジの前に行くとなぜか会計済みだった。
    あちらのお客様からって言われてテーブルを見ると知ってる顔があった。
    中学時代の友人のKだった。Kはなぜか気取った顔をしていて。
    手は親指をたててGOODってなってた。
    そして店に響き渡るほど大きな声で・・・
    K「お幸せに!!」
    店員も笑った。俺も笑った。そして俺はGOODってKに向けて。
    俺「ありがとう!今度電話する!結婚式よぶから!」
    店員さん「ありがとうございました。お幸せにw」
    にっこりとわっらたのは30代ぐらいの女性店員だった。

    AA切替
  53. 53
    なまえを挿れて。 5QxK0Yhs0(1) 削除

    ゲロはKにやっぱりおびえてた。そんなゲロを抱えて車に戻った。
    ゲロ「結婚するの?ウェック・・・ごめんね・・・K君いたね・オウェ・・ごめんやっぱり怖くて・・ヒック・・
    嫌いなった?・・ウェッ・・オウェ!!・・・ごめんね・・・結婚するの本当?オウェワェ!!
    キノコ気持ち悪かったオウェ!!」
    ってなってた。また吐きそうだなと思った。

    俺「吐いてもいいぞ。車どうせ新しいの買うしな。一緒に見にいこうな。よしよしよし・・」
    ゲロはずっと俺のスーツの裾をつかみながら泣いていた。
    めっちゃゲロブスだった。
    でも頭を撫でていたら落ち着いたみたいだった。
    ゲロ「コウ君嫌な思いしたでしょ?濡れたけど・・濡れてないよ。あいつ最低。こんな私とセクロスできるの?できないよね。
    したくないよね。したくなくなるよね。普通は。」
    俺「お前めしくったのか?」
    ゲロ「あいつが勝手に頼んだから。ゴメンねコウ君。頼む前に電話したんだけどコウ君でないから。最後に一緒にご飯食べようっていうから。
    最後っていったんだよ。でも、話が終わらなくて。」
    俺「お前、俺と一緒に飯食うって約束したよな。今度、約束破ったり、嘘ついたら別れる。俺も絶対嘘つかないし約束守る。車買にいこうな。その前にお前の免許だな。
    俺はデカい車は運転できない。そしてお前ちゃんと子供産めよ。約束したからな。あと昨日からめっちゃセクロスしたかった。今すぐお前としたい。」
    ゲロ「死んでもいいほど幸せ。今すぐここで抱かれたい。でも仕事もないし、お金もないから免許とれない。どうしようコウ君・・・」
    俺「俺が出すに決まってんだろ!!!」

    俺は、今Y市で一番かっこいい男だと思って自分に酔った。そうだ、いつも俺を男として酔わせてくれるそれが俺の婚約者だ。

    AA切替
  54. 54
    なまえを挿れて。 5QxK0Yhs0(2) 削除

    ゲロ「絶対ダメ。」
    俺「は?」
    ゲロ「迷惑かけたくない!そんなの絶対ダメ!安くないんだよ。コウ君のスーツとか仕事の奴にお金使って欲しい。」
    俺「じゃあ貸す。そして体で返せ。毎日セクロスさせろ。雨の日も風の日も整理の日もとにかくお前を抱きたい。今すぐに。セクロスしたくて何も考えられない。」
    ゲロ「とりあえず、セクロスしよう。でもコウ君ごはんわ?」
    俺「まずお前を食う。」
    ゲロ「召し上がれ」
    俺「キモッ」
    ゲロ「ヒドーイwww!!」
    俺「嘘だよ」
    ゲロ「あっ嘘ついた。」
    俺「誰にでもわかる嘘はいいんだよ。フォレストガンプっていう映画でガンプのおかぁさんが言ってた。」
    ゲロ「wwww見たそれ。私中学の頃学校行ってないからww5回ぐらいみたからわかるwww」

    笑ってるゲロの顔は高速の夜景にライトアップされていた。
    こんなに美しいものがこの世界にあるんだなって感動した。
    ずっと見ていたかったけど、これを見てたらこの世で一番綺麗で優しいゲロブスと
    それに勘違いされて愛されてしまった世界一幸せなゲロブスの大切な俺が死ぬので前を向いた。

    その夜は、ゲロパイ全開変態コウ君になった。3回した。次の日は2回した。
    ゲロを家まで送り届けた時ものすごく寂しかった。

    AA切替
  55. 55
    なまえを挿れて。 5QxK0Yhs0(3) 削除

    ゲロと俺は、一緒に住むことにした。そして、当面ゲロは俺の家に住んで結婚したら社宅へGO!という流れにした。

    ここで問題です。
    Q1・両親へのあいさつってどうすればいいんでしょうか?

    人生最大の壁が目の前に出現した。殴られるんだろうかやっぱり。
    俺は、悩んだ。しかし、ゲロは「簡単だと思うよ。」と言ってニコっと笑っていた。

    AA切替
  56. 56
    ゲロ X0nKEjQY0(1) 削除

    面白いって言ってくれた皆さんありがとうございます。
    本当に嬉しいです。
    ムダに、まっだまだ続きます。
    皆さん明日も読んでみてください。
    ありがとうございます。

    AA切替
  57. 57
    なまえを挿れて。 KgwJ6tz80(1) 削除

    思いっきり笑った!
    けど、なぜだか涙も出た。
    二人には幸せになって欲しいわ。
    続き待ってるよん!

    AA切替 sage
  58. 58
    なまえを挿れて。 TPsiBI1N0(1) 削除

    今来た
    嫁と壮絶な喧嘩中の俺が帰ったら謝ろうと思った

    AA切替 sage
  59. 59
    ゲロ NY8SgLIA0(1) 削除

    誠に恐縮です。
    今日の夜に投下します。
    また読んでみてください。

    AA切替
  60. 60
    ゲロ NY8SgLIA0(2) 削除

    謝ってあげてくださいw
    読んでくれてありがとうございます。

    AA切替
  61. 61
    なまえを挿れて。 Vdr/7fs20(1) 削除

    オレの嫁もいじめられっ子だったけど、いじめられっ子って惚れさせると凄く謙虚なんだよね。
    凄い尽くすというか。
    >>1の夫婦生活に親近感を感じるわぁ。

    AA切替 sage f2 >>62 >>63
  62. 62
    なまえを挿れて。 5QxK0Yhs0(4) 削除

    >>61
    暗殺者とかも小さいころから不遇を与えてから人の温かさを教えるっていいますよね。
    そうすると優しくしてくれた人の言うことしかきかなくなるとか不遇を与えられた分他人に感情を持たなくなるとか・・・

    AA切替
  63. 63
    なまえを挿れて。 5QxK0Yhs0(5) 削除

    >>61さん
    悪い意味じゃないですからね!!すいません伏線です。
    読んでくれてありがとうございます。

    AA切替
  64. 64
    なまえを挿れて。 5QxK0Yhs0(6) 削除

    めに行っておこう、ひろみの名字は本町(仮)

    当日、スーツでゲロの家に行った。緊張はMAXだ。
    しかし、俺のラブリーキューティーゲロブスと毎日セクロスするためにはこの壁を避けては通れない。ゲロは簡単に口説けた。
    しかし、お父さんはそうはいかないだろう・・・家の前に行くとゲロが可愛い顔して玄関の前で待っていた。そして中へ・・ゲロの中へ・・・ゲロの家の中へ
    家の中は想像以上に綺麗だ。
    キッチンにはごちそうが並んでいて、寿司や天ぷら的なものがたくさんあった。
    正月か?正月だな。と思った。ゲロ美の隣に俺は座った。
    するとおかぁさんがでてきた。
    ゲロママ「こんばんはー。初めましてぇひろみの母ですぅ。お父さん今来ますからねぇ。」
    なんて言ったらすぐ後ろから大ボスが来た。ゲロそっくりな可愛いゲロボスだった。

    俺「こんばんは・・・・うぇ・・うえ・・・」声が出ない・・・
    何度となく営業先で修羅場はくぐってきたはずなのに!!
    そんな時、世界で一番可愛い声がした。
    ゲロ「お父さん。このひとがコウ君。上杉浩太君。」
    ゲロボス「本町です!こ・・・こんにちは。こっこんばんわだね・・うえっすぎくん!」
    この場にいるのは、俺以外全員「本町さん」だ。
    結婚するにあたって。問題は1つだけだった。ゲロの両親に挨拶することだ。
    今この瞬間ハードルが下がった。

    お父さんとみんなで乾杯した。俺は車で来たので飲めないと言ったが、家に泊まっていけというので豪快に飲んだ。

    簡単に説明すると、ものすごく歓迎された。

    AA切替
  65. 65
    なまえを挿れて。 5QxK0Yhs0(7) 削除

    ゲロママ「この子が、ひろみに学校に恋って行ってくれたり、苛められても優しくしてくれたこね。
    誰にも相手にされない変な子が来るのかと思ったら。かっこいいんだね。ひろみすごいじゃん。」
    ゲロ「やさしいんだよ!あとおしゃれ!学校ではみんなの人気者だったよ!!」
    ゲロボス「君は、本当に男だな。尊敬するよ。誰にでもできることではない。」
    ゲロ「コウ君はね、部活もすごかったんだよ。会社もね、ものすごくおっきな会社なんだよ。」
    ゲロママ「すごいのは筋肉だけじゃないのねぇ!給料はいくらくらいww?」
    ゲロ「お母さんやめてよ」
    ゲロボス「よしなさい!そんなこと・・」

    覚悟しておけよ。俺の年収は言っておくが意外と高いぞ!!

    俺「大事なことですから・・460マソ・・・ぐらいです。」ドヤァ(ラッキーです。額に見合う実力はありません)←心の声
    ゲロボス「月にか!?」
    ゲロママ「何言ってるのお父さんバカねww」
    俺「年・・です。」間抜け面 
    ゲロ「初めて聞いた!!やっぱりすごいんだねコウ君は!」
    ゲロママ「あんた給料も聞かないで結婚しようとしたの!?バカだね。私みたいに苦労したいわけ!」
    ゲロボス「やめなさい!!すごい額じゃないか。」
    ゲロママ「おとうさんより高いね。すごい!!あたしが結婚したいわぁw結婚しよwwコウ君w」
    ゲロボス「何言ってるんだぁ!!・・・でもよかった。本当に良かった。娘には苦労かけたから・・・俺のせいでさ・・君みたいな・・いい若者が・・なぁ!おかあぁさぁん!」
    ゲロママ「何言ってるのおとうさん。コウ君はまだ何も言ってないわよ。挨拶にきただけかも知れないじゃない。
    ひろみだけがバカみたいに結婚結婚ってさわいでるだけかもよ。」
    ゲロボス「・・!!そうなのか!?・・・・」
    俺「結婚を前提にひろみさんとお付き合いさせていただきたくて挨拶に来ました。」

    かなり端折ったけどこんな感じ。

    めっちゃ簡単だったw

    AA切替
  66. 66
    なまえを挿れて。 5QxK0Yhs0(8) 削除

    ゲロボスは、ゲロにかわいそうな思いはさせたくない一心で仕事をしてきたらしい。
    必至で嫁入り道具のため、ゲロが外に出られないまま自分が死んだ時のため、お金を貯めていた。
    それを使って欲しいと言われた。ゲロボスと外で一服していた時だった。

    ゲロボス「娘のために貯めていた貯金がある。きみに使って欲しい。車でも買うといい・・・」
    俺「あっ・・車はあのあれです。趣味ですから。買い替えようと思っていましたから・・あの・・大丈夫です。まだ、とっておいてください。何分若輩者で、頭悪いものですから・・お父さんに頼るときが来るかもしれません。その時は宜しくお願いします。」
    ゲロボス「しっかりした青年だ・・是非、君の両親にも挨拶させてくれ。俺にできることなら何でもするから!いつでも言ってきて欲しい。娘をよろしく頼む!たのむぅ!!」

    お父さんにとっても大事なゲロなんだなって思った。俺にとっても大事なゲロだけど。

    車・車本当にうるさい親子だけど。とてもいい親子なんだな。苦しい時もあった見たいだけど、今日はみんな幸せそうで本当に良かった。ゲロはダイエットと言ってほとんど食わなかった。

    AA切替
  67. 67
    なまえを挿れて。 5QxK0Yhs0(9) 削除

    でもゲロはずっと笑っていた。ものすごく可愛かった。

    その夜、ゲロの部屋に泊まった。めちゃくちゃ綺麗な部屋だった。
    ゲロ「コウ君、ありがとう。みんな喜んでた。コウ君が立派でかっこよくて優しいから。」
    俺「めちゃくちゃいい匂いする。そしてお前めちゃくちゃ可愛い。おっぱい揉みたい。」
    ゲロ「コウ君もいい匂いする。そしてかっこいい。おっぱい揉んで・・・チュウもして・・」
    俺「でも、実家だからな。今日はやめて明日速攻で帰ってセクロスしよう。」
    ゲロ「やだ、いまする。この部屋でコウ君に抱かれるのが夢だったんだよ。」
    俺「妄想して、オナニーしてたのかこの変態。」
    ゲロ「してないよ!少し触っただけだよww高校の時コウ君が公園でおっぱい揉んだでしょ?あの日のこと思い出して・・」
    俺「俺もwww」
    ゲロ「いま、コウ君がここにいるなんて信じられないなぁ・・触ってみてすごい濡れてるんだよ。」
    触ると、押し殺した可愛い声が耳もとでして我慢できなくなった。めっちゃ濡れてた。
    パジャマをボタンも外さずビリビリとやってみた。白くて綺麗な肌がでてきて、くびれができているのがわかった。ゲロボスが大事にしてきた綺麗なゲロがいた。ものすごい背徳感に包まれた。その背徳感が俺を萌えさせたのはいうまでもない。

    しかし、その背徳感はしっかり俺の胸に「責任」として刻まれた。

    AA切替
  68. 68
    なまえを挿れて。 5QxK0Yhs0(10) 削除

    今度はゲロをうちの両親に紹介した・・・・・
    ゲロの家ではところ狭しと並んだ料理で出迎えられ、暖かい家族団欒だったが・・
    うちはそうはいかなかった。

    親父は仕事で来られない。
    母親は、適当に作った料理で出迎え、兄貴は家にいたのにもかかわらず軽く挨拶しただけ・・・
    俺「結婚を前提に付き合ってるひとだよ」
    ゲロ「本町ひろみです。よろしくお願いします!」
    母「そう、よろしくね。こいつバカだから大変でしょ。あっお風呂沸いたみたいだからお兄ちゃんに言ってきて・・・」
    俺「なんかないのもうちょっと。」
    母「いい子そうでよかったわよ。お父さんにはちゃんと言っておくから。あと、浩太。お父さんおこってたわよ。お前はいつまで体に悪いもの売って飯食うんだって。
    結婚するとかそういう前にちゃんと仕事の事とか考えなさい。
    お兄ちゃんに相談しなさい。いつもばかり喧嘩してないで。
    あんたから頭下げてお願いするのよ。
    お兄ちゃんは浩太がその気がないうちは無理だっていってたわよ。
    後、いつまであのおんぼろ車に乗ってるのあんた。」
    俺「もう帰るわ。じゃぁ親父に宜しく。」

    とても悲しくて、ゲロに申し訳なくて。ゲロボスとゲロママにも本当に申し訳なかった。
    さっそく俺は娘さんに悲しい思いをさせました。ゴメンなさいゲロボス。

    家に帰る途中の高速の夜景は悲しいくらいに雨だった。ゲロはずっと前を向いていた。
    俺は泣き出しそうなくらい悲しくて悔しかった。

    AA切替
  69. 69
    なまえを挿れて。 odZPuKB60(1) 削除

    おまえ、搾取子だったんか…

    AA切替 sage
  70. 70
    なまえを挿れて。 RKG+VOpZ0(1) 削除

    ええ話やね。
    続きたのんます

    AA切替
  71. 71
    なまえを挿れて。 5T+mKzCV0(1) 削除

    そう、思ってた。時期もあったな。

    AA切替
  72. 72
    なまえを挿れて。 tIknp/GA0(1) 削除

    お前も陰でゲロボスとか言って失礼だろww
    嫁に謝ったよ
    泣いてた
    そのあとむちゃくちゃセックスした

    AA切替 sage f1 >>74
  73. 73
    なまえを挿れて。 5T+mKzCV0(2) 削除

    家に帰る途中の高速の夜景は悲しいくらいに雨だった。
    ゲロはずっと前を向いていた。
    俺は泣き出しそうなくらい悲しくて悔しかった。

    俺「ごめんな・・兄貴にしか興味ないんだようちは・・・」
    ゲロ「そんなことないよ!実家すごく広いよね!!豪邸だね!お兄ちゃんかっこいいね。」
    俺「は?お前まで兄貴と比べんのかよ・・・」
    ゲロ「コウ君に似てるからだよ。コウ君が一番。」
    俺「ごめん」
    ゲロ「なにが?コウ君のおかあさんの料理もおいしかったよ!」
    俺「お前の家と違ってさ歓迎ムードじゃないじゃん。俺のせいで。」
    ゲロ「こんなゲロブスが歓迎されるはずないじゃん。
    息子は超イケメンで大きな会社で働く優秀なサラリーマンなのに
    、彼女は中卒で最近デブではないけどブスであげくに無職だよw私がお母さんの立場だったら嫌だな。大事に大事に育てた可愛いコウ君だもん。」

    AA切替
  74. 74
    なまえを挿れて。 5T+mKzCV0(3) 削除

    >>72
    wwwww
    嬉しいよ。
    むちゃくちゃ子供できるといいなw

    AA切替
  75. 75
    なまえを挿れて。 5T+mKzCV0(4) 削除

    俺「俺のせいだって」
    ゲロ「ううん違うよ。私、女だからわかるもん。お母さんは私が嫌だったんだよ。
    コウ君じゃないよ。息子を誰かにとられるってどういう気持ちなんだろうね。
    コウ君にはわからないよ。私がコウ君ってよんだときね、
    凄く悲しそうな顔してたよ、お母さん。」
    俺「・・・・・もっとごめん」
    ゲロ「私が、コウ君を誰かにとられるのと同じ気持ちだと思うよ。
    しかもそいつが私みたいなブスだったら殺すもん。
    ごめん誰でも殺すわやっぱりwww・・マジで殺すと思う。」
    俺「・・・・」
    ゲロ「コウ君元気だして。私は最初からこうなるって思ってたよ。
    こんなもんで済んでよかったって思ってるよ。でも負けない。
    コウ君が好きだから。私、就職する!体にいいもの売るww!!」
    俺「中卒が!就職を社会を甘く見るなよwあと俺は仕事に誇りを持っている。
    最後に、俺の彼女をゲロブスだって言うのやめてもらってもいいかな。

    AA切替
  76. 76
    なまえを挿れて。 5T+mKzCV0(5) 削除

    世界で一番可愛いと思って付き合ってるんだから。」
    ゲロ「中卒でも頑張るもん。あと、コウ君の仕事はかっこいいよ。最後に、今すぐ抱かれたい!」
    俺「兄貴に頼んで就職活動手伝ってもらおう。俺のじゃなくてひろみの。おっぱいもみたい。」
    ゲロ「コウ君はやっぱり優しいね。私はコウ君が思ってる100倍強いよ。色々あったから。そしてコウ君のことが大好きだよ。
    いろいろあったからww私は全力でコウ君の応援する。今、コウ君にすごく愛されているのが伝わるの、だからなんでもできるって思うよ。
    おっぱい今、揉んだら事故るよw車とめたらさっそく揉んでw」

    おんぼろくるまをとめておっぱい揉んだら落ち着いた。ゲロがよしよししてくれた。

    ゲロとの同棲はマジ最高だった。ゲロは引き籠り中に家事をマスターしていた。
    料理はうまいし、部屋中ピカピカになった。
    食卓には毎日俺の好きなものとキノコ以外が並んだ。
    毎日「いってらっしゃいのチュウ」もした。
    「お風呂にする?ご飯にする?それとも私?」もやった。
    裸にエプロンもした。←しかし、想像したほどの興奮はなかった。
    ゲロは日に日に可愛くなった。ブスなりに。

    AA切替
  77. 77
    なまえを挿れて。 5T+mKzCV0(6) 削除

    みなさん、いつも読んでくれてありがとうございます。
    まっだまだ無駄に続きます。
    おつきあいしてくれると嬉しいです。

    今日は、金曜日で週末なのでずったし投下していきたいと思います。
    楽しいとか言ってくれる人本当にありがとうございます。

    AA切替
  78. 78
    なまえを挿れて。 5T+mKzCV0(7) 削除

    俺は、週末ゲロと一緒にゲロの就活のために美容室にいった。俺の行きつけの美容室だ。
    美容室に入ると俺の担当が出てきた。
    年は22歳、女性で巨乳・ゆるふわショートで誰とでも仲良くなるタイプの元気な子だ。

    俺「ども!暇そうだからきてやった。」
    ゆるふわ「あー!またきたの?暇じゃねーしwwおっ彼女さん
    ?奥さん?ww妹さん?wwおっかさんwwお父さん?wwwwwww」
    ゲロ「・・・・・・」
    俺「まだ、彼女w今日はこいつの髪を就職ようにいろいろやって俺わかんないから。」
    ゆるふわ「wwよかったねwww次から彼女の時は予約ちゃんと入れてねwwカラーとかあるからw」
    ゲロ「・・・・・・」
    俺「いくらかかってもいいからw俺のハニーの素敵な未来がかかってるからさww」
    かかってるだけに
    ゆるふわ「わかったww10万はいかないようにするwwちょっとまっててねぇw」
    ゲロ「・・・・・・」
    ゆるふわが奥に消えた。ゲロは財布から雑誌の切り抜きを取り出してみてた。またそれにする気か!?
    俺「どうした?」
    ゲロ「ゆるふわショートがいるよ。コイツに似てる。絶対タイプでしょ?私やだ。
    あの子と同じ鏡に映った瞬間死にたくなる。コウ君と仲良しだし。
    今、めっちゃむかついたよ。」

    あ・・なんかブラックゲロ出てきた。
    普段は優しいんだけど店長との一戦もそうだ。
    コイツっていうの初めてきいたww俺がコイツって言ったからかな・・・

    AA切替
  79. 79
    なまえを挿れて。 5T+mKzCV0(8) 削除

    俺「ひろみの方が比べものにならないぐらい好きだけど。俺は。」
    俺「腕は確かなんだよ。
    この店は兄貴の同級生がやってる店で店長のそいつじゃなくてあのゆるふわでもっている店なんだ。」
    ゲロ「まぁいいか・・・許す・・・ゆるふわとブスが一緒映ったせいで鏡われたらごめんね。」
    なんだそれ、まじおっかねぇんだけど・・と思いながら俺は終わるまで町をぶらついてみた。
    町ブラっていうのか?

    電話が鳴って「奥さん終了しましたw」というので美容室に向かう。
    美容室の前に立つ。めちゃくちゃ怖い。なんか怖い。戦慄が走る。
    ガチャ・・・・
    ゲロ「あっコウ君!めちゃくちゃ綺麗にしてもらった。私の憧れの高校生みたいじゃない!?」
    ゆるふわ「どうだぁ!恐れ入っただろぉ!私の実力をー!奥様は高校性だwww」
    ゲロ「JKだね!JK!コウ君の好きなJKだよ。JK気分でセクロスできるね。犯罪だよコウ君。
    制服買って帰る?」
    ゆるふわ「もう童顔で可愛いから!絶対これでいいと思ったんだ!」
    ゲロ「ゆるふわちゃんに聞いたよ。私と付き合う前の日髪切りにきたんでしょ?そして・・・」
    俺「やめてくれぇええ!!俺は、JKより熟女ものがいいし、それ以上はやめろマジで!!」
    ゲロ「自分が生まれてきた理由って知ってる?俺はこの世に生を授かった理由がやっと分かった・・・人生最大の謎を解いた。あいつを泣かせないためだったんだ!!wwwwwwwww」俺のマネ

    めちゃくちゃ可愛くなって。すっかり打ち解けていた。さすがわゆるふわ接客も神クラスだ。
    かみだけに。そして恥をかいた。
    意外と安くしてくれたみたいだけど俺の3倍かかったw

    AA切替
  80. 80
    なまえを挿れて。 5T+mKzCV0(9) 削除

    ゲロ「人生最大の謎を解いたぁwwwww」
    俺「・・・・コロス」
    ゲロ「キミは生まれてきた意味を知っているかぁwwwwwwwwww」
    俺「・・・やめろ!!」
    ゲロ「かっこいいよwwwコウ君w」
    俺「絶対!思ってない!!!」

    就活用のスーツ買って、就活用のバッグ買って、就活用の靴買って。
    最高に楽しかった。俺も就活用じゃない仕事で着るシャツ買った。
    そして飯食った。
    制服は買わなかった。別にJK好きじゃないから。家にあるって言うし。JK好きじゃないけど。

    AA切替
  81. 81
    なまえを挿れて。 5T+mKzCV0(10) 削除

    そして俺はセクロスしてありがとうなんて言われたことがなかった。
    金払ってセクロスしたことはあるけど。
    その時は最後に「ありがとうございました!」って男の従業員が言っていたなそういえば。

    AA切替 f1 >>98
  82. 82
    なまえを挿れて。 5T+mKzCV0(11) 削除

    順番まちがったww

    AA切替
  83. 83
    げろ 5T+mKzCV0(12) 削除

    ゲロ「コウ君は何でこんなに私に幸せをくれるの?・・すごい楽しかった。人生で一番楽しかった。
    どうしたらコウ君にお返しができるの?」
    俺「体で返せ!セクロスさせろ!制服家からとってこい!JK好きじゃないけど!」
    ゲロ「セクロスは私がしたいからしてるんだよ。それじゃだめだよ。制服は工業の取ってくるね。」
    俺「いいんだよ。結婚したらこんなもんだろ?俺はひろみが喜ぶ顔が見たい。」
    ゲロ「生まれてきた理由ww?」
    俺「今すぐ体で返せ!脱げ!おっぱいもませろ!」
    ゲロ「コウ君は私にいろんなものをくれるよ・・人生が変わった。
    最高に幸せ。私の家族も幸せ。でも私にはコウ君のために何ができるの?何にもできないよ・・・・
    おっぱいは好きなだけ揉んでいいよ。」
    俺「もうひろみからは十分もらってる。そしてこれからもきっともらう。
    ひろみは気づいてないだけだ。バカにするからもう教えない。一生教えない。」

    その夜、なんだか疲れてベッドに横になった。眠くなった。
    するとゲロが背中におっぱいくっつけてきた。
    可愛い静かな喘ぎ声とともにムッチムチ押し付けてきた。
    ゲロ「コウ君眠い?我慢できないよ。コウ君が欲しいよ。ごめんコウ君。」
    俺の息子を優しく撫でながら言ってきた。
    今までこんなことなかったんだけど。
    俺が逆を向いてゲロにチュウして、おっぱい揉んだ。
    ゲロ「ア・・ウン・・ありがとう・・コウ君。大好きだよ。ウン・・すごい気持ちいい。」
    ゲロはビッチャビチャになった。初めて挿入して逝かせた。
    しかも、一緒にいった。
    中田氏できる安心感とはまさにこのことだ。覚えておけ。

    AA切替
  84. 84
    げろ 5T+mKzCV0(13) 削除

    そして俺はセクロスしてありがとうなんて言われたことがなかった。
    金払ってセクロスしたことはあるけど。
    その時は最後に「ありがとうございました!」って男の従業員が言っていたなそういえば。

    ゲロと付き合ってからは毎日仕事を家に持って帰った。もちろんゲロと早く会いたいからだ。ゲロの就職活動はうまくいかなかったからほとんどゲロは毎日、俺を遅くまで待っていた。
    そして、簡単な仕事をゲロに押し付けて、いや教えて。ゲロと毎日仕事した。
    仕事しながらフェラもしてもらったw
    ゲロはパソコン触るの楽しいと言ってた。でも会社の面接を落ちるたびゲロは
    ゲロ「私なんて、社会から必要とされないんだ・・・」って落ち込んだ。ゲロブスだった。
    俺「何社目だ?」
    ゲロ「3社目・・」
    俺「ちなみに俺は、人生で32社から落とされた。就職氷河期を戦った戦士に失礼な奴だな。」
    ゲロ「・・そうなの・・コウ君もそんなに落ちたの?」
    俺「バカだからなw俺はww」
    ゲロ「コウ君は、頭いいよwwじゃあ私は64社ぐらい受けたら受かるかなww」
    俺「お前は、96社だ。俺と比べるな。中卒が!!」
    ゲロ「はーいwwがんばります!!」
    超かわいい。まぶしい顔するとブスだけど。でも可愛い。太陽なんてなくなってしまえ。

    AA切替
  85. 85
    げろ 5T+mKzCV0(14) 削除

    ロと付き合ってから俺の仕事は絶好調を極めた。なんでもうまくいった。
    俺には、ふつうの会社で言うところの主任クラスのポジションが与えらえた。
    俺は、後輩から慕われていたせいもあってか若手教育係的なポジションだった。
    うちの会社は横移動しないと出世できない。
    俺は一回横移動で失敗したからもう後はないかもなwww
    実はこれ、笑えないレベル。

    休みの日ピンポンが鳴った。

    俺「おいブス。出てこい。俺は今、忙しい。」
    ゲロ「ブスってコウ君に言われるとほんと傷つく・・」
    俺「ひろみちゃん。俺の可愛いひろみちゃん玄関のドア開けてみて!きっと可愛いNHKがいるよ!」
    ゲロ「はーい」
    ・・・
    ゲロ「コウ君のお父さんみたいな人がいるよ。後、コウ君のお兄ちゃんも」
    俺「は?」

    親父みたいな人と兄貴が来た。

    AA切替
  86. 86
    げろ 5T+mKzCV0(15) 削除

    親父「この間は、悪かった。仕事の都合がつかなくて。」
    兄貴「お前、一緒にすんでんのか!?部屋、めちゃくちゃ綺麗だな。」
    俺「勝手にあがってくんなよ」
    親父「お前はちっちゃい頃から俺の家に勝手に入って寝泊りしていたじゃないか」
    ゲロ「初めまして、浩太君とお付き合いさせてもらってます。本町です。」
    兄貴「こないだのね!どもども。コイツバカだから疲れるでしょw」
    親父「あー宜しくお願いします。バカな息子なもんで本当にすいません。何卒よろしくお願いします。」

    なんて会話が続いた後、親父はやっぱり仕事の話を聞いてきた。

    親父「浩太。仕事は、どうだ?」
    俺「出世したwwどうせ文句つけんだろ?もういいよ。俺はこれで食ってくから。」
    親父「人から認められて。役を与えられて。結婚して人一人養っていこうという息子に仕事やめろなんていう親がいるか。バカだなお前は。出世したなら、車ぐらい買え!!」

    AA切替
  87. 87
    げろ 5T+mKzCV0(16) 削除

    あれ?

    親父「本町さんバカの事を宜しくお願いしますね。あと、妻が大変失礼なことをしてしまったそうで・・。バカな分だけ可愛いもんですから・・あの・・その・・なんとなくね・・」

    え?

    ゲロ美大正解の巻である。やっぱり俺のおふくろは俺がゲロ美にとられるのが嫌だったんだ・・・

    ゲロ「私が、こんなんだからダメなんです。中卒だし、見た目もあの・・あれ・・ですから」
    俺「見た目もブスな。」
    ゲロ「・・・・・ごめん。」
    親父「浩太!!お前は!!・・」
    ゲロ「違うんです!浩太君は苛められてる時・・・・」

    ゲロは一部始終を親父に話した。親父は感動して泣いていた。
    その後、みんなで親父の奢りで飯を食った。親父はゲロを気に入ったみたいだ。

    AA切替
  88. 88
    げろ vXg6VqCC0(1) 削除

    兄貴はと言えば・・・兄貴と外で一服してる時だった。
    兄貴「お前、あのブスとマジで結婚すんのかww」
    俺「ブスじゃない。笑ってる時は可愛い。」
    兄貴「挨拶にきた時さ、俺は、ちゃんと挨拶してさ。
    おふくろのフォローしてやろうと思っていったらさwあれじゃんww
    あー浩太w遊びかwwって思ってww寝たwwwすまんwww」
    俺「美人は三日で飽きる」
    兄貴「ブスは一日ともたないww」
    俺「お前はそうやって毎回!毎回!俺のやる事なす事ケチつけてさ!!
    俺の仕事の事だっておふくろに色々いうからだろ!?なんなんだよ!!!死ね!!」
    兄貴「なぁwマジでw怒るなよw悪かったよ。」
    俺「あいつさ今さ、おふくろにあれされてさ・・・就活してんだよ。頼むよ。
    職務経歴書とかみてやってくれよ。俺、転職とかしたことないからわかんなくてさ。
    挙句に中卒なんだよ。頼むよ。」
    兄貴「わかったよ。でも中卒の職務経歴書とか履歴書なんてみたことねーぞww」
    俺「頼むよ。兄貴ならなんとかなんじゃん。」

    ゲロが心配そうに店から出てきた。

    ゲロ「コウ君?大丈夫?」
    俺「今、ブチ切れたフリして兄貴にお前のこと頼んでいた。やってくれるって就活の手伝い。
    兄貴すげーから大丈夫だ。」
    兄貴「まかせとけよ!コウ君!もう大丈夫だよ!コウ君www」
    俺「おねがい・・します・・・」
    兄貴「ん?・・・聞こえないよ!!コウ君www」

    AA切替
  89. 89
    げろ vXg6VqCC0(2) 削除

    兄貴はちゃんと職務経歴書と履歴書と添え状・礼状をゲロと2人で何時間もかけて作ってくれた。
    ゲロがスーパービジネスウーマンかみたいな書かれ方していたが嘘はどこにも書いていなかった。
    兄貴の才能の半分でも俺にあればなんの問題もなく俺の人生は上手くいったはずだ。

    兄貴と2人で部屋に入る前に俺はバカにされるのをわかっていて兄貴とゲロに言った。
    俺「変なことしたらぶっ殺す。」
    兄貴「wwwwwwwそんなんわかんねーよwwそうなったらしょうがないだろ。
    二男の嫁が長男の嫁になるだけで大勢に変化はないだろwwww?」
    ゲロ「大丈夫だよwお兄ちゃんは私なんか相手にしないよwイケメンだし。」
    俺「じゃあ!俺わよ!!!」
    絶対に兄貴より俺の方がマシな顔してる。それは絶対だ。

    ゲロと兄貴が部屋に入ってる時間はものすごく長かった。
    イケメンとか言いやがってマジでむかついた。別れてやろうかぐらいにむかついた。

    AA切替
  90. 90
    げろ vXg6VqCC0(3) 削除

    その夜、レイプみたいなことしてみた。
    ゲロが途中で泣いたからやめた。ブスだったし。

    俺「ごめん・・」
    ゲロ「ううん。いいんだよ。そういうのしたかったんでしょ。ごめんびっくりしたから。」
    俺「兄貴と仲良しでむかついたから。」
    ゲロ「知ってたwごめんねコウ君。お兄ちゃんは優しいしかっこいいよ。でもコウ君はもっともっと優しいしかっこいいよ。私にとってはコウ君が最高のイケメンだよ。」
    俺「・・・・嘘だ。」
    ゲロ「嘘じゃないよ。絶対嘘じゃない。コウ君以外で濡れない。」
    俺は、笑ってしまった。
    ゲロ「コウ君カワイイ。続きしよう。レイプごっこしよう。」

    ほのぼのレイプ♪になった。

    笑ってくれた人ありがとう。

    ※ほのぼのレイク CM 動画 ググれ!

    AA切替
  91. 91
    げろ vXg6VqCC0(4) 削除

    でも起たなかった。
    俺「おら!なめろよ!」
    ゲロ「嫌です!!もうやめてください!!」
    ってなぜか敬語でやってくれたけど起たなかった。
    俺「やっぱひろみにやめてって言われると俺無理だな・・・・」
    ゲロ「そんな!!やめてください!!たたないとかいうの!!やめてください!!」

    俺「やめてくださいをいったんやめてください・・・」

    やめてくださいが悲しく夜の部屋にこだました。
    俺は、全身真っ赤になった。マジで恥ずかしかった。


    ゲロ「次は女子高生をレイプしてみる?制服着る?」
    俺「いや、そういうんじゃなくて」
    ゲロ「じゃあOLをレイプする?スーツ着る?」
    俺「レイプはしない!」

    AA切替
  92. 92
    げろ vXg6VqCC0(5) 削除

    俺は本当に変なことをたくさんした。

    ただ、「浣腸させろ」っていったらゲロに叱られた。
    ゲロ「人にそういうの見られるのトラウマだし、コウ君だけには絶対ヤダ!変態!!」
    俺「・・・俺はそんな・・いや、ごめん・・・本当にゴメン・・・・」
    ゲロ「あ、ごめん・・・。してみる?・・でもなにが楽しいの?」
    俺「そういえば・・・・わかんない・・・」
    ゲロ「なにそれwwコウ君おもしろいねwww」

    俺は、趣味嗜好ではなく、ただただ、
    変態の道を極めた。変態の限りを尽くした。変態と呼ばれることなら何でもやった。

    AA切替
  93. 93
    げろ vXg6VqCC0(6) 削除

    ゲロ「ごめんwwwコウ君は優しいからレイプとか無理だよ。」
    俺「そうなのか・・・」
    ゲロ「真っ赤になってコウ君カワイイ。JKが優しくしてあげようか?」
    俺「そうする!!」
    俺は、Mなんだと確信した。
    ゲロは女子高生時代の制服を着てくれた。むっちむちだった。
    無理してきている感がやけにエロかった。

    ゲロ「コウ君。どうされたい・・?」
    むっちむちなJKが俺に乗っかってきた。赤い実はじけた。

    結局、JKをレイプした。

    AA切替
  94. 94
    げろ vXg6VqCC0(7) 削除

    ゲロ「コウ君!?やめてよ!ちょっ・・・アン!・・やめ・・・」
    俺「!!!!!!!」
    ゲロ「ゴメン!・アン・きもちいい・・もう無理!・・コウ君大好き!もっとして!!」

    俺はSなんだと再確認にした。

    ゲロ「ごめん演技できなくて。」
    俺「それもまたよしだな。変なことにいつも付き合ってくれてありがとう。」
    ゲロ「全然いいよ。もっと変なことしようよ。」
    俺は変態なんだなと再々認識した

    俺は本当に変なことをたくさんした。

    ただ、「浣腸させろ」っていったらゲロに叱られた。
    ゲロ「人にそういうの見られるのトラウマだし、コウ君だけには絶対ヤダ!変態!!」
    俺「・・・俺はそんな・・いや、ごめん・・・本当にゴメン・・・・」
    ゲロ「あ、ごめん・・・。してみる?・・でもなにが楽しいの?」
    俺「そういえば・・・・わかんない・・・」
    ゲロ「なにそれwwコウ君おもしろいねwww」

    AA切替
  95. 95
    げろ vXg6VqCC0(8) 削除

    俺は、趣味嗜好ではなく、ただただ、
    変態の道を極めた。変態の限りを尽くした。変態と呼ばれることなら何でもやった。

    浣腸はしたのか?と聞かれれば・・・


    した。 


    想像以上の感動はなかったが、想像以上のおつりが返ってきた

    AA切替
  96. 96
    なまえを挿れて。 MQscx/t40(1) 削除

    いつも夜勤明けで家に帰ったら、真っ先にみてるよ。
    2chでこんなに夢中になったスレは初めてだ。
    続きヨロシク( `・∀・´)ノ

    AA切替 sage
  97. 97
    なまえを挿れて。 uWaLX8ED0(1) 削除

    続報よろしくね
    そろそろ終わりかな?

    AA切替
  98. 98
    なまえを挿れて。 QYjAAB5R0(1) 削除

    >>81
    ホモ展開かと思った

    浣腸はお湯を100ccぐらい入れて5分待って出してを2~3回やれば腸内がきれいになるよ

    AA切替 sage f1 >>100
  99. 99
    なまえを挿れて。 6A1fIr5s0(1) 削除

    良スレ。

    AA切替 sage
  100. 100
    GERO vXg6VqCC0(9) 削除

    >>98
    羞恥的な感覚だったんだけど・・・・
    もうやらないと思うなw

    AA切替
  101. 101
    GERO vXg6VqCC0(10) 削除

    ゲロは会社の面接の相談とかで兄貴と仲良くなった。
    俺はむかついた・・・。
    むかつくたびにゲロは俺のむかつきを察知していつもの何倍も優しくしてくれた。
    でもゲロが兄貴のことをお兄ちゃんと呼ぶたび俺はなんだかむかついてたまらない。
    そんなある日、兄貴が家に来てくれた。なんかお土産いっぱい持って。ゲロは買い物行ってた。

    兄貴「東京さよー。いってきたんだーwww」
    俺「すんげぇなあにぎはぁ!そっだに買物しできで。とがいのおどごだな。」
    兄貴「これおめさやっからwあどこれゲロ美ちゃんさだー」
    俺「おい。お前、ゲロっていうなよ。」
    兄貴「wwwこの間、お前の同級生にあってさw色々聞かれたww」
    俺「俺の事を?誰に?」
    兄貴「たぶん苛めの主犯格の女の子。ゲロミのこと。」
    俺「は?なんて?」
    兄貴「心配してたみたいだ。あの子の将来をめちゃくちゃにしてしまったって。」
    兄貴「弟は本気で、ひろみちゃんと付き合ってるし結婚も考えてるっていったら安心したみたいだよ。」
    兄貴「後、俺のことはお兄ちゃんって呼ばせてるって言ったら笑ってたwww」
    俺「あいつかー今頃かよ」
    兄貴「子供二人連れていたしな。親になって自分に自己嫌悪したんだろ?」
    俺「そんなもんか」
    兄貴「こっからはまじめな話だ。お前のためとゲロのためだ。いいか冷静になって聞けよ。」
    俺「だったら、ゲロとかいうなよ。」

    AA切替
  102. 102
    GERO vXg6VqCC0(11) 削除

    兄貴「ゲロを就職させるな。・・・・・」

    兄貴の話をまとめる。

    ゲロの苛められた原因は、ゲロ吐いたからじゃない。
    それはきっかけにすぎない。
    本当の原因は「男との距離が近すぎること」だ。

      いじめの原因と進捗(主犯格よリスニング)
    苛めの主犯格は俺の事が好きだった。
    だから、俺と仲がいいゲロにむかついた。
    ゲロの癖にブスのくせに・・苛めれば苛めるほど俺とゲロは仲良くなった。
    そうすれば益々苛めはエスカレート。
    ある日、俺が学校にまで呼んでゲロと一緒に下校。
    主犯格は高校受験もままならなくなりそのまま定時制高校に入学。
    それをそっくりそのままゲロのせいにした。
    責任転嫁することで自分を救った。

    バスケしてた頃はモテたからなw

    AA切替
  103. 103
    GERO vXg6VqCC0(12) 削除

    ゲロの家族状況分析
    構成:ゲロボス・ゲロママ・弟・おじいちゃん(故人)
    ゲロママはゲロボスのせいで苦しかったので働きに出るからほとんど家にいない。
    ゲロボスは家にいたから家では男3人と暮らしていたことになる。
    思春期の大切な時期に学校にもほとんど行かず男に囲まれて生活。

    ゲロの性格推察
    人との触れ合いを楽しむ。苛められる前から男と話す方が楽。女の子には感情なし。
    かなり依存性が高い。断りきれない。自分の我を出すのが下手。
    自分の事より大切な人(家族・俺)。母性がかなり強い。臆病。
    精神的にタフ。
    変態。どエロ。エロ依存。←思春期に人と触れ合いがあまりなかったせい?
    人に気を使う。

    ゲロスペック
    なぜか人の気持ちが読めるような言動をとる。っていうか読んでる。実は頭がいい
    。男の気持ちは特に読む。なまじブスだから男は話しやすい。
    不細工なへんな奴につかまりやすい。男を乗せるのも上手。

    AA切替
  104. 104
    GERO vXg6VqCC0(13) 削除

    兄貴「バカな、弟より、可愛い妹がほしかったんだよねーっていったらさ・・{じゃぁ・・お兄ちゃんって呼んでもいいですか?}ってきたんだぜ?」
    俺「なにそれ自慢ですか?」
    兄貴「俺の気持ちが読めてるってことだよ。瞬時に本能でな、お前、心当たりないか?」
    俺「心当たりしかございません。」
    兄貴「変な男にまとわりつかれたりしてないか?」
    俺「過去が見える能力でもあるんですか?」
    兄貴「そういうやつが社会に出ればどうなる?また、変な男に付きまとわれて焼きもちコウ君出動だ。」
    俺「なんとなくわります。」
    兄貴「そして、周囲の女性はどう見る?男に色目ばっかり使って・・私の彼氏と話してる・・・」
    俺「そういうことは、別にあることなんじゃないんでしょうか?」
    兄貴「ブスの癖に」
    俺「ブスじゃない」
    兄貴「なまじブスなのが男を安心させる。そして、なんでも話してしまう。そしてあのおっきな母性で男の話を聞いてしまう。そして適格な読みで相手の欲しい答えを返す。愛に包まれて男はますますはまる。そしてお前みたいなのが恋に落ちる。」
    俺「なぜ、おにいさんはそんなに頭がよいのですか?そしてその才能は、なぜ、僕へ受け継がれなかったのでしょう?」

    AA切替
  105. 105
    なまえを挿れて。 oEomY9LC0(1) 削除

    おっ?!
    何か、新たな展開やね、
    お兄ちゃん、ナイスキャラ!

    AA切替
  106. 106
    げろ vS1gJssS0(1) 削除

    兄貴「ひろみはモテるぞ。男に。」
    俺「あのブスがでしょうか?」
    兄貴「ブスだからだ。そして女に嫌われる。また、同じことの繰り返しになる。」
    俺「もう大人になったし、学校をそのまま社会には当てはめられないんじゃないでしょうか?」
    兄貴「仮にそうなった時、お前はどうする。」
    兄貴「男と噂になって、会社でいじめられた。コウ君仕事やめたい。コウ君助けて。男の子が勝手に好きになっただけなのに・・・」
    俺「むかつきマックス。」
    兄貴「結婚してるくせに、幸せそうにしてるくせに、ブスのくせに、また男あさってる。」
    兄貴「ゲロの場合はそれが計算じゃないから余計たちが悪い。」
    俺「ものすごく、よくわかりました。おにいさん。あなたの才能や頭のよさもわかりましたよ。おにいさん。僕はいま、「超えられない壁」という悲劇をみています。」
    兄貴「どうする。就職させるか?お前の手元において幸せにするか?」
    俺「何がひろみの幸せかは、ひろみが決める。俺はそれを応援する。」
    兄貴「そうか、俺が無理に止めることじゃないけどな。」
    俺「それに、兄貴の考えはむずかしい。俺には考えられない。以上だ。」
    兄貴「浩太はバカだからなwww」
    俺「だから、離婚と転職を繰り返すんだ。お前は。」
    兄貴「離婚は一回しかしてねーよ。転職は全部給料と休暇日数を上げて転職してる」
    俺「一回離婚すれば十分だ。お前は、気合とか愛とか根性が足りないんだ。」
    兄貴「言い返すようになったなwバカなりに成長したな」

    AA切替
  107. 107
    げろ vS1gJssS0(2) 削除

    しばらくしてゲロが帰ってきた。

    ゲロ「ただいまー。あー!おにいちゃんだww!!」
    俺「笑えない。やめろ。」
    兄貴「焼きもちコウ君だな。コイツ昔っから俺のおもちゃは借りるくせに自分のは貸さないんだよ。」
    俺「おもちゃじゃない。俺の嫁だ。絶対に貸さないし。勝手に借りたりしたら本気で殺す。」
    ゲロ「お兄ちゃんは、私なんか借りないよwコウ君。」
    兄貴「えー借りるよww貸してコウ君。」
    俺「死ね。」
    ゲロ「だってお兄ちゃんはコウ君のこと心配してるし私の事も心配してるよ。可愛いんですよね。バカな弟たちがwww」
    兄貴「妹たちが可愛いんだよwwねーひろみちゃんww」
    ゲロ「ねーお兄ちゃんww」
    俺「ゲロ美も帰れ。」
    ゲロ「なんで・・ゲロっていうの?・・・コウ君。もう、私、吐かないよ。」
    俺「愛してるから。むかついたから。吐くだろ妊娠したら。吐いても嫌いにならないよ。」
    ゲロ「コウ君。大好き。抱かれたいww」
    兄貴「あーセクロスするなら俺もまぜt・・」
    俺「やめてくれ!バカサトシ!!!かえってポケモンでもやってろ!!」
    ゲロ「なかいいよねーwwうらやましい。」

    そんなこんなで長く書きすぎたけど、兄貴は帰った。ゲロはお土産の服を着て喜んでた。
    アウトドアブランドの色違いのパーカーを買ってきやがった。俺は緑。ゲロはピンク。
    ゲロはバカだから「一緒に着てデートできるね」って喜んでいた。バカだ。超可愛い。
    ゲロは最近マジで可愛い。最近はやりのゲロカワだ。

    AA切替
  108. 108
    げろ vS1gJssS0(3) 削除

    兄貴に言われたことは、当たっていると思うけど俺は考えないことにした。
    考えられないから。むずかしいから。
    俺もバカだから次の日同じパーカーを着てコンビニまで行った。
    店員さんは苦笑していた感じがした。感じだけな。
    俺だったら苦笑すると思っただけかも知れない。

    ゲロは就活しながらも毎日セクロスして家事をしてダイエットしておしゃれの勉強をして・・
    落ち込んだ俺を励ました「コウ君ならできるよ」って。
    そして俺は、ダイエットを禁じた。ゲロパイがゲロパイでなくなるという理由でだ。
    ゲロパイがゲロパイでなくなるそれは世界の終りをいみする。SEKAI NO OWARIをいみする。
    セカオワは別に意味しない。
    ブスなりに可愛い巨乳はまさに完璧だった。ゲロイズパーフェクトだった。
    兄貴に言われたことが頭から離れなかった。

    AA切替
  109. 109
    げろ vS1gJssS0(4) 削除

    俺「なんで就職したいの?」
    ゲロ「コウ君に誕生日とかプレゼントとかしたいし、普通の人生に戻れるかなって思って。」
    俺「プレゼント?すでに神は、俺にお前をあたえたもうた。普通の人生って主婦も普通の人生じゃね?」
    ゲロ「お母さんに認められないと・・・」

    そうじゃないんだ!!兄貴の言ったことはやっぱりあたっている!
    おふくろは俺との距離をむかついたんだ。
    女にはむかつく距離なんだ。
    コイツが無職とかじゃない!!
    問題はこの俺の超大切なゲロの課題をどうやってゲロに伝えるかだ。
    傷つけないように!!!絶対に傷つけないように!!ダメだ!!俺にはバカすぎてできない!
    結局、おふくろとも仲良くしてもらわないと困る!!
    そして、コイツも友達とか作って楽しく遊んでほしい!女に限るけど。
    コイツの幸せのためなら・・・駄目だ!!バカだからなにもわかんない!!

    そして、俺はひらめいた。天才だと思った。

    俺「あーもしもし、お兄さんですか!?お願いがありまぁす!!!」

    ・・・・・


    すべて万事解決した。兄貴は上手に上手に妹に話した。

    AA切替
  110. 110
    GERO QiljCnhv0(1) 削除

    「お兄ちゃんはね天才なんだよ。人はそう呼ぶんだ。なんでも知ってるから。」
    「ひろみちゃんは特別なんだ」
    「男の子はみんなひろみちゃんの事が好きになる不思議な力があるんだよ。」
    「嘘じゃないよ。」
    「バカコウタをみてみて。ばかだからwwひろみちゃんラブだよ。」
    「みんなひろみちゃんがうらやましいんだよ。女の子はね」
    「だから、大切な人と自分を傷つけないように3っつの約束をお兄ちゃんとしよう!!」

    1男の人プライベートの悩みは全部「私、バカすぎてわかんない!!」
    2男の人の気持ちがわかっても「コウ君が悲しむ!!」
    3浩太以外の男の子だったらやっぱり「女子最高!!私レズかも!」

    この3っつの約束を浩太と上杉家全員そして本町家とひろみちゃんのために守ってほしい。

    俺にはあんまりよくわからない約束だったが、ゲロはなんだか少し考えてからこういった。

    AA切替
  111. 111
    GERO QiljCnhv0(2) 削除

    ゲロ「サトシさんってあたまイイとかの次元じゃないですよね。」
    兄貴「天才だってwwだから。」
    ゲロ「自分が人生上手く行かなかった理由がわかりました。」
    兄貴「ひろみちゃんも頭いいよ。いま2番目の約束を守れたね。よくできました。」

    ゲロは傷ついた様子ではなく、あっけにとられたって感じだった。

    ゲロ「3っつ目の約束って・・」
    兄貴「簡単だよ。女の子しかわからない話をすればいいんだ。生理とか妊娠とか旦那がバカだとか」
    俺「確かにバカですし変態ですが。」
    兄貴「でも大変だよね。そういうの。仲のいい友達を一人見つけてみよう。俺はその候補を一人しっているんだよ。まだ教えないけど。浩太には教えておくから。」
    ゲロ「だれですか!!」
    兄貴「ひろみちゃんのこととっても心配していて、ひろみちゃんと話したいって思っている子」
    俺「俺は誰だかわかった。お前は天才か。」
    サトシ「ただのポケモンマスターさ。」
    ゲロ「私の携帯の電話帳にある?」
    俺「悲しくなるから見せないでくれそれは・・・7件じゃないか・・抱きしめたくなる。」
    ゲロ「12件ありますから!・・・・やっぱり抱きしめて!!!」

    13件目にそいつの名前が入ればいいな。


    兄貴から一つ俺にアドバイスをくれた。
    「おふくろの前でゲロをギッタギタにかわいそうになるくらいゲロブス扱いしておふくろに叱られろ」

    AA切替
  112. 112
    GERO QiljCnhv0(3) 削除

    そして、ゲロは就職活動を無期限休止した。理由は中卒にはつらい世界だったという理由。
    ※中卒のみなさんすいません。
    中卒でも社会でたくさん活躍され私など足元にも及ばない方々がたくさんいることを
    私は存じております。

    ゲロ「でも、スーツとかバックとかごめん・・・」
    俺「それは、今度から衣装としての活躍が期待されるw」
    この瞬間スーツはエログッズとして制服の仲間入りを果たした。
    ゲロ「コウ君は優しくて面白くて・・私はコウ君がいれば他の男の人なんて興味ないよ。」
    俺「他の男の人が興味あるんだってさ。それに俺がむかつくんだってさ。」

    そしていざ実家へ上杉本陣へ

    AA切替
  113. 113
    GERO QiljCnhv0(4) 削除

    おふくろが料理を今度はふるまってくれた。しかも、キノコなしで。親父もバカサトシ(兄貴)もいた。
    お酒もたくさん並んでた。俺と兄貴は焼酎。親父はビール。おふくろは梅酒。ひろみはカルアミルク?だせー!!よく用意してくれたおふくろありがとう。たぶん親父にしこたま叱られたな。

    俺「おふくろの料理はうまいなー。こういうの毎日くいたいなー。」
    ゲロ「そうだね、おいしいね。ごめ・・勉強する!」
    おふくろ「何調子いいこと言ってんの?バカに磨きがかかったんじゃない?」
    俺「ブスの料理が不味すぎて、うまい事うまい事おふくろの味最高ww」
    親父「浩太!!!お前!!」
    兄貴が親父をこそっと制する。
    サトシ「ひろみちゃんは勉強中なんだからさーバカだなお前。」
    俺「いや、飯ってだいじだよな。美人は三日であきるかも知らんが。不味い飯とブスは一日ともたんww俺はもうどんだけ我慢したことかwww!!!」
    おふくろ「浩太!!毎日ごはん作るのどんだけ大変かわかって言ってるの!!ひろみさんにあやまりなさい!!泣いてるじゃない!!お前は!!ごめんなさいねぇ本当にバカなの!むかしから!!」
    あれ?打ち合わせしたのに・・・演技か?めっちゃブスだ。
    ゲロ「大丈夫です・・ヒック・・お母さんの料理には及ばないんで・・今度教えてください・・グスン」
    おふくろ「そうね、今度一緒に作ろうねごはん。」
    ゲロ「ありがとうございます。本当においしいです。この茄子の奴。」
    兄貴「浩太が茄子すきだからねーおふくろは浩太が返ってくるとこれつくんだよ。」
    俺はそれをほぼ毎日食ってる。茄子を焼いて醤油で煮込んで生姜かけた奴www
    おふくろ「こんなの簡単だからぁ。ひろみちゃん泣くのやめてたべて。浩太!!あやまんなさい!!」
    俺「ひろみ、ごめん。明日から茄子つくって茄子!!俺、茄子大好き!!!」
    ゲロ「うん、今日お母さんから作り方聞いて帰る!!」

    AA切替
  114. 114
    GERO QiljCnhv0(5) 削除

    俺たちの作戦は成功した。
    営業職として百選練磨の俺と兄貴が考えたサクセスストーリーが成功しないはずがない。

    上杉本陣を落し残るは結婚まっしぐらだった。そしてもう一回だけ波乱が起こる。もう一回だけだから安心してほしい。そしてちゃんと結婚するから安心してほしい。

    その日は俺の部屋に二人で泊まった。想像以上にめちゃくちゃ汚かった。
    俺「ごめんな、ひろみのごはんおいしいから。毎日ありがとう作ってくれて。」
    ゲロ「ううん。当たり前だよ生活費全部コウ君なんだから。寝る前にフェラするのもww」
    俺「それ、昨日だけじゃん。」
    昨日は、疲れすぎてて俺が機能しなかった。でもとりあえずゲロが抜いておけということで。
    俺「昨日は機能しなかったけど、今日は機能するよ。昨日と違って。」
    ゲロ「駄目だよ、実家なんだからww」
    俺「なんかデジャブだよなこれ。」
    ゲロ「そん時ね。コウ君ね。コウしたんだよ!」

    俺のシャツのボタンをビリビリしようとしたらしいが失敗した。
    力がないから。ゲロは可愛いから。
    ゲロは笑った。めちゃくちゃ可愛かった。
    俺の貸したトレーナーがブカブカでめちゃくちゃ可愛かった。

    AA切替
  115. 115
    GERO QiljCnhv0(6) 削除

    ゲロ「私声、おっきぃから・・今日もフェラね。」
    と言っていた割には。胸やケツをもんだら最後には。
    ゲロ「やっぱりコウ君の欲しい。」

    ってなった。むっちむちの最高の体にブスな顔がついてるゲロ美が俺の部屋にいた。
    俺がまだ学生でオナニー中毒だったころ、こんなブスを想像して抜いたことなど一度もない。
    そしてこんなブスにこんなに興奮するなんて思ったこともない。
    ブスじゃないやっぱり超かわいい。俺のブス超かわいい。
    こんなに幸せな気持ちになるなんて思った事はない。

    この家でセクロスしてんのは俺だけだ!!と変な優越感があった。

    が本当にそうか?・・・いやそうであって欲しい。

    AA切替
  116. 116
    GERO QiljCnhv0(7) 削除

    俺は頭を抱えていた。人生設計をしてみたからだ。
    俺は二男だから家をかわきゃならない。車を買わなきゃならない。子供二人として大学にいれたら・・・。

    中卒職歴なしのゲロブスと共働きかそれとも

    さらなる、出世を余儀なくされた。

    でも、俺は、バカだから、横移動で一回失敗してるから未来は絶望的だwww
    そうだ笑えない。

    どうしよう・・・ゲロの笑顔・・・ゲロの寝顔・・・ゲロの幸せ・・・ゲロボスとの約束の丘

    俺は天才だ!!!そうだひらめいたこんな時は・・・

    「あーもしもし、おにいさん!!相談がありまぁす!!!」

    AA切替
  117. 117
    GERO QiljCnhv0(8) 削除

    毎度、毎度、優しい言葉をかけてくれてみなさんありがとうございます。
    残念ながらまっだまだ続きます。
    飽きずに読んでくれてるひとありがとうございます。

    AA切替
  118. 118
    GERO QiljCnhv0(9) 削除

    兄貴「転職しろ。バカ。それしかない。俺は今悲劇をみている。話しかけんなカス。」
    俺「職務経歴書をかいてくださぁい!!!おにいさぁん!!」
    兄貴「自分でかけカス。タヒね、リア充」
    俺「ふられたのか?」
    サトシ「ポケモン・・・ゲットできなかった・・・・」
    俺「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
    サトシ「お前の友達に・・・ゲットされた。」
    俺「は?誰?」
    兄貴「K。殺してくれたら職務経歴書・・・・書いてやる。」
    俺「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

    兄貴は見事失恋から立ち直り、職務経歴書やらなんやら書いてくれた。
    俺がスーパービジネスパーソンみたいになった。嘘は書いてなかった。
    兄貴の才能の半分でも俺に受け継がれていたらこんなに苦労しなかっただろう。
    兄貴のモテなさ具合を半分でも引き継いでいたら俺はもっと不幸だっただろうwww

    AA切替
  119. 119
    GERO QiljCnhv0(10) 削除

    片っ端から転職サイトに登録した。
    担当の人に片っ端から「600マソ欲しいです!!」と言った。
    「将来的には800マソぐらい欲しいです。俺は。俺的に。絶対に」と言った。

    ゲロは働けない。そうすると実際はこのくらいないと専業主婦なんてさせてやれない・・・
    現実は最高に厳しい。将来設計するにあたって嫁の収入って大事だぜ!!!覚えておけ!!


    ゲロの笑顔のため、俺は決意した!!がちょっとまてだよな。
    転職するのはいいけどそんな不安定な奴が結婚していいのか?ダメだろ・・・・いやでも・・
    将来の伴侶としっかり決めないといけない。そんな時は、牛乳とゲロに相談だ!!

    俺「転職したい。」
    ゲロ「いいよ。コウ君の好きにして。」
    俺「俺とお前と将来の」
    ゲロ「コウ君がなんになっても大好きだよ。」


    めっちゃ簡単だったw

    AA切替
  120. 120
    GERO QiljCnhv0(11) 削除

    まてよ・・・ゲロボスはこういうの嫌がるんじゃないか・・・

    俺「もしもし、上杉です。お父さん、ご無沙汰です。」
    ゲロボス「転職するのか?ひろみに聞いた。できることなら何でもするから。」
    俺「ひろみさんと俺のと将来の子供のためにですね。」
    ゲロボス「なんでも相談してくれ。金ならいくらかあるぞ。」
    俺「とめないんですか?」
    ゲロボス「コウ君が決めたことだからな、俺はコウ君を信じてるから。」
    俺「ありがとうございます。お父さん。頑張ります。また飲みしょうね。」
    ゲロボス「次も祝い酒だなwwwwwww」

    コウ君って俺の事だよな。きっとそうだ。気持ち悪い!・・・でもありがとう「お義父さん!!」

    AA切替
  121. 121
    GERO QiljCnhv0(12) 削除

    転職するにあたって最初っからたくさんの給料をもらうには、同じ業界の経験を買ってもらうしかない。そして、将来的に給料上げるにはこの選択しかのこされてなかった。



    「外資系企業への転職」

    実力主義で人種も職歴も学歴も関係なく将来が見込める。
    給料は仕事が出来れば際限なくあがる。
    ただ、解雇も当然ある。
    ハイリスク・ハイリターン。


    英語は、話せない。当然だ。筋肉は、ある。当然だ。性欲はある。セクロスしたい。
    役に立つもの、それはこの泥臭い営業スタイルだ。日本のサラリーマンをなめるなよ。

    俺の挑戦が始まった。大学に出たって言っても、推薦組。
    実力はない。さらにはバカ。
    中卒引き籠りのゲロブスを背負っていくためのバカの挑戦。

    やっぱりめっちゃ落ちたwとても人を見る目がある人事の方々だ。

    AA切替
  122. 122
    GERO QiljCnhv0(13) 削除

    5社目ぐらいで荒れた。久しぶりに後輩としこたま飲んで帰った。ゲロからのメールも全部無視した。
    なんか申し訳ない気持ちとゲロに甘えてる自分が嫌いだったからだ。

    ゲロ「どうしたの!?飲んでもいいけど連絡ぐらいしても・・・心配したよ!!」
    俺「またぁ・・面接でやらかしたっ!!!!・・もう寝る。あっちいけゲロブス。」
    ゲロ「いかない!」
    俺「・・・なんだよ。言いたいことあるんなら言えよ!!いつも、いつも俺に合わせやがって。」
    ゲロ「・・・・」
    俺「もう俺は、終わりだ。でてけブス。」
    ゲロ「前は32社落ちたんでしょ?たった5社ぐらいでさ・・・」
    俺「あん時とは受けてる会社も景気も違うんだよ!!お前になにがわかるんだブス」
    ゲロ「わかるよ。いつかは絶対うかるって!!コウ君よりコウ君のこと知ってるから!」
    俺「は?」
    ゲロ「受かるまで受ければいいじゃん!!何社落ちても簡単なことだよ!!」
    俺「30歳前に受けるから意味あんだろうが。ゲロブス」
    ゲロ「じゃあ、会社やめて毎日面接すればいいじゃん!!」
    俺「どうやって食っていくんだよ?バカだな。ブス死にてぇのか。」
    ゲロ「貧乏生活なら私が、教えてあげる・・生きていけるって!教えてあげる!!!」

    怒りに満ちた声が部屋中に響いた・・・初めてゲロに怒鳴られた。店長みたいだ。
    その後、ゲロに横にしてもらって泣いた。
    ゲロは優しくよしよししてくれた。

    AA切替
  123. 123
    なまえを挿れて。 +PNA4wru0(1) 削除

    みてる

    AA切替 sage
  124. 124
    なまえを挿れて。 4qRaZ0Ir0(1) 削除

    見てます。

    AA切替
  125. 125
    なまえを挿れて。 lCkAZkmH0(1) 削除

    見ている

    AA切替
  126. 126
    なまえを挿れて。 dlAF5ZG00(1) 削除

    何時も楽しく読ませてもらっています。

    AA切替 sage
  127. 127
    GERO QiljCnhv0(14) 削除

    読んでくれている人本当にありがとうございます!!!

    AA切替
  128. 128
    GERO QiljCnhv0(15) 削除

    俺「・・・グスン・・ごめん・・ううっ・・」
    ゲロ「いいんだよ。コウ君が夢をあきらめなければ。」
    俺「俺は、お前のために・・・」
    ゲロ「サトシさんに負けたくないんだよね。コウ君は。」

    ゲロの言葉が酔った頭の中を通り抜けていく。
    俺より俺を知っている人の言葉が長いトンネルから光がさしていくみたいに大きくなる。


    声を上げて泣いた。1時間ぐらい泣いていただろうか?



    ゲロ「絶対、勝てる。・・・・・コウ君が最後には勝つ。」



    ゲロ「コウ君はコウ君のために頑張って。私は一生ついていく。」





    愛している人のため?自分のため?仕事って何のためにあるの?会社のため?
    仕事をする理由は、人それぞれあっていいんだろうな。

    俺は何度でも立ち上がる、俺は俺のため。ゲロが一生ついてくる。

    AA切替
  129. 129
    GERO QiljCnhv0(16) 削除

    事しながら、就職活動するってのは、簡単じゃない。会社の面接を受けるには有給が必要だ。
    しかし、有給のつけは日ごろ業務にもちろん乗っかる。何日も有給とっていれば変な噂も立つ。


    俺「もうだむぇだぁ・・・ひろちゃんおれもう・・・だむぇだよぉ」
    ゲロ「大丈夫、大丈夫。コウ君ならできるよ。」
    俺「おっぱい揉みたい。とにかくおっぱい揉みたい。やっぱりおいっぱい揉みたい。」
    ゲロ「いいよ。コウ君は甘えん坊だね。」
    俺「おっぱいもんだら俺、社会から必要とされてもらえるかなぁ・・」
    ゲロ「ひろちゃんのおっぱいにわぁ、不思議な力があってぇ、」
    俺「えっ!!どんな力なのぉ!?」
    ゲロ「コウ君の願いをかなえるちからだよぉ!!」
    俺「ほんとにぃいいぃいいいいいいいいいいい!!!!!」

    本当に病んでいた。ギリギリで救ってくれたのはゲロがいたからだ。
    社会の壁の厚さを思い知った。俺の需要のなさを価値の低さを思い知った。
    俺は、なんで生まれてきたんだろう。


    俺は11社目、最終面接前日。

    俺「ひろちゃん・・・俺ね・・自信ない。もうない。自信。」
    ゲロ「コウ君らしく、好きなように好きなこと話せばいいんだよ。」
    俺「バカサトシの原稿無視して?」
    ゲロ「そうだよ。だってコウ君の方がかっこいいもん。」
    俺「兄貴にはかなわないよ。」
    ゲロ「できないことはできないよ。コウ君はコウ君。サトシさんよりかっこいいコウ君。」
    俺「赤い実がぁ!!はじけたぁあぁあ!!!!!」

    AA切替
  130. 130
    GERO QiljCnhv0(17) 削除

    俺はゲロをバカにする。でもゲロは絶対俺をバカにしない。
    俺はゲロを否定する。でもゲロは絶対俺を否定しない。
    俺は疲れている時、たまにゲロが甘えてきても寝る。ゲロは絶対に俺を受け入れる。
    俺がセクロスしたい時は必ずセクロスしてくれる。

    俺がゲロとセクロスしたくないときはない。

    俺の大切なゲロ。大事なゲロ。可愛いゲロ。ゲロのための俺。

    生まれてきた意味がやっとわかった。
    人生最大の謎を解いた。
    ゲロを守るため俺はこの世に生を授かった!!!!!!

    ゲロに面接会場までついてきてもらった。自信とやる気がほしかったからだ。おんぼろジムニーの中で
    俺「いってくる・・・」
    ゲロ「コウ君らしくやれば大丈夫だよ。絶対大丈夫だとおもう。私は。私的に。絶対に大丈夫。」
    俺「何人中何人選ばれるのか知らんがな。他の面接者には悪いがな・・・もらった。」
    俺「俺と同じ時代に生まれてきたことを後悔させてやる!!!!!」

    そして面接へ

    AA切替
  131. 131
    GERO QiljCnhv0(18) 削除

    面接管「志望動機は?」
    俺「私には自慢の兄がおります。・・・小さい頃から比べられて育ちました。・・・・・・」
    俺「絶対に負けたくないし、勝てると思っております。
    御社に入社しで競合他社から勝って最後は兄を見返したいと思います。
    その最後の挑戦に御社は最高のステージだと考えました。」
    面接管「営業とはなんですか?」
    俺「顧客の売上を上げることです。顧客が大きくなれば買う量も増える。
    難しく考えたことは一度もありません。顧客の利益をあげて会社の利益をあげる。
    それが営業だと思っています。」

    こんなバカなこと言っていた。俺らしかったな。バカだけど。

    採用された。ゲロのおかげで。

    面接の通知が届いた日。ゲロは泣いた。
    自分の事のように喜んで泣いた。ブスだとは思わなかった。綺麗な涙を流すんだなって思った。
    ゲロ「・・コウ君は・・世界のコウ君に・・なったね。・・・コウ君すごいね・・かっこいい。」

    俺は、ゲロが素敵すぎて言葉が出ない。

    AA切替
  132. 132
    GERO QiljCnhv0(19) 削除

    セクロスもした。
    俺「ひろちゃんはぁどうしてほしい?なんでもするよ。」
    ゲロ「世界のコウ君のひろみだよぉ。コウ君の好きなようにして。」
    俺「ひろちゃんがどうされたいのかぁ聞きたいなぁ。」
    ゲロ「じゃあ・・いっぱい・・・いっぱい舐めて」

    とにかく舐めまわした。ベロがちぎれる程。
    実際、ベロのしたの筋みたいなところがちょっと切れた。

    AA切替
  133. 133
    GERO QiljCnhv0(20) 削除

    Kに電話した。

    俺「久しぶり!結婚のばした!転職するから!ごめんな。」
    K「今度、就職祝いしようぜ!ゲロ美つれてこいよ!俺も彼女連れてくから!」
    俺「その彼女さ・・・あの・・・あれだろ?」
    K「何?お前しってんの?」
    俺「何も・・・しらないwwwwwww」

    ゲロは少し嫌がったけど結局のみ行った。
    待ち合わせは3時。3時?昼間から酒のむきか?そうだいつだって関係ねぇ!
    なぜ昼間からか・・・Kの彼女が夜のお仕事だからだ。

    待ち合わせ場所までは歩いて行った。太陽がまぶしかった。まぶしい顔してるゲロは最高にブスだ。
    俺「太陽なんてなくなればいいのにな」
    ゲロ「世界が滅びるよ」
    俺「もう滅びてしまえって思う、ひろみがまぶしい顔してる。」
    ゲロ「やさしいね、コウ君は。」

    そうじゃない。

    Kが先にいた。そして隣にはエンジェルがいた。黒髪で細見でほくろがなんかエロい。

    AA切替
  134. 134
    GERO QiljCnhv0(21) 削除

    俺「おう!工藤。」
    K「加藤だから。」
    俺「目の錯覚かも知れんが、俺の日ごろの行いがいいからか天使が見えるよ。」
    K「あ・・彼女ですwwRにゃんね。」
    この年で「にゃん」が許されるのも、この国ではこの子をおいては誰もいないだろう。
    まぶしい。まぶしすぎる!!まぶしかったのは太陽のせいなんかじゃないこの子のせいだったんだ。

    ふと俺は隣をみた。ゲロがまぶしそうにしてた。ちくしょう!俺のゲロをこんなブスにしやがって!
    サトシ俺は、今コイツに復讐することを決めたぞ!!敵はとってやる!!

    コイツは俺よりなんでもちょっとできる。甲子園に行ったり。俺よりちょっといい大学に入ったり。
    おれよりちょっと可愛い彼女がいたり。ちょっとじゃないところもたくさんあるかもな。

    俺「ほら、ゲロにゃんww」
    ゲロ「ひさしぶり・・・」
    K「あれ、可愛くなったよね?スゲー変わった。」
    俺「お前がいじめたから今、こんなに怖がってる。」
    K「俺、苛めてねーじゃん!!」

    そうだこいつは苛めていない。俺をからかってただけだ。

    KとRにゃんさんと飲んだ。俺は俺のおにいさぁんの話をしたwwww
    R「えーまじでwwちょっと!どうしようww弟なの!?」
    K「なに?」
    俺「おしえないwww。俺とRにゃんだけの秘密だもんねーwwww」

    レバーに鈍痛が走る。あまり感じたことのない衝撃だ。言葉を失うぐらいに痛い。

    AA切替
  135. 135
    GERO QiljCnhv0(22) 削除

    俺「そこはさ・・・ボクシングでも叩いちゃいけないところだよ・・」
    ゲロ「ごめん。自分を抑えられない。むかつきすぎて。もう帰る。」
    俺「俺は一番ひろちゃんが好きだよぉ!」
    俺「Rにゃんさんも綺麗だけど、ひろちゃんはもっと可愛いね!!」
    ゲロ「絶対嘘だ。誰にでもわかる嘘はついていいんだよね確か。」
    K「喧嘩すんなって」
    R「上杉さん誤って」
    俺「本当にごめん。俺は、ひろみがいないと生きていけないからここにいて。今死ぬわけにはいかない。」
    ゲロ「まぁいい許す。一生ついていくやくそくだから。」
    R「ちょっといちゃいちゃしてるwwww。」
    K「じゃあ俺らもいちゃいちゃすっかwww」

    まぁ楽しかった。その時Kはご祝儀袋と手紙を俺に差し出した。
    結婚すると思ってのご祝儀だったらしいが中の金額がやばい。三十数万?

    俺「なにこれ?」
    K「ご祝儀、俺は出してない。ほぼ女子から。車買えって。」
    俺「それにしても多い。」
    K「主犯格は10万だした。そしてみんなに声かけて金集めたのもコイツ。車買えって。」
    俺「なんで?」
    K「手紙がある。車買えって。」
    俺「買います!」

    AA切替
  136. 136
    GERO QiljCnhv0(23) 削除

    手紙をまとめる。
    自分が子供を産んで自分の子供がいじめられた。
    学校に行っていない。もし、自分の子供がひろみみたいなことされたら絶対そいつを殺すって思ってる。
    本当にゴメンなさい。ゆるさなくていい。謝罪のお金じゃなくてご祝儀だから受け取って欲しい。
    こんなお金で許されることをしたと思っていない。ひろみに焼きもち焼いてた最低でみじめな私でした。
    その後の人生もみじめでした。今度は、最後に上杉と結婚したひろみが私を見てわらって。

    ゲロはその手紙を読んで泣いた。
    ゲロ「私も悪いのに・・私も問題あったのに・・・・。」
    俺「ひろみは悪くない。みんなやさしいな。」
    K「電話してみようぜ・・・RRRRRRでねーな。」
    俺「今度な」
    ゲロ「電話番号教えて・・・・」
    K「はい」
    ゲロ「13件になった。」
    俺「やめてくれ・・・悲しくて・・抱きしめたくなる。」
    R「ヒューヒュー。」

    13件目の兄貴が言ってた女の子の電話番号。ひろみなら相談に乗れる。主犯格の・・・

    AA切替
  137. 137
    GERO QiljCnhv0(24) 削除

    帰りに実家に酔った。寄った。酔ってただけに。
    めっちゃブスがいた。めっちゃブスが料理してるwなんでだ?しかもデブだ。

    俺「あのブスだれ?」小声
    ゲロ「しらない。私の方がブスだとおもうよ。」小声
    俺「俺の彼女をブスだとかいうのやめてもらってもいいかな」小声
    おふくろ「あら、おかえり。ひろみちゃん元気?」
    ゲロ「茄子毎日、やいてます!」
    俺「あれ誰?」
    おふくろ「サトシの彼女!」
    俺「wwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

    俺は兄貴の部屋に走った。全力で。笑いながら。

    俺「よう!!!兄弟!!!!俺たちは兄弟だな!!」
    サトシ「ポケモンゲットしたらwはずれだったwww
    飲み屋にRにゃんゲットしにいったら間違って違う方ゲットしたww。」
    俺「俺のおねぇさんの名前を教えてくれwww」
    兄貴「Y、そしてお前の甥っ子はRもしくわL」もしくわってなんだw
    俺「甥っ子ってお前まさか!?」
    サトシ「ポケモン2匹ゲットしたwww」
    俺「御見それしました。ポケモンマスターサトシさんwww」
    兄貴「俺さ、家でていくから。お前頼むぞ。」
    俺「なんで?」
    兄貴「少しは考えろよ。バカだな。」
    俺「お前は長男だから、家にいろよ。なんにも考えなくていいだろ。一生懸命茄子焼いてたぞ。」
    兄貴「そうだな。茄子はお前がすきだからな。」

    AA切替
  138. 138
    GERO QiljCnhv0(25) 削除

    兄貴はフラれたショックでブスと付き合った。俺みたいだ。
    そして俺みたいに結婚した。

    血は争えない。

    最後に勝ったのは俺だった。

    最初から勝ってた。


    だって俺はいつでもゲロまみれだったから。

    階段を降りれば、ブスが2人仲好さそうに茄子を焼いていた。
    おふくろは後ろからあーだこーだ言っていた。おふくろも楽しそうだった。
    おふくろ「ひろみちゃんが酔ってるのよwwこんな時間にwwもうww」
    ゲロ「Yさんはお酒は何のむんですか?」
    Y「私はのめないんだぁ」
    おふくろ「健康的ねYちゃんはwwwひろみちゃんと違ってwwww」
    ひろみ「すいませーんwwwおあかぁさんも一緒に飲みましょうww」

    嘘だ。あんなヤンキー上がりみたいな顔して絶対嘘だ・・・飲み屋のにおいがプンプンする。

    これも兄貴の策略・・・ではなく。ガチで下戸。
    飲み屋で働いてる下戸ゲット!さすがはサトシさん想像の斜め上ww


    やさしい夕暮れが上杉家をゆっくりつつんでいた。


    夜になってゲロは飲みすぎて実家でゲロ吐いた。誰も苛めなかった。一族の笑い話として語り継がれた。

    AA切替
  139. 139
    GERO QiljCnhv0(26) 削除

    ちなみに苦しそうにゲロ吐いている姿は可愛かった。焼きもち焼かれるわけだ。
    もちろん便所でだけどな。吐いたのわ。

    ゲロ「コウ君、あっちいっていいよ・・本当に吐くから!!おうぇ・・」
    俺「いいから・・吐いていいから・・・」背中をさすりながら・・・
    ゲロ「本当に・・おうぇ・・うぇ・・やだから!!!」
    俺「気にしないから・・・・」
    ゲロ「コウ君だけにはくぁwせdrftgyふじこlp;@:「」」
    俺「大丈夫か?」
    ゲロ「コウ君も・・・ゲロ美っていう?・・・・」
    俺「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

    その夜、セクロスした。ゲロがしきりに「嫌いになった?」とか不安そうだったから。
    もすごく愛をこめてセクロスした。

    俺「ひろみ・・ものすごく可愛い。ひろみを抱きたい。」
    ゲロ「ゲロ美をだけるの?コウ君無理しないで・・・」
    俺「すごく、苦しそうなゲロ美がゲロ吐いてる姿・・・可愛かった。」
    ゲロ「なんでだろ?嬉しくない。」
    俺「ひろみは俺が吐いたら嫌いになるのでしょうか?」
    ゲロ「絶対ならない。」
    俺「それと同じ・・・チュウしていい?めっちゃ舐めていい?」
    ゲロ「ひとしきりチュウしたらめっちゃ舐めて。ごめん動けない・・・」

    めっちゃ舐めてめっちゃ逝かせた。

    ゲロ「コウ君!・・気持ちイイ!おかしくなっちゃう!!」
    俺「おかしくなっていいよ」

    俺に酔った。最高だな。もう舐めダルマにでもなった気分だ。
    なんでだろ?嬉しくない。
    ※クンニ達人 舐めダルマ ググれ!

    AA切替
  140. 140
    GERO QiljCnhv0(27) 削除

    俺は、会社に辞表をだしてから有給消化に入り、いくらかの退職金を手にした。
    その退職金の使い道はもちろん車だwそして、外資への挑戦が始まる。

    俺は、転職先の新人研修で1週間東京に缶詰めという悲劇に襲われた。

    研修では、最初、動画で変な外人が英語で話してた。字幕はあったけど。

    俺「あれ、誰?」
    隣の山田君「社長ww」

    俺はこのレベルだ。

    次に、いろんな部署の外人が話す。通訳はいたけど。

    俺「あれ、誰?」
    隣の山田君「日本法人の社長ww」

    このレベルだ。

    そして質問コーナーだ。
    最初に質問した奴が、英語で質問した。もちろん外人は英語で回答した。
    次に質問した奴は
    H「英語があまり上手くないのですが・・・」
    と言った後、英語で質問した・・・・外人はそいつの質問にウケタらしい。
    意味が解るのか、ちらほら笑っている奴もいた。
    俺も笑った。「ふふんww」
    意味はもちろん解らない。ただのはったりだ。

    完全に場違いだ。俺はもう帰りたい。

    AA切替
  141. 141
    GERO QiljCnhv0(28) 削除

    天使のような声がした。
    S「英語が話せないので、日本語でいいですかw?」
    助かった。俺は一人ぼっちではない。

    この同期は女だった。速攻で話しかけた。
    俺「俺も、英語、話せない枠なんだ。」
    S「なんか、つらいよねwwでもがんばろ?」
    俺「おう!!俺たちは友達だな!!」

    仕事の講習も・・・俺は素人ではないから、別に知っていることだから眠い。
    そして、知らないことは知らないことで眠い。

    結局座学は全部ねむい。おっぱい揉みたい。


    そして、高級なホテルの2人部屋にぶち込まれた。安くてもいいから一人部屋が良かった!!
    俺はオナニーも出来ない。ただ、久しぶりに相部屋の奴とAV見た。めちゃくちゃ興奮した!!!!

    でもオナニーは出来ない。ゲロとセクロスももちろんできない。

    ゲロにメールした。
    (ひろみのおっぱい揉みたいおっぱい揉みたいおっぱい揉みたいおっぱい揉みたい。)
    おっぱいの写メが返信されてきた。
    (絶対、風俗いかないでね。これで、一人でするのはいいよ。寂しいよ。コウ君に会いたい。)


    一人ですら、できないときにゲロパイだけ送りつけてきやがって!!
    お前は敵か味方か!?

    AA切替
  142. 142
    GERO QiljCnhv0(29) 削除

    そんなこんなで研修が終わった。
    山田に「風俗いこう!!東京の風俗!!」って言われた。
    正直、行こうと思った。しかし、同じ過ちを繰り返してはいけない。
    というより。
    ゲロが泣くから・・・と思ってやめた。ブスになるからやめようと思った。

    なぜなら、ゲロはたぶん俺が風俗に行ってもわかれない。
    泣くだけ。かわいそうだ。

    俺「病気が怖い。東京が怖い。」
    山田「え?何潔癖?」
    俺「正直に言うと、結婚を控えていて・・・彼女に悪いなって。」
    山田「遊んでそうだけどね。以外だね!!写メ見してよ。」
    俺「いやちょっと・・・笑わないでね。」
    何となく可愛いやつを見せたくなくて、一番ブスな奴を見せた。
    山田「wwwwwwウソだろww本物みせろよww」
    俺「ガチでコイツを愛しています。本気で結婚します。一生一緒にいたいです。」
    山田「ごめんwwお前いいやつだなww面白いしww仲良くしようよ!」
    俺「おう!!友達だなwww!!!ただ、もう二度と俺の嫁の写メでわらうなよ。」


    そんな会話をして2か月後、彼は解雇された・・・・・

    帰ったらゲロが抱きついてきていきなりチュウしてきた。
    ゲロ「コウ君!!」
    そのまま、3回セックスした。気が付いたら朝の5時だった。

    AA切替
  143. 143
    なまえを挿れて。 PsUNIWHF0(1) 削除

    健気な女の子っていいなー、羨ましい。
    だけど、このスレ読み出して頭ん中でいつもゲロと言う言葉が駆けめぐるようになった(¯―¯٥)

    AA切替 sage f1 >>146
  144. 144
    GERO QiljCnhv0(30) 削除

    直行直帰。出社時間も退社時間も個人の判断。有給も取り放題。給料は高い。
    と聞けば誰しもいい会社だというだろう。しかし、世の中はそこまで甘くない。
    与えられたノルマをこなすなど当然。早期達成しないとポンコツ扱い。
    直行直帰なため、インクの発注からプリンター・PCの故障まで自分で手配。
    営業ツールから何から何まで自分で作成するか会社のHPからとってくるか・・・
    とにかく自己管理が求められる。このだらしない俺に。

    何時までプリンター故障中なんだ!!早く腐れ総務に直せって言えよ!!アホ!!
    といっても、むなしく響くだけだ。

    営業の同僚は全員腹の減った獣みたいに全員が全力で数字を取りに行く。
    虎視眈々と戦略的にねらいにくる・・・・この温厚な俺を。

    明日からぁ、新しいプロジェクトがぁ!始まりますぅ!!

    なんてメールが来たら、関連資料を自分で印刷して動画をダウンロードして勉強する。
    使用するシステムをダウンロードして個人の計画のなかで勝手に始める。
    全ての責任がのしかかる。責任感のない俺に。

    そして、デスクの隣には相談できる同僚も先輩もいない。山田もいない。
    家で一人だ。同僚は全員ライバル。・・・・寂しがり屋のこの俺が。

    俺のとなりにはゲロ美を置くことにした。
    ゲロ美と一緒に研修の動画をみてゲロと一緒に問題をといた。
    ゲロも会社のことに詳しくなった。ゲロが俺の相談相手だ。全てにおいて相談相手だ。

    AA切替
  145. 145
    GERO QiljCnhv0(31) 削除

    毎月、いや毎週、いや毎日苦しんだ。でもゲロは的確なアドバイスをくれた。

    俺「ひろみ・・・・無理だ。また・・怒られた・・・俺には無理だ。」
    ゲロ「コウ君に今できることはなに?最初の会社で新人の頃どうしてた?」
    俺「そうだ!!簡単だ。朝から晩まで仕事すればいいんだww休日も勉強すればいいんだ!!」
    ゲロ「コウ君は天才だね!!コウ君かっこいいよ。」
    俺「・・・そうだね・・・でもあの時とは体力が・・・」
    ゲロ「やれ。」
    俺「はい。」

    またある時・・・

    ゲロ「なんかあったの」
    俺「なんもないよ。普通だよ。ふつうすぎてヤバい。」
    ゲロ「嘘は絶対につかない約束だよ。かなり、やばい顔してるし。」
    俺「数字合わせのためグロスで落とした顧客の決済スキームには問題があって・・・
    何度も担当者には決算スキーム改善のリマインドをとったのだが返答がない。
    このままだと、会社が顧客を切る。俺も顧客も終わりだ・・・・・」
    ゲロ「コウ君。わからない言葉を一つずつ教えて。」

    ・・・・・

    俺「俺は天才だ。ひらめいた。こんな時は・・・」
    ゲロ「ダメ!サトシさんに電話するのはダメだよ。コウ君。」
    俺「なんで?」
    ゲロ「サトシさんとコウ君は違うから。コウ君の方がかっこいいから。」
    俺「するわけないじゃんww・・・・したことねーしな。」
    ゲロ「先輩に聞けないの?前任者とか・・」
    俺「ライバルであります。」
    ゲロ「そんなに悪い人ばっかり?」

    AA切替
  146. 146
    GERO QiljCnhv0(32) 削除

    >>143
    すいません。
    もうちょっとゲロゲロつづきますww

    よんでくれてありがとうございます。

    AA切替
  147. 147
    GERO QiljCnhv0(33) 削除

    俺は前任に電話した。半沢直樹みたいだぞ。

    先輩「引き継ぎ書にかけなくて申し訳ない。それはおそらく横領だ。
    しばらく、待っていればギリギリのタイミングで通常決済されて問題なくなる。
    首は突っ込まないほうがいいぞ。下手に突っ込めば、俺もお前もクビが飛ぶ。
    悪いな・・上杉・・それは、俺の前任の頃からの悪しき風習だ。」

    俺「りょーかいです。そんなことはどこ行ってもあることです。
    気にしないでください。ありがとうございました。今度のみ行きましょう寂しいので。」
    先輩「wwわかったww今度お前の家いって自慢の彼女でも見ながら飲むかな」
    俺「絶対、見るだけですよ。でも絶対、見に来てくださいね、寂しいので。」
    先輩「wwwwwお前面白いな。」



    俺「解決した。」
    ゲロ「ほら。」ドヤァ
    俺「愛してる。ずっと俺の傍にいて欲しい。ひろみがいないと生きていけない。」
    ゲロ「抱いて。」
    俺「仕事中。」

    先輩は見に来た。想像以上に可愛いと言ってくれた。普通にめちゃくちゃ可愛いだろボケが!!

    AA切替
  148. 148
    GERO HRhzhEWX0(1) 削除

    俺「みんなどうやって勉強してるんだろ?」
    ゲロ「中のいい同期とかいないの?」
    俺「いる・・かも・・でも・・・」
    ゲロ「でも?」
    俺「女だよ。」
    ゲロ「電話してもいいよ。ただしハンズフリーで。」

    俺「あーもしもし、英語がにがてな上杉ですが。」
    S「あーww久しぶりwww慣れた?私も上杉さんに電話しようと思ってたんだーww」

    ゲロブスがいきなり電話切る。

    ゲロ「ゴメン・・やっぱり、むり・・・・。」

    ゲロ「英語が話せない男はいないの?」
    俺「いたけど・・ほら・・解雇された・・・・・」
    ゲロ「私も上杉さんに電話しようとwwwww・・・・」
    ゲロ「なにそれ?やった。絶対にやってる。セクロスした。コウ君セクロスした?」
    俺「お前・・・・めんどくさい。やってない。」

    そして、俺は仕事にも慣れた。ゲロのおかげで。
    そして着実に怒られながら・・順位をあげて行った。
    なぜか、先輩からは可愛がってもらえた。頼りされるようになった。
    仕事ができるようになると先輩からも後輩から頼られる。
    そうすると見返りもある。
    助けてもらえる。なん何もないやつはなにもしてもらえない。厳しい世界だ。
    胃が痛い毎日には変わりはないけど毎日楽しい。

    AA切替
  149. 149
    GERO HRhzhEWX0(2) 削除

    全部ゲロがいたからだ。
    ゲロの言う事「はい。」って聞いていい子にしていたから。
    実力もないのに、分不相応なこの会社で生き残った。

    仕事の時間だけはだれよりやったけどな!!めっちゃ勉強したけどな!!

    もちろん、結婚式をあげることにした。この話は、ここで結婚式の話をして終わります。
    ハッピーエンドです。
    今はハッピーじゃないけど。
    ハッピーじゃない理由はゲロが入院しているから。(死なないよ。むしろうまれるよ。ゲロⅡが。)

    俺「ひろみは夢とかないの?」
    ゲロ「あるよ。」
    俺「何?」
    ゲロ「コウ君のお嫁さん。」
    俺「明日、式場見に行こう。」
    そしてゲロは号泣した。めっちゃブスだwwww

    結婚式をあげるにあたってはゲロが全力で打ち合わせをして俺は最小限しか打ち合わせに参加しなかった。忙しいのだ。
    ゲロに死ぬほど仕事しろと言われているから。

    それに、ゲロのやりたいようにやればよかった。
    予算とかはさすがにあるけど、俺は別に結婚式なんてみんなに飲んで楽しんでもらえればそれでいい。でもやっぱり女の子にとっては違う。

    AA切替
  150. 150
    GERO HRhzhEWX0(3) 削除

    一生に一回のウエディングドレス。一生に一度・・・一番輝く瞬間。一番綺麗な瞬間。

    結婚式当日、ひろみは綺麗だった。誰よりも世界で一番。ひろみがいるこの世界は、綺麗だ。

    神父「誓いますかぁ?」
    俺「誓いますw」

    笑ってしまったのは痛恨の極みだった。

    披露宴では、俺の上司が来てくれて挨拶してくれた。さすがにうまい。
    しっかり挨拶してくれた。

    友人の挨拶や余興。

    普通の結婚式だったんじゃないかな。俺にとっては特別だったけど。

    司会「新婦ひろみさんからどうしてもという強いリクエストで新郎浩太さんへのサプライズです。」

    照明が消える。
    司会「ひろみさんから実はまだ浩太さんにお話ししていないことがあるそうです。それを今日はお手紙で伝えたいということです。ひろみさんの愛がいっぱい詰まったお手紙です。」
    司会「お題は、{コウ君。私、ストーカーだったんだよ}です。どうぞ」
    会場は爆笑。
    俺「は?なにそれwww」

    照明がひろみだけにあたる。音楽が流れる。→出会いのかけら(ケツメ)
    こういうの、これだけで・・・うるっとくる!!

    真っ白なひろみが光に包まれてゆっくり読みあげて行く。ニコニコしながら。うなずきながら。

    AA切替
  151. 151
    GERO HRhzhEWX0(4) 削除

    手紙全文

    コウ君。私、ストーカーだったんだよw。会場も笑った。

    今日は、コウ君に内緒にしていたことを話します。
    コウ君はバスケの話をするとすごく悲しい顔するから今までだまっていたんだよ。

    ゴメンね。コウ君。

    中学生になってすぐバスケしているコウ君をみて一目ぼれしたよ。

    一人ぼっちの私にやさしく話しかけてくれるコウ君。

    もうだいっすきになったよ。

    いつも誰にも見つからないようにコウ君がバスケ練習してるとこみてたんだよ。
    バスケの勉強もしたよ。

    AA切替
  152. 152
    GERO HRhzhEWX0(5) 削除

    コウ君のポジションは2番。点取り屋で攻撃の中心。
    中学の頃は、「将来の国体選手間違いなし」って期待されてたね。
    超かっこいい。さすがコウ君。って思ったよ。(笑)

    弟と二人で、コウ君の試合たくさん見に行ったよ。誰にも見つからないように。(笑)
    すっごくかっこよかった。

    高校に入ってからもみにいったんだよ。

    超かっこいい。さすがコウ君って思ったよ。(笑)

    ○○○○年△△月××日 県大会だったね。コウ君は一人1年生からスタメンだった。
    三年生の相手高校のエースとマッチアップしていたね。この間まで中学生だったのに。
    でも前半、コウ君は相手のエースを抑えられなくて。

    「お前のせいでゲームになんねぇだろぉ!!」

    って先生に叱られていたねw

    AA切替
  153. 153
    なまえを挿れて。 UG+8ua+j0(1) 削除

    ウルウル

    AA切替 sage
  154. 154
    なまえを挿れて。 wu+FASKh0(1) 削除

    読むの楽しみだったよ
    あと少し頑張って

    AA切替 sage
  155. 155
    なまえを挿れて。 fKQGJygt0(1) 削除

    読むだけで、ほんわか幸せな気分になれます。続き楽しみにしていますね。

    AA切替 sage
  156. 156
    なまえを挿れて。 v2VDr/vI0(1) 削除

    読んでるよ
    自分の嫁が可愛くなくてもよかったと再認識した

    AA切替 sage f1 >>159
  157. 157
    なまえを挿れて。 3CoXYxMb0(1) 削除

    文章力はともかくとして、
    「電車男」みたく、ドラマにでもできるんちゃう?

    AA切替 f1 >>158
  158. 158
    ゲロ NYtc0AXy0(1) 削除

    暖かい言葉をかけてくれる人、本当に嬉しいです。

    >>157さん
    そんなドラマ化だなんて
    それに、ドラマ化したら…
    エロシーンはどうするw!?

    AA切替
  159. 159
    なまえを挿れて。 NYtc0AXy0(2) 削除

    >>156さん
    ちょっとまて、ゲロはかわいいからなw
    周りがブスって言うだけだぞ。

    たまに俺も、共感できるだけだぞ。

    でも、読んでくれてありがとう。
    奥さんを大切にしてあげてくれ。

    AA切替
  160. 160
    なまえを挿れて。 NYtc0AXy0(3) 削除

    多分、今日で最後になります。
    読んでくれてありがとうございます。
    最後まで、読んでくれたらありがたいです。

    AA切替
  161. 161
    GERO HRhzhEWX0(6) 削除

    相手のエースは絶好調。前半の最後のほうで、コウ君は交代させられたね。
    そして、コウ君はベンチに帰って指のテーピングを思いっきり壁になげて紙コップを蹴とばした。

    先輩に首根っこつかまれてベンチ座らされてたね。猫みたいで可愛かったよ。(笑)
    でもコウ君泣いてた。肩が震えてたもん。すぐわかったよ。

    後半、コウ君がまたスタメン。後半はコウ君、別人みたいに大活躍。

    相手のエースから5個目のオフェンスファールをもらって相手のエースは退場。
    大歓声に会場が包まれて、コウ君はガッツポーズ。相手のエースはやってないよってアピールしてた。
    後半は、もうワンサイドゲーム。コウ君の高校が勝ってたね。

    ものすごい歓声の中、コウ君がその中心にいたんだよ。先輩にもみくちゃにされて・・


    でも、次にコウ君を見たのは輝いてるコウ君じゃなくて、松葉杖をついて悲しい顔してるコウ君。
    あの日、コウ君は、「偶然会った」って思ってるけど違うの。
    本当はコウ君を一目みたくて・・・コウ君から勇気を分けて欲しくて。
    夜の駅でずっと待ってたんだ。そんな日は何回もあったんだよ。コウ君は気付いてないけど。

    AA切替
  162. 162
    GERO HRhzhEWX0(7) 削除

    目を疑ったよ。あんなに輝いてたコウ君が、あんなにやさしいコウ君が・・・
    あんな姿になってるの見て涙がでてきた。

    私が変わってあげたいって思ったんだよ。

    それで、いてもたってもいられなくて、勇気をだして声をかけたんだよ。
    そしたらコウ君。

    「俺、終わった。」

    あの日、色んな話をしてちょっとだけHなことしたよねw(会場爆笑)

    そしたら、コウ君すごく元気になって。

    「生きててよかった。」(会場爆笑)

    嬉しかった。すごくうれしかった。私が、あの上杉浩太を元気にしたんだなって
    こっちが勇気をもらったんだよ。

    でも、コウ君は周りからは・・・

    「怪我さえしなければ。」とか「怪我が治っても普通の選手ですらいられない。」
    って言われていたのを知ってるよ。ストーカーだからw

    コウ君はそれから、怪我が治って毎日遅くまで練習してた。
    ものすごく、だれよりも頑張ってるって・・足は完全には治らないのにって。
    なんでもしってるんだよw
    コウ君が駅を寝過ごしてたのも知ってるんだよ。怖いでしょ?(会場爆笑)

    AA切替
  163. 163
    GERO HRhzhEWX0(8) 削除

    それから2年たって。また、試合見に行ったんだよ。
    コウ君がシュートを入れた時だけ特別な応援があったよね。

    「こぉーたぁ!こぉーたぁ!挿れるの大好き!こーぉーたぁ!!」

    すっごくかっこよかった。
    応援しながら泣いている人がいたよ。
    この人もコウ君がめげずに頑張ったの知ってるんだ。

    コウ君はシュート入れても、またすぐボール取り返してシュートするから会場はずっと・・
    「こぉーたぁ!こぉーたぁ!」ってなってた。

    あの日、感動して泣いたよ。国体なんかにでるよりずっと感動したと思う。

    だから・・・この人は強い。何があっても、何度でも立ち上がる。

    「コウ君は、勝つ。最後にはコウ君が勝つ。」

    あの日からずっと、今も。そう思ってるよ。

    コウ君が酔って帰ってきた日、覚えてる?
    転職活動が上手く行かなくて・・・
    自暴自棄になって、普段絶対言わないようなことたくさんいってた。

    AA切替
  164. 164
    GERO HRhzhEWX0(9) 削除

    初めて、喧嘩したよね。

    コウ君はずっとあの日、私に言ったことをずっと気にしてるみたい。
    ・・気にならなかったよ。

    だって「この人をたすけなきゃ」って気持ちでいっぱいだったから。

    コウ君なら絶対、大丈夫って思ってた。
    怪我だって乗り越えて人に感動を与えるコウ君なら大丈夫。

    コウ君よりコウ君のこと知ってるんだから。

    何度でも、立ち上がる。

    (俺は、この辺から号泣し始める。)

    コウ君はたくさん私にくれた。勇気や新しい家族。友達。

    私はずっと一人ぼっちだったのに。コウ君ありがとう。

    でも、一つだけしてもらってないことがあるよ。

    コウ君は、私にちゃんとプロポーズしてないよね。(えー!!!会場というか友人席)

    コウ君。一生のお願い、プロポーズをいまここでしてください。

    AA切替
  165. 165
    GERO HRhzhEWX0(10) 削除

    俺「は?」一気に現実に戻る。
    なにが起こってるのわからない。

    会場の照明があたる。マイクが置かれる。

    俺「えっ?・・・何?」
    ゲロ「コウ君。プロポーズだよ。」

    手が震える・・

    俺「い・・いつも、た・・助けてくれて・・ありがとうございます。」
    俺「これからさき何があっても、俺は・・・勝つ。最後には俺が勝つ。だから一生ついてこい!!」
    ゲロ「今日から、コウ君スのトーカーじゃなくて・・・コウ君のお嫁さんになります。」

    友人席から大歓声
    友人全員「こぉおたぁ!!こぉおたぁ!お・か・え・り!こおぉうたぁあ!!」
    友人全員「こぉおたぁ!!こぉおたぁ!挿れるの大好き!!こおぉうたぁあ!!」
    友人全員「こぉおたぁ!!こぉおたぁ!完全復活!こおぉうたぁあぁあああぁ!!」

    友人席から突然の懐かしい響き、忘れようとしていた。心の傷。

    先生やみんなが、俺のバスケ人生が大学まで続くようにと
    少しでも名前が売れるように作ってくれた応援。
    (バカだったから、大学なんて受験でないしね!)

    通称、「コウタコール。」
    →その後、怪我した選手を励ますように怪我復帰後はこの応援になったそうだ。

    ひろみが俺の友人に頼んでやってもらったのだと。

    AA切替
  166. 166
    GERO HRhzhEWX0(11) 削除

    ものすごく、人に愛された人生だったんだなぁそういえば。と思って涙が止まらなかった。

    ゲロ「コウ君はどこに何を入れるのが好きですかwww?」
    おれ「おまwwwなにいって・・・」


    司会「はい、ありがとうございました!!!」

    マイクを切られた。
    式場のマイクはこういうバカな奴のためにいつでもリモートで切れるらしい。

    一生に一度の結婚式。女の子が一番輝くその舞台で・・・俺の事ばかり考えてたんだな。


    この世界で一番綺麗で一番優しい・・・・・俺の一番大事なゲロブス。

    おわり

    AA切替
  167. 167
    なまえを挿れて。 ozcXJ2OU0(1) 削除

    よかった。ずっと楽しみに読んでたよ。

    AA切替 sage
  168. 168
    なまえを挿れて。 2bVeNzPl0(1) 削除

    全俺が泣いた。

    そこらへんのドラマよりよくできてるわ。

    AA切替
  169. 169
    なまえを挿れて。 8uOWWCaB0(1) 削除

    強い人だな、お互いに!幸せにいって欲しい。

    AA切替 sage
  170. 170
    なまえを挿れて。 gLddp9hNO(1) 削除

    おし、産まれてくる子が♀なら、俺の嫁にするぜ?

    AA切替 sage
  171. 171
    なまえを挿れて。 fNdCQjuM0(1) 削除

    童貞ども!!
    女は顔じゃないんだぞ!!

    AA切替 sage
  172. 172
    なまえを挿れて。 c9/yTqpr0(1) 削除

    お疲れ様です。
    私の奥様にも読ませてあげたいけど
    過激な恋愛板の住人がバレると色々とまずいので…(汗)

    書籍化されたら二人で買いに行きます。

    AA切替 sage
  173. 173
    なまえを挿れて。 fwiWMaQc0(1) 削除

    とてもいい話有難うございます。
    >>1はかっこいいよ。

    AA切替 sage f1 >>196
  174. 174
    なまえを挿れて。 D0e5JLQV0(1) 削除

    172に同じくうちのデブス嫁に見せてやりたいけど 過激な恋愛板の・・・
    とはさすがに言えない でもいい話ありがとう

    AA切替 sage
  175. 175
    なまえを挿れて。 AIURv4CE0(1) 削除

    よかったよ!
    会社で泣いちゃったよ
    俺も嫁に読ませようと思ったが、喧嘩してることとか可愛くないって書いちゃったしなぁ

    AA切替 sage
  176. 176
    なまえを挿れて。 LZsumf8y0(1) 削除

    読んで泣いた。
    すごく幸せな気分になれた。
    ありがとう。

    AA切替
  177. 177
    げろ QHHSzMkJ0(1) 削除

    みなさん、本当にありがとうございます。
    子供が生まれれば「ゲロは半分以上子供のものになってしまう。」
    と思って。記念に書いてみました。
    みなんさんのコメントで温かい気持ちになったのは俺です。

    やめてください「書籍化」だなんて、一生の記念になるじゃないですか?
    やめてください「子供を嫁にする」だなんて、嬉しいことに息子だったじゃないですか?
    やめてください「嫁に見せる」だなんて、エロシーンばっかりじゃないですか?
    やめてください「楽しみ」だなんて、嬉しすぎて調子にのって書いてしまったじゃないですか?
    やめてください「嫁と仲直りした」だなんて、こっちまで幸せな気分になったじゃないですか?
    やめてください「むちゃくちゃセックスした」だなんて、子供できろ!って思ったじゃないですか?
    やめてください「かっこいい」だなんて、人を好きになった人はみんなかっこいいって気づいたじゃないですか?
    やめてください「女は顔じゃない」だなんて、ゲロがブスみたいじゃないですか?
    ↑本当に違うからな。
    やめてください「続きはよ」だなんて、嬉しかったけど連投できないじゃないいですか?
    やめてください「泣いた」だなんて、俺が泣いちゃったじゃないですか?

    最後にもう一回だけ投稿させて!!これ最後だから!!

    AA切替
  178. 178
    げろ QHHSzMkJ0(2) 削除

    ゲロの中から、俺みたいなのがでてきた・・・・
    ちっちゃくて、人みたいな、俺みたいなのがでてきた。
    完全に俺がでてきた。

    ゲロが半分以上、子供にとられる?いや、9割5分「俺みたいな奴」にとられた。



    「俺みたいな奴」を見て・・・
    ゲロボスが笑った。ゲロママが笑った。ゲロヨシ(弟)が笑った。
    親父が笑った。おふくろが笑った。
    ポケモンマスターが笑いながらゲットしようとしたところを阻止した。

    みんな幸せそうに笑った。

    それを見て俺も笑った。みんな笑った。幸せってこういうことか?
    俺の親父もこんな気分だったんだろうか・・・・・

    AA切替
  179. 179
    げろ QHHSzMkJ0(3) 削除

    ゲロ「コウ君、ごめんね。大変だったでしょ?寂しすぎて浮気した?」
    俺「別に?大変だったのは、ひろみでしょ。お疲れ様。そして、ありがとう。」
    ゲロ「浮気した?」
    俺「したよ。右手と。何?妊婦もの見ながら嫁を想像してオナニーしたら離婚?」
    ゲロ「じゃあなんで、携帯みてニヤニヤしてるの?怒んないよ。」
    ゲロ「すごく、わがまま言ったし、コウ君の事・・放置したしさ・・・」
    ゲロ「何してるの?本当のこと言ってよ。泣くかもしれないけど。別れない。絶対。覚悟してた。」

    俺「2ちゃんねる。」

    ゲロ「コウ君、{こんなところで叩かれたら泣くよ。俺。}って言ってたよね。」

    俺「泣いたよ。」

    ゲロ「見せろ。」
    俺「無理。」

    ベッドから苦しそうに手を伸ばすゲロが切なくて携帯を渡してしまった。

    ゲロ「お前・・・なにしてんの?マジで・・・」読みながら。
    俺「いや、俺の子供に俺のゲロがとられる前に・・なんかに残そうって思って。」
    ゲロ「・・それで2ch・・・ゲロって言った?」読みながら。
    俺「寂しくて、頭おかしくなったんだよ。色々!ごめん!!でも!楽しかったよ!俺!!」
    ゲロ「・・・・・・www・・・・・あー・・コウ君。やっぱりバカだね・・・」読みながら。
    ゲロ「www・・ちょっとwもう!何書いてんのw・・グスン・・・まってよ・・ウッ・・・・」
    ゲロ「絶対・・・酔ってるw・・・書籍化・・むちゃくちゃセックスww・・・」
    ・・・・・・

    AA切替
  180. 180
    げろ QHHSzMkJ0(4) 削除

    ゲロ「コウ君。むかついたよ。でも、笑ったし、泣いた。」
    俺「そういう風に言ってる人もいたね。」
    ゲロ「どこで何しても、みんなから愛されて・・・むかつく。」
    俺「ラッキーだから、俺。」
    ゲロ「そうだね。ただの、ラッキー。でも、コウ君を一番愛しているのは、ずっと私だから。」
    俺「でも、ひろみが一番愛してるのは俺じゃなくなるんだね・・・」
    ゲロ「同着一位。そして、コウ君が一番愛してる人も私じゃなくなる。ゲロって言った?」
    俺「言ってないww。国体いこうぜww3人で!!!息子でリベンジ。」
    ゲロ「バスケで?」
    俺「なんだっていいよwww俺の息子なんだから・・・・・最後には、息子が勝つ!!」
    俺「そして今日から、俺の事は、おとうさんとよべ!!!」
    親父になるっていう自分に酔った。
    ゲロ「やだ。」
    俺「は?」
    ゲロ「自分のおとうさんと混同してセクロスしたくなくなるんだって。」
    俺「二度とおとうさんと呼ぶな。俺は、お前のお父さんではない。」
    ゲロは笑った。めちゃくちゃ可愛かった。両方とも。

    これで最後かと思うとマジで涙が止まりません。
    本当にみんなありがとう。
    最高の思い出になった。

    AA切替
  181. 181
    なまえを挿れて。 q5PtuAN20(1) 削除

    乙でした。なんて羨ましい。俺の同級生にも小学校で給食の時ゲロ吐いて中学卒業するまで苛められた子がいたな。
    他にもゲロ美ちゃんと共通点あるけど特定されると困るから書けないけど、今は彼女も幸せになってた。

    AA切替 sage f1 >>182
  182. 182
    げろ QHHSzMkJ0(5) 削除

    >>181
    まてwwww絶対やめろよwwもしかしたら同級生。

    小学生?小学6年性だったらマジでやめてください。
    まじでやめろよ。いろいろバカなりに考えたんだからな。


    同窓会やろうよww真実が明らかになる。

    かもなww

    もし、全くの別人だったとしても・・・
    幸せになってくれてよかった。

    君も幸せだったらいいなと思う。

    AA切替
  183. 183
    げろ QHHSzMkJ0(6) 削除

    っていいたいところだが、ゲロがゲロ吐いたのは中学生だ。

    同級性に会いたい気持ちでついやってしまった。

    AA切替 f1 >>185
  184. 184
    なまえを挿れて。 w5UJm5ih0(1) 削除

    一気に読んだ。
    お前さんみたいな素敵な男になりたかった。
    ゲロたんとゲロたんⅡと幸せになりやがれ!

    AA切替 sage
  185. 185
    なまえを挿れて。 q5PtuAN20(2) 削除

    >>183
    残念だが彼女が結婚した相手は同級生ではないから、そこは違う。ただ、その他の共通点多かったからビビったわw
    女が女をいじめるのってゲロ吐いたことそのものよりも嫉妬の気持ちの方が大きいってのは読んでて納得したわ。

    AA切替 sage
  186. 186
    なまえを挿れて。 q3YCoXhh0(1) 削除

    最後に、もちろん顔にモザイクは入れるとして親子3人の幸せな写真うpして欲しかったな

    AA切替 sage
  187. 187
    なまえを挿れて。 BC7fYXUl0(1) 削除

    渡辺謙主演でハリウッドで映画化希望!www

    AA切替 sage
  188. 188
    なまえを挿れて。 WEzWwRhj0(1) 削除

    とても良い話だった。ありがとう。

    うちは全くドラマチックでもないお見合い婚だけど
    どんな出会いでもやっぱり嫁は愛しいし、子どもたちは可愛い。

    大事にしなくちゃね

    AA切替 sage f1 >>190
  189. 189
    なまえを挿れて。 ZhN+ztLj0(1) 削除

    ゲロ美は…小日向でww

    AA切替 sage
  190. 190
    げろ QHHSzMkJ0(7) 削除

    >>188
    自分もフられてブス引っ掛けただけです。
    でも、大切なのもよくわかります。

    AA切替 f1 >>191
  191. 191
    なまえを挿れて。 3UPqdM4Y0(1) 削除

    >>190
    今読んだけど、いい話だったよ
    おめでとう
    俺ももっと嫁に優しくしてみようと思う

    AA切替
  192. 192
    なまえを挿れて。 wF7JOcIA0(1) 削除

    匿名さん 2015年4月29日(水) 23:46:53
    なぜそんなに大島優子を苛める?
    プロデューサーの親心で連ドラの仕事が回って来るなんてすごいこと。
    次々にご指名される人というのは、やっぱりどこか秀でているのだろうよ。
    以前「営業上手」「営業熱心」と褒めたアイドリングの菊池亜美嬢、
    最近徐々にレギュラーが増えているようだね。
    どっかのバカに「なに変な奴褒めてんだw」ってレスされたけど関係ない。
    多少勘違いしていても、真面目で一生懸命で仕事熱心で、
    モデルの域には届かなくても、ルックスにも気を使っている人間が
    芸能界で長く生き残るんだな。

    AA切替 f1 >>193
  193. 193
    なまえを挿れて。 wF7JOcIA0(2) 削除

    >>192
    WEBライターの仕事の原稿間違って晒しちゃったよw

    AA切替 f1 >>199
  194. 194
    なまえを挿れて。 2fzxyNQrO(1) 削除

    読んでて久しぶりに心が暖かくなった。アリガトー

    AA切替
  195. 195
    なまえを挿れて。 5rJ4NPMq0(1) 削除

    ありがとう。
    楽しく読ませてもらいました。

    「電車男」の二匹目のドジョウをねらっては?

    AA切替
  196. 196
    なまえを挿れて。 IADmnIBx0(1) 削除

    >>173
    ほんこれ

    AA切替 sage
  197. 197
    あぼーん (1) 削除

    あぼーん

    AA切替 あぼーん
  198. 198
    あぼーん (1) 削除

    あぼーん

    AA切替 あぼーん
  199. 199
    げろ z8kAXnpx0(1) 削除

    >>193
    一生懸命やった奴が最後には勝つって話かい?
    やっぱりプロの文章力は凄いな。
    その半分の才能でも俺にあれば、電車男みたいになっていたかもしれないなw

    書籍化とかアニメ化とかドラマ化とか映画化とかされたら見るようの奴と飾る奴2個買うww

    誰か、書籍化してください神棚に飾りますから!

    神棚ないけどなww

    AA切替 f1 >>200
上へ行く
pages
  1. 1P
  2. 2P
前の10件次の10件最新10件1から読む全部見る
軽快モード(投稿)
書き込みモードにする場合は OFF にしてネ
【文字サイズ】
浪人設定へ行く
↑浪人の設定
いろいろ設定へ行く】、
↑使わないのは常時 閉じるとか、
↑サムネイル表示するとか、
↑スレタイNGワード(綺麗™)とか、
最近見た板™びんたん サポート

おすすめ

【浪人設定】

  • 浪人(●)は設定されていません
  • 今すぐ設定しよう。すぐスレ立つぞ
軽快モード(投稿)
浪人を設定する場合は OFF にしてネ
削除 5ちゃんねる本体から消えたら24h以内にびんたんでも消えます。
出展元5ちゃんねるに感謝!!
FOX ★ Hotter than July.








Momonga
close