🔫びんたん  秋の改装中  びんたん

親子丼やったことある人いる? 8杯目 【母娘丼】

過激な恋愛 < BBSPINK🏮

親子丼やったことある人いる? 8杯目 【母娘丼】 本文(1-200)

  1. 1
    なまえを挿れて。 BL+uyM8d0(1) 削除

    前スレ
    親子丼やったことある人いる? 7杯目 【母娘丼】
    http://mercury.bbspink.com/test/read.cgi/kageki/1432213891/
    落葉🍂 親子丼やったことある人いる? 7杯目 【母娘丼】(2)

    AA切替 sage
  2. 2
    なまえを挿れて。 /dURRaz30(1) 削除

    通常運転(すなわち過疎気味)に戻せるのか?

    AA切替 sage
  3. 3
    なまえを挿れて。 LXryDtAm0(1) 削除

    【スレ主からのお願い】

    画像・映像を必ずうpしてくださいm(_ _)m
    証拠の画像・映像無き物は全て“創作・小説”とみなし
    一切の書き込みを禁止いたします

    何卒ご協力の事お願いしま~す( ´Д`)y━・~~

    AA切替 f3 >>4 >>5 >>6
  4. 4
    なまえを挿れて。 BL+uyM8d0(2) 削除

    >3のようなヴァカは完全放置でお願いします
    このような輩の戯言は一切取り合う必要ありません

    AA切替 sage f1 >>7
  5. 5
    なまえを挿れて。 wS7miSkE0(1) 削除

    >>3 逆に画があれば本物と思える>>3の考えがオソロシイわw

    AA切替 sage
  6. 6
    なまえを挿れて。 LXryDtAm0(2) 削除

    >>3>>4さんからお墨付きをいただきましたので
    膳場さんと玲奈ちゃんのお話の続きお願いします(^^)/

    AA切替 f1 >>13
  7. 7
    なまえを挿れて。 dueTd4pL0(1) 削除

    >>4
    >>6
    自演妄想創作者
    まだ続けるつもりか!いい加減にしろ!

    AA切替 f1 >>9
  8. 8
    なまえを挿れて。 bhucm+5G0(1) 削除

    ネタならネタスレでやればいいじゃん

    "やったことある"スレじゃないの?

    裏付けを求められるのは承知の上では?

    AA切替 sage f2 >>10 >>36
  9. 9
    なまえを挿れて。 d9vLa9Zk0(1) 削除

    >>7
    自演か妄想か創作かは
    画像・映像アップしなきゃわからないじゃん

    でもそれはしなくて良い

    しかし妄想や創作を書くな!来るな!でてけ!

    矛盾だらけww

    あぁ~なんだ結局特定の人達を追い出したいだけなのね

    AA切替 f2 >>12 >>17
  10. 10
    なまえを挿れて。 d9vLa9Zk0(2) 削除

    >>8
    そう!
    だから>3だよね

    でも自分から否定してる>4>5>7の矛盾

    AA切替
  11. 11
    なまえを挿れて。 g1JgeLBq0(1) 削除

    まだ地鎮祭の最中?

    AA切替 sage
  12. 12
    なまえを挿れて。 Hx6JdoPz0(1) 削除

    >>9
    自分が投稿した小説はシカトされるのに
    突然現れた投稿者がレス付きまくれば
    そら腹もたつでしょ
    理解してあげなさいな

    なんて言いかたするとおでも叩かれるか?

    AA切替
  13. 13
    なまえを挿れて。 mseRjAik0(1) 削除

    ガチでもネタでもいいけどつまらないのはNG
    今のところ続きが気になるのは>>6しかないので続けてどうぞ
    前スレ後半にいくつか投下されたやつはクッソつまらないのでノーサンキュー
    以上です

    AA切替 f1 >>14
  14. 14
    なまえを挿れて。 KXWbVm3r0(1) 削除

    >>13
    自分としてはツマラナイとまでは思わなかったですが
    1回のレスをもう少し短めにするとか
    一行を少し短くするとか
    読みやすく考えてもらいたい、というのは有りましたよね
    ちょっと読みにくくて最後まで見る気が失せてしまう

    AA切替 sage
  15. 15
    なまえを挿れて。 VSDD8DDu0(1) 削除

    ぶっちゃけツマラナイ三文ポルノ小説は不要

    AA切替
  16. 16
    なまえを挿れて。 DsCgf8Cw0(1) 削除

    こんな議論してるからコピペ荒らしに荒らされるんだよ
    ( ;´・ω・`)

    AA切替 sage
  17. 17
    なまえを挿れて。 X02pLDfu0(1) 削除

    >>9
    それは感じる
    玲奈ちゃんの彼氏には
    「ずっと色々書いてるけど画像1枚のうPも無い」
    だから「妄想創作はいらない!他でやれ!もう来るな!」
    「やったという事実を書き込むスレだから証拠を求められるのは当たり前!」
    というのに、>>3の嫌味?に対してや他の者には
    「別に画像や映像をうPしなくてもいいよ!事実かどうか証拠なんて求め無いから!
    どんどん自由にカキコして!」
    ちょっとね

    AA切替 sage f1 >>52
  18. 18
    なまえを挿れて。 X02pLDfu0(2) 削除

    あとさ、こちらは別に玲奈ちゃんの彼氏だけ来てくれれば良い
    なんて思っても無いし別の人が書き込んで(下半身が)盛り上がってくれれば良い
    でも余りに玲奈ちゃんの彼氏への当たりがきついからちょっと擁護すると
    「妄想創作者、自演するな!!」と認定される
    感覚で言わせてもらえば叩いて「来るな!」と言ってる人が1人
    (これこそID変えて自演してるふし有り)
    擁護してる(彼氏本人以外)のは少なくても3人はいる

    AA切替 sage f1 >>51
  19. 19
    なまえを挿れて。 Pna3YbEp0(1) 削除

    何も貢献しない奴ほど偉そうに注文つけるもんだよ
    画像をupしたらしたで、「アングルが悪い」「ほんとは少女じゃなくて大人だろ」「せめて口許ぐらいボカシ無しで」とか言ってくる
    横柄な乞食は相手にしなくていいよ

    AA切替 sage f1 >>53
  20. 20
    なまえを挿れて。 auojMzsF0(1) 削除

    変な掛け合いや物語風にするより、全バレな親子丼のひとみたいに当人目線のレポートの方がわくわくする

    AA切替 sage f1 >>73
  21. 21
    なまえを挿れて。 3ED4ZLTf0(1) 削除

    画像や音声のうpはしなくていいよ
    ガチなのかネタなのか、詮索するほうが野暮
    ガチじゃなければ楽しめないのならそもそも2chが向いてない

    つまらないモノを反応もないのに延々と投下するやつは鬱陶しいから
    NG登録用にコテ付けてくれると助かるね
    いや、それだと不公平だからネタ投下する人は全員コテ鳥付けるべきかもな

    AA切替 f2 >>37 >>54
  22. 22
    なまえを挿れて。 a3lMUmco0(1) 削除

    だったらネタスレでやれよ

    AA切替 sage f3 >>23 >>24 >>25
  23. 23
    なまえを挿れて。 X02pLDfu0(3) 削除

    >>22
    ネタかマジかどこでどう判断するの?
    ここに書く限り「実話です!」と全員言うけど

    AA切替 f1 >>55
  24. 24
    なまえを挿れて。 3ED4ZLTf0(2) 削除

    >>22
    ネット初心者か?
    そう言ってネタを投下する人がいなくなるのなら
    そもそも2chが20年も続くほど流行ってないんだが
    お前の要求はスピード違反を全て取り締まれと同じくらい無茶
    少しくらい現実的な線で妥協しろよ

    AA切替 f2 >>56 >>57
  25. 25
    なまえを挿れて。 Pna3YbEp0(2) 削除

    >>22
    おまえはここを出ろ
    貢献度ゼロの役立たずが!

    AA切替 sage f2 >>26 >>79
  26. 26
    なまえを挿れて。 BU0BpXJF0(1) 削除

    >>25
    経験談スレだろ?
    ネタならそもそもスレの趣旨にあってないだろ
    実話ベースで捉えられれば裏付けの要求されるのも仕方ないだろw

    そして、妄想含めるなら相応のスレ立てて誘導しろや
    この役立たずが!

    AA切替 sage 🎣(5) >>27 >>28 >>31 >>32 >>58
  27. 27
    なまえを挿れて。 Pna3YbEp0(3) 削除

    >>26
    実話と妄想を区別するあまり、スレがすたれちゃ意味がねえだろが、この朝鮮糞虫!

    AA切替 sage f1 >>59
  28. 28
    なまえを挿れて。 X02pLDfu0(4) 削除

    >>26
    だから23読んだ?

    それとも日本語読めない?

    それとも字が読めない?

    AA切替 f2 >>29 >>60
  29. 29
    なまえを挿れて。 X02pLDfu0(5) 削除

    >>28
    ごめん安価ミス

    AA切替 f1 >>30
  30. 30
    なまえを挿れて。 X02pLDfu0(6) 削除

    >>29
    ごめん安価ミスってなかったw

    AA切替
  31. 31
    なまえを挿れて。 3ED4ZLTf0(3) 削除

    >>26
    結局のところこういう馬鹿は自分がフォーカスしてもらえないのなら
    全員ぶっ潰れろという道連れマインドだからな
    ギャーーーーーーボクちゃんも認めろバカーーーと暴れてるだけ

    AA切替 f1 >>61
  32. 32
    なまえを挿れて。 X02pLDfu0(7) 削除

    >>26
    まず>17に答えてくれるかな

    AA切替 f2 >>62 >>63
  33. 33
    なまえを挿れて。 31YsKM8e0(1) 削除

    擁護してるやつの方が必死でキモいわ…
    盲信者みたい

    AA切替 f1 >>38
  34. 34
    なまえを挿れて。 p9g0SjPc0(1) 削除

    とにかくageるなsageてくれ

    AA切替
  35. 35
    なまえを挿れて。 p9g0SjPc0(2) 削除

    とか言ってageちまったorz

    AA切替 sage
  36. 36
    なまえを挿れて。 UEkBbiFP0(1) 削除

    >>8
    >>15
    >>22
      支持

    AA切替
  37. 37
    なまえを挿れて。 OKnLqGUU0(1) 削除

    >>21
    >>24
    ココは2chじゃないよww

    >ネット初心者
    お前のことだww
    まさにブーメラン

    AA切替 f2 >>40 >>41
  38. 38
    なまえを挿れて。 X02pLDfu0(8) 削除

    >>33
    いやいや
    だから17や23の

    具体的な疑問に

    キモいとか盲信者

    とか話をそらさず

    ちゃんと答えてくださいな

    具体的に答えてくれれば
    こちらの意見も変わってくるかも

    AA切替 f1 >>64
  39. 39
    なまえを挿れて。 wFnZvHB70(1) 削除

    基本的に体験談スレなんだからネタなら揚げ足取られるようなお粗末な話をするな
    そしてツッコマれても切り返せるように用意しとけ
    それでも続けたきゃそれ用のスレ立てればいだろ

    過疎ろうがたまに来る本物が楽しみなんだよ

    AA切替 f2 >>46 >>65
  40. 40
    なまえを挿れて。 X02pLDfu0(9) 削除

    >>37
    あげ足取りが必ず使う聞き飽きた能の無い言葉
    「ここは2chじゃない、草草」

    AA切替 f2 >>42 >>66
  41. 41
    なまえを挿れて。 3ED4ZLTf0(4) 削除

    >>37
    ハイハイ、そうですね

    AA切替 f1 >>67
  42. 42
    なまえを挿れて。 7pD5gZMd0(1) 削除

    >>40
    >>41
    自演創作者 防御に必死wwwwwww
     

    AA切替 f1 >>47
  43. 43
    なまえを挿れて。 7pD5gZMd0(2) 削除

    とにかく「玲奈」ネタ飽きたし要らん!

    自演し半年以上も続けたのに満足できないのか?

    AA切替 f2 >>44 >>45
  44. 44
    なまえを挿れて。 Pna3YbEp0(4) 削除

    >>43
    嫌なら見るなよ、この役立たず!
    おまえは人の書き込みにケチつけて回ってるネタケチ爺みたいだなw

    AA切替 sage f1 >>68
  45. 45
    なまえを挿れて。 3ED4ZLTf0(5) 削除

    >>43
    見たくなければ「玲奈」や「膳場」でNG登録しろよ
    攻撃的なやつってほんと頭よえーな

    つーか投下する人はこういう基地外対策でコテ鳥つけてくれ
    荒らしてきたらNG登録しろで片付く

    AA切替 f3 >>75 >>76 >>77
  46. 46
    なまえを挿れて。 X02pLDfu0(10) 削除

    >>39
    うん、だから17や23に答えてくださいって言ってるだろ、低脳小学生くん

    本物をどーやって見分けるのか聞いてんだよ、池沼くん

    玲奈ちゃんのお話投下の御仁が本物じゃない根拠は?

    画像・映像だってんならそれでもいいよ

    そのかわり他の投稿全て画像・映像添付必須な

    つまり>>3厳守な

    AA切替 f2 >>49 >>69
  47. 47
    なまえを挿れて。 X02pLDfu0(11) 削除

    >>42
    だからぁ~俺は

    お前の様にID変えて自演はしてないっつーの

    自演ばっかしてるから他に人間も全てそー見えるんだよ

    お前みたいな みっともない人間じゃないから

    AA切替 f2 >>70 >>71
  48. 48
    なまえを挿れて。 3ED4ZLTf0(6) 削除

    コテ鳥付けろと言ってる俺を自演扱いしている時点でもうね
    日本語が通じない基地外

    AA切替 f1 >>72
  49. 49
    なまえを挿れて。 txxXiRnn0(1) 削除

    >>46
    >>3厳守でいいだろ

    AA切替
  50. 50
    なまえを挿れて。 Seybzbd60(1) 削除

    もうどっち側の書き込みだかよく分かんないww

    AA切替 sage
  51. 51
    なまえを挿れて。 kdZTiuOu0(1) 削除

    >>18
    「先輩、来週の金曜日ってなんの日か知ってます?」

    「いきなり何だ。来週っつったら...勤労感謝の日とかだっけ?」

    「ぶっぶー、ハズレー。あ、でも先輩が感謝すべきっていう点はあってますよ」

    「...わからん。てか何の日かなんてなぁ、調べてみれば365日毎日が何かの日なんだぞ。ショートケーキの日とかな」

    「ショートケーキの日は毎月あるじゃないですか...誕生日ですよ誕生日」

    「誰の?」

    「私の!」

    ヒメノが語気を強めて言いました。

    この話から読んでる方のために紹介するとヒメノは大学一年生で私の後輩。身長150代でぺったんこのミニ系女子。まぁ、いわゆるロリです。顔も童顔で体型も相まって大学生には見えないくらいです。彼氏はいます。

    先日、と言ってもこの話から約四ヶ月前。泥酔して意識がない彼女に私は他人棒中出しをかましています。その話は一話目で書いているので良かったらそちらを読んでいただければと思います。

    私はヨシユキ。大学二年生で身長175痩せ型。他人の女を眠らせて犯すことに至上の悦びを感じる変態です。

    「百歩譲ってお前の誕生日なんだとして俺が感謝する要素皆無なんだが」

    「またまたぁ、照れちゃって。可愛い後輩が懐いてくれてるの嬉しいくせに〜」

    ヤベェ、こいつマジで殴りたい...まぁ確かに嬉しいけども。

    「で、何だ?どうせまた誕生日にかこつけて何かねだるんだろう。分かってるんだよお前の思考パターンは」

    「うわぁ、先輩、誕生日プレゼントに何が欲しい?とか聞いちゃうタイプですか。そんなんだから彼女出来ないんですよ〜」

    AA切替
  52. 52
    なまえを挿れて。 +TioVdF50(1) 削除

    >>17
    それは見当違いです。

    私はちゃんと会ったばかりの頃ヒメノに聞いた誕生日をちゃんと覚えていました。

    なんやかんやでヒメノのこと結構気に入ってましたからね。

    プレゼントを渡す機会がありそうなら何を買うかも大体決めていたぐらいです。

    ですが、ちゃんと覚えていたらそれはそれでヒメノが調子に乗るので知らないふりをしました。

    ...よく言われますが私も素直じゃないですよね...。

    「来年は覚えられてるといいな」

    「他人事みたいに言わないでください!ちゃんと覚えるんです」

    たぶん来年も忘れたふりをするんだろうなぁ、と思いました。

    「先輩、その日一緒に飲みましょうよ。久しぶりに。最近行けてなかったですし」

    確かに学園祭が終わってからもなんだかんだでヒメノと二人で飲む機会はありませんでした。

    おかげで前回ミハルを犯してから期間が空き、まただいぶ欲求やら色々なものが溜まってきています。

    「お前、誕生日だぞ。彼氏と過ごさなくていいのか?」

    「彼氏とはその後の休みでデートの予定なんですよ。だから当日は空いてるんです」

    「連日男を取っ替え引っ替えとは...このロリビッチめ」

    AA切替
  53. 53
    なまえを挿れて。 J/2wAS8Z0(1) 削除

    >>19
    何はともあれ、ようやく待ち望んだ展開が訪れたわけです。

    前回ヒメノを犯してから苦心し続け、ようやくチャンスが到来しました。

    ヒメノの誕生日まで一週間強、それまでの間のオナ禁が決定しました。

    前にヒメノを犯した時の写真を見たい気持ちに駆られましたが鋼の心で耐え抜き、約束の日を迎えました。

    その日のヒメノの格好はミニスカートに黒ニーソ。上の方は何て言うんでしょう...女性服って名前多すぎて私にはわかりかねます...。

    エロゲー云々言ってた通り、私は割と二次元にも嗜みがある方だと思います。

    私は基本的にコスプレとかメイドだったりとかは二次元でこそいい。三次元に持ってこなくていいって思う人なんですが、両方で許容出来るものもいくつかあります。

    その一つにニーソがあります。とりわけ私は黒ニーソが好きなのですが、子供体型のヒメノに黒ニーソはすごく似合っていて私のストライクゾーンど真ん中でした。完全に萌え豚ですね、はい。

    まずは二人でよく行く居酒屋に入りました。

    誕生日に男女が二人で行くにしては風情もへったくれもあったもんじゃないですが、カップルでもないし、私達の関係を鑑みるとむしろふさわしいような気さえしました。

    「なに頼もうかな〜。たくさん頼んじゃいますよ!なにせ先輩のおごりですもんね!」

    「へいへい、そう言うと思って金は多めに持って来たよ」

    「さっすが先輩、わかってる〜」

    「あ、でもあんま頼みすぎんなよ」

    「え〜、なんですか〜。誕生日までケチケチしないで下さいよ〜」

    「違ーよ。食べ過ぎたらケーキ入んなくなるだろ」

    AA切替
  54. 54
    なまえを挿れて。 Ozc3tXjg0(1) 削除

    >>21
    「ケーキ出すからそこら辺に腰掛けといてくれ」

    そう言って台所でケーキを皿に載せて、一緒のトレイの上にプレゼントの袋も置いて持って行きました。

    この時点でかなり興奮していましたが、家に誘い込むことさえできればほぼ勝ち確なので努めて自分を落ち着かせました。

    「ほら、ケーキとこれ、誕生日おめでとう」

    テーブルにトレイを置いて袋を手渡すとヒメノの顔がパァッと明るくなりました。

    「ありがとうございます!本当に用意しててくれてたんですね!」

    「なんだよ。疑ってたのか」

    「え、だって...」

    急にバツの悪そうな顔になります。

    「いつも私、ワガママばっかり言うし、先輩にウザがられてるし...」

    「自覚してるなら控えような。まぁ、なんだ、俺にとってはいつもお前にねだられるのの延長線みたいなもんだ。お前もそうだろ」

    「違いますよ!これは全然違くて、もっとなんて言うか...特別な感じです」

    「そーかい」

    女の子の考えてることは全くわかりません。まさに雲の上です。

    「これ、開けていいですか?」

    「我慢の効かないお子様か。勝手にしてくれ」

    AA切替
  55. 55
    なまえを挿れて。 S4US3aQ50(1) 削除

    >>23
    プレゼントはミトンタイプの手袋。手首のあたりがふわふわっとしてるやつでヒメノに似合いそうだなと思ったので即決でした。

    まぁ、そんなことはもちろんヒメノには言いませんが。

    「これから寒くなってくるし必要になるだろ。あと、カップルとかだと逆にこういう実用的なのプレゼントしにくいだろうとも思ってこれにした」

    気に入ってくれるだろうか...いらないって言われたらどうしよう...女々しい考えが頭の中を駆け巡ります。

    「可愛いですね!すごく嬉しいです!大事に使いますね!」

    「そうか、それは良かった」

    ヒメノが満面の笑みを浮かべます。

    この笑顔です。この笑顔を見ると買ってやった甲斐があったと納得してしまう。

    だから、私はヒメノに色々と買ってあげてしまうのです。本当にいいように使われているなぁと自分でも思います。

    そんなに高いものはねだられはしないので、別にいいんですけどね。

    「ケーキも美味ふぃでふ」

    「ちゃんと飲み込んでから喋りなさい」

    食べ終わったら飲みを再開しました。ケーキの後にビールやチューハイというのもなんだか味気ないと思ったので実家からくすねていたワインを開けました。

    台所でグラスに注ぎ、片方には薬をクスリを盛りました。いよいよお待ちかねの時です。

    AA切替
  56. 56
    なまえを挿れて。 bu3eg7sc0(1) 削除
    AA切替 sage
  57. 57
    なまえを挿れて。 8J8t2sd80(1) 削除

    >>24
    この山本という男が41歳にして未婚で中肉中背、うっすらとハゲかかってる、顔は未婚だけありキモい上に社内社外問わず図々しい態度でお店の店員とかに怒鳴ってるおっさん。

    しかし、仕事は課長だけあって相当なやり手な上にごますりも天下一。

    朱里とは元上司と部下で、朱里へのセクハラは度が過ぎてたが、朱里は毎回華麗にスルーしてた。

    当時は付き合ってる事は内緒にしてたので、朱里が寿退社する日までセクハラは続き、俺は必死に怒りを抑える毎日だった。

    本題に戻りますが、この送別会の日は連休前ってこともあって飲み会は遅くまで続いた。

    ようやくお開きになり、タクシー乗り場へ向かう途中に突然山本が声をかけてきた。

    山本「おい○○!!まだ呑み足りねぇから付き合え!!」

    これは毎回の事だが必ず一人生け贄となる。

    今回は俺だった・・・。

    何が楽しくて山本と二人で・・・と思いながらも近場のBarで呑みながら下らない話を続けてた。

    1時間くらい無駄話に付き合い、自然と朱里の話になり、泥酔の山本が意味不明な事を言い出した。

    山本「くっそ〜〜!!お前には悪いが朱里はもう少しだったんだぞ〜〜あと一押しで抱けたんだ・・・ちくしょう!!」

    AA切替 sage
  58. 58
    なまえを挿れて。 8J8t2sd80(2) 削除

    >>26
    俺「は?」

    と思いながらも

    「いやいや・・・そんなことないですよ〜俺ら2年も付き合ってたんですよ〜」

    山本「いや!!あと半年遅かったら朱里は俺と結婚してたな!!」

    と、この流れは1時間以上続いた。

    酒の席とはいえ無礼極まりないクソ課長だけど、何とか笑顔で流してた。

    山本「なら賭けるか?朱里と半年間何度か二人で逢えば絶対落とせる!!」

    俺「いやいや〜俺なんも得ないですよ!!絶対ダメですよ」

    こいつは何言ってんだ?バカなのか?

    山本「そんなビビるなよwwもしダメだったら昇格確定だ!!朱里を信じてやれないのか〜?」

    信じれないのはお前だよ!!と思ったが、どうせ明日の朝には覚えてないし、埒があかないので

    俺「絶対昇格させてくださいよww」

    と深く考えずOKを出してしまった。

    山本「よっしゃぁぁっ!!毎回メール入れるから安心しろ。そんかし俺も朱里の邪魔はすんなよー。もし約束違反したら解雇候補なww」

    AA切替 sage
  59. 59
    なまえを挿れて。 0pJAaClL0(1) 削除

    >>27
    俺「あの〜すいません・・・昨日の件は本当に・・・」

    山本「当たり前だろ!!もう始まってんだよ!!な〜に、半年したらキチっと辞めるし乱暴はしないからよw朱里ちゃんに言うなよwwただ普通に考えてお前が圧倒的に有利だぞ?」

    確かにそうだ。

    朱里が山本となにかするはずがないし、半年したら昇格確定だ。

    変な事をしたら訴えればいい。

    俺は意を決して承諾した。

    山本「報告はメールでするが、何が書かれてても邪魔はするなよ!!邪魔した瞬間に上に解雇要員として報告するからな!!ちなみに6時間したらメール勝手に消えるようになってるから早く見ろよw」

    俺「わかりました・・・」

    その後細かい打合せをしてその日は帰ってもらった。

    決まったルールは以下の通り。

    1.朱里に乱暴は一切しない。
    2.メール報告は体に触れた場合のみ。
    3.理由は何であれ山本の邪魔しない。
    4.期限半年
    5.朱里には俺が不在時のみ会える。
    6.誰にも話さない。
    7.俺が退勤時メールする。

    以上。

    AA切替 sage
  60. 60
    なまえを挿れて。 Dq+Kz+P70(1) 削除

    >>28
    昼前にようやく電話がきた。

    朱里「電話ごめんね〜・・・頭痛くて寝てた・・・どーしたの??」

    俺「そーなんだ・・・いや・・・何かあるわけじゃないんだけど・・・」

    朱里「ごめんね・・・もう少し寝る」

    俺「うん・・・今日は夕方には帰れるから」

    電話を切ったが何かモヤモヤする・・・山本の罠なのに何故か悪い方にばかり考えてしまい、俺は一瞬だけ朱里の顔に山本が射精してる所を想像してしまった・・・。

    一度会社に顔を出して書類を整理した。

    今日は山本は休みらしい。

    「わざわざ休みの日にメールしてくるなんて・・・」

    おおかた一人で深酒でもして酔って送ってきたのだろう。

    こんなに心配ならボイスレコーダーなり小型カメラなり買っておけば良かった・・・。

    帰宅して朱里と久々にセックスして寝た。

    翌日出勤すると、山本は午後出勤になってた。

    お昼前にメール。

    「今からセックスする」

    セックスとなると流石に気が気でない・・・。

    AA切替 sage
  61. 61
    なまえを挿れて。 cmuDooU40(1) 削除

    >>31
    そのサークルは美術系のサークルみたいに、絵を書いたり彫刻をするのではなく、ショートムービーを撮ったり奇抜なファッションで自分を表現する、ちょっと変わった人達の集まりです。

    サークルのメンバーは個性派ばかりで、下北沢にいそうなファッションの人ばかりでした。

    そして、そのサークルをまとめていたのが25歳の「重樹」という人なのですが、物腰が柔らかで言葉に重みがあり、凄いカリスマ性を持った人でした。

    見た目は「浅野忠信」の髪の長い時みたいな感じで、最年長者故の知性と芸術に対する考えが、皆の心を惹き付けていました。

    最初に入った時は宗教団体かと思ってビックリしましたが、入ってみると、重樹さんの皆を思う優しさと芸術に対する姿勢が尊敬出来ると感じてきました。

    サークルに入って良かったと思ったのが、みんな下ネタやエッチな話をほとんどしないのです。

    当然サークル内でもカップルはいるのですが、性欲ではなくて芸術として異性の裸を捉えてセックスをしている様でした。

    その空気が僕のトラウマを癒してくれる気がして、サークルに参加するのが楽しみでした。

    その中に顔が芸能人の「酒井若菜」に似た超可愛い娘がいました。

    そしてその娘とゆっくり時間を掛けて仲良くなって、付合うようになりました。

    名前は「若菜」にしときます。

    若菜は本当にアートが大好きで、僕は全然無知でしたが、若菜と話す為に一生懸命勉強しました。

    そんな僕の姿に若菜は惹かれたと言っていました。

    AA切替 sage
  62. 62
    なまえを挿れて。 3HbOyZXp0(1) 削除
    AA切替 sage
  63. 63
    なまえを挿れて。 a0XmJU+a0(1) 削除

    >>32
    「男って発想が貧困よ!どうして変な風に捉えるの?最低!」

    と1人で帰ってしまった。

    何とかその後に電話で仲直りして、いつもの関係に戻る事が出来ました。

    でも、それ以来ボディーペイントの話はタブーになってしまい、そのまま当日を迎えました。

    その日はシャワー室が近い運動部の部室を借りて、総勢13人程でボディーペイントを始めました。

    若菜はバスタオル一枚で登場して皆の前に立つと、躊躇う事無くバスタオルを外しました。

    皆は

    「おおおおお!」

    と言っていましたが、決していやらしい目で見ている人はいない様でした。

    皆が美しい物を見るように、ジッと見つめていました。

    若菜は長いテーブルに仰向けに寝て、「カミ」は原画のような物を取り出して、皆に説明した。

    「この原画を若菜の体にトレースして、出来たところで、色を加えていこう!」

    と言ったので、皆で一斉に下絵を書き出した。

    デザインは夕焼けを背景に天使が羽ばたいているイメージだが、その天使の顔は若菜のアソコのど真ん中だった。

    若菜がM字開脚をすると、太ももの内側に描かれた翼が広がるのだ。

    他は基本的に夕焼けのオレンジに雲が浮かんでいるだけだ。

    AA切替 sage
  64. 64
    なまえを挿れて。 JNylsSQ60(1) 削除

    >>38

    「すいません、重樹さんすいません、あああ、もう、きます、ああああ、あたし、もう、きちゃいます、ああああああ、ダメ、ああああああああ、はあぁぁぁぁ!!」

    と大声を出して痙攣していました。

    若菜は僕の目の前で重樹さんにイカされてしまいました。

    悔しかったです・・・昔の記憶が蘇りました・・・重樹さんは優しい声で、

    「それは自然な事だよ、動物も感じる感覚なんだから」

    と言うと、若菜は嬉しそうにしていました。

    そしてまたペイントが始まると、さっき以上に若菜は感じてしまい、凄い声を出していました。

    そうしていると、重樹さんが筆を一旦置いて、

    「ちょっと水を変えてくるよ」

    と言いました。

    そして水道の前に移動して、蛇口をひねり水を出したと思ったら、信じられない光景を目にしてしまいました。

    AA切替 sage
  65. 65
    なまえを挿れて。 SUdp2QPn0(1) 削除

    >>39
    重樹「君はメスだ!いいか!」

    若菜「はいぃぃ、ああん、メスですうう、あああああ」

    重樹「メスの役目は何だ?言ってみろ!」

    若菜「あっ、あああ、はぁああああ、子供、子供を産む事ですぅぅ、あああああ」

    重樹「そうだ!それが一番自然なアートなんだ!分かるか?」

    若菜「はいい、分かりますぅぅぅ、あああああ、はうううう、あはぁぁっ」

    重樹「今から君は僕の子孫を受取るんだ、いいか?」

    若菜「えっ、あああん、あっ、そんな、ああああ、それは、あああああ」

    重樹「君には分からないのか?君だけはセンスがあると思っていたけどな」

    若菜「分かります、あああ、でも、あああん、分かりますけど、ハァハァ」

    重樹「よし、じゃあ、いいか?受取るんだ、いいか?一番深くで受取るんだ!!」

    若菜「えっ、うそっ、ダメ、あああああ、あああああああ、ダメええええええ、あうっ、うはぁぁあああ」

    重樹さんは長い間若菜に出し続けていました。

    僕はショックで動けませんでした。

    AA切替 sage
  66. 66
    なまえを挿れて。 DdhTG0YW0(1) 削除

    >>40
    オレがその絵葉書を受け取ったのは4月頃・・・大学2年の春。

    大学2年で21歳。

    歳がおかしいと思ったそこのあ・な・た!

    あなたは正しい。うん、2浪しています。

    そんな事はさておいて、その絵葉書の差出人はオレの高◯時代の悪友、といっても同じ高◯だったわけではなく、同じ受験予備校に通っていて知り合った奴です。

    オレたちが通っていたのは美大受験の予備校で、ご存じない方もいらっしゃるでしょうが、ここではヌードモデルを前に絵を描くというカリキュラムがあります。

    実際の話、もてる方では決してないオレには実に悩ましいモチーフです。

    モデルさんエピソードもいくつかあるのですが、ここでは通り過ぎます・・・。

    んで、母親の以外に見た、本物の生の裸体に痛く刺激された青春のリビドーを放出するべく、20分ごとにある休憩時間に何気ない風を装いながら予備校のトイレに向かった俺は、そそくさと個室に入り鍵を掛け、
    残り時間を計りながら物音を立てないよう細心の注意を払って下半身の乳搾りを始めました。

    しゅこしゅこしゅこしゅこ・・・・と、モデルさんの豊満な(ヌードのモデルは立体感がある、豊満な女性が選ばれる事が多い)肉体を思い浮かべながらしこっていると、なにやら視線を感じるのです。

    (あ"あ"あ"っ!出る出るっっっ!)

    いいところでふと、顔を上げると個室を仕切る壁の上から一人の坊主頭の男子高◯生が覗き込んでいました・・・。

    AA切替 sage
  67. 67
    なまえを挿れて。 llbDuEGJ0(1) 削除

    >>41
    いいところでふと、顔を上げると個室を仕切る壁の上から一人の坊主頭の男子高◯生が覗き込んでいました・・・。

    「う、うわぁ!」

    あまりに驚いて変な声を出してしまった!

    「ゴメン、気にすんな」

    「はぁぁ?!気にするなって、な、なに覗いてンだよ!」

    「いや〜、ひょっとして同じ事しにきた奴がいるな〜って思ってさぁ。我慢できねぇよな、あんなおっぱい見せられちゃさぁ・・・・」

    ・・・それがオレと悪友との出会いです。

    ちなみに坊主頭なのは野球部だからとかではなく、何とか?という絵描きに憧れての事・・・だったような?・・・です。(覚えてないw)

    そして現役はおろか、一浪してさえ合格できなかったオレたち2人はその後別々の道へ進みました。

    オレは更なる予備校生活を、悪友はワーキングホリデーを皮切りに海外を放浪する旅に出ました。

    数ヶ月か半年に一枚届く絵葉書が唯一の彼との繋がりです。

    アメリカやインド、イタリアや中東のトルコ・・・そしてその絵葉書が来たのは・・・

    AA切替 sage
  68. 68
    なまえを挿れて。 uWAZL9d70(1) 削除

    >>44
    ちなみに坊主頭なのは野球部だからとかではなく、何とか?という絵描きに憧れての事・・・だったような?・・・です。(覚えてないw)

    そして現役はおろか、一浪してさえ合格できなかったオレたち2人はその後別々の道へ進みました。

    オレは更なる予備校生活を、悪友はワーキングホリデーを皮切りに海外を放浪する旅に出ました。

    数ヶ月か半年に一枚届く絵葉書が唯一の彼との繋がりです。

    アメリカやインド、イタリアや中東のトルコ・・・そしてその絵葉書が来たのは・・・

    「・・・さんくとぺてるぶるく?」

    その絵葉書にはこう書いてありました。

    「ロシア人の彼女連れて日本に帰る。どうせお前ヒマだろ?」

    ロシア人の彼女・・・ぶふふぅっ!(笑)

    ヌードモデル見てトイレでオナってた奴が随分スケールのでかい事をっ!

    (いや、オレもだが・・・)

    しかし、奴の言葉を裏付けるかのように絵葉書は奴とシャ○ポワ似のスラリとしたロシア美人が抱き合ってピースしている写真。

    「いつもはどうでもいいような現地の風景絵葉書なのに・・・」

    気に入らない。

    しかもディ○ニーランドに行きたいらしい。

    AA切替 sage
  69. 69
    なまえを挿れて。 c4Wlz6ey0(1) 削除

    >>46
    「変なことすんなよ?手ぇ出すなよ?それから・・・」

    「手なんか出すかよ!」

    そんなこと全く考えてなかった!

    すぐそばに居るのに遠い感じ。

    本当に同じ人間なんだろうか?

    「それから・・・これ!お前に海外のお土産だ」

    「は?お土産?」

    今、こんなところで。

    しかも小さくってしょぼい密封袋・・・って、これは・・・。

    「あ"?コンドームじゃねえか!」

    「ただのコンドームじゃねぇ、イボイボ付だ。後で開けろよ?」

    いや、コンドームって使うときに開けるんだろ?

    しかもイボイボ付きって、そんなの使うかよ!アホか!と言おうとした時にはもう悪友とその彼女は居なくなっていました。

    天使と2人・・・。

    ふと目が合うと緊張してしまった。イカン!コンドーム、じゃなくてエスコートしなければイカン!

    AA切替 sage
  70. 70
    なまえを挿れて。 z2K9aM9M0(1) 削除
    AA切替 sage
  71. 71
    なまえを挿れて。 yK1aqZUr0(1) 削除

    >>47
    口先でブロンドの髪を掻き分け、あらわになった首筋を舌で舐めて天使を味わう。

    快感か、くすぐったさか、背中を仰け反らせて耐えていた天使は体の向きを変え、確認するようにオレを見てきた。

    ここで引き下がらなくても、もともと失うものは何も無い。

    オレはゆっくりと彼女の上に覆いかぶさり、あの美しい唇に口づけた。

    緊張のためか、なめした皮のように固く閉じられた天使の唇は次第に柔らかくなり、その間から現れた可愛らしい舌先がオレの舌先を受け入れ、艶(なまめ)かしく絡みあった。

    デッサンで使う石膏像のように整った天使の鼻が、時折オレの頬にあたる。

    次第に激しくなる口づけに興奮したのか突然天使が俺の首にしがみつき、さらに狂おしく唇を求めてきた。

    何と淫らで美しい生き物・・・お互いに呼吸する事すら忘れ、夢中で唇をむさぼりあった。

    息苦しさに耐えられなくなったオレは彼女の耳もとに逃げ、その美しい首筋を舐め、吸い上げた。

    「アッ、アン・・・」

    いつもであれば相手にキスマークが残るような首筋へのキスはおのずと自重してしまうのだが、今はその白く細長い繊細な円筒に何らかの痕跡を残したい衝動を抑える事ができなかった。

    ちゅっ・ちゅっ・・・っと軽く音を立ててうなじを吸い上げると、耐え切れなくなった天使はオレの耳を甘噛みしてきた。

    熱い吐息と微かに漏れる甘い声がオレの耳奥に入り込み、オスの官能を掻き立てる。

    オレは片手ですでに太ももの上までめくれ上がった天使のワンピースのスカート部分を一気に胸の上まで引き上げた。

    AA切替 sage
  72. 72
    なまえを挿れて。 X+VW8RmN0(1) 削除

    >>48
    「アアアアーッ!」

    乳首と脇の下を交互に舐める。

    脳は乳首の快感と脇の下の擽感(りゃっかん:くすぐったさ)の識別ができず、両方とも快感として感じるようになる・・・。

    つまり今、彼女は2倍の快感・・・左右合わせて4倍の快感を感じている・・・と思う。

    乳首と脇の下の間の彼女の美しい皮膚が、オレの唾液でぬらぬらと光る。

    オレは左手で彼女の両腕を押さえ、唇で乳首をなぶりながら物欲しげに擦り合わされる太ももに右手を伸ばした。

    太ももの外側はひんやりとしていたが内側の柔らかい肉は欲情し、燃えるような熱を放っていた。

    太ももの付け根に手をあてると、秘部を覆っている薄いレースの生地はすでにぐっしょりと濡れそぼっている。

    オレは濡れた生地のある部分に中指をたて、ゆっくり上下に動かした。

    「ニェット!ニェット!」

    天使は激しく喘ぎながら叫んでいる。

    (ごめん、それ、余計に興奮する・・・)

    前戯が世界共通である事を確認した。

    あとはもう、ぐしょ濡れのパンツを脱がし、クンニせずとも十分潤った女性器と結合するだけです。

    エロ小説ならね。

    でも、実はオレはある重要な事を語っていません。

    AA切替 sage
  73. 73
    なまえを挿れて。 E2NG7xc20(1) 削除

    >>20>>21>>22>>23>>24>>25>>26>>27>>28>>29>>30
    「クラシーヴイ(美しい)」

    褒める時は母国語の方が伝わるに決まっている・・・と思い、覚えておいた。

    「ズナーチ(知ってるわ)」

    生意気な唇をもう一度塞ぎながら、オレは片方の手をブラの下に滑り込ませた。

    この、柔らかく、官能的なふくらみ!

    暴力的に扱いたい衝動を抑えながら指先を一本ずつ順番に動かし、丁寧に揉みしだいた。

    「アン、ハッ・・・アンッ」

    手を動かすにつれブラが胸の上の方にずり上がり、2つの乳房が露わになる。

    色素が薄いのか乳輪は唇と同じ美しいピンク色をしていたが、乳首は大人の女らしく快楽にいやらしく尖っていた。

    両の白い乳房を掴み、唇でちゅっちゅっと吸い上げると天使はさらに甘い声で気持ちよさそうに喘いだ。

    「アンアッ、アンッアンッ」

    ゆっくりと、何度も何度も乳首を吸い、舌先で上下左右になぶる。

    「ア、ア、アーッ、ンンッ!」

    はぁっ、はぁっ、はぁっ・・・

    天使の荒い息づかい。

    オレは彼女の両腕を掴んで頭の上に上げ、バンザイの格好をさせると脇の下へと舌先を滑らせた。

    AA切替 sage
  74. 74
    なまえを挿れて。 FsfCBXhy0(1) 削除

    つまんねーからコテ鳥付けろよ

    AA切替
  75. 75
    なまえを挿れて。 Q0IBFRXO0(1) 削除

    >>45
    >>48
    >>74
    俺「あれー?なんかブラつけてる時よりデカくないっすか?」

    美波「実はFカップ。おっきく見られるのが嫌だったからちっちゃく見えるブラにしてたの!こんなこと聞かないでよ・・・」

    俺「やばいっすよ。めっちゃ興奮します。美波のこともっと好きになりましたよ!」

    美波「なんか名前だけ呼び捨てであと敬語っておかしいーwwタメ語でいいよ♪」

    俺「じゃあ・・・タメ語で」

    美波「付き合ってるんだから堂々としてよね?私の彼氏だよ?ww」

    俺「わかった。堂々と行くよww」

    またキスをして今度はガウチョを脱がしにかかる。

    白のパンツが露わに。

    俺はパンツを脱がさず太ももとさする。

    覚えているだろうか?美波は中◯まで体操をやっていたのだ。

    それを知ってからはおれは軟体もので抜くことがめちゃくちゃ多くなっていた。

    AA切替 sage
  76. 76
    なまえを挿れて。 Q0IBFRXO0(2) 削除

    >>45
    >>48
    >>74
    美波「いつまでさすってんの?」

    俺「ごめんごめん。挿れて欲しかった?」

    美波「そこまでは言ってないけど・・・太ももだけじゃくすぐったいだけだよ・・・触って?」

    いつもは見せない美波の積極性に大興奮!!

    美波の後ろに回り・・・ハグするようにしながら胸を触り・・・もう片方はクリをいじった。

    美波「あっっ・・・やんっ」と声を出している。

    俺「1人でするのとどっちが良い?」

    美波「もちろんこっちだよぉ〜っ」って喘ぐ。

    んでここで動画で見た感じに座らせたまま状態をそらさしてキスというのをやってみた。

    いとも簡単にやって見せる美波。

    そのままキスをしながらクリを弄っていると

    「んーー!!ん〜〜ぅ!!」と言いながら絶頂。

    腰をガクガクさせている。

    「指入れてみて?」と美波。

    分かった。と対面座位みたいな感じで向き合って指を入れた。

    AA切替 sage
  77. 77
    なまえを挿れて。 qkpkUALB0(1) 削除

    >>45
    >>48
    >>74

    「いいよ!今度は最後まで中で良いよ!」

    俺「あ・・・忘れてた・・・コンドーム。。」

    美波「いいよ♪今日安全日だから!」

    俺「ほんまに!?」

    美波「それも計算しての飲み会だったんだよ♪」

    こんな子はほかの男には渡せない。そう決意した。

    んで体位をどうしようかと思ったんだけど・・・やっぱ動画のせいでY字バランスして貰ってたちばっくに決めた!

    ただ風呂はしたが濡れて危ないので・・・洗面所の鏡の前でする事に。

    美波は体操を辞めてからも柔軟は欠かして無いらしくスラーっと長い脚が綺麗にほぼI字まで上がった。それを鏡越しで見た俺は大興奮!!

    すぐさま挿入して猿のようにピストンしまくる。

    「美波・・・鏡に写ってる自分はどう?」

    美波「すごくエロくていやらしい。。」

    AA切替 sage f1 >>78
  78. 78
    なまえを挿れて。 IIY9Knj70(1) 削除

    >>77
    馬鹿か、おまえw

    AA切替 sage
  79. 79
    なまえを挿れて。 5QtCxpq10(1) 削除

    >>25>>27>>38>>39>>40>>41>>44>>45>>47>>48>>78

    『へへへ。恵理ちゃんいい身体してんなぁ。仰向けに寝かせてもデカイのがわかるぜ。どれ…』

    夏目先輩は馬乗りになって眠って動かないはずなのに恵理の両腕を左右で地面に押さえつけ、恵理のおっぱいに口を近づけた。

    『夏目先輩!お願いだ。やめてください』

    夏目先輩はイヤラシイ目で恵理のおっぱいから視線を外さずに答えた。

    『フッお前ワンパターンだな…』

    夏目先輩は唾液でギトギトの舌で、恵理の小さくて薄い乳首を舐め始めた。

    『うぅぅぅ…』

    俺は情けなかった。

    目の前で最愛の彼女が先輩にイタズラされているのをただ見ているしかできなかった。

    『こりゃあ美味え!ん〜あ(ベロン)』

    俺に見せつけるように夏目先輩は恵理のおっぱいを舐めまくった。

    夏目先輩が舐めるたびに大きな恵理のおっぱいがいやらしく形を変え、舌が離れるとプルンと元の形に戻った。

    その時、俺を抑えている男の力が緩んだ気がした。

    俺は目一杯の力で振りほどいた。

    AA切替 sage
  80. 80
    なまえを挿れて。 7XCdvTsX0(1) 削除

    この【つまらない】【くだらない】【下手くそ】小説を書いてるのが
    「妄想創作者は二度と来るな!」と言ってるご本人で有ると言う事実ww

    AA切替 🎣(9) >>84 >>85 >>86 >>87 >>88 >>89 >>90 >>91 >>92
  81. 81
    なまえを挿れて。 7XCdvTsX0(2) 削除

    とりあえず

    画像か映像うPしろや糞ニート

    AA切替
  82. 82
    なまえを挿れて。 sIt2g6E/0(1) 削除

    こういう書き方をした時点で一行たりとも読まないんだがな
    ほんと馬鹿は死ななきゃ直らんな

    AA切替
  83. 83
    なまえを挿れて。 OJHPouae0(1) 削除

    玲奈の彼氏擁護派と括られるのは嫌
    他のカキコもみたい
    玲奈・母との話もみたい

    でもやはり上の様なコピペかオリジナル小説か分からんけど
    打ってあるアンカーの相手が全て玲奈彼氏派にむけてで
    「妄想創作小説お断り」と言ってる人が書いてるってのが明らかなのがどうもねぇ。。。

    AA切替
  84. 84
    なまえを挿れて。 CPStP54z0(1) 削除

    >>80 >>81 >>81 >>83

    軽いレポートを仕上げていた。

    なんだったか。「金槐和歌集についての私見」だったか。

    部屋の戸を叩く音が聞こえた。

    玄関先には、隣室の村崎さんが立っていた。

    この人は人妻で、去年の秋に産まれたらしい赤ん坊がいる。

    「どうしました?」

    「うるさくなかったですか?すみません」

    何のことだろうと思った。

    レポートに集中していて聞こえなかったのかもしれない。

    「大丈夫です。気になりませんでしたよ」

    「すみませんでした。あの、これ、お詫びの印と言っては何ですが…」

    タッパーに入っていたのはクッキーだった。

    ちょうど何かつまみたいと思っていたので、何のお詫びか分からぬまま受け取ることにした。

    「ありがとうございます。いただきます」

    適当に挨拶を済ませ、また部屋に引きこもった。

    AA切替 sage
  85. 85
    なまえを挿れて。 CdCIFHhF0(1) 削除

    >>80 >>81 >>81 >>83

    クッキーは紅茶の風味がするもので、バターがよく効いていて美味しかった。

    翌日、洗って乾かしたタッパーを返しに隣室を訪ねた。

    「はーい」

    ドタドタ聞こえて扉が開いた。

    「篠宮です。これ」

    「あっ!わざわざどうもありがとうございます!」

    「いえ。とても美味しかったです。じゃあ…」

    「あの…お茶していきませんか?」

    「…え?」

    予期せぬ提案に、僕は固まった。

    いや、双方ともが固まっていたか。

    「なぜですか?」

    そう聞こうとしたが、村崎さんに纏う、あの人妻特有の生活感というか、そんな艶めかしさに魅了され、何も聞かずにありがたくお茶を頂くことにした。

    「コーヒーでよかったですか?」

    部屋の隅にある小さなベッドには、赤ん坊が眠っていた。

    AA切替 sage
  86. 86
    なまえを挿れて。 CdCIFHhF0(2) 削除

    >>80 >>81 >>81 >>83

    そのストロークは、早いのに、毎回毎回のどの奥の方まで達している。

    亀頭が何度も村崎さんの喉奥をとらえていて、大丈夫かという不安に駆られた。

    「い、いきそうです……」

    情けないが、唐突に口の中に出すよりは、と思い、宣言すると、少し驚いた顔をしてこちらを見やり、すっと口から抜いた。

    えっ、と思った。

    このままイかせてくれるものだと思っていたからだ。

    「このまま…挿れちゃってください…」

    少し楽しそうに言って、鏡のある壁に手をつき、(全部取っ払ってくれればいいのに、)身体に巻いたバスタオルの、尻の部分だけをめくって、突き出した。

    暑さ(熱さ)のせいか、僕は人妻だという事やなんかを考慮に入れることもせずに、ただ衝動に駆られるがまま、唾液がついたままのペニスを挿入した。

    「うっ………はぁぁぁん!!」

    一気に奥まで押し込んだら、結構大きい声をあげたのでびっくりした。

    子どももいるし、緩いのかなと思いきや、意外と締まりがあった。

    僕は、こうなった以上、深く考え込むのはやめようと思って、とにかくこの人の身体を貪ろうと思った。

    「あっ!あっ!あっ!やっっ!気持ちいいっっ!!」

    AA切替 sage
  87. 87
    なまえを挿れて。 u5Gd7A/t0(1) 削除

    >>80 >>81 >>81 >>83

    「篠宮くんっ!シてっ!もっと!さっきみたいにっ!!」

    ボーッとしてる間に勢いが落ちていたらしい。

    名前を呼ばれたのは初めてな気がする。

    僕は腰の回転速度を上げて、行為に集中することにした。

    「あっ!あっ!そうっ!あっ!気持ちいい!気持ちいいよぅっ!!」

    「いいよぅ」という語尾に、しっかりした奥さん、という堅いイメージとのギャップを感じ、ペニスが更に硬く、更にちょっと膨らむのを感じた。

    「あっ!あっ!あっ!んっ!えっ、!?きゃあぁぁっ!!」

    バスンバスンと腰を打ち付けるうち、村崎さんの身体に巻かれていたバスタオルが外れ、濡れた床に落ちた。

    白くて柔らかそうな肌が見えた。

    村崎さんは、右手で乳を隠すように覆った。

    「やっ!あっ!あっ!あっ!」

    僕は腰を押さえていた手を、胸を弄(まさぐ)るようにシフトした。

    乳児がいることもあってか大きく、張っているような固さがあったが、タプタプして楽しく、ピンと勃った乳首を指先でなぶると、

    「んんぅぅっ!?!!はぁぁん!!あぁん!」

    AA切替 sage
  88. 88
    なまえを挿れて。 7SnGhITl0(1) 削除

    >>80 >>81 >>81 >>83

    「あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!」

    「村崎さんっ!イきそう!!イっちゃいます!!」

    「あっ!あっ!待って!!ダメダメ抜いて!!!」

    僕は反射的に抜いて、自分の手で扱いた。

    村崎さんは、割と素早い動きでこちらを向いて、横取りするような手つきで僕からペニスを奪い、すかさず口に咥えて喉の奥深くまでストロークした。

    「わっ、えっ…ちょっ…イく…イきます…!!」

    僕はそのまま村崎さんの口腔に射精した。

    「んっ…」

    射精後も、尿道の中の精液を搾り取るように、しばらくゆっくりと何往復かストロークした。

    射精後の敏感なペニスはそれだけでビクビク反応した。

    村崎さんは満足そうに笑いながら、そっと口からペニスを離した。

    そして喉越しの良さげな、「ぷはぁ」というような息をして、空っぽになった口の中をさり気なく僕に見せた。

    乳頭は赤っ茶けた色だったが、乳房の大きさの割に小さく、綺麗な胸だなと思った。

    「しちゃいましたね…」

    AA切替 sage
  89. 89
    なまえを挿れて。 MTis1nBE0(1) 削除
    AA切替 sage
  90. 90
    なまえを挿れて。 iLre0O9m0(1) 削除

    >>80 >>81 >>82 >>83

    学校でヤッているという状況と溜まりに溜まった性欲でじっくり楽しもうなどという余裕は私にはありませんでした。

    ふと我に返ってミハルから離れると綺麗だった乳房は私の唾液まみれになり、太ももは我慢汁でベトベトになっていました。

    そしてイチモツは挿入の瞬間を今か今かと心待ちにするようにバキバキに反り勃っていました。

    待ってろ。今すぐに楽にしてやるからな...。

    乱暴にパンツを剥ぎ取ると思っていたより濃いめのヘアーをした秘部が現れました。

    色は綺麗でそんなに使い込まれていない感じです。本当に彼氏とはそんなにヤッてないんだなと思いました。

    体位にこだわるような余裕もなく押しのけるように股を開かせ正常位の姿勢で愚息を擦り合わせます。

    寝ていて反応はなかったのですが、体は感じていたのか割れ目からは愛液のヌメッとした感触が感じられました。

    ミハルのくびれた腰を両手で掴むと、私は冷めやらぬ興奮に鼻息を荒くしたまま挿入を果たしました。

    「あっ...」

    挿入をしても声は少ししか漏れず、その代わりに体はビクンと震え彼氏ではない異物を感じ取っているようでした。

    彼氏としかヤッたことがないらしいという噂を聞いたことがありましたが、本当かもしれないと思える具合の良さでした。

    ミハルの中はねっとりと絡みつくような感触で、腰を突き出すと正常位にもかかわらず一番奥まで到達しました。

    AA切替 sage
  91. 91
    なまえを挿れて。 Kyo0mO730(1) 削除

    >>80 >>81 >>82 >>83
     
    よく考えたら最初に勢いで挿入してからまだ一回もイチモツを抜いていません。

    抜かずの...何発でしょうか。数えられない回数射精をしましたが果たしてミハルの女性器はどうなっているか。

    ゆっくりと抜き取り、ランタンを近くに持ってきて股の間を覗き込みました。

    やはりというか何というか、それは無残な姿に成り果てていました。

    太い男根をずっと挿入し激しくピストンしたからかそのワレメは閉じておらず、挿入した時のままだらんと開かれた脚の間には入りきらなかった精液が床に溢れていました。

    ヒクヒクと動くその陰唇からはピストンしながら射精したためか浅いところで出されたと思しき精液が断続的に溢れ出てきています。

    それも液体が流れ出るような感じではなく真っ白いゲル状の物体が押し出されてこぼれていくような感じでした。

    溢れた精液を指ですくってみるとかなり粘度が高く、浅いところのはこうやって出てきたけど奥の方で出されたのは粘着して出てこないだろうなと思いました。

    そういえば資材室には大学の備品のビデオカメラがあったはず...。

    いくつかあるうちの一つの電源を入れました。学園祭が終わる頃に返せば大丈夫でしょう。

    その後はしばらく服を剥かれて無防備に寝るミハルと他人に犯されたことを象徴する精液まみれの秘部を重点的に撮りました。

    映像にまで収められてかなり満足したので、ひとしきりやりきった感もあるしそろそろ片付けることにしました。

    何と言ってもミハルから漂う雄の匂いがひどいのでミハルの使っている制汗剤かなにかがないか探しました。

    AA切替 sage
  92. 92
    なまえを挿れて。 YnbGZUms0(1) 削除

    >>80 >>81 >>82 >>83
     
    「じゃあ、膝枕してくれ」

    「え、膝枕ですか」

    「ん、どうした?やっぱりヒメノには早かったか?そうだよなぁ。ヒメノはまだお子様だもんなぁ」

    「お子様言うな!...膝枕ぐらい、できるし!...ただ、初めてなだけで...」

    意外と世間では膝枕ってやらないものなんでしょうか。この短期間で二人から初膝枕を頂いてしまいました。

    「よし、言ったな」

    正座したヒメノの太ももに頭をのせます。

    「あの、先輩...」

    「どうした?」

    「なんでこっち向いてるんですか...?膝枕って横向きで寝るものなんじゃ...」

    「いやぁ、恥ずかしがってるヒメノの顔を拝ませてもらおうと思ってね」

    ミハルの時もそうでしたが結構恥ずかしいみたいですね。

    「こ、これは彼氏に見られたらって焦ってるだけで...!先輩サイテー!」

    羞恥に顔を染めてヒメノが叫びます。いい眺めです。

    AA切替 sage
  93. 93
    なまえを挿れて。 a9UG/zcc0(1) 削除

    このカスは何でコテつけないの?
    ほんと邪魔

    AA切替
  94. 94
    なまえを挿れて。 0xlIZ/K40(1) 削除

    「あっ!駄目、ゴム着けてっ!」

    そういうBの言葉をシカトして挿入。

    「お願いゴム着け…ああっ…あああっ…ねぇ外で出して…!!」

    そして本格ピストン開始。

    美人なだけにエロ顔も結構緊張感というか真面目な感じなんだよ。

    で、それがピストン受けながら

    「あっ!ねえっ…中で出しちゃ駄目だよ…あっ!ねえ、外で出して…中、駄目だよ…あんっ!」

    って感じで訴えてくるのがエロい。

    「ねえ、お願い。外で出して…あっ!あっ!」

    「いいよ。その代わりおっぱい見せて」

    「ああ…やぁぁ…じゃあ…脱がせて…」

    「駄目、自分で捲って見せて」

    「…恥ずかしいっ…」

    って感じで上半身脱がせ、俺は上半身シャツ1枚、Bちゃんはノーパンスカートの格好で突きまくった。

    AA切替 sage
  95. 95
    なまえを挿れて。 2pxUXaC20(1) 削除

    「あああっ…恥ずかし…あっ…もう恥ずかしい…い、イキそう…!」
    「イク?」
    「…うん…凄い…初めてかも…」
    「気持ちいい?」

    「凄い…熱っっつい……あ、イク…あっあっ気持ちいい…イッていい?あっイクあっ!あっ!」
    って声の後、後ろ手にシーツ掴みながら5回連続くらいでめっちゃマンコがキュウって締まってきて、1回目のヒクヒク。
    「動いちゃ駄目!動いちゃ…あああっ!やだ!動いちゃ駄目だってっ!あああっ…あんっ!あんっ!」

    からのピストン再開。

    「あっんっ!凄い!駄目!激しくしちゃ駄目!ねえお願いっ!何でもするからっ!」
    「何でもするの?」
    「…あっ!あっ!な、中で出すのは駄目…!」
    「それ以外だったらいいの?」
    「…あっあっあっ!…わっかんないっ!早く言って!」
    (「イッて」だったかも)
    「じゃあ、最後は口の中で出していい?」

    パンパンパンパン!

    「ああっ…!」

    の後で、めっちゃBちゃんの声がエロくなった。

    「…いいよ、出していいよ!」

    「俺のチンポ気持ちいい?」

    「………うん。きもっちいい…」

    AA切替 sage
  96. 96
    なまえを挿れて。 xe4CnpO10(1) 削除

    俺「二奈っ、そろそろ、出るよっ」

    やっとの思いで伝えると二奈は指で輪っかを作り、OKの意思を伝えた。

    このまま口に出していいということだろう。

    二奈が動きをはやめ、スパートをかけてくる。

    既に今動きを止めても射精は止められない。

    だがそれでも限界まで射精を押し止める。

    30秒おきにとっていた休憩も飛ばして二奈は全力で搾り取りにくる。

    そしてついにその時を迎えた。

    俺「二奈っ!出すよっ!」

    そう言うと同時に二奈の頭を掴みぐっとチンコに引き寄せた。

    喉か何かわからないが、亀頭が口内の壁に当たる感覚がすると同時にドプドプッと粘っこい射精が始まった。

    おそらく二奈は今とても苦しいだろうが、俺はただ快感に身を任せて更に二奈の頭を強く引き寄せていた。

    そして最後の一滴まで出し終えて二奈を解放すると、ゆっくりとチンコから口を離した。

    AA切替 sage
  97. 97
    なまえを挿れて。 7frh/0070(1) 削除

    とりあえず次スレはワッチョイ必須だね

    AA切替 sage f1 >>125
  98. 98
    なまえを挿れて。 z0Eod7Hh0(1) 削除

    まぁ試しに付けてみたくなる気持ちも分かる

    AA切替 sage
  99. 99
    なまえを挿れて。 ckrFqZ4y0(1) 削除

    友達のさやかと温泉旅館に行く途中ヒッチハイクしてる人を見た

    一旦通り過ごしたけど乗せてやるかと考えその人を乗せてあげた

    車内で話した

    名前は『山中ゆうだい』20才になったので四国一周ヒッチハイクの旅をしてると言った

    今夜泊まるとこは?聞くと特に決めてない野宿か安い宿探すと

    ならついでだからあたしらと旅館に泊まるか?と提案

    少し考える

    お金あんまり持ってないからと言った

    それなら心配しなくていいよ

    今から行く旅館、三人予約してたけど一人ドタキャンしたので代わりにゆうだい君がくれば無駄にならないし

    それならお願いしますと言ってきた

    旅館に到着

    仲居さんに案内されて部屋に入った

    ゴールデンウィーク過ぎたのでこの日の客はあたしらだけだったので貸し切り状態

    さっそく浴衣に着替える

    ゆうだい君は戸惑ってた

    AA切替 sage
  100. 100
    なまえを挿れて。 tqacvCCV0(1) 削除

    ゆうだい『あああっ』

    あたし『気持ちいいの?』

    ゆうだい『うん』

    腰がピクンとなる

    あたし『あっいきそうでしょ?』

    ゆうだい『ううう』

    あたし『まだ出しちゃダメだよ』手を止めた

    さっとお湯かけて洗い流した

    けっこうおちんちんでかい

    ぱくっと口に含んだ

    ゆうだい『あああっだめですよ』

    あたし『やめる?』

    ゆうだい『いや、やめないで』

    さやか『正直でよろしい、最後までやっちゃいな』

    おちんちんくわえてじゅるじゅる吸ってやった

    ゆうだい『あああっ出る』

    AA切替 sage
  101. 101
    なまえを挿れて。 wrN6SKCY0(1) 削除

    「アン!アアン!イャン!」茜ちゃんが声をあげてきつく締めてくる。

    なすがままの茜ちゃんを抱き起こして「上になって」と

    「したことない」と話す茜ちゃんに「茜ちゃんが気持ちいいように動けばいいんだよ」と話すと「恥ずかしい」といいながら上下に

    「気持ちいい…アン!アアン!凄く気持ちいい」といいながら上下に

    「俺も動くよ」と下から突き上げると「ダメぇ!」と腰をガクガクさせてぐったり

    「イッちゃった?」と話すと頷き、寝かせて突き上げると「気持ちいいよ…気持ちいいの」と

    「俺も気持ちよくなっていい?」と聞くと「うん」と頷く茜ちゃん

    激しく打ち付けて締めてくる茜ちゃん

    「茜ちゃん!出すよ!」激しく突き上げて高まりフィニッシュを遂げる直前

    茜ちゃんは背中に手を回し、腰を両足で挟みこみながら

    「アアアッ!」茜ちゃんは射精されながら腰をガクガクさせてぐったりしていた。

    寝かせて頭を撫でて起き上がるとよだれを垂らしていた。

    「気持ち良かった?」と聞くと茜ちゃんはボーッとしたまま頷き、よだれが出てるよと拭いてあげてキスをした。

    「今日…泊まる?」と聞くと笑顔で頷き

    その夜は三回戦 翌朝、目覚めにも

    制服セックスをバッチリ撮影していた。

    AA切替 sage
  102. 102
    なまえを挿れて。 sJ1oiGYk0(1) 削除

    昔の過疎スレが懐かしい
    一年経ってないけど

    AA切替 sage
  103. 103
    なまえを挿れて。 eXTi7FbW0(1) 削除

    「あ~…出る」

    「中には出さないでください…っ!」

    「あ~出る!」

    急いで引き抜き、マキのお腹に出した。

    SEXがご無沙汰だったせいか、思ったよりも出た。

    とここで賢者モードになった俺はマキの身なりを整えて謝罪した。

    「ごめん!つい!」

    「先輩はついで女の子を襲うんですね、ふ~ん?」

    「それには、返す言葉もございません…」

    「まぁでも許してあげますよ。私先輩好きですし。」

    「それはありがたき幸せ…え?今なんて?」

    「ニ度は言いませんよ?言って欲しいなら…?」

    「はぁ…。俺はマキのこと好きだから、付き合ってくれ。順序逆になったけど」

    「え~どうしよっかな~」

    「嫌なら良いんだぞ?別に。」

    「・・・わかりましたよ~。お付き合いしますよ。」

    AA切替 sage
  104. 104
    なまえを挿れて。 SNDR4dvh0(1) 削除

    「先輩はどうなんすか?どうなんすか?」

    と酩酊状態で繰り返すとテーブルに突っ伏した。

    このまま店内で爆睡されると厄介だと思い、精算済ませて帰ろうと託すが、足元がふらついて立てない、靴履いてない状況で、周囲の視線を感じながらもおんぶして店前に呼んだタクシーまで運び乗り込んだ。

    肩口に顔を預けたまま、むにゃむにゃ意識朦朧で口元が動いていた。

    タクシーの運ちゃんが、

    「戻したりしないですよね?」

    と何度も確認していた。

    スカートからブラウスがはだけて着衣が乱れていたので、車内でウエスト辺りを触れた時から自分の身体がざわざわした。

    住んでるマンションはメーターが2回上がるくらいの距離だったので、程なく到着した。

    運ちゃんに手伝ってもらって降ろしてまたおんぶして運んだが、

    『この状況を会社の誰かに見られたら本当にヤバいな…』

    とか、

    『やっぱこいつのマンションまで送り届ける方がいいんじゃないか…』

    とか考えたが、とりあえず早く室内に運んでから考えようとその時は思った。

    AA切替 sage
  105. 105
    なまえを挿れて。 wNCoDvV+0(1) 削除

    話がつまんねーぞぉ~w

    話がつまんねーぞぉ~ww

    話の内容が全然つまんねーぞぉ~wwwwwww

    AA切替
  106. 106
    なまえを挿れて。 N6G1odFt0(1) 削除

    で、親子丼はまだですか?

    AA切替 sage
  107. 107
    なまえを挿れて。 azUJxEr40(1) 削除

    「ほら、カメラ目線でしゃぶりなさい」

    「君がアナル舐めているの映っているか?直には撮れないから、肛門に顔を近づける段階で舌を出して、止める時も舌を出しつつ名残惜しそうにしなさい」

    セックスしながら、

    「ほら、カメラに向かって微笑んで愛してるって言いなさい」

    「撮っているんだから、もっと気持ちよさそうにしなさい」

    精液を飲ませたり、小便を飲ませたりして、

    「ちゃんと映るように口を開けて。……そう、しっかり噛んで味わいなさい」

    とにかく楽しんだよ。

    項垂れて憔悴した紗枝と休憩でコーヒーを飲む。紗枝は慌てて「トイレに行かせて下さい」と懇願してきたよ。

    「ああ、それくらいいいさ。担当によってはトイレに行かせず虐める奴もいるが、俺はそういう趣味はないから」

    「あ、ありがとうございます」

    紗枝は頭を下げて礼を言ってきた。

    「その代わり、しなきゃいけないプレイがある」

    俺の言葉に青ざめる紗枝だった。

    AA切替 sage
  108. 108
    なまえを挿れて。 38gGJCpL0(1) 削除

    「お父さんのおちんちん気持ちいい…」

    紗枝はアイマスクの隙間から涙を流していた。

    「もっと激しく感情を込めて言わないと駄目だよ」

    「あん、あん、好き、お父さん、気持ちいい」

    「中に欲しいか」

    「うん、お父さん中に出して…」

    紗枝は終わると激しく泣きじゃくってた。

    俺は容赦なく「次は弟としよう」

    弟の名前を呼びながら、

    「気持ちいい」

    「**くん好き」

    「**くん愛してる」

    「もっと突いて」

    「**くんの精子お姉ちゃんにちょうだい」

    と泣きながら言う紗枝。

    お掃除フェラまで済ませて、アイマスクを取ってやると、ボロボロ泣いていた。

    AA切替 sage
  109. 109
    なまえを挿れて。 yLzdFv1y0(1) 削除

    「さっきから頭に触ってるだろ?絵美ちゃんの中に入りたいって、凄い事になっちゃってるんだ」

    と伝えます。

    既に愚息はギンギンに怒張しています。

    ようやく絵美もそれに気が付き、横目で見てズボンの上から弱々しく触れると、顔を真っ赤にしながらコクンと頷きました。

    コタツを出てベッドの上に。

    風邪引きの私でも絵美の身体は軽々と抱き上げる事が出来ました。

    ベッドの上に横たわらせた絵美の上に覆い被さり、はだけさせた胸元に唇を這わせます。

    冗談にも大きいとは言えない乳房ですが、乳首を咥えると、絵美は

    「んっ、んんっ」

    と呻くような声を上げます。

    そのまま自分もズボンを脱ぎ捨てると、文字通り期待に膨らんだ息子が直で見えたのか、絵美が

    「あっ・・・」

    と怯えたような声を上げました。

    AA切替 sage
  110. 110
    なまえを挿れて。 wEIBDWrc0(1) 削除

    学生の頃ならこんな時は容赦なく中出しでしたが、26にもなると頭の中に「責任」という言葉がちらつきます。

    抜こうか抜くまいか迷いましたが、私に抱きついて喘いでいる絵美が妙に愛おしく感じて、結局

    「少しだけ激しくするよ」

    と囁きかけていました。絵美が胸元でコクコクと頷きます。

    深めに突き込む度に喘ぎながら絵美は全身を痙攣させ・・・そして、私は彼女の一番深い所に自分の精子を注ぎ込みました。

    しばらく余韻を味わい、彼女の体内から息子を引く抜くとハッキリと赤い血がまとわりついていましたが、不思議と精液は零れ出てきませんでした。

    落ちついてきた絵美に

    「大丈夫?」

    と声を掛けると、絵美は奥の感覚が敏感なのか。

    「痛い・・・けど・・・でも、お腹の中が凄く温かい」

    と呟きます。

    私が全部中で出してしまった事を伝えると、ぼんやりした顔で

    「あ・・・赤ちゃん・・・出来ちゃったら・・・どうしよう」

    AA切替 sage
  111. 111
    なまえを挿れて。 GPUqQh/Q0(1) 削除

    いつまでやんの?これ

    AA切替 sage
  112. 112
    なまえを挿れて。 Gxl7rspF0(1) 削除

    コテ付けないからNGにできなくてほんと鬱陶しい
    どうせ誰も読まないのに

    AA切替
  113. 113
    なまえを挿れて。 jYdLI2Gh0(1) 削除

    アンカーを「玲奈彼氏書き込み擁護派」に向けてだったから
    当然「玲奈彼氏拒否派」の人が書いてると指摘したら
    アンカーを打たなくなった

    今更誤魔化しても無駄だぞw

    AA切替
  114. 114
    なまえを挿れて。 bTrjKNPZ0(1) 削除

    結菜「ねえ・・・さっきのクリーム・・・使わないの?」

    顔を赤くして結菜が言った。

    俺「結菜もして欲しいんだね?わかったよ」

    俺はキッチンからさっきのボウルを持ってくると結菜を寝かせ、クリームを身体に垂れ流した。

    そして結菜のおっぱいにむしゃぶりついた。

    結菜「はぁぁっ・・・いいっ・・・きもちいいょ・・・」

    俺「なんだかんだ結菜も好きだなw」

    俺はしばらく結菜の身体に付いたクリームを舐め回した。

    そして股を開かせ、マンコの割れ目にクリームを付け、再び舐め回す。

    結菜「はぁんっ!あんっ!あんっ!」

    結菜は時折身体を震わせながら可愛い声を上げる。

    俺「結菜のアソコのクリーム美味しいよw今度は指でいかせてあげよっか?」

    結菜「うん・・・あ、ベッド濡れちゃうからお風呂場でお願い・・・」

    俺「そうだね、結菜たくさん潮吹いちゃうからねw」

    俺と結菜は今度は風呂場へ移動すると、ニーハイソックスは履かせたまま結菜を立たせた状態で指をマンコに入れて激しく動かした。

    AA切替 sage
  115. 115
    なまえを挿れて。 WJotm35/0(1) 削除

    結菜「はあぁぁんっ!ああんっ!」

    風呂場に結菜の喘ぎ声が響いた。

    結菜のマンコはグチョグチョになると、愛液がダラダラとニーハイソックスを伝い垂れてきた。

    「クチュクチュクチュクチュっ!!」

    いやらしい音と結菜の喘ぎ声が響く中、結菜の割れ目から激しく飛沫が飛び散った。

    結菜「いやぁぁぁぁぁっ!だめぇっっ!!」

    結菜はガクンっと力尽きたようにその場に崩れ落ちた。

    すかさず俺は結菜を起こすと今度はキッチンに立たせた。

    まだ意識朦朧としている結菜をキッチンの流しに両手をつかせて尻を突き出させる。

    俺はそのままバックからチンポを挿入してやろうと思ったが、ふと先ほどのホイップに使った泡立て器が目に入った。

    俺は咄嗟にその泡立て器の手に持つ棒の柄をなぜか結菜のマンコに差し込んでみた。

    AA切替 sage
  116. 116
    なまえを挿れて。 j+qbZ6Vy0(1) 削除

    結菜「はぁんっ!!」

    俺「結菜はやっぱりこれが好きなんだよな?w」

    俺はバックから結菜の細い腰を掴み、小ぶりながら丸い尻をパンパンっと音を立てながら突きまくった。

    結菜のマンコがいつも以上に締め付けてきた。

    俺「うう、凄いな・・・結菜気持ちいいよ」

    結菜「あんっあんっ!私もっ!気持ちいいっ!!あんっ!」

    俺はラストスパートに向け一旦腰の動きを止めた。

    結菜「はぁぁ・・・もういったの?」

    俺「もう少しだよ、今日は中はヤバい日かな?」

    結菜「ヤバいとか関係なくいつも中で出してるじゃん・・・」

    俺「そうだっけ?wじゃ今日も中で出すよ」

    結菜「もぉ・・・」

    俺は再び腰の動きを再開させた。

    AA切替 sage
  117. 117
    なまえを挿れて。 pwNJdFYh0(1) 削除

    思い切り突きまくるとそろそろ限界がやってきた。

    パンパンパンパンっ!!

    結菜「はあああぁぁぁぁっ!あんっ!あんっ!」

    俺「ああ、いくっ!中で出すぞ!うっ!」

    俺は結菜の中に精子を放出した。

    これで結菜の中に放出するのは何回目だろうか?

    いつも中でいった後に思うのは、よくこれだけ中出ししているのに妊娠しないのだろうか?といつも思ってしまう。

    まあ子供ができたらそれは別に構わない、俺はそう思っている。

    ニーハイソックスを脱いで結菜は風呂場へシャワーを浴びにいった。

    俺は風呂場のドアを開け結菜のシャワーを浴びる姿を覗いていると気付かれてしまった。

    結菜「もぉっ!覗かないでっ!」

    いつもの結菜に戻っているようだった。

    シャワーから出てきた結菜は、

    結菜「今日は3万でいいですからね、家賃と合わせて月末に請求しますから」

    澄ました顔つきで言った。

    AA切替 sage
  118. 118
    なまえを挿れて。 LX6wlE7H0(1) 削除

    結菜「はあんっ!あんっ!」

    俺「ほら綾菜ちゃん、そこで寝てないでよく見てみ?」

    綾菜は起き上がると、俺と結菜の結合部分をしっかり見ていた。

    綾菜「お姉ちゃん毛がないから凄いハッキリ見えるよ?めっちゃエロい!」

    俺は結菜とハメながら横にいる綾菜の大きな胸を鷲掴みにして揉みまくった。

    美人姉妹を相手にこんなプレイができるなんて夢のようだった。

    俺「ああ、いきそうだ!」

    パンっパンっパンっパンっ!

    俺「うっ!!」

    俺は結菜の中に精子を発射した。

    綾菜「えっ!?中で出したの?」

    俺「結菜は中出しオッケーだからね。綾菜はゴム付きじゃなきゃダメなんでしょ?」

    綾菜「お姉ちゃんにばっかり出してズルいっ!私にも出してよ!」

    可愛い顔とは裏腹に完全にエロモード全開になっているようだった。

    AA切替 sage
  119. 119
    なまえを挿れて。 SgjSCeTN0(1) 削除

    「オチンチン、大きくて気持ち良いです!」

    と言って、上下運動する咲。

    咲の腰の動きは、まだまだぎこちないが、オマンコを押し付け、気持ちよさそうに動く。

    「アン、気持ち良いです!」

    と言う咲。

    俺は下から突き刺しながら、咲の胸を揉んでいると、

    「また、イキそうです!イキます!」

    と言って、俺に倒れ込んだ。

    咲を再び正常位にしてオマンコにチンポを突き刺し、咲の胸を揉みながら、動きを早めた。

    俺がそろそろイキそうになった。

    「咲!イキそう!出すぞ!」

    「はい!私も気持ち良いです!出して下さい!」

    「咲!イクッ!咲!咲!」

    と言って、咲の膣内に精子を出した。

    AA切替 sage
  120. 120
    なまえを挿れて。 zRdRIdp20(1) 削除

    2ちゃんねる事態が過疎になって投稿者が減ってるのに嵐は増えてる。本当にガッカリ

    AA切替 sage
  121. 121
    なまえを挿れて。 i0wI/rZU0(1) 削除

    比率の問題では?

    AA切替 sage
  122. 122
    なまえを挿れて。 56TogHdD0(1) 削除

    ここまできて挿入を拒否され、何も出来ないのを不憫に思ったのか、あるいは綾自身が我慢できなくなったのかはわからないが、綾が剛に優しい声をかけた。

    『わかりました。あの…してもいいですから…その…えっと…その代わり、ゆっくり…お願いします…』

    さすがの健二も綾を気遣った。

    『だ、大丈夫?』

    綾は顔を引きつらせて答えた。

    『は、はい…多分…ゆっくりなら…』

    それを聞いた剛は頷き、早速挿入の体制に入った。

    時間は残り10分くらいだ(と3人は思っている)。

    健二は腰を振って綾にパイズリを続けさせながらも、剛の挿入が気になっているようだ。

    綾も綾でおっぱいを寄せて健二のちんぽを挟み込んでいるが、意識は下半身に集中しているようだった。

    『ヒァッ!』

    綾が悲鳴の様な声を出す。

    剛が言った。

    『いや、まだあてただけです。』

    綾が謝った。

    『ご、ゴメンなさい…怖くて…でもあてられただけで、ものすごい大きいのがわかる…』

    AA切替 sage
  123. 123
    なまえを挿れて。 ENp1mjSw0(1) 削除

    「俺も限界だって、中で出すぞ」

    と舌を絡めながらそう言うと、

    「中らめっっ…ぁあぁぁぁっっ…しゅごぃぃぃっっっ!!しゃちょぉっっっ…中はらめだよっっ…」

    「イケなくてもいい?」

    「やらっ…イかせてっっっ…ぁあもぉゃばぃぃぃぃっっっ…!!」

    「じゃあ中で出すぞっっ」

    「やらっっ…ぁあぁぁぁっっ…イクっっ…ィっちゃぅィっちゃぅィっちゃぅぅぅぅっっっ…!!」

    「イクのかイかねーのか!?」

    「ぁぁぁあぁぁぁイクイクイクイクイクぅぅぅぅぅぅっっっ…!!」

    「もう無理っっっ…オラぁぁあぁぁっっ!!」

    「ぁぁあぁぁっっ…!!はぁぁぁぁあああんっっっっっ…!!」

    俺とアイナはほぼ同時に絶頂に達し、俺はアイナのマンコへと中出しをしてしまった。

    俺はその快感に浸りながら、果たしてアイナは中出しを本当に了承してたのか少し不安に思ったが、イキまくって全身をビクンビクンと痙攣させているアイナを見て、

    「こんな可愛い子をぐっちゃぐちゃになるまでイカせまくって、さらに中出しした」

    AA切替 sage
  124. 124
    なまえを挿れて。 mNeIR77k0(1) 削除

    アンカーを「玲奈彼氏書き込み擁護派」に向けてだったから
    当然「玲奈彼氏拒否派」の人が書いてると指摘したら
    アンカーを打たなくなった

    今更誤魔化しても無駄だぞw

    AA切替
  125. 125
    なまえを挿れて。 jD9jqZGD0(1) 削除

    >>97
    この板でワッチョイ有りのスレ見たことないんだが、ワッチョイ有りで立てれたっけ?

    AA切替 sage
  126. 126
    なまえを挿れて。 vgJt1+lM0(1) 削除

    「姉ちゃん、コンドーム着けないとダメだよ」

    と言うと姉は

    「安全日だし、姉弟だから大丈夫!」

    と言って更に腰を動かしながらキスをして来た。

    (姉弟だから大丈夫!と言う姉の考え方が理解出来ない)

    そのうちに射精そうになった俺が

    「姉ちゃん、そろそろ出そう」

    と言うと姉ちゃんは

    「いいよ、いっぱい気持ち良くなって!このまま中に出していいよ!」

    と言った。

    我慢出来ずに姉ちゃんの中に精子を出してしまった。

    すると姉ちゃんは

    「気持ちよかったよ」

    と言って再びキスをして来た。

    現在姉は結婚して、旦那さんと子供2人と仲良く暮らしているとの事です。

    俺も、姉が結婚してすぐに未来さんと結婚して、子供1人と幸せに暮らしています。 由香里さんはと言うと、未だ独身との事です。

    AA切替 sage
  127. 127
    なまえを挿れて。 2viYEiaW0(1) 削除

    画像うpまだぁ~?

    AA切替
  128. 128
    なまえを挿れて。 aFlmtCJ00(1) 削除

    同居女性の娘と”わいせつ行為” 監護者性交等容疑 男を逮捕
    2017/09/07 11:47

    同居している女性の17歳の娘にわいせつな行為をしたとして、
    福岡市の男が監護者性交等の疑いで逮捕されました。
    この容疑での逮捕は県内で初めてです。

    逮捕されたのは福岡市に住む25歳の会社員の男です。

    警察によりますと男は7月20日午前1時ごろ、交際し同居している女性の17歳の娘に対し、
    未成年だと知りながら自宅でわいせつな行為をした疑いです。

    娘から事情を聞いた学校関係者が行政機関を通じて警察に情報を提供し、逮捕に至りました。
    男は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

    監護者性交等罪は7月の刑法改正で新たに設けられ、
    親などの監護者が18歳未満の子供にわいせつな行為をした場合、暴力や脅迫がなくても処罰できます。

    県内での逮捕はこれが初めてです。

    テレビ西日本
    http://www.tnc.co.jp/news/articles/NID2017090700488


    【福岡】同居している女性の17歳の娘に”わいせつ行為” 監護者性交等容疑で会社員の男(25)を逮捕©2ch.net
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1504775663/
    落葉🍂 【福岡】同居している女性の17歳の娘に”わいせつ行為” 監護者性交等容疑で会社員の男(25)を逮捕(2)

    AA切替 sage
  129. 129
    なまえを挿れて。 2viYEiaW0(2) 削除

    玲奈ちゃんはjc3だから違うな

    AA切替 sage
  130. 130
    なまえを挿れて。 5T9/epvv0(1) 削除

    この板はSLIP表示できないよ

    AA切替 sage
  131. 131
    なまえを挿れて。 dx3iAC/y0(1) 削除

    俺「そろそろいいかい??」

    私もこんな綺麗な女性と滅多に経験がないので我慢の限界にきて、ゴムをつけようとするとゴムは痛いからと生を志願された。

    最初は正常位から入れると

    咲樹「やばい、もう逝きそう…」

    そんなにサイズには自信はないが、体の相性はかなりよかったらしい。

    私は最初はゆっくりと向かい合い、キスしながら腰を振るとかなりあっちも腰を振ってきて、もっと早く振ってくれという合図をされた。

    でも私は天の邪鬼なので、それを無視して動きを止めようとした。

    咲樹「もーいじわる…あん!いき…なり振ら…な…いで!あん!もぉ…!」

    そこから座位にしておっぱいを吸いながらあっちが動いてくれた。

    ガバガバではなく、程良く締まった中でかなりの快楽があったのは言うまでもない…。

    座位→騎乗位→バック→正常位とやり、射精感が出てきたので

    俺「そろそろ出そうだわ、どこに出してほしい?」

    咲樹「…中に出して!いやん…離さないからね?」

    と言われ、咲樹が手で私の腰を抑えて逃げられないポジションになり、とんでもない量の精子が咲樹の中で出してしまった。

    AA切替 sage
  132. 132
    なまえを挿れて。 jZrUZqCU0(1) 削除

    大家親子とはどうなったの?

    AA切替 sage
  133. 133
    なまえを挿れて。 wUvYcFAn0(1) 削除

    「オッケー♪口の中に出してもいいよ。全部飲んであげる♪」

    美月はペニスを再び咥えると、唇でペニスを扱き、舌をペニスにねっとりと絡めだした。俺は心の中で口ではなく美月の体にぶっかけたいと思ったが、彼女の機嫌を損ねるのもなんなので、言うとおりにする。

    「んぶっ!ぢゅるっ!ぶちゅっ!んんぶっ!んぅぅっ!」

    ポニーテールを揺らしながら、下品な音を立てて美月が射精に導くフェラチオを繰り広げる。俺は美月の髪を撫でつつも脚をガクガクと震わせて快感に身を委ねていた。そして2発目を美月の口内目掛けて放つ。

    「んぶっ!んぶぅぅっ!んぅぅぅううっ!!!」

    何度か美月の口内に精液を放った事はあったが、その日は珍しく美月が目を見開いて驚いていた。溜めていたので量が普段よりも多かったからだ。

    「ンングッ!・・・んん~~~っ!」

    射精が終わると俺はペニスを美月の口から引き抜いた。その際精液が美月の口元からこぼれ落ちそうになる。美月は眉間に皺を寄せつつ、手で口を塞いで溢れ出そうな精液を押さえていた。

    引き抜いたペニスからは残っていた精液がちょっとだけびゅびゅっと飛び出た。俺の念願どおり、精液がレオタードの胸元を汚す。

    一方美月は吐き出された精液を処理するのに必死になっていた。量が多かったのか飲み辛そうだ。

    「ング・・・ッ!ンンッ~~~!!・・・はぁ・・・はぁ・・・すっごい量・・・」

    口元をザーメンまみれにしつつ、精液を飲み終えた美月が辛そうな表情で俺を見た。俺はお礼を言いつつ、壁に手を付かせてお尻を突き出させると、屈んでレオタードの上からオマンコを弄りだした。

    AA切替 sage
  134. 134
    なまえを挿れて。 d/ZgGUDr0(1) 削除

    「はぅぅぅ・・・ああっ・・・ああん・・・」

    レオタードを強引にずらしてマンコに触れると、そこはすでにヌルヌルで挿入しても良い頃合だった。
    だが俺はレオタードに包まれた美月のお尻に顔を埋めて思いっきり息を吸い込んだり、レオタードの上から何度もオマンコにキスをして愛撫を繰り返し、お互いの気分をより一層淫らに昂ぶらせていった。

    「ああっ!いいよ・・・感じる・・・!ああん!」

    ゆっくりくねくねと腰を動かして美月が俺のクンニで身悶える。まるで淫らな踊りを見せ付けるような仕草だ。興奮した俺は更にクンニを激しくしていく。
    レオタードの股間の部分を横にずらして直接マンコを嘗め回してみたが、レオタードがフィットして股間を覆い隠していたためか、普段以上にむせ返る愛液の臭いが強かった。

    「ああぅん!ああぅ!はぅぅん!そんなにしたらもうイっちゃう・・・ッ!!」

    じゅぱじゅぱと音を立ててクリトリスを舐めると美月の喘ぎ声が甲高くなっていった。美月はかなり感じているのか俺の顔に遠慮なく股間を押し付けてくる。おかげで鼻がぶつかって痛いくらいだ。

    「ああっ!んん~~~っ!んぁぁぁああん!!」

    ガクガクっと体を震わせて、美月はイッた。美月は何度も俺の頭を撫で回しながらオルガズムの余韻に浸っていた。だがその余韻に浸っている最中も、俺は緩やかだがクンニを止める事はしなかった。何度もアソコにキスをしては美月をより淫らに昂ぶらせていく。

    美月が落ち着くと、俺は美月のお尻を掴み、立ちバックで挿入しようとした。その時だ。

    「ねえ、生でしちゃおっか・・・」

    美月が淫らに微笑み、避妊もしないでペニスを求めてきた。自らペニスを掴んでマンコに導こうとする。

    俺は不安に思いつつも、何度も美月に本当にしていいのか尋ねた。

    AA切替 sage
  135. 135
    なまえを挿れて。 hetFtHtr0(1) 削除

    一行を気持ち短くして改行したほうがよいね

    どっちみち読まないけどw

    AA切替
  136. 136
    なまえを挿れて。 hetFtHtr0(2) 削除

    膳場さんと玲奈ちゃん親子がどうなったか聞きたいわ
    玲奈ちゃんが母親の事が好きで彼氏との事(肉体関係)も認めてるなら
    完全に母娘との3P可能だとハァハァしてるんだがね

    ロリコンなんで大家ちゃんとも続いてるのか気になる

    AA切替
  137. 137
    なまえを挿れて。 LBuqvRLA0(1) 削除

    この手のスレで小説仕立てのゴミレスなんて読むわけないわな
    そういうのを投下したければ他にもっと適したスレがある

    AA切替 sage f1 >>138
  138. 138
    なまえを挿れて。 NwwGgeaR0(1) 削除

    >>137
    こいつは飲み屋のママを口説くソープ好きのジジイの話を投下し続けてる馬鹿と同類項

    AA切替 sage
  139. 139
    なまえを挿れて。 weZ6NMX50(1) 削除

    おいおい、まだやってんのかよ
    本スレはどっかに移った?

    AA切替 sage
  140. 140
    なまえを挿れて。 sqXtUTYt0(1) 削除

    この女とSEXがしたい!

    もっと、もっと、犯したい!

    じゅぼっ!じゅぼっ!じゅぼっ!じゅぼっ!

    腹の底が熱く高まり、全力で女の中に射精した。

    ビュッ!ビューッ!

    それでも勃起が治まらず、ぐちゅぐちゅになった女のま○こをさらに激しく突いた。

    2人ともあまりの気持ち良さに頭の中が真っ白になり、汗だくになりながら夢中で何度も、何度も繰り返しSEXをした。

    もう、何回射精したかわからない。

    全身から湯気を立ち上らせて女の子の隣に倒れこむと、彼女はぬるぬると滑(ぬめ)る熱い体を押し付けてきた。

    オレはオレの精液でべとべとになった彼女の唇にキスをした。

    「ゴメン・・・服、べとべとになっちゃった・・・」

    「うん、いい・・・すごかったね・・・わたしも我慢できなくって・・・」

    服はフロントに言ったら次の日の朝にはアイロン掛けまでされてました。

    それと彼女とは今でもよく会う。

    もちろん、キスはライムの味がするよ。

    AA切替 sage
  141. 141
    なまえを挿れて。 hh0Reb5B0(1) 削除

    悪友「オレ、あの巨乳のモデルとやっちゃったよ」

    オレ「・・・オレもやった」

    悪友・オレ「お前と穴兄弟かよ!」

    浴槽にお湯を張り、シャワーを浴びながらそんな事を思い出して1人笑っているとタオルを胸に当てただけの全裸の天使が浴室に入ってきました。

    「ワタシも汗、流したいカラ・・・」

    「うん」

    オレたちはお互いの背中を流し合い、お土産で買っていた泡の入浴剤を入れた浴槽に一緒に浸かりました。

    こんな風に何気無い時間を一緒に過ごしていると、朝にはやってくる別れを想い切なくなります。

    オレは天使の碧い瞳をじっと見つめました。

    吸い込まれそうに美しい。

    「何で、そんなに見つめるの?」

    「目の奥で、キミを描いている。オレの心の中に、決して消えないペンで・・・」

    碧い瞳の天使は少し顔を赤らめ、恥ずかしそうに俯く。

    その姿が画家のブグローが描く女性像そのもので、美しさと同時に愛おしさを感じました。

    「そうか、こんな単純な事だったんだ・・・」

    AA切替 sage
  142. 142
    なまえを挿れて。 axDNYF+O0(1) 削除

    情けない事に今度はオレが声を上げてしまった。

    フェラでソフトに亀頭を吸い込まれている感じ。

    先端が子宮口にあたると堪らずオレは大量の精子を放出した

    びゅるっ!びゅるびゅるっ!

    天使は満足そうな笑みを浮かべ、俺の精子を膣の奥で受け止めている。

    その表情があまりに可愛かったのでオレは射精しながらキスをした。

    「ァアッ・・・ン、ハァ、ハァ」

    射精すると、当然の事ながら吸い込み感は無くなった。

    しかし勃起は全く納まっていない・・・立て続けにSEXしないと決めていたが・・・、

    (今、あんまり動かさなかったし大丈夫だろう?)

    オレは上体を起こすと力強くピストン運動を始めた。

    「あんっ!ああんっ!あっ!あっ!あっ!あっ!・・・」

    オレの動きにあわせて天使が甘い喘ぎ声をあげる。

    愛液とオレの精液でぐちゅぐちゅになったまんこがいやらしく音を立てる。

    ぶちゅっ!ぐちゅっ!ぐちゅっ!ぐちゅっ!ぶちゅっ!

    激しく動きながらオレは天使の脚を掴み、足の指先を舐めた。

    AA切替 sage
  143. 143
    なまえを挿れて。 HnAGP9bf0(1) 削除

    「アンッ!アンッ!アンッ!アンッ!アンッ!アンッ!」

    2回も出したのでそうそう射精感はやって来ない。天使の尻をがっしり掴み左右に広げるとさらに激しく突いた。

    ぱんっ!ぱんっ!ぱんっ!ぱんっ!ぱんっ!ぱんっ!

    「アンッ!アンッ!アンッ!アンッ!アンッ!アンッ!」

    飽くことなく腰を打ち付けていると、妙な事に気付いた。

    はっきりそうだと分かったわけではない。

    でも、恐らく・・・この金髪の天使はアナルセックスをしている。

    彼女の肛門は今まで見たどの肛門よりも不思議に深く窪んでいた。

    ただそれだけなのだが・・・

    おれはまんこに打ち付けていたペニスを引き抜くと、天使のアナルにあてがった。

    彼女は一瞬びくっ!と体を震わせた。

    (違うのか?)

    挿入をためらうと、天使は嫌々するような感じで腰を左右に振り始めた。

    (これは嫌がっているのではなく・・・)

    入れさせようとしている?

    オレは天使の尻を掴む手に力を込めると、ぐいっと精子と愛液でぬるぬるのペニスを突き入れた。

    AA切替 sage
  144. 144
    なまえを挿れて。 vK1tuanh0(1) 削除

    「ユウくんっ、あれ、ゴムは・・・」

    「ごめん生。キナ見てたら耐えられなくて・・・!」

    もうあと先は全く考えてなかった。

    ただ生で擦れる感触は最高で、にゅるにゅるしていながらキナの膣内の感覚がより分かった。

    ダメと言いかけたキナも生の快感には耐えきれず、そのまま身を許して甘い声をあげ続けた。

    「ユウくんっ、ユウくんっ、あっ、気持ちいいよ、あっあっあっああ・・・!」

    「キナ・・・俺も気持ちよすぎる・・・」

    舌を絡めてのキス。

    その後はただひたすらキナに欲望をうちつけた。

    もう2人とも喋るほどの力もなく、ただひたすら快感しかなかった。

    「キナ・・・もうイキそう・・・」

    「いいよ・・・中で出して・・・奥にいっぱい出してぇ・・・」

    そう言うとすぐに射精感がこみ上げてきて、思いっきりキナの中にぶちまけた。

    ちんこを引き抜くと、白い精液がどろっと出てきた。

    「はぁ・・・はあ・・・中に・・・」

    AA切替 sage
  145. 145
    なまえを挿れて。 yK1VkLr60(1) 削除

    ここまで来て「本番はダメ」とは言える空気ではないので、俺は沙織がヤられるのは仕方ないと諦めていた。

    それは沙織も同じだったようで、のそのそとした動きではあったが四つん這いになった。

    「挿れるよ」

    悠太は自分のモノを沙織に当てがうと、ずぶっと奥まで挿入した。

    「あっ……ヤバい、ちょっと待って」

    すぐに取り繕ったが、入れられた瞬間、沙織がかなり気持ち良さそうな喘ぎ声を出した。

    俺も、そして悠太も当然それを見抜いている。

    「大丈夫大丈夫、動くよ」

    そう言うと悠太は沙織の腰をガッシリと持ち、ピストン運動を始めた。

    「んっ、んっ、あっ、ちょっと待ってっ、んっ、んっ、あっ」

    「待って」と言っていたが、沙織が感じているのは誰の目にも明らかだった。

    先ほどまでの我慢していたような喘ぎ声とは違い、我慢出来ないとでも言うように喘ぎ声を出している。

    確かに先ほどとは違い、四つん這いなので手で口を抑えることは出来ていないが、それを差し引いてもさっきより声を出している。

    「あっ、あっ、あっ、んっ、んっ、んふっ、あっ、あっ、あぁっ、あっ」

    時々我慢しようと口を固く結んでみてはいるが、すぐに綻んでまた声が漏れてしまっている。

    沙織は何とか逃れようと腰を動かそうとしていたが、悠太がガッシリ抑えているため少しも動かす事が出来ないようだ。

    AA切替 sage
  146. 146
    なまえを挿れて。 5XpBotKx0(1) 削除

    タツヒコ「池田さん!俺、初めて見ました!それって、真珠が入っているんですよね、凄いすね!」

    エイジ「池田さんのチンポには、16個の真珠が入っていて、一度味あうと癖になるみたいやで!」

    池田は、どや顔してお掃除フェラをしてぐったりしている真理子を起こして外の露天風呂に向かい、それに続きタツヒコも服を脱いで俺のビデオカメラを持って向かいました。

    しばらくして、真理子の感じている声とパンパンと突かれている声と音が聞こえてきました。

    真理子「あッ・・・あッ・・・やぁあ、おかしくなちゃううッ、ひうッ、あッ

    ・・・あッ・・・あ゛ッ、あ゛ッ、す、凄い・・・変になちゃうぅぅ~アァ~こ、こんなの~~~おちんちん初めて~だめェ~あん、あん、いぃ~イィ~」

    タツヒコ「ねぇちゃん、気持ち良さそうやな、俺も気持ちいい事してくれ、ほら、咥えろ!ウヒョーメチャクチャ気持ちいいやんかーねぇちゃんのフェラ気持ちええどー!」

    俺からは見えませんが、俺の想像だと真理子は、四つ這いにされて池田からバックから犯されて、前からタツヒコのチンポをフェラさせられているんだろうと思って、
    そして、真理子の感じているいやらしい声が刺激して、チンポが勃起してきて真理子の犯されている姿を見たい気持ちが高ぶっていました。

    真理子「ぢゅるぢゅる、ん゛ふっ・・・うぅぅ、ひゃあ~あ゛ッ・・・あ゛ッ・・・だめェ・・・あ・・・あぁぁぁぁ、さ・裂けちゃうぅぅッ・・・す、凄い、イィ、イィ、イ・いちゃう逝く、逝く、あぁぁぁぁー」

    タツヒコ「あーあーまた、たっぷりと中に出して、ねぇちゃん、マンコを綺麗に洗ってやるよ。」

    そして、さっきより激しい音が聞こえてパパン、パパン、と真理子がタツヒコからバックで犯されている感じで、真理子のいやらしい声と聞こえてきました。

    真理子「アハァ、アァ、あん、あん、も・・・もォ・・・あ゛ッ、だめェ~

    AA切替 sage
  147. 147
    なまえを挿れて。 KoIBPdPK0(1) 削除

    なんだか童貞がエロ小説やエロ漫画読んで覚えた単語の羅列だな

    AA切替 f1 >>150
  148. 148
    なまえを挿れて。 Q5PExjpK0(1) 削除

    「ダメ、そこはもう・・・これ以上はダメ」

    両手で押さえられたが、今更止めれるわけが無かった。

    キスで口を塞ぎ、スカートを捲り上げてショーツに触れた。

    指の腹で優しく刺激を続けると湿り気が増してくる。

    もう十分だと感じたので指を入れた。

    先生の中はとても熱く、とても・・・濡れていた。

    「はぁん・・・もう止めよう、ねっ。教師と・・・あっ、生徒がやったらあかんって・・・」

    「せんせぇ・・・もう止まらないよ。ん・・・」

    「口でしてあげるから・・・」

    「え?」

    そう言って先生は俺のモノを口に含んだ。

    初めてのフェラは想像していたよりも快感だった。

    ずっと我慢していたものが弾けた。先生の口の中で。

    AA切替 sage
  149. 149
    なまえを挿れて。 j5bBttnY0(1) 削除

    「んんっ、ごほっごほっ」

    「ご、ごめん、中で出しちゃって」

    「ううん、気にしないで」

    劣情の大部分は床に飛んだが、一部は口の中に残ったままだ。

    先生はごくりと嚥下してくれた。

    それを見たら非常に、余計に愛おしく見えた。

    着衣の乱れを直し、立ち上がった先生を思わず後ろから抱き締めた。

    「あっ、もう・・・ダメよ」

    「せんせぇの中に・・・入れたい」

    そう言ってもう一度スカートを捲り上げ、ショーツをずらしバックから挿入した。

    先生は教卓に倒れこむような体勢で、私はその上に覆い被さるようにして獣のように突いた。

    もう何も考える事は出来ず、ひたすらに突いた。

    AA切替 sage
  150. 150
    なまえを挿れて。 0+25OnKk0(1) 削除

    >>147
    激しく同意

    AA切替
  151. 151
    なまえを挿れて。 SXEWT7k90(1) 削除

    「やっ、ぱりっ、エッチはダっ、メだよぉぅ、浮気になっちゃうよぉぉ」

    と喘ぎ声混じりの彼女に、私は愛撫を続けながら

    「でも凄く感じてるんでしょ?気持ちいいんでしょ?」

    と聞きました。

    「す、すごッ、くぅっ、キモチイィ!キモチぃイイっ、けどぉ・・・」

    と彼女。

    そんなやり取りが何度か続き、彼女が幾度か絶頂を迎える間に私も下着を脱ぎ、下半身丸出しの状態になりました。

    「イクゥ」とか叫ばれたわけでは無いので、正確には彼女がオルガズムに達したのか分かりませんが、大きく仰け反って、無言で口をパクパクさせる状態に何度かなっていました。

    その時の着衣の状態は、

    彼女→パジャマの上着(ボタン全開)のみ。乳房・下半身丸出し。

    AA切替 sage
  152. 152
    なまえを挿れて。 wZ6lQpjh0(1) 削除

    「入れていい?」

    と聞くと、

    「イっ、入れっ、ちゃ、ダメぇ、だよぅっ」

    と彼女。

    「でも、凄く感じてるじゃん。したくないの?入れて欲しくないの?」

    と私。

    「しっ、したいぃっすごっ・・くぅっ、したいけどぅっ・・・!!!」

    彼女が言い終わるか言い終わらないかのうちに、私はペニスを彼女の下腹部に根元まで挿入しました。

    その瞬間、彼女は今までで一番大きく仰け反り返り、小さく口をパクパクとさせました。

    彼女の中はとても熱く、愛液で激しく溢れながらもねっとりと私のペニスを包み込みました。

    "蚯蚓千匹"や"数の子天井"とかではなかったのですが、彼女の中はそれより過去に関係を持ったどの女性のモノよりも気持ちよく私のペニスを熱く包み込み、時には優しく締め付けました。

    正直、当時付き合っていた本命の彼女よりも気持ちよかったです。

    AA切替 sage
  153. 153
    なまえを挿れて。 1aE361wb0(1) 削除

    アラシはスルーだぜ

    AA切替 sage f1 >>154
  154. 154
    あほ wfgSDLbk0(1) 削除

    >>153
    完全スルー出来ないアホ

    AA切替 sage
  155. 155
    なまえを挿れて。 hdm4kXM/0(1) 削除
    AA切替 sage
  156. 156
    なまえを挿れて。 u6ZvK5y10(1) 削除

    インスルーとアウトスルーはどこに入りますか?

    AA切替 sage
  157. 157
    なまえを挿れて。 kCZwJlrl0(1) 削除

    兄貴はやはり逮捕されたのか?
    膳場さんと玲奈ちゃんとの3P出来たか気になる

    だが、反兄貴の輩が
    徹底した嫌がらせ書き込みしてちゃ
    ここを読んでもいないかな

    AA切替
  158. 158
    なまえを挿れて。 Q3PAuAnN0(1) 削除

    キメセクしてたら、親子丼したくなって、
    女の子が生まれたらやらせろよって中出しして妊娠させたんだ。
    そしたら、それからめっちゃ怯えて中絶したからやめたほうがいい。
    もちろんそれが原因で別れた

    AA切替 sage f1 >>159
  159. 159
    なまえを挿れて。 orlHbz630(1) 削除

    >>158
    夢うつつの話かな

    AA切替
  160. 160
    なまえを挿れて。 /9GcxeO40(1) 削除

    「そろそろお昼ですねー。何か頼みましょっか。先輩?」

    「そうだな」

    持ってたメニューを渡そうとした時、

    「見せてくださ~い」

    と言って、マキは四つん這いで親父座りをしている俺の上に手をついて、メニューを見ていた。

    「その体勢にする必要が…あったのだろうか…!」

    「ん~。なんとなく?」

    そうか、何となくで人に谷間を見せるのか…。

    こっからは理性との勝負だな、とか思ってふとマキが元いた席に視線を移そうとした時、マキのパンツが一瞬見えたと思った。

    うちの高校のスカートは短いので、少し前に屈めば、上の部分が引っ張られ、見えるのだろう。

    これで理性が完全に吹っ飛んだ俺氏。

    だがまだだ。俺は最後の信念、"マキに嫌われたくない"だけで何とか持ってた。が、

    「先輩?どうかしたんですか?」

    俯いて思考を落ち着かせようとしてた俺にマキが下から覗き込むように、上目遣いで見てきた。

    これで一気にカセが外れた俺は、マキの手を掴んで、ソファに寝転ばせた。

    AA切替 sage
  161. 161
    なまえを挿れて。 ISlF/JbV0(1) 削除

    「えっ…?先輩…?」

    戸惑うマキに、キスをした。普通の。

    「ええっ?!…先…輩?」

    マキは更に戸惑っていた。

    そんなマキにまたキスをした。ただし、今度はディープだ。

    「んん?!んんっ!!ん~ん~」

    何かを言おうとしてるマキを無視して舌を絡める。

    口を離すと、

    「先輩…恥ずかしいです…やめてください…」

    とまた上目遣いで見てくる。

    これを愛おしく感じた俺はもう一度ディープキス。

    「んっ…んん…」

    今度は甘い声を漏らすマキ。

    それで更に興奮した俺は、マキと口で繋がったまま、シャツのボタンを外していった。

    マキは目を見開いて驚いていたが、無視してボタンを外していくと、水色のブラと、綺麗な白い肌が露わになった。

    AA切替 sage
  162. 162
    なまえを挿れて。 L3YYwJAy0(1) 削除

    テニス部とはいえ室内テニスコートで練習してるから焼けてないのだろう。中学の時は焼けてたけど。

    今度は少しマキの身体を起こし、背中に手を回すと、ブラのホックを外した。

    すると今度は綺麗なピンクの乳首を持つ胸が露わになった。

    マキは更に驚愕の目をしていたが、そんなの御構い無しだ。

    取り敢えず口を離してから、軽く胸を揉んでみると、

    「ん…くすぐったい…」

    と言ったので、それを快感にしてやろうと、俺は口にマキの乳首を含んだ。

    「ひゃぅっ?!な、何してるんですか!恥ずかしぃですよぉ…」

    と顔を紅潮させていた。

    もうちょっと恥じらう顔が見たいので、片方の手でもう片方の乳首を弾いたり摘んだりしていると、

    「ぁっ…ぁっ…ぁっ…ぁっ」

    と小さく喘ぎ出したので、口を離し、その口を再びマキの口に重ねた。もちのろんディープ。

    そして、キスで視界が遮られた隙に、スカートの中に手を伸ばした。

    「んんっ?!」

    驚愕の目と共に何か言おうとしてるが、キコエマテン。

    更にパンツの中に手を入れ、割れ目の前に指先を持っていくと、結構濡れてた。

    AA切替 sage
  163. 163
    なまえを挿れて。 hd2CHlKE0(1) 削除

    「めっちゃ濡れてるじゃん。マキは淫らな女なんだな」

    「そんなっ…ことはありまひゃっ?!」

    言い終わる前に濡れ濡れの割れ目をなぞってやった。

    「恥ずかしいからやめてくださぃ…」

    というマキを無視し、クリトリスをなぞった。

    「ひぅぅ…」

    可愛い声をあげるから、虐めたくなる。どうやら俺はSらしい。

    「そんなに声を出して、感じてるんだろ?襲われてるのになw」

    「うぅ…やめてください…恥ずかしぃですょぉ…」

    とか言ってることは無視して~。クリトリスをなぞるのを繰り返すと、

    「ぅぅうう…ぁあああっ…」

    と声を上げ続けた。

    「お前、よくオナニーしてるだろ?」

    「そんなこと…っ!ありません…」

    「そうか。」

    それだけ言うと、俺は割れ目の前に顔を持って来た。すると何をされるのかわかったのか、マキは逃げようとして来た

    AA切替 sage
  164. 164
    なまえを挿れて。 cKx2rvpk0(1) 削除

    「そんなに声を出して、感じてるんだろ?襲われてるのになw」

    「うぅ…やめてください…恥ずかしぃですょぉ…」

    とか言ってることは無視して~。クリトリスをなぞるのを繰り返すと、

    「ぅぅうう…ぁあああっ…」

    と声を上げ続けた。

    「お前、よくオナニーしてるだろ?」

    「そんなこと…っ!ありません…」

    それだけ言うと、俺は割れ目の前に顔を持って来た。すると何をされるのかわかったのか、マキは逃げようとして来た

    「いや…ですよっ!汚い…!」

    と言ってるがまぁ無視安定。足をがっちりつかんで割れ目を舐めると「んぁ…」と喘いだ。今度はクリトリスを舐めると、

    「あああぁぅぅ!」

    と鳴いて、益々興奮した俺はクリトリスを一定のリズムでタップし、それをし続けると

    「あっあっあっあっあっ」

    と段々声が大きくなって来た。もうちょっとでイクかな?と思った俺は、膣に指を入れつつクリトリスを舌でタップし続けた。すると

    「あああっ…ダメッイっちゃう…んぁあぁ…!」

    可愛い声を上げてイッた。

    AA切替 sage
  165. 165
    なまえを挿れて。 cKx2rvpk0(2) 削除

    そろそろ俺も限界だったから、挿入することにした。

    「おい、余韻に浸ってるところ悪いが、挿れるぞ」

    「えっ…?ゴムは…?それに私…初めてなんですけど…?」

    意外だった。

    可愛いんだしモテてそうだけど、何故だろう?とか考えつつ、

    「ゴムはない」

    とだけ言ってゆっくり挿入を始めた。

    我ながら巨根だと思うので、マキは苦しいはずだ。

    「うぅぅ…」と呻き声をあげるマキは、かなり辛そうだった。

    ゆっくり、ゆっくり進めて行くと、根元までまで入った。

    それと同時にポルチオを潰したせいか「んっ…」とマキが言った。

    それから暫く動かずにいると、「動いても…大丈夫ですよ…」と言ったので、ゆっくり動き始めた。

    5分くらいゆっくり動いてると、だいぶ呻き声が止んだ。

    そろそろ限界だったので早くしていいか了解を得ると、猛スピードで突きまくった。再びマキが呻き出したかと思うと、

    「ぅぁっ…ぁっ…うぅっ…」

    AA切替 sage
  166. 166
    なまえを挿れて。 lVZ+BDsT0(1) 削除

    と甘い声も混じり出したところで

    「あ~…出る」

    「中には出さないでください…っ!」

    「あ~出る!」

    急いで引き抜き、マキのお腹に出した。

    SEXがご無沙汰だったせいか、思ったよりも出た。

    とここで賢者モードになった俺はマキの身なりを整えて謝罪した。

    「ごめん!つい!」

    「先輩はついで女の子を襲うんですね、ふ~ん?」

    「それには、返す言葉もございません…」

    「まぁでも許してあげますよ。私先輩好きですし。」

    「それはありがたき幸せ…え?今なんて?」

    「ニ度は言いませんよ?言って欲しいなら…?」

    「はぁ…。俺はマキのこと好きだから、付き合ってくれ。順序逆になったけど」

    「え~どうしよっかな~」

    「嫌なら良いんだぞ?別に。」

    AA切替 sage
  167. 167
    なまえを挿れて。 KlzqbKvz0(1) 削除

    誰も見てないと思うけど・・・空しくない?

    AA切替
  168. 168
    なまえを挿れて。 MaJr8M8W0(1) 削除

    >>301
    馬鹿にされてても反応して貰えるだけで嬉しくなっちゃう病気の人なんだと思うから触らずに行こうね

    AA切替 sage
  169. 169
    なまえを挿れて。 R6CZajsa0(1) 削除

    服を全部脱ぎ、フル勃起したちんこを見せました。

    愛華「え!でか!」

    中学を卒業したばかりの女の子にはかなりきついサイズです。

    17〜18センチくらいあります。

    愛華「でかすぎ!入らへんと思う・・・痛そう」

    y「優しくするよ。大丈夫大丈夫。溜まってるからさ。フェラしてくれる?」

    愛華「うん、でもフェラ好きじゃないからあんまりしたことない」

    y「あ、そうなんだ?教えてあげる。まず舌で綺麗にしてくれる?」

    そう言うと、愛華は舌でペロペロ舐め始めました。

    y「そうそう。白いのいっぱいついてるやろ?チンカスってゆうねんけどこれも全部舐めて綺麗にして」

    愛華は嫌そうな顔でチンカスを全て舐めとっています。

    y「フェラいや?」

    愛華「うん」

    y「じゃ、俺が自分で腰振るからヨダレ口に溜めてくれる?」

    AA切替 sage
  170. 170
    なまえを挿れて。 OQQCSbeY0(1) 削除

    愛華が合図をすると、

    y「腰振るから苦しいけど良かったらプラスするからね。口開けて?」

    愛華に口を開けさせ、ちんこを口に挿入しました。

    半分ほど入り、少し苦しそうなので半分ほど入れたところで腰を振りました。

    ヌルヌルして気持ちいい。

    舌ピが当たりいつもと違う感覚。

    物足りなくなり、

    y「奥までするけど噛んだら怒るで?口すぼめて?」

    愛華が口をすぼめると一気に奥へ挿入しました。

    愛華「オエッッ!!エェッッ!ンーンー!!」

    やめてと合図してますが、喉の奥を突きまくります。

    y「口すぼめてもっと音立てて!出来たらやめたるよ」

    愛華「ジュポジュポッッ!!ジュプジュプッッッ!おぇっ!!ジュポジュポッッッ!

    やらしい音とえづく音が両方聞こえます。

    イキそうになったので愛華の口からちんこを抜きました。

    愛華の口からよだれがどろっと垂れてきました。

    AA切替 sage
  171. 171
    なまえを挿れて。 NCRlSQ5W0(1) 削除

    愛華「はぁはぁ・・・しんどい」
    y「でも良かったよ」

    制服は着せたまま、ヒョウ柄のパンツだけ脱がせました。

    指を一本入れると少し濡れていました。

    y「ん?濡れてるで?」
    愛華「うん・・・」

    あまり援交などに慣れてない様子。

    濡れてきたのでクリトリスを舐めながら激しくすると、

    愛華「んんんっ!!ああぁんっ!!んっ!」

    気持ちいいのか愛華も声を出し始めました。

    濡れてきたので手マンはやめました。

    締まりが良さそうだったのであまりしてガバガバにしたくないし。

    y「ほら愛華ちゃん上乗ってきて」

    愛華「ゴムは?」
    y「んー、生でさせてくれたらプラス3払うけど!」

    愛華「本間?んー、わかった!生でしたことないねんけどw」

    初めての生・・・生意気なギャルにはお仕置きしないとw

    AA切替 sage
  172. 172
    なまえを挿れて。 1u2pyu570(1) 削除

    セリフ(特に女の)がエロ漫画のセリフそのままww

    AA切替
  173. 173
    なまえを挿れて。 hRupnLup0(1) 削除

    能年と大家どうなったのかな。戻ってきてよ

    AA切替 sage f1 >>178
  174. 174
    なまえを挿れて。 IsZOPQOm0(1) 削除

    俺は

    「そろそろ…」

    と射精が近い事を告げるがビッチ2は止まらない。

    どうやら口に出していいらしい。

    そのまま口の中で果てる。

    今まで口に出させて貰えなかったせいか、その快感は言葉じゃ言い表せない。

    さすがに飲んではくれなかったが。

    ビッチ2「めっちゃ出てんじゃんww最後までいける?」

    俺「余裕っす、まだ全然」

    最後までと聞いた途端にやる気が漲る。

    ビッチは充分すぎるほど濡れていたし、当初の希望もあって最初はビッチからビッチ2は挿入するところを見たいと間近で観察していた。

    ビッチをベッドに寝かせて足を広げる。

    AA切替 sage
  175. 175
    なまえを挿れて。 drdBXQUf0(1) 削除

    ビッチは

    「早くっ///」

    と急かしてきた。

    ゆっくりと正常位で挿入する。

    ビッチ「ああっ!……ちょっ///待ってぇ……///」

    俺「痛いですか?ゆっくりいくから……」

    ビッチ「はぁぁっ///……まじデカすぎぃ///……」

    俺「全部入りましたよ。動いて大丈夫?」

    ビッチ「……うん///……激しくていいよっ///……」

    ビッチの中はとても柔らかく、それでいて締まりがよかった。

    俺が本能に身を任せて激しく突くと、ビッチは喘ぎながら俺の手を掴んできた。

    それが堪らなく可愛く思え、その手を握り返してキスしながら動き続ける。

    俺「やばい!出る!」

    ビッチ「中でぇぇ……中でぇっ///」

    その答えに興奮して見事に中出し、得も言われぬ征服感が俺を満たした。

    AA切替
  176. 176
    なまえを挿れて。 IrmbmpgY0(1) 削除

    俺「はぁぁー……ありがとうございました」

    ビッチ「はぁーあ……もー///……思いっきり中だしされたぁー///」

    俺「すげー可愛かったっすよww」

    ビッチ「はぁ?///」

    照れていたビッチに俺は完全にときめいていた。

    まさかクソビッチがこんなに可愛く思う時が来るとは。

    姉「お前www超www必死なwww腰www」

    姉上も満足したようだ。

    ビッチ2との行為は手マン、クンニ、バックで挿入といった感じであんまり変わらないから省略。

    しばし談笑した後、2人は服を着ると帰り支度を始めた。

    てっきり泊まっていくと思っていたがどうやら今日は帰るらしい。

    その後、ビッチとビッチ2は帰る前にシャワーを浴びると言って風呂場に向かった。

    部屋にはパンツ一丁の俺、姉、ビッチ3が残った。

    AA切替 sage
  177. 177
    なまえを挿れて。 QyZm2RFo0(1) 削除

    「(妻から)金をもらって暮らしている。パチンコとかして遊び回っている」――茨城県日立市の県営アパートで母子6人が死亡した事件で6日、
    県警に殺人容疑で逮捕された自称会社員の小松博文容疑者(32=同市田尻町)は知人にこう漏らしていたという。

    知人らによると、小松容疑者は数年前、3階建て鉄筋アパートの1階に引っ越してきた。築40年近い2LDK(61平方メートル)で
    死亡した妻(33)、長女(11)、長男(7)、次男(5)、双子の三男(3)、四男(3)と7人で暮らしていた。
    家賃は世帯収入によって、月1万7600~3万4600円と幅があるという。

    「小松容疑者は肩とか足に入れ墨をしており、仕事が長続きせず、職を転々。
    車好きで何台も買い替え、昼間から車をいじったりしていたそうですが、駐車場代の月1900円を滞納することもあったらしい」(捜査事情通)

    小松容疑者は知人に、「(妻は)託児所に子供を預けて、薬剤師として働いている」と説明。
    長女だけは「実子ではない」とも話していた。長女も小松容疑者のことを「お兄ちゃん」と呼んでいたという。

    「小松容疑者は6月ごろから日立市内の自動車修理会社で働き始めましたが、先月29日ごろから妻の体調を理由に出勤しなくなったそうです。
    どうやら小松容疑者には“DV癖”があったらしい。
    近所に聞こえるほど大声で夫婦げんかをすることもあったといいます」(地元マスコミ関係者)

    小松容疑者は6日午前4時半ごろ、自宅で長女をメッタ刺しにして殺害した。
    部屋に火を付け、午前5時すぎ、車に乗って日立署に出頭。妻と離婚することが決まっていたという報道もある。

    「自首した小松容疑者はその時、震えた様子だったといいます。
    死亡した6人は全員、同じ寝室で倒れていた。
    長女以外の5人にも刃物で刺されたような傷があり、いずれの遺体も血まみれだったそうです」(前出の捜査事情通)

    妻のものとみられるSNSには9月11日付で、福島県のスパリゾートハワイアンズで仲良さげにしている5人姉弟の画像がアップされていた。
    ごくつぶしのヒモ親父に殺害されたのだとしたら、本当に浮かばれない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13720213/
    2017年10月8日 10時26分 日刊ゲンダイDIGITAL

    AA切替 sage
  178. 178
    なまえを挿れて。 9zdSqG8T0(1) 削除

    >>173
    母娘並べての3Pしてるんじゃね

    AA切替 sage f1 >>182
  179. 179
    なまえを挿れて。 8XaFrgK70(1) 削除

    ユミはもう待ちきれないとばかりに足を広げて待っている。

    ユカリからチンコを抜き、今度はユミへ挿入。

    ユミ「んっ・・・気持ちいい・・・あっ・・・」

    俺「最初嫌がってたのになぁ。こうしたらどうだ?」

    と言って、ピストンを速めながらローターをクリトリスへ当てる。

    ユミ「あぁぁぁぁぁ・・・っっ!!んぁっっ・・・!!」

    奥までガンガン突く。

    ユミ「・・・・・・!!んっ・・・あっっっ・・・!!あぁぁぁぁぁ・・・!!イヤっっ・・・!!ダメッッ・・・!!もう・・・イッ・・・ちゃ・・・ぅ・・・!!!!」

    ユミも身体を一瞬痙攣させ、イッたようだったが潮を吹かない。

    納得いかないので、ユカリにビデオカメラを渡し、

    俺「ちゃんと撮っててね」

    俺はユミの両肩を両手で掴み、激しく突く。

    ユミ「ちょ・・・っっ・・・!!それ・・・ヤバ・・・いっっ・・・!!あっっっ・・・またっ・・・イッ・・・クぅ・・・!!あぁぁぁぁぁ・・・っっ!!」

    さっきよりビクッと痙攣し、同時に潮を吹いた。

    ユカリ「ねぇ・・・もっと・・・」

    と言って俺をベットへ押し倒し、自分から騎乗位で挿入してきた。

    AA切替 sage
  180. 180
    なまえを挿れて。 dFJxEiN50(1) 削除

    ユカリ「んっ・・・あっっっ・・・お巡りさんが・・・イカせてあげる♪あっ・・・!!あっ・・・!!あっっっ・・・んっ・・・!!」

    ユカリは俺の両手を押さえつけ、自分で腰を振り始めた。

    ユカリ「あっ・・・あっ・・・!!気持ち・・・いい・・・??」

    俺「おうっ・・・最高・・・」

    Eカップの胸が、ワイシャツの向こうで上下に揺れている。

    俺が教え込んだ騎乗位だが、相変わらず超気持ちいい。

    そこへユミが

    「婦警さん、手伝ってあげるね♪」

    と言って、俺にディープキス。さらには首筋、耳、乳首を舐め回す。

    俺「くっ・・・それは・・・ヤバ・・・イっっ・・・」

    このままじゃヤバイ。

    どうせなら反撃してやると思い、ユカリのグラインドに合わせて下から腰をひと突き。

    ユカリ「やっっっ!!ちょっ・・・!」

    ユカリがひるんだ隙に、身体を引き寄せ自分の両手をユカリの背中に回し、がっちり固める。

    そして下からのマッハピストン。

    AA切替 sage
  181. 181
    なまえを挿れて。 0Qw0cWKP0(1) 削除

    ユカリ「あっ・・・あっ・・・あっ・・・!!ちょっ・・・!!イヤっっ・・・!!ねぇ・・・!!ダメッッ・・・!!イっっちゃ・・・うっっ・・・!!」

    ユミはその間も俺の耳や首筋を舐め回している。
    俺もそろそろイキそうだ。

    ユカリの身体を起こし、挿入したままM字開脚。
    ユカリと手を繋ぎ、下からガン突き。

    ユカリ「あぁぁぁぁぁっっ!!もう・・・ダメッ・・・」

    身体が前のめりになるたびに、繋いでる両手で俺はそれを食い止める。

    ユカリ「ちょっ・・・これ・・・ダメッ・・・すごいっっ・・・あっっ・・・!!奥まで・・・刺さるっっ・・・!!」

    下からガンガン突かれ、明るいロングの茶髪を振り乱しながら感じまくるミニスカポリスのユカリは超エロい。

    ビデオはユミが俺を舐めながらちゃんと撮っている。

    俺「くっ・・・俺もイキそうっ・・・!!」

    ユカリ「あぁぁぁぁっっ・・・!!イっっ・・・クぅ・・・!!あっっ・・・!!」

    俺「おらっっっ・・・!!」

    その瞬間、ユカリは俺にバッタリと覆い被さり、膝がブルブルと痙攣している。

    俺「はぁ・・・はぁ・・・ユカリ、大丈夫か??」

    ユカリ「・・・あっ・・・・・・んっ・・・・・・」

    話せそうにない。
    ユカリからチンコを抜くと、ドロっと精子が溢れてきた。

    AA切替 sage
  182. 182
    なまえを挿れて。 3J5jOdur0(1) 削除

    >>178
    たまんねー来てくれないかな

    AA切替 sage
上へ行く
pages
  1. 1P
前の10件次の10件最新10件1から読む全部見る
軽快モード(投稿)
書き込みモードにする場合は OFF にしてネ
【文字サイズ】
浪人設定へ行く
↑浪人の設定
いろいろ設定へ行く】、
↑使わないのは常時 閉じるとか、
↑サムネイル表示するとか、
↑スレタイNGワード(綺麗™)とか、
最近見た板™びんたん サポート

おすすめ

【浪人設定】

  • 浪人(●)は設定されていません
  • 今すぐ設定しよう。すぐスレ立つぞ
軽快モード(投稿)
浪人を設定する場合は OFF にしてネ
削除 5ちゃんねる本体から消えたら24h以内にびんたんでも消えます。
出展元5ちゃんねるに感謝!!
FOX ★ Hotter than July.








Momonga
close